情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.07.30 18:00|カテゴリ:政治経済コメント(16)

【撃墜事件】ウクライナの戦闘機パイロット、マレーシア機撃墜を認める!機関砲で撃墜!機体からは不自然な弾痕のような「穴」も!


20140729230833asdaoi01.jpg
ドイツのWahrheit für Deutschland紙が、「ウクライナ軍の戦闘機パイロットがマレーシア機を撃墜した」という記事を掲載していることが判明しました。記事によると、スホイ25のパイロットがマレーシア機を撃墜するために、同機に搭載されている機関砲を使用したと主張しているとのことです。スホイ25には強力な機関砲が搭載されており、墜落したマレーシア機からも不自然な弾痕のような穴が発見されています。

当初から「ミサイルの割に機体の残骸などが綺麗」とも指摘されていましたが、機関砲による攻撃が原因で墜落したとすれば、綺麗な撃墜跡も説明可能です。ロシア側はウクライナがマレーシア機付近に戦闘機を飛ばしていた理由を調査していますが、ウクライナ側が管制官との通信記録公開などを拒否していることから、今も平行線状態になっています。


↓戦闘機の機関砲で撃墜可能。
20140729230844sdsadaio02.jpg
20140729230916asdaui03.jpg
↓ロシアはウクライナが管制官の通信記録を公表しないことを指摘。
20140729231013rosia04.jpg
20140729231020rosia06.jpg
↓マレーシア機の不自然な穴
20140729231123asdas.jpg

ただ、他にもスペイン人管制官等の「ウクライナ戦闘機がレーダーに写っていた」という証言があることから、ウクライナが戦闘機をマレーシア機付近に飛ばしていたのはほぼ間違いないです。ウクライナ側は「爆発物の破片で機体が破壊され、急激な減圧が起きた」と発表し、ミサイルが原因と断定しました。

各種情報を総合すると、ウクライナ側が妙に焦っているように感じられます。西側諸国として調査に協力しているオランダなどの国々は「まだ結論を出す時期ではない」と言っているわけで、ウクライナのミサイル断定発表は変です。それに、ロシア側の要望している通信記録の公開などもウクライナは拒否していることを考えると、ウクライナの方が悪いことを隠しているように思えます。


☆ウクライナのスホイ25のパイロット マレーシア機撃墜を認める
URL http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_29/275232268/

引用:
ドイツ紙Wahrheit für Deutschlandは、マレーシア航空のボーイング777型機を撃墜したとみられるウクライナのスホイ25のパイロットから話を聞くことに成功したとする記事を掲載した。

Wahrheit für Deutschlandはドイツの主要紙ではないが、同紙は、スホイ25のパイロットが、マレーシア機を撃墜するために、同機に搭載されている砲を使用したと主張している。
Wahrheit für Deutschlandによると、スホイ25は、ロシア参謀本部が提出した画像に写っていたという。
パイロットの名前は明らかにされていないが、このパイロットは、自身が操縦していたスホイ25に搭載されている砲で、マレーシア機が撃墜されたことを認めたという。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_29/275232268/
:引用終了

☆マレーシア機墜落の記録解析 破片貫通で急激な減圧
URL http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014072801001979.html

引用: 
 【キエフ共同】ウクライナ東部でのマレーシア航空機撃墜で、ウクライナ政府は28日、飛行データなどを記録したブラックボックスの解析結果として「爆発物の破片で機体が破壊され、急激な減圧が起きた」と公表した。地対空ミサイルによる撃墜という見方が裏付けられた。

 ウクライナ国家安全保障会議の報道官が、首都キエフでの記者会見で明らかにした。

 ミサイルが機体近くで爆発し、破片が機体を貫通。これにより急激な減圧が発生したとみられる。
:引用終了

☆マレーシア機は機関砲で撃墜? ロシアTV Has automatic cannon shot down the Malaysian airliner


☆「墜落原因はミサイル爆発」ウクライナ発表にオランダは不快感

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
知らない人が多いが、記者クラブの記者は渡米して政府高官や閣僚、末端の議員に至るまで直接・単独取材が出来ません
だから、いつも中継を繋いで「現地ではこのように報じられています」と地元紙や有力紙を手に取って見せるだけ

これをスポーツに関して米国以外の国でもやってるのも有名な話
性格かつ専門的に分析する力が無い記者しかいないのはこのためです
[ 2014/07/30 18:53 ] [ 編集 ]
諜報戦ですな
さてどちらが勝つか
[ 2014/07/30 18:59 ] [ 編集 ]
アメリカが証拠の衛星画像を公開!
ロシア領内から自走砲6両が「多連装ロケット砲」発射した跡を確認

地上からの「多連装ロケット砲」?
[ 2014/07/30 19:32 ] [ 編集 ]
第三次大戦勃発はプーチンの出方にかかってる。
と思ってます。
NATOはさんざん挑発、偽情報っていつものやり方ですが。
我が日本は阿呆政権が着々と準備してますね。
本気で今は瀬戸際。
[ 2014/07/30 19:52 ] [ 編集 ]
ユダヤ金融悪魔資本たちは、第三次世界大戦を引き起こそうと企んでいるが、プーチン閣下は、ユダヤ金融悪魔の自作自演はお見通し。さすが、元特殊組織KGBだけあります。
[ 2014/07/30 21:30 ] [ 編集 ]
現政権の唯一認められるとこはロシアとの友好関係を築こうとしてるとこでした。
今回の制裁でハッキリとシオニスト率いる欧米に付くと宣言したことになりました。
愚かなはなしだ。
[ 2014/07/30 21:50 ] [ 編集 ]

西側から離脱するわけにはいかんのだよ。
その上で説得する立場を堅持すべきだと思うよ。
[ 2014/07/30 22:35 ] [ 編集 ]
西側というと、つまりはナチス・シオニスト、その先はNWOで監視奴隷社会

生きながらえても生きながらの地獄決定です
[ 2014/07/30 23:54 ] [ 編集 ]
この記事、ソースが、ロシアの声やロシアTVとか、ロシアの情報で語っている、おかしくないか?
真実は追求しないブログだな。これは
[ 2014/07/31 00:57 ] [ 編集 ]
ロシアとも中国ともアメリカとも何とかうまいことやっていくために高い給与で政治家と官僚を雇っている、
という意識が国民も低いんだよね。他人任せが骨の髄まで沁みてる。
[ 2014/07/31 01:32 ] [ 編集 ]
ドイツのマスコミすげーな、覚醒しとるwww
日本のマスゴミとはえらい違いだwww

このニュースを報道するかどうかで西側寄りかそうでないかが分かる
[ 2014/07/31 06:58 ] [ 編集 ]
Su-25がそもそも地上攻撃機であることと、地対空ミサイルは別に直撃しなくても近接信管で旅客機ぐらいは撃墜可能であろう(つまり必ずしも大穴があくとは限らない)ことから、どうにもこのウクライナ説が胡散臭く見えて仕方ないのだが
[ 2014/07/31 14:50 ] [ 編集 ]
ロシアにしろウクライナにしろどちらが犯人だとしても米ソ戦争になったら
アホ内閣は集団的自衛権で戦争参加するのは間違いない
[ 2014/08/01 12:38 ] [ 編集 ]
こんな突っ込みどころの満載の記事をどうやって信じろと言うのだ
嘘つくなら、もうちょっと上手につこうよ
[ 2014/08/02 21:34 ] [ 編集 ]
日露2言語のキャプチャ画像は、森野剛さんのYOU TUBE動画ですよね?
「ウクライナでマレーシア機が墜落2 機関砲で撃墜? ロシアTV Has automatic cannon shot down the Malaysian airliner」

承諾の有無にかかわらず、出典URLは示すほうがよいのではありませんか?
[ 2014/08/13 20:35 ] [ 編集 ]
勘違い失礼しました。元動画自体が、最後に掲載されておりました。
[ 2014/08/13 20:37 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム
スポンサードリンク