情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.06.27 20:00|カテゴリ:原発関連コメント(13)

政府の福島帰還政策に効果無し!?原発事故避難者、移住傾向が強まる!移住者が2倍近くに増加!米生保も福岡に本社機能!


20140627125348ssdauodsuaio.jpg
*福島原発事故直後に浪江町から避難する車列
政府は福島県への修学旅行を強制したりして、何とか福島県に人を戻そうとしていますが、実際には福島からは人が離れ出しているようです。NHKの調査によると、新たに避難先などで住宅や土地を取得した時に申告する不動産取得税が軽減される特例措置が、この一年間で倍近くに増加していることが判明しました。2013年の適応数が1393件なのに対して、2012年は僅かに716件となっています。特例措置の適応数が全国で一番多い県は福島県で、次に茨城県や栃木県などが続いているとのことです。

特例措置の多い県はいずれも福島原発事故で放射能汚染が酷かった場所となっており、水面下では放射能汚染を意識している方が増えていると言えます。岡山県の方でも移住者の数が2012年から激増していますし、これから放射能被ばくの影響が表面化すると同時に、西日本や北海道への移住者が増えることになるでしょう。

現に大企業も少しずつですが、「地震対策」という名目で本社機能を西日本や北海道に分散しています。このような情報を考慮すると、東京オリンピックが始まる時期には、今以上に移住が活発化している可能性が高いです。
*長野から静岡県の山脈で放射性物質の大部分が止まっているため、避難をする時にはこれよりも西にすると良いです。


☆原発事故避難者 移住傾向強まる
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140626/k10015511001000.html

引用:
福島第一原発の事故のあと避難を余儀なくされている福島県の帰還困難区域と居住制限区域の住民が、新たに避難先などで住宅や土地を取得した場合、不動産取得税が軽減される特例措置について、NHKは全国の都道府県を対象に適用件数の推移を調べました。
その結果、昨年度この特例措置の適用件数は合わせて1393件で、前の年を716件上回り2倍余りに増えたことが分かりました。
特例措置の適用は22の都道府県にわたり、最も多いのが福島県で1156件、次いで茨城県が75件、栃木県が41件など、福島県と隣接する6つの県に95%が集中しています。
:引用終了

☆米生保、福岡にも本社機能 災害対策、8月に
URL http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014062601001638.html

引用:
 米生保大手の日本法人、マスミューチュアル生命保険は26日、福岡市で記者会見し、首都圏での大規模災害の発生に備えて福岡市に本社機能の一部を移し、東京との2本社制にすると発表した。
 8月から福岡市中央区のビルで業務を開始し、営業部門やコールセンター、システム管理部門など最終的に150人態勢を予定する。井本満社長は「巨大地震で東京と同時被災するリスクが少なく、若者が多い福岡で人材確保もしやすい」と理由を説明した。
:引用終了

☆増える岡山への移住相談...現状は?


☆原発事故で避難した浪江町の人々


☆時止まり、朽ちる街 原発避難の福島・双葉町ルポ


100年前からの警告 福島原発事故と朝河貫一
関連記事



ブログパーツ
愛知県はいいのかも知れないけど、西日本に危険な東北関東農産物がばんばん入って来ちゃって、気が抜けない。
沖縄に、福島県の米が来てて、腰が抜ける程驚いた。
[ 2014/06/27 20:33 ] [ 編集 ]
おそらく手を変え品を変え全国に福島産の食い物が出回っていることでしょう。
[ 2014/06/27 20:50 ] [ 編集 ]
被災地復興に励む中、美味しんぼのクズが復興妨害するし
そら逃げ出すはな
[ 2014/06/27 21:09 ] [ 編集 ]
美味しんぼのせいで復興がなされないのであれば、政府が何億もかけて電通に復興広報させているよりも物凄い影響力があると認めてるということになりますよ。
漫画で鼻血が出ている人もいると描いただけで、何億もかけた宣伝を凌ぐのであれば政府も壮大な無駄使いをしてきましたねえ。
その政府も漫画に歯が立たない無能ということになりますね。

そんな無能であれば政権交代していただきたいのですが。
[ 2014/06/27 23:13 ] [ 編集 ]
頼むからもう汚染食材を全国に流通させないでくれ!
頼む!
[ 2014/06/27 23:15 ] [ 編集 ]
日本の各地の事情
岡山県と鳥取県との県境には、人形峠という、ウラン鉱山の廃墟があります。
「日本の人為的土壌汚染」「日本のヒ素汚染」など、放射能汚染以外の問題点が各県にはいろいろあるようです。
移住するには、よくよく調べないと、ならないと思いますよ。
[ 2014/06/28 00:09 ] [ 編集 ]
良くも悪くも「福島」は目立ちすぎますからね
仕事、結婚、子育て、子供の成長、孫の誕生
50年先の未来が見えますか?

仕事はどんどん減っていき
結婚は同郷の人間としか出来ないような状況になり
子育てには不安が残り
自分たちの判断が子・孫・曾孫、もっと先にまで影響を及ぼす
そこに至るまでも多くの人に汚染を強いてしまう
そのリスクを背負ってまで福島で生きる必要はあるのでしょうか?

ないと判断した人は既に行動しているということでしょうね
[ 2014/06/28 02:03 ] [ 編集 ]
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会・会長の森喜朗は日本選手団の合宿を福島県でやるように呼びかけ、風評の払拭に努めると言ったそうですね。果たして移住の歯止めになるでしょうか。

選手たちはどういう気持ちなのか聞いてみたい。
いまだに原発事故が収束してなくて、放射性物質が出続けている場所の近くで、合宿するつもりなのでしょうか・・・?
それとも、風評被害を止めるためなら、喜んで合宿するのかな?
[ 2014/06/28 03:12 ] [ 編集 ]
各地の事情…を書いた者ですが。
あのー、福島県(特に汚染地帯)にいていい事なんて、別にひとつもないと私も思いますよ?
問題は、どこに永住するかです。引っ越しは多大な労力と金がいります。
よくよく考えて行動するべきでしょ?
転々なんて、引っ越し貧乏でしょう。
[ 2014/06/28 06:32 ] [ 編集 ]
白豚企業は全部日本からっ撤退したほうがいいよ
自民党本部はソウルに避難したほうがいい
はやく!!!


[ 2014/06/28 09:53 ] [ 編集 ]
政府は甘い基準で帰還させた県民と、他県の住民とのあいだで、被害者同士の対立構造にしたいんだろうね。ただ情報社会だし除せんはいい加減だしで、幸いなことに加害者と被害者の対立構造は崩れてない。しかしつくづく無能な政府だなぁ。
[ 2014/06/28 12:39 ] [ 編集 ]
引越しや環境を変えるには大きな労力が必要ですね。
避難した方々の葛藤や苦に同調する人々は沢山いると思います。
事故当時の体験を聞く事は、今後の防災策を考える上で
とても参考になります。

正しい情報〔知識)があれば、避けれることが沢山あります。


原発事故避難者mikoさんの証言: 
The testimony of a Fukushima Evacuee (English sub)
https://www.youtube.com/watch?v=TlWslcjHlPo

偽りのない情報を通じ、おのおのが知り、依存を捨て、
偽旗に誤魔化されずにそれぞれが自立思考し行動するための
ひとつの手掛かりになればと願います。
[ 2014/06/28 16:49 ] [ 編集 ]
「願ったり叶ったり」
深部の地下水が重度の汚染状況にある事がようやく発表されました。
福島はもう人が生活出来る場所ではありません(居たら死ぬという訳ではなく)。

永続的に海が汚染されている事が判明した以上福島の漁業は壊滅ですし
水が汚染=土壌の汚染で農業も絶望的です。


福島全土が人の住めない地域ではないにしても
明確な線引きは絶対にしないでしょう。
だから福島全土が疑われる。

そこで一体何を生業に生活すればいいのでしょうか?


3年経ってから「3号機の燃料が漏れていた」だの「地下水が汚染された」だの
本当に40年で廃炉が完了するかも怪しい状況です。

福島の方々は他県へ移住し、東電と原発を推進する政府を相手取り訴訟を起こすべきです。



ちなみに書き込みのタイトルは自民党や東電の考えを代弁したものです。

去年石破が金払って立ち退いてもらわなきゃならない日が来ると言っていた通り、石原jrの「金目」発言もそうです。
実際のところ復興のためには福島を犠牲にするしかないのが現状なのです。


ですが、それを「核廃棄物」の最終処分場作りの言い訳に使われたら大変です。
原発維持と引き換えに未来永劫人の住めない地域になってしまうでしょう。

それだけは断固阻止し、石炭ガス化複合発電+CO2回収へすみやかに移行すべきです。
[ 2014/06/28 17:58 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク