情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.05.28 11:20|カテゴリ:ニュースコメント(9)

【参議院選挙】山本太郎氏、参院選出馬を表明!山本氏「脱原発や反TPPで統一戦線を」


7.29脱原発国会大包囲23

芸能界を辞めて、反原発運動をしていることで有名な山本太郎氏が参議院選挙に出馬することを表明しました。山本氏は記者会見で「脱原発や反TPPで統一戦線を作りたい」と述べ、各政党にも協力を要請しています。現時点では選挙区や政党は決めていないとのことです。


☆山本太郎氏、参院選出馬を表明 「ひとつになってTPP、原発を止めたい
URL http://tanakaryusaku.jp/2013/05/0007182

引用:
俳優の山本太郎氏(38歳)が今夕、国会内で緊急集会を開き、7月の参院選挙に出馬することを表明した。どの選挙区(比例も含めて)から出るのか、どの政党(無所属も含めて)から出るのかは未定だ。

 参院会館で開かれた集会には、山本氏を支援する社民党の福島みずほ党首、生活の党の森ゆうこ代表代行、日本未来の党の阿部知子議員をはじめ、日本共産党の笠井亮議員らが出席した。

 山本氏は「ひとつになって大きな受け皿になりたい。このままじゃ自公に持っていかれる」と危機感を示した。

 「統一名簿にするとウチの政党が消えるんじゃないか?と心配する人がいるかもしれない。じゃあボクはその政党から出てもいい。やりたいことは一つ。TPPを止めたい。原発を止めたい。被曝を止めたい。だったらこのラストチャンスに乗っかるしかない」。山本氏は出席した各党の重鎮に訴えた。

 しかし各党ともお家の事情がある。歴史の長い党もある。統一名簿はなかなか容易ではない。生活の党の森代表代行は「東京選挙区から出てほしい」と要望した
:引用終了
*続きは引用元を参照

☆山本太郎
URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%A4%AA%E9%83%8E

引用:
山本 太郎(やまもと たろう、1974年(昭和49年)11月24日 - )は、日本の俳優、タレント、反原発活動家で「新党 今はひとり」党首。兵庫県宝塚市出身。

所属事務所はネスト (1991年 - 1998年)・シス・カンパニー (1998年 - 2011年5月27日)を経て、フリーランス (2011年5月28日 - )。

2011年4月、反原発運動を開始。同年5月末には所属事務所を退社。6月には退社前に決まっていたミュージカルに出演したが。その後、フリーとなり映画・舞台等小規模作品にコンスタントに出演している。

2012年5月29日、結婚したことをTwitterで発表した。相手は18歳年下の一般女性で、2年前に友人として出会っていたが2012年4月の終わりに再会し、1か月経たないうちに結婚を決めたという。 その後の報道等で結婚相手はプロサーファーの割鞘(わりさや)朱璃と判明した[2]。

2012年12月1日、第46回衆議院議員総選挙に出馬を表明し、「新党今はひとり」を立ち上げると表明した[3]。最終的には、東京8区から無所属(日本未来の党・社会民主党推薦)で出馬[4]。おもに反原発、反TPP等を訴え、71,028票を獲得するも次点で落選した。
:引用終了


山本太郎氏といえば、昨年の衆議院選挙では、自民党の重要メンバーである石原伸晃氏の選挙区で民主党を超える7万票もの票を集めた実績がある方です。大物議員とぶつからない場所を選ぶことが出来れば、彼は十分に当選する可能性があると言えるでしょう。

TPPも原発も今の日本には不要な物であるため、心の奥底からこれらの政策に反対している山本太郎氏を私も応援したいと思います。もちろん、私は山本太郎氏の発言や行動を全て支持しているわけではありませんが、自民党や民主党の連中と比べれば信念をしっかりと持っているので、是非とも国の権力を持って欲しいところです。

ただ、参議院は衆議院よりも権力が弱いところが残念。


☆12/8反原発高円寺演説会〜山本太郎さん演説


ひとり舞台 脱原発-闘う役者の真実-


原発のウソ (扶桑社新書)


メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故 (講談社文庫)


福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書


原発の闇を暴く (集英社新書)

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
頑張りますね。

俺も応援しよ
[ 2013/05/28 12:06 ] [ 編集 ]
頑張りますね。山本さん

俺も応援します。
[ 2013/05/28 12:06 ] [ 編集 ]
太郎さん、がんばれ!!!
政党なら「緑の党」じゃないの?
[ 2013/05/28 14:00 ] [ 編集 ]
さすがは太郎チャン
仕事干されてもダイナミックに反原発叫んだ太郎チャンは、骨ある野郎ですよ

私は好きだな

キ○ガイだガキだ何だと叩かれても、揺るがない信念の持ち主、イイじゃないの

主義主張をコロコロ変える節操ない奴らより断然にマシ
[ 2013/05/28 16:19 ] [ 編集 ]
私もすきだな
本当に原発が必要だと思い込んでいる痴呆的な者は論外ですが、
右にならえ長いものには巻かれろみたいな自己保身家ばかりでもないと
分かっただけでも嬉しいではありませんか。
[ 2013/05/28 22:08 ] [ 編集 ]
ラストチャンス
いつもありがとうございます。

利用している生協が太郎さんをお呼びして講習会などをしているのですが、郡山集団疎開や大飯原発停止の裁判の結果をうけて
「もう同じ土俵で戦っている時期ではないのかもしれない」
「海外脱出も考えないといけない時期になったのかも」
と言ってみえたそうです。

仕事を失ってまでも、今までブレずに行動されてきたのはすごい事だと思います。

収束とは程遠い福島第一原発、
なのに、補償を払いたくない為にどんどん戻される福島県民、
原発再稼働を公約にしている自民党、さらにはTPP…
そう考えると今回の参議院選挙がラストチャンスだと思います。

自民党が勝ったら日本脱出を本気で考えないといけません。
でも、今の状態では安全な場所なんでない気がします。
[ 2013/05/29 00:43 ] [ 編集 ]
応援します!!!
全力で応援します!
投票したい!!!!!!

自民党がまた勝つようだったら、
本当に死を覚悟します!!
[ 2013/05/29 12:17 ] [ 編集 ]
応援します!
私も応援します!
ぜひ、議員になって欲しい!!
[ 2013/05/29 21:07 ] [ 編集 ]
参院選
 まず食です。今食糧自給率は4割しかありません。中国、インド、アフリカ、中東、南米など人口が急増して、食糧危機が予測されています。それなのに自民党は減反政策でのん気に農耕地を減らしてきた為に自給率が減少しているのです。これからTPPでさらに2割に食糧自給率が減ると予測されています。自給率を上げて食糧供給の安全を計る時代に突入してきているのに、これでは政策が反対です。大変危険な事態に陥る可能性があります。減反政策をやめて、食糧自給率を増やす様に国内農業を支援しましょう。

 次に人です。小泉竹中改革の市場原理主義の導入で、正規社員の首が切られ、労働者の3人に1人が正規社員で無くなりました。あれからさらに増えて、今なんと4割の人が正規社員で無いとの統計が出ました。つまり容易に首が切られ、退職金も年金も少ない人が労働者の4割にまで増えているのです。これは生活不安の元となり、さらに社会不安をまねく事が危惧されます。会社が労働環境に責任を持つ様に、正規社員が増える様に労働法を治しましょう。

 今中国や北朝鮮との緊張が高まっています。中国の暴動では、日本企業が何百億円もの被害を受けました。しかし、また大東和戦争の様に、中国と戦争するのでしょうか、そして破壊をして甚大な被害を受けるのでしょうか。どこかでよく聞く様に歴史は繰り返すといいますので、そうなりかねません。原水爆のある今日、もう戦争はできないのです。ならば近隣の国々との交流と外交と交易を盛んにして、話し合いで危険の種を取り除いておきましょう。

 そしてエネルギーです。原発で吉田所長が2年でガンで亡くなりました。チェルノブイリでは司法取引で死刑囚が働かせられて多くは3年でなくなりました。3マイル島事故から34年以上経つのに、強い放射線下で誤作動無く動くロボットは開発されておらず、福島第一原発の事故でもロボットの投入はできませんでした。放射能に強いロボットは無理なのかもしれません。事故が起きると福島原発事故ではもう手が付けられずに4つも原発がたて続けに爆発したり燃えたりしました。これでは原発事故処理作業員はていの良い死刑囚です。チェルノブイリ事故の最大ガン発生年月は14年でした。ウクライナでは5100万人いた人口が4600万人まで1割近くも減少しています。周囲の国家に与えた損害は非常に大きなものとなっています。

 参院選はどこに入れるとより良いのでしょうか。人が生きるには生活の安定が必要ですが、雇用、人材、食糧、エネルギー、安全は欠かせません。古い考え方を改めて、新しい方法を導入する必要があります。新たな太陽電池や風力発電や地熱発電、高温岩盤発電、小水力発電、潮力発電、波力発電、海洋温度差発電、ボトリオコッカス燃料、オーランチオキトリウム燃料、アポロ・ポセイドン計画、ニューオーシャン計画、ラピュタ計画、鉄理論、ミドリムシ燃料、ミドリムシ食品、ハイポニカ農法、フィルム農法、iPS細胞による創薬や再生医療、抗ガン幹細胞創薬、老朽化したインフラの改修、など新たな方法で、雇用、人材、食糧、エネルギー、安全の確保を行って行く必要があります。これらを推進するのは、どこの党でしょうね。
[ 2013/07/18 19:02 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ケノーベルからリンクのご案内(2013/05/29 09:26)
宝塚市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム