情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.06.29 20:00|カテゴリ:政治経済コメント(6)

【賃金】韓国の最低賃金558円へ!遂に韓国が日本の最低賃金に迫る!沖縄などは664円!


20140629124808sdauoi.jpg
アメリカのシアトルでは先月に最低賃金1500円が可決されましたが、遂には今まで日本よりも格下と見られていた韓国にも最低賃金で追いつかれそうになっています。6月27日に韓国政府が最低賃金を時給5580ウォンに引き上げる法案を議決しました。最低賃金の引き上げは来年から実行される予定で、8月5日には具体的な日時などが発表されます。

自民党も「アベノミクス!」とか「賃金上げ要請」なんてしていないで、普通に法律で最低賃金引き上げを決めるべきです。過半数を抑えている自民党ならば、最低賃金の引き上げ法可決は何時でも出来ます。それなのに、未だに最低賃金引き上げ法の話が出て来ないということは、最初から自民党は本気で賃金を上げる気が無かったと言えるでしょう。安倍政権になってから既に1年半が経過しましたが、増税などで逆に賃金が下がってきています。

ただですら、日本は先進国の中で最低クラスの賃金なので、これは本当にヤバイことです。自民党は何度も「賃金を上げる」と言っているので、無理矢理でも良いから何とか最低賃金アップ法を可決させるべきだと私は思います。


☆韓国の来年の最低賃金、時給5580ウォン
URL http://news.livedoor.com/article/detail/8987493/

引用:
来年の韓国の最低賃金が今年比7.1%増の時給5580ウォン(約558円)に決まった。月給に換算すると116万6220ウォン(月209時間事業場基準)となる。最低賃金委員会は27日、夜通しの会議の末、このように議決した。来年、最低賃金の適用を受ける勤労者は266万8000人。最低賃金引き上げ案は異議申立て期間を経て8月5日に最終決定告示される。

法定時限(29日)内に最低賃金が決定されたのは2009年度分の議決以来となる。今年も法定時限を超えると予想されていた。経営界は据え置き(時給5210ウォン)を主張する一方、労働界は26.8%増の6700ウォンを要求し、接点が見えなかったからだ。時限が迫った27日未明に労使が出した案にも大きな差(経営界2.1%、労働界15%引き上げ)があった。
:引用終了

☆厚生労働省 全奥の最低賃金
URL http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

20140629124623asdaidops.jpg

☆ビックリした!先進国で最低だった!日本の最低賃金(仏では1311


関連過去記事

☆国連が衝撃発表!国連「日本の最低賃金は先進国最低。生存基準を下回っている」フランスの最低賃金は9.43ユーロ(約1311円)
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1569.html


日本を滅ぼす消費税増税 (講談社現代新書)
関連記事



ブログパーツ
この前またアベッチが第3の矢がどうたら言ってたな。
第3の矢って一体何本あるんだw
[ 2014/06/29 20:19 ] [ 編集 ]
そういえば民主政権の時最低時給1000円にしようという話ありましたね。
いつの間にか立ち消えてましたがそれができていれば・・・
[ 2014/06/29 21:37 ] [ 編集 ]
安倍は何者かのロボットなのだろうか。

政権発足当時に言っていた、瑞穂の国の経済は、どうなったんだ?
[ 2014/06/29 22:04 ] [ 編集 ]
残業代ゼロで更に賃金を下げたいのが売国安倍自民党
[ 2014/06/30 00:07 ] [ 編集 ]
さよなら売国政党
自民党公明党みんなの党維新の会は日本から消えてくれ
[ 2014/06/30 02:36 ] [ 編集 ]
渋谷の賃金引き上げデモに日本人が批判している状況なのに
何故政府が悪い事になるんだ
政府は全くやつらを批判していないぞw
国民がこんなどうしようもない。日本終わりだな。
[ 2015/04/19 20:44 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク