情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.07.21 19:00|カテゴリ:ニュースコメント(10)

ミツバチ大量死、原因は害虫用殺虫剤!死んだミツバチの体からは神経毒ネオニコチノイド系の殺虫剤成分!日本は果樹・野菜等に使用!


20140721003743mitubati.jpg
各地で発生しているミツバチの大量死の原因が判明しました。農研機構畜産草地研究所の研究チームがミツバチ大量死の原因を調査してみたところ、全てのミツバチの死骸からネオニコチノイド系を中心に2種類以上の殺虫剤成分が検出されたとのことです。


ネオニコチノイド系の農薬は数年前から欧州などでは禁止されている殺虫剤で、未だに日本では広範囲で使用されています。ネオニコチノイドはタバコの有害成分ニコチンに似ているため、このような名前になっている農薬です。農薬(殺虫剤)として果樹・野菜などのよく使われている上に、家庭用の殺虫剤等にも含まれています。

ネオニコチノイドの特徴は神経系の働きを乱すことで、これは人間にも悪影響を及ぼすほどの効果があるのです。また、水溶性で洗っても落とせないという欠点もあり、作物にも吸収されやすい薬物となっています。日本は世界的に見ても基準値も緩く、アメリカの数倍、欧州の数十倍から数百倍も緩いです。

ミツバチの大量死を引き起こすだけではなく、人体にも悪影響のあるネオニコチノイドの使用を緩々の基準値で認める日本政府は異常だと言えます。もちろん、この問題は震災よりも遥か前から有識者達が指摘していましたが、日本政府は特に大きな改善はしていませんでした。
放射能問題もそうですが、日本政府からは国民の健康を守ろうという気配が感じられません。本当に個々でシッカリと対策をしておかないと、健康な体を保つのは困難です。


☆ミツバチ大量死、原因は害虫用殺虫剤 分析で成分検出
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140719-00000024-asahi-sci

引用:
研究チームは2012年夏、北日本の水田地帯に養蜂家がミツバチの巣箱を置いた8地点(計415箱)を調査。1カ月間に5地点で、巣箱の近くで死んだミツバチが山のように積み重なっているのを確認した。

 死んだミツバチを分析したところ、全てからネオニコチノイド系を中心に2種類以上の殺虫剤成分が検出された。ウイルスによる病気やスズメバチの襲来などはなく、カメムシ用の殺虫剤が原因の可能性が高いと結論づけた。
:引用終了

☆人体への影響のおそれ
URL http://no-neonico.jp/kiso_problem1/

引用:
◆ネオニコチノイド系農薬・殺虫剤の人体への影響3つのポイント
●水溶性で、残留性が高い
汚染された食品の内部に浸透し、洗い落とすことはできません。
●日本の食品残留基準が緩い
農薬としての法規制は1日摂取許容量など規定があるが、日本は欧米に比べかなり緩い。
汚染の高い食品の組み合わせにより、1日の摂取許容量を越える可能性も否めません。
20140721005453sdfdfds.jpg
:引用終了
*茶葉は特にヤバイ。

☆EU: ネオニコチノイド系農薬の使用を禁止へ


☆ネオニコチノイド系農薬がミツバチの神経に及ぼす影響 Neonicotinoid Adversely Affects Honeybees


☆ミツバチ100万匹盗まれる


ハチ・アブダブルジェット 450mL 【HTRC2.1】
関連記事


ブログパーツ
私個人としては、東海地方の茶葉から鹿児島の知覧産に変えています。
3.11から東海のある県のお茶葉を飲むと軽いお腹が下痢みたいになり、
知覧産に変えると治るんです。どちらも甘さのない値段も安い粗い葉です
が、渋みが私は好きですし、肥料で甘さも作られているとの個人見解にあ
ります。
酒を完全にやめて25年。コーヒーが美味い。コーヒーに砂糖は黒砂糖です
が、甘さを得るのにたまには蜂蜜も健康的でいいかな。。との想いから、パ
ンに塗っても食べる時があります。イチゴジャムに少し+蜂蜜は美味いです
よ。

日本しか緑茶はスーパーで売ってないし、蜂蜜は外国製もあるけど、日本
製は高くなるでしょうねー。
緑茶も×、蜂蜜少なくなる。。のダブルパンチは困る。
政府なんとかせぇーーぃ。
[ 2014/07/21 20:04 ] [ 編集 ]
ミツバチが居なくなったら 人類は滅びるって聞いた事あります(u_u)。。。
体にも 優しい 危害も加えない 優しい働き者なミツバチ、人間って 自分勝手ですね。。。
[ 2014/07/21 20:44 ] [ 編集 ]
ユダ金企業、モンサント農薬反対。
[ 2014/07/21 21:07 ] [ 編集 ]
農毒も対応を
これは稲作の田んぼのカメムシ対策農薬にも使われているので、そちらも極力使用を停止にしてもらいたい。
[ 2014/07/21 21:08 ] [ 編集 ]
これ今年の6月頃にパブコメに出てたやつだ。投稿しようと思ったが農薬の知識ゼロだったから手が出なかった。今思うと、EUと同じ基準にしてくれ、でも構わなかったんだ。悔しくて仕方ない。
[ 2014/07/21 21:14 ] [ 編集 ]
ネオニコチノイドの他に同様の浸透性作用のある殺虫剤として使用されている「フィプロニル」のミツハチや赤とんぼ、その他昆虫などへの影響も指摘されています。
これも神経毒性があり、ミツバチ大量死の原因として注目されています。

フィプロニルは農薬としてだけではなく、ペットのノミ駆除、アリ駆除、ゴキブリ駆除などの家庭内殺虫剤としても使われますので、みなさんも知らずに使っているかもしれません。

例えば、ゴキブリ駆除として、台所に置くタイプのバ○サンなんかは、フィプロニルを使用していますし
ペットのノミ駆除として有名なフロン○ラインという商品もフィプロニルを使用しています。
[ 2014/07/22 00:04 ] [ 編集 ]
ミツバチがかわいそう。
ゴキはいいけど(笑)
[ 2014/07/22 05:31 ] [ 編集 ]
原産は中国、遺伝子は韓国という凶暴な外来種の昆虫が日本に侵入、深刻な問題になりつつある。

長崎県対馬に定着した外来種の「ツマアカスズメバチ」で、人間も襲うどう猛さから「殺人バチ」とも呼ばれる。

ニホンミツバチなどが餌になるため養蜂産業への打撃や在来種への悪影響が懸念され、関係者は対応に追われている。

全身は黒で、頭と腹部分が赤く、体長は最大で3センチ。雑食で繁殖力が強く、巣を刺激すれば人間を追尾する。
攻撃性の強さで知られるツマアカスズメバチ。
欧州や韓国では生態系への影響が懸念され、人間への被害も問題化している。
[ 2014/07/22 09:43 ] [ 編集 ]
一国もはやくユダ金傀儡朝鮮自民党を破壊しないと
日本はとんでもないことになる

[ 2014/07/22 13:42 ] [ 編集 ]
自然に
異常とも言える農薬散布が行なわれる背景に、米穀検査制度があります。1000粒に2粒以上あると2 等米として60kg あたり500円安くなり、4粒以上で3等米、1000円引き、7粒以上で等外品となっ て5000円も安くなってしまいます

http://no-neonico.jp/wp-content/uploads/2012/03/minkan.pdf
[ 2014/08/13 18:06 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク