情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.07.31 06:00|カテゴリ:原発関連コメント(13)

規制委員会、作業員の被ばく線量を5倍(500ミリ)に引き上げ検討!福島原発事故では2.5倍に緩める!


20140730162220asdui010101.jpg
原子力規制委員会が原発作業員の被ばく線量を現在の100ミリシーベルト以下から500ミリシーベルトに緩和することを検討しました。この案は7月30日に開かれた定例会号で田中委員長が提案し、委員側はこれを了承したとのことです。福島原発事故では作業員の被ばく線量が急きょ2.5倍の250ミリシーベルトに緩和されましたが、今回の500ミリシーベルトはそれよりも更に高い値となっています。

500ミリシーベルトという高い値にも驚きましたが、それ以上にコロコロと変わる日本の基準値には驚愕です。福島原発事故後は特に酷く、他にも住民が帰還する基準値が20ミリシーベルトに緩和されたりしています。そもそも、従来の基準値というのは科学的な調査や研究を積み重ねて導き出された値です。
それなのに、「基準値を超える作業員が増えたから」と言うような理由で、基準値をポンポン緩和して良いわけがありません。子供でも分かることです。基準値の値よりも、このような基準を簡単に変えてしまう今の政府上層部に呆れてしまいます。


☆被ばく線量、引き上げ検討=原発緊急事態対応で―作業員意思確認も議論・規制委
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140730-00000057-jij-soci

引用:
時事通信 7月30日(水)12時8分配信
 原子力規制委員会は30日、原発で重大事故などの緊急事態が発生した際に、作業員らの被ばく線量上限値に関して現行の100ミリシーベルトから引き上げる必要があるか検討を始めることを決めた。田中俊一委員長が同日開かれた定例会合で提案し、了承された。
 東京電力福島第1原発事故では、作業員らの線量上限値が100ミリシーベルトのままでは対応できないとして、急きょ250ミリシーベルトまで引き上げられた。田中委員長は「国際的には500ミリシーベルトということもあり、検討してはどうかと思う」と述べた。
:引用終了

☆作業員の被ばく 規制庁が法整備検討へ


関連記事
情報速報ドットコムのツイキャスもよろしくお願いします! http://twitcasting.tv/kennkou1/show/
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
ワラタ
「田母神さんに出てもらうしかないんじゃないか」――。

 安倍自民が「最重要選挙」と位置付ける福島県知事選の告示(10月9日)まで2カ月余り。擁
立候補の人選が難航し、今年2月の都知事選を争った元航空幕僚長の田母神俊雄氏(66)の出馬
に期待する声が高まっているという。

「原発事故後初の知事選の焦点は、除染作業で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設の受け入れ
問題です。政府は来年1月の稼働を目指していますが、石原環境相の『金目発言』などで地元の態
度は硬化。そこで推進派の知事を据え、状況打開を図りたいのですが、そもそも復興の遅れに県民
の不満は爆発寸前です。怒れる県民の矢面に立とうとする人材を見つけるのは困難ですよ」(自民
党福島県連関係者)

■首相の“メシ友”荒井氏がヤル気満々

 党本部も県副知事や日銀の東北支店幹部などの擁立を模索しているが、いずれも知名度は今ひと
つ。人材払底からか、福島・田村市出身で安倍首相の“メシ友”である新党改革の荒井広幸代表を担ご
うとする動きもあるという。

「荒井さん本人はヤル気で安倍首相にも売り込んでいるようですが、『勝てる候補』と言えます
か? それなら都知事選で61万票獲得の実績を持つ田母神さんに勝負をかけたい人は多いはずで
す」(前出の県連関係者)

 田母神氏の生まれは郡山市。県内有数の名門校、県立安積高を卒業しており、地元関係者は「O
B会組織の強力なバックアップが期待できる」と話す。福島にも陸自の駐屯地があるため、党の選
対関係者も「かなり票を取る可能性がある」とし、「無所属で出れば支援を検討する価値はある」
と青写真を描くのだ。

 あとは本人の気持ち次第だが、田母神氏は都知事選後の雑誌取材に「現地には僕を出したい人が
いっぱいいるらしく、実際、福島県の有力者から出馬の声を掛けていただいた」と答えていた。本
紙が改めて出馬の意思を確認すると、田母神事務所の担当者は「現地点では<出る>とも<出ない
>とも言えない」と微妙な含みを持たせた。

 田母神氏は「再稼働なくして復興なし」と豪語するバリバリの原発推進論者だ。原発事故の最大
の被害者である福島県民に支持されるとは思えないが、焦る安倍自民にはそれが見えないのかもし
れない。

日刊ゲンダイ:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/152239/1
[ 2014/07/31 08:36 ] [ 編集 ]
新しい作業員が来ないから限度いっぱいになった既存の作業員の限度を上げるしか方法がないんですね。
今後も少なくとも数十年は作業が続くのですから際限なく限度を上げるしかありませんね。
死ぬまで上げますね。

[ 2014/07/31 09:04 ] [ 編集 ]
田母神にはぜひとも福島に住んで汚染水を毎日飲んで欲しい
[ 2014/07/31 10:05 ] [ 編集 ]
じゃーお前らが行って作業しろよ。そんですぐ逝けよ。ダメダメ世代の団塊がやればいいんだよ。
[ 2014/07/31 10:29 ] [ 編集 ]
放射能が危険だと思っている人は行かないよ
放射能なんて何の危険も無いと言う田母神は率先して行って作業して見本を示してもらわねば

[ 2014/07/31 11:23 ] [ 編集 ]
学生を終えた次なる生活よりも権力打倒にすべての、日々に渡り、
エネルギーをそそいだ団塊の世代。その世代がなんでダメダメな
んだ。よく若者の歴史を見よ。
[ 2014/07/31 11:26 ] [ 編集 ]
号外!
東京検察、勝俣ら当時の東電経営陣3人訴追を議決。
とかげの尻尾切りに終わるか、尻尾すら不発に終わるか、更なる始まりになるか…
[ 2014/07/31 11:31 ] [ 編集 ]
チェルノブイリ年間被曝1ミリシーベルト移住権利5ミリシーベルト移住義務。日本20ミリシーベルト移住義務。作業員500ミリシーベルトって、作業員を殺す気か?
[ 2014/07/31 12:44 ] [ 編集 ]
日本人は口では「人の命の大切さ」なんて簡単に言いますが、
昔も今も「人の命が大事だ」なんて思ったことは一度もありません。

[ 2014/07/31 13:02 ] [ 編集 ]
伝統的に
棄民政策だっただけです。国に余裕が有った時代には、目立たないだけ。
[ 2014/07/31 13:38 ] [ 編集 ]
作業員さん、エビオスとか酵母を飲んで下さい。可能なら生酵母や亜鉛酵母を飲んでください。大量被曝時の効果が放医研の研究で証明されています(動物実験)。ただし内部被曝には効果がありません(たぶん)ので、やはり作業は推進派の皆様にお願いしたいですね。

www.nirs.go.jp/information/press/2005/index.php?03_24.shtml
[ 2014/07/31 22:46 ] [ 編集 ]
環境省:除染目安の空間線量を緩和
http://mainichi.jp/select/news/20140731k0000e040245000c.html
毎日新聞【阿部周一、岡田英、渡辺諒】 2014年07月31日 15時00分(最終更新 07月31日 15時08分)

 ◇毎時0.3~0.6マイクロシーベルトに

 環境省は、東京電力福島第1原発事故による追加被ばく線量を年間1ミリシ
ーベルト以下に抑えるための除染の目安を見直すことを決めた。これまで掲げ
てきた推計の空間線量「毎時0.23マイクロシーベルト」に代わり、実測値
に即した「毎時0.3~0.6マイクロシーベルト」とする。除染作業の効率
化が期待される一方で、従来の目安を「安全基準」と受け止めてきた住民の戸
惑いも予想される。

 方針は近く、福島県の関係自治体との会合で提示する。併せて、同じ場所に
住む人でも生活習慣によって被ばく線量が異なるため、個人線量計での実測を
参考にして除染の度合いを決める新たな方針も打ち出す。事故から3年が過ぎ、
一律的な除染よりも、個人の被ばく線量管理も重視する。

 環境省は2011年、除染を行う地域を指定する際、「1日のうち屋外で8
時間、屋内で16時間過ごす」「家屋(木造)の遮蔽(しゃへい)効果で屋内
の線量は屋外の0.4倍」を想定。「長期目標である年間追加被ばく線量1ミ
リシーベルトを空間線量に換算すると毎時0.23マイクロシーベルトに相当
する」との目安を示した。

 これに従い、福島市や郡山市などの自治体は、汚染土をはぎ取るなどして空
間線量を毎時0.23マイクロシーベルト以下に減らす目標を計画に掲げた。
しかし、低線量の場所ほど除染の効果が少ないことが明らかとなり、除染後も
目標値を下回らない例が続出。住民からは計画通り再除染を求める声が上がっ
ていた。

 一方、伊達市や相馬市は住民に個人線量計を配布し、空間線量と実際に浴び
た被ばく線量を比較した。環境省がこの数値を分析したところ、空間線量が毎
時0.3~0.6マイクロシーベルトの場所でも住民の追加被ばく線量の実測
値はおおむね年間1ミリシーベルトを下回っていた。このため、環境省は「実
態に即した対応をする必要がある」と方針転換に踏み切った。


関連ニュース:
除染:目安の緩和 個人の線量管理が課題 | 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20140731k0000e040246000c.html
[ 2014/08/01 00:27 ] [ 編集 ]
規制を緩めるたびに、霞ヶ関を福島に近づけていけよ。安全なんだろ?移動しろ。
[ 2014/08/04 11:22 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム