情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.07.08 21:00|カテゴリ:放射能測定情報コメント(9)

【原発事故】東京にはおびただしい種類の放射性物質が一気に降り注いでいた!埋もれた東京の被ばくデータ!米国ではプルトニウムも!


20140708150833asduo.jpg
あまり報道されていませんが、福島原発事故の影響で東京にも物凄い量の放射性物質が降り注いでいます。京都精華大学の山田國廣名誉教授(環境学)が公的な測定データを独自に分析した結果、放射線量と放射性物質濃度が3月15日から急激に増えていることが判明しました。
特に凄まじい上昇幅を記録していたのは2011年3月15日午前9時からの数時間で、最大時には大気1立方メートル当たり1205ベクレルもの放射性物質が降り注いでいます。15日午前3時時点では計41.6ベクレルだったので、それと比較すると数十倍に匹敵するような値です。
*午前3時時点でも福島原発事故の放射性物質が東京に降り注いでいます。

核種別ではヨウ素、テルル、セシウム等の12核種を検出しました。ただし、プルトニウムやウランのリアルタイムな測定データはありません。アメリカなどの国ではプルトニウムの毒性が猛烈に強いことから、セシウムなどとは別に厳格な基準値を定めています。日本ではセシウムとプルトニウム等の核種を一緒に計測している点から、放射能に対する意識が低いと言えるでしょう。

東京都が測定していた「東京電力福島第一原子力発電所事故に係る大気浮遊塵中放射性物質の調査報告」というデータが有りますが、こちらにも重要なプルトニウムやウランの測定値は記載されていません。アメリカはハワイなどで福島原発事故直後にプルトニウムやウランを測定していましたが、いずれも平時の数百倍から数千倍に跳ね上がっていました。また、カルフォニア等の西海岸でも、核実験時代を上回る過去最大の値を計測しています。

このように日本にはデータがなくとも、周囲の測定結果から大凡の汚染状況を予測することが出来るのです。残念ながら、東京を含めて東日本の広範囲は安全が保証できないほどに汚染されています。福島原発からは今でも放射性物質が漏れていますし、今後も継続して放射能汚染には警戒が必要です。


☆東京、埋もれた内部被ばくを示唆するデータ 放射線量と放射性物質濃度が一時ピークに
URL http://biz-journal.jp/2014/07/post_5304.html

引用:
 2011年3月15日午前10時、東京にはおびただしい種類の放射性物質が一気に降り注いでいた――。東京電力福島第一原発事故による東京都内の放射能汚染について、京都精華大学の山田國廣名誉教授(環境学)が一般にはあまり知られていない公的な測定データを掘り起こし、独自に分析。放射線量と放射性物質濃度が極めて短時間、かつ同時にピークを迎えていたことを明らかにした。「その時間帯に屋内、屋外のどちらにいたかで内部被ばくの影響がまったく違うだろう」といった教訓を、今後の原発事故の避難計画などに生かすべきだと呼び掛けている。

~省略~

それによれば、福島第一原発1、3号機の爆発を経て2号機も状態が悪化していた15日は、午前3時台にヨウ素、テルル、セシウムなどの放射性物質を12核種、大気1立方メートル当たり計41.6ベクレル検出。数値は午前7時台から急上昇して9時台に261.2ベクレル、10時台にピークの1205ベクレルに達した。
 このとき最も多かった放射性核種はテルル132で390ベクレル、次いでヨウ素132の280ベクレルだった。
 テルル132は半減期が約3日で、ベータ線を出しながらさらに半減期が2.3時間と短いヨウ素132に変わる。つまり両者は「親子関係」にあり、次々とベータ崩壊をして別の放射性物質に変わっていく。データによれば、15日10時前後はこの「親子」が東京に降り注いだ放射性物質の半分以上を占めている。
:引用終了

☆東京電力福島第一原子力発電所事故に係る大気浮遊塵中放射性物質の調査報告
URL http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2011/12/60lcq100.htm

o0662038412202012468.jpg
o0800052212202012470.jpg
o0800033712202012471.jpg
o0527042012202012469.jpg

☆文部科学省による、①ガンマ線放出核種の分析結果、及び②ストロンチウム89、90 の分析結果(第2次分布状況調査)について
URL http://radioactivity.mext.go.jp/ja/contents/7000/6213/24/338_2_0912.pdf 
o0543058912190888500.jpg
o0704050412190888502.png


☆東日本の放射能汚染地図
URL http://twitpic.com/a6b89y

o0600090012391321747.jpg

☆米国でプルトニウム・ウランが検出される:過去20年間で最大値!プルトニウム239やウラン238が大幅上昇
URL http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-44.html

カリフォルニアでのプルトニウム239の増大(過去20年)
20110429032241f88s.jpg
アラスカでのウラン234の増大(過去20年)
20110429032549ef1s.jpg
ハワイでのウラン238の増大(過去20年)
20110429032714b43s.jpg

☆東京Tokyoでも3万Bqキノコ!?衝撃の放射能Fukushima Nikko 超


3M スリーエム 8233 N100 防塵マスク 世界最高水準(99.9%以上の捕集効率)5枚 放射能物質対応 [並行輸入品]


食品の放射能汚染 完全対策マニュアル (別冊宝島) (別冊宝島 1807 スタディー)


放射能汚染から命を守る最強の知恵―玄米、天然味噌、天然塩で長崎の爆心地でも生き残った70名
関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
そもそも『適切かつ迅速』に情報公開しない責任は、拡散予測しかり、疑いようのない重大さである

テルルが検出されている時点で、アウトでしょう
[ 2014/07/08 21:13 ] [ 編集 ]
動画みましたよ。
プルームの入らなかった弘前市と比べたなら
霞ヶ関は2倍、
石垣市の空間線量は1H当り0.0125マイクロシーベルトだから
霞ヶ関は7~8倍。

ストロンチウムは水に融けると言われてる。だから霧にもあると考えてる。
霧の日は、あぁー適度な湿り気で気分最高。。なんて言えないなー。

土ホコリ、霧の時、両方マスクだね。。と考えてます。

実際は、1~4号機までの全放射性物質量がチェルノブイリと比べてどれ
ほど放散したのか?合計が秘密にされている。秘密保護法施行されるが
政権を変えて事故原因も含め明らかにすべきだ。

今NHKラジオが「脱法ハーブ。。」とか言ってるが、安部こそ脱法じゃーね
ーかー。
[ 2014/07/08 22:02 ] [ 編集 ]
皇居とか公園とか、自然の残る場所に溜まってるんだよね

東京のホットスポットをグーグルマップの衛星写真でよく見てみるといい。
山の斜面の東側に集中してるから。

稲田堤、狛江
八王子、昭島、青梅、狭山、東村山
相模湖、橋本、相模原
町田北部の山崎、野津田、忠生
中山

全部西に山がある。

新横浜みたいにビル群も山同様だけどな。

芝公園のマンションエアコンからウランも、その流れ。

ラジウムと鉛出たところは、症状激しいよね。
[ 2014/07/08 23:20 ] [ 編集 ]
原発推進、特定機密情報保護、集団的自衛権

いろんなことがセットになって、恐ろしいことになっていきますね。

隠蔽!隠蔽!隠蔽!

http://onodekita.sblo.jp/article/62160695.html

真実はどこだ?
[ 2014/07/09 05:34 ] [ 編集 ]
日米原子力協定という
もっとも不都合な締結を破棄しないかぎり
いつまでも脱原発はできない。
[ 2014/07/09 06:23 ] [ 編集 ]
都内で鉄の臭いがいた日ですね。
[ 2014/07/09 08:16 ] [ 編集 ]
やっぱり核爆発はあったってことなんでしょうか?
[ 2014/07/09 09:46 ] [ 編集 ]
人災、東日本・・「外に出ないように」など何の報道もなかった。長野県の小諸上田辺りが汚染地図で水色なのはなぜ?
[ 2014/07/11 05:22 ] [ 編集 ]
ソースの拡散は増えないのですか?
[ 2014/07/12 22:06 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク