情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.06.27 22:00|カテゴリ:政治経済コメント(11)

フランスで「反アマゾン法」が可決!オンライン書店の無料配送禁止!書籍の値引き額を5%に制限していたフランス!


20140627192919amazonn.jpg
*Amazon物流センター
世界最大のインターネット小売販売会社であるアマゾン・ドットコム(Amazon.com)」を規制するための法案がフランスで可決されました。この法案はオンライン書店の無料配送を禁止するもので、今後2週間以内にオランド大統領が署名して成立する見通しとなっています。
フランスでは書籍販売店の保護を重視しており、前々から書籍の値引き額を5%以下に定めるような法律がありました。今回のAmazon規制法もその一環で成立した物で、フランス人がとても書籍の販売店を大切にしていることが分かります。

Amazonは日本で法人税を払っていないことがちょっとした噂になっていますが、日本でもあまりにも酷い大手販売は規制するべきです。最近は大きな町でも「シャッター商店街」が出て来ていますし、このまま大企業を野放し状態にしていると地方の個人店とかは消えてしまう事になるでしょう。
と言っても、大企業が大好きな自民党が与党で居る限り、そんな法案が成立することはまずあり得ないですが・・・。


☆仏議会で「反アマゾン法」可決、オンライン書店の無料配送禁止
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140627-00000020-jij_afp-int

引用:
【AFP=時事】仏上院は26日、国内の小型書店を保護する措置として、米アマゾン・ドットコム(Amazon.com)などのインターネット小売大手が書籍を無料配送することを禁じる法案を可決した。

 下院でもすでに全会一致で可決されていた同法案は、今後2週間以内にフランソワ・オランド(Francois Hollande)大統領が署名して成立する見通し。

 可決された法案は、アマゾンなどオンライン小売大手に書籍の無料配送を禁止する内容。一方、書籍の販売価格は、既存の法律に従ってこれまで通り、最大で5%までの割引が認められる。
:引用終了

☆Amazonの配送センターの様子


☆amazon売上7300億円が日本では非課税になっている[20130319]


Amazon個人輸出はじめる&儲ける超実践テク103
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
これは、問題ですよね。非課税ですか。
日本の市場のほとんどが、結局は外国人が手にしているってことですよね。
日本人がしてやられているわけですよね。
しかし、地元の本屋さんはどこも、不愛想で本を取り寄せてもらっても、
お待たせしましたと、いうこともなく、どうして、あんなに愛想がないのか
本当に、店主もバイトもやる気ないですよね。
私はケチだから、
ほとんどの本は図書館で借りて、どうしてもほしいものは取り寄せてもらってきましたが、
なんだか、取り寄せるのは面倒みたいに、本屋さんは思っているのではないかと、思うほどなんですよね。
アマゾンで申し込めば、次の日につくでしょ?
これは、便利です。
また、最近の店は売れないものを置かないのか、それとも、利益を優先にして、仕入れ値が安いものを置くようにしているのか、いいものを置かなくしています。ですから、今のスーパーは昔と仕入方が違うと思いますよ。今さえ売上がよければいいと、目先のことだけです。消費者もバカにされていますよね。
大手のスーパーほど、ひどいものです。買いたいものが減っています。
置いていません。

いいものをほしいとなると、アマゾンを見るとあるんですよね。
うーん、昔ならデパートに行くとかでも、今ならアマゾンですね。
悩むなあ、
税金なしですか。悪い企業に加担していると思うとね。
[ 2014/06/27 22:34 ] [ 編集 ]
アマゾンに対抗するようなものが出てこない、システム作れない限りは先駆者に対する嫉妬以外の何者でもない。

黒船に逆らっても無駄。
MDとかipadで、ソニーがやらかした、あの一件が、すべてを示してる
[ 2014/06/27 22:59 ] [ 編集 ]
合法的脱税ですなあ
[ 2014/06/27 23:03 ] [ 編集 ]
私は法人税のことを知ってからアマゾンを利用しなくなりました。なるべく地元の本屋です。ブックオフも印税が入らないということでなるべく使わなくなりました。
[ 2014/06/27 23:20 ] [ 編集 ]
日本を売り渡す安倍
売国政策安倍
郵政 →第一生命(民主時代)との提携を切って、アフラック(アメリカ)に献上

リニア →無償提供(軍事転用出来る→リニアガン)

牛肉 →アメリカ優遇

中国製品の関税ゼロ政策 →民主政権で関税かける

軽自動車税増税 →アメ車を買わせたる為に、自動車収得税を廃止

増税するも、日本人の社会保障を3兆5000億削減
[ 2014/06/27 23:42 ] [ 編集 ]
日本を売り渡す安倍壺三
売国政策安倍
郵政 →第一生命(民主時代)との提携を切って、アフラック(アメリカ)に献上

リニア →無償提供(軍事転用出来る→リニアガン)

アメリカ牛肉輸入再会 →狂牛病検査は?

中国製品の関税ゼロ政策 →民主政権で関税かける

軽自動車税増税 →アメ車を買わせたる為に、自動車収得税を廃止

法人税を下げ、中小企業に増税 →外資系が参入し、日本の中小企業が危機に

増税するも、日本人の社会保障を3兆5000億削減
増税するも、日本人の社会保障を3兆5000億削減
[ 2014/06/27 23:46 ] [ 編集 ]
ヨーロッパにいると、その国内各地方都市に独自の文化があると実感させられます。
当方の場合イギリスですが、国際都市ロンドンは別としても地方都市はそれぞれの地域性を色濃く保持していて、それを住民が誇りに思っている模様です。
例えば、言葉からして違います。「英語」などとひとくくりにできないほど各地方ごとに異なって訛っていて、同じ言語とは思えないほどです。例えば北イングランドのニューカスルあたりはこれが英語かと思えるほど訛っていてほとんど分かりませんでした。また、ウェールズ(日本でいうとアイヌ民族みたいなもの)では電車やバスに乗ると案内に英語とウェールズ語が併記されています。全く異なる言語ですが、尊重されている様です。
各都市の商店街は健在で、大きなスーパー(マーク・スペンサーやテスコなど)もたまにありますが、日本でいうアメリカ式の大規模ショッピングモールみたいなのは見られません。コンビニはほとんどありません。自販機すら見ません。ヨーロッパらしく各地域で特色ある露天市場がたって活気があります。
有名なケンブリッジ大学(正確にはいろんなカレッジの集まった学園都市)にも広場に地元の露天市がよくたっていましたし、地元の特色ある商店街もとても元気で活気を呈していました。
記事の内容はイギリスでも問題になっていたと思います。日本の現状はとても心配です。地域的独自性も何もなくなって画一的に右に倣えになってきているようにみえるのです。
[ 2014/06/28 00:53 ] [ 編集 ]
話題違うけどまた天地がひっくり返りそうなんで
報ステ全文
http://livedoor.blogimg.jp/sportsos/imgs/a/d/ad1e6e28.jpg

報ステまとめ画像
http://i.imgur.com/OgdNXZT.jpg
http://i.imgur.com/5uDvuUK.jpg
http://i.imgur.com/gxDFqSm.jpg

報ステ 都議会やじ 音声分析
https://www.youtube.com/watch?v=eHnSKA5ooKw

テレ朝がヤジ掘り起し  すくなくとも3人はいた

自分が産んでから セクハラヤジ
がんばれよ からかいヤジ
先生の努力しだい からかいヤジ
やる気があれば出来る セクハラヤジ
動揺しちゃったじゃねえか からかいヤジ

産めないのか 音声確認 波形確認
[ 2014/06/28 01:15 ] [ 編集 ]
 納税については、税金がドル買い、海外金融機関救済、原発推進、通貨発行のための国債発行とその大手金融機関への利払い、などに使われていることもあり、払わずに、その分、購入価格が安くなり、コミュニティーのためになっていて良い、と考えることもできます。悪徳政府を兵糧攻めにして消滅させるほうがいいという考えです。楽市楽座です。一般書店も海外に本店をおき納税しないようにすれば、対等に競争できますが。本当に今の在米悪徳勢力の傀儡政府はないほうがまではないかと思えてきます。
[ 2014/06/28 14:57 ] [ 編集 ]
フランスも日本と同様に再販制度があるそうだから、お手本になるかも
[ 2014/06/28 17:07 ] [ 編集 ]
アマゾンは確かに安いけど。税金払ってないから安くできるのだろう。その分地域の商店街だけでなく量販店ですらきつくなっていく。
果たしてそれでいいのだろうか。
[ 2014/06/28 23:58 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム