情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.05.29 12:51|カテゴリ:地震予測コメント(0)

【地震予測】放射線帯の電子が激増!!2011年3月以降では観測史上最大!6月23日はスーパームーンが発生する!!


相次いで襲来している太陽風の影響で、地球の放射線帯の高エネルギー電子が急増しています。宇宙天気ニュースなどによると、観測された数値は観測が始まった2011年3月以降では史上最大の数値になるとのこと。地震の前兆を観測している各種データでも不気味な前兆を捉え続けていますし、相当な規模の大地震が迫りつつあると予測されます。


☆宇宙天気ニュース
URL http://swnews.jp/

引用:
太陽風の高まりを受けて、
放射線帯の高エネルギー電子は更に増加しています。
今日は50,000くらいに達しています。

簡単にデータを見ただけですが、50,000に達したのは、
GOES15のデータが表示される様になった2011年3月以降では、
初めてかもしれません。
(高エネルギー電子が過去最高という意味ではありません)
無題kouenerugi-
1305281305_sdo_hmii2.jpg
:引用終了


放射線帯が強まっているということは、しばらくすると電離圏やその下の層でも強い変動を観測することになるでしょう。以下は近年に発生した巨大地震と電子数の変動状況を北海道大学理学研究院が分かりやすくまとめてくれた資料です。これを見ると分かるように、国内外の地震問わず、マグニチュード8以上の巨大地震では急激な電子数の変動を観測しています。


☆巨大地震の直前に変化する電離圏電子数
URL http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~heki/pdf/Heki_NF2012.pdf

dennsisuukyodaijisnn.jpg
dennsissyuuiiii.jpg


現時点では海外の電子数はやや落ち着いている状況で、国内の電子数は関東の国分寺周囲で強い数値を観測している状況です。数日後には新たな太陽風の乱れが地球に接触すると予測されているので、その時までは現状の状態が継続することになると私は見ています。

以下、最新の各種データ紹介。


☆電波伝搬障害研究プロジェクト
URL http://wdc.nict.go.jp/IONO/

allsite0529.png

☆NASAの電子数データ
URL http://iono.jpl.nasa.gov/latest_rti_global.html

map20130529_030500.gif

☆気象庁 地磁気観測所
URL http://www.kakioka-jma.go.jp/cgi-bin/plot/plotNN.pl?place=kak&lang=jp&datatype=provisional&datakind=m&sampling=1-min&hipasssec=150&year=2013&month=5&day=18&hour=0&min=0×pan=3

N6KHMritEp0528.png

☆行徳地震予知データ
URL http://earthq.system-canvas.com/index.html

VERT0529.gif

☆HAARPデータ
URL http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

plotstations0528.png

☆磁場データ
URL http://seesproxy.tksc.jaxa.jp/fw/dfw/SEES/Japanese/Data/docs_ja/ETS8/ETS8_DataGraph.htm

ets8_mam_1week0528.jpg

☆気象庁海水温データ
URL http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/db/kaikyo/daily/sst_jp.html

sstD_anm_20130528.gif


来月6月23日に「スーパームーン現象」という月が地球に異常接近する現象が発生します。当ブログでは何度も書いていますが、月の引力というのは非常に強い力を持っており、月の位置が変化するということは地球への刺激も大きいということになります。

つまり、このスーパームーンが発生する6月23日前後は地球の地殻変動が活発化する可能性が高いと考えられ、地震や噴火などの災害が集中的に多発するかもしれないのです。


☆スーパームーン 2013年6月23日
URL http://homepage2.nifty.com/turupura/new/2013/new1306_07.html

引用:
スーパームーンとは
 スーパームーンとはあまり聞きなれない言葉ですが、正式な用語ではありませんから、しかたがありません。月の軌道は完全な円ではありません。少しひしゃげた楕円軌道(正確には少し異なります)を描くため、地球に最も近づく地点(近地点)と最も遠ざかる地点(遠地点)が存在します。月が地球に近づくと、当然普段よりも少し大きな月を眺めることができますが、これが満月のタイミングに重なると、最近はスーパームーンとよばれています。要するに、普段よりも大きな満月が見られると思っていただければよいでしょう。
:引用終了

☆独立行政法人:防災科学技術研究所『月の引力が地震の引き金に』
URL http://www.bosai.go.jp/press/pdf/20100128_01.pdf

o0561035711955135444.jpg


当ブログでは昨年から関東東方沖から小笠原諸島間での超巨大地震発生を警戒していますが、このスーパームーンが超巨大地震の引き金になってしまう可能性があります。現時点では大きく見てもマグニチュード7クラスくらいの地震しか発生は予測されませんが、HAARPデータなどで記録的な数値を長期に渡って観測しているので、油断ができない状況が継続中です。

東日本大震災の時もスーパームーンが発生していましたし、来月下旬は東日本大震災に匹敵するような巨大地震が世界の何処かで発生するかもしれません。


◎地震予測情報
☆国内
*発生日時:5月29日~6月5日
*発生場所:関東東部~東北太平洋側、近畿地方、九州南部~沖縄
*地震規模:マグニチュード5.8±0.5
☆海外
*発生日時:5月26日~5月31日
*発生場所:太平洋プレート周囲(特にインドネシアからオーストラリア間)
*地震規模:マグニチュード7±0.5
*複数個所でM6前後が同時多発する可能性がある

【注意:予測なので実際に発生する地震は、予測よりも規模、場所などが上下する可能性があります。また、地震予測は試行錯誤しているの段階のため、100%当たるわけではありませんので注意してください。】
:地震予測情報更新2013年5月26日0時10分

●地震注意推奨です。

●地震注意→地震警戒 (地震の予測レベル) 
注意は地震発生確率が約70%くらいの時に使用しています。
警戒は地震発生確率が約90%以上の時に使用します。


☆宇宙線と火山、地震との関係


防災対策関連記事

☆【防災】大地震が発生したときの対処法 実は机に隠れるのは間違い!?非常用バックに入れるべき物
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-149.html


☆【大地震対策】外出時に持っておきたい防災グッズ!予備充電器、現金、飲水、食べ物、ミニラジオなど
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-79.html


防災対策に!アウトドアに!DHC防災対策食品加熱キット専用の発熱剤です!発熱剤5個セット


防災・地震対策に!耐火金庫プッシュボタンタイプMEK30-4


非常用緊急持ち出し 125点ファミリーセット 防災避難セット 充実安心セット ・ 非常用持ち出しセット ・ 非常持出し袋


軍手とタオルの圧縮セット


地震防災災害対策エマージェンシーライト レスキューライト停電手動充電可能ラジオライト 携帯電話&数量限定スマホ作動アダプタ&ケーブルサービス!防災グッズ


不二ラテックス 家具転倒防止用品 不動王 L型固定式 FFT-001


アイリスオーヤマ 家具転倒防止伸縮棒 SS KTB-23 ホワイト 35908


高賀の森水5年保存水 2L×6本


2013年4月25日追加製造決定 ( セール価格 お一人様10袋まで ) 非常食 もどし水入り きなこ餅 【保存期間3年】 どこでもすぐに美味しいきなこ餅がいただけます。お水+餅6枚+箸・皿+きなこ2袋

関連記事



ブログパーツ
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク