情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.07.31 18:00|カテゴリ:健康問題全般コメント(8)

【エボラ出血熱】香港で発見されたエボラ出血熱の疑いがあった方は「陰性」だと判明!


20140731131431sadak.jpg
先日に「今度は香港でもエボラ出血熱の患者が発生!ケニアから帰国した女性が発症!遂にアジア上陸か?」とお伝えしたエボラ出血熱ですが、後の再調査でエボラ出血熱と良く似た別の病気であることが判明しました。隔離された女性を精密検査してみたところ、幸いにも陰性の結果を示したとのことです。この女性はエボラ出血熱と類似するような発熱や嘔吐を訴えていたことから、エボラ出血熱として疑われていました。

香港の女性がエボラ出血熱ではなくて本当に良かったですね。ただ、アフリカ各地で今も拡大しているようなので、今後もエボラ出血熱の監視と検査強化は必要だと言えます。グローバル化の影響で一気に広がる恐れもあり、日本も油断は出来ません。


☆エボラ熱疑いの女性 陰性の検査結果も、市民の不安収まらず=中国メディア
URL http://news.searchina.net/id/1539247

引用:
 中国メディアの銭江晩報は31日、エボラ出血熱に感染した疑いで隔離されていた香港人女性は検査の結果、陰性を示し、エボラ出血熱には感染していなかったことが分かったと伝えた。

 人民日報は30日、香港の無線新聞を引用し、ケニアに17日間にわたって滞在していた香港人女性が、香港に戻った後に発熱や嘔吐を訴え、エボラ出血熱の初期症状に似ていたことから病院で隔離され、治療を受けていると伝えていた。
:引用終了

☆2014/7/29 ウガンダでエボラ出血熱、13人死亡


☆「エボラ出血熱」をアニメーション解説  Ebola virus
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
エボラ出血熱感染パニックの犯人はCDC
根拠はありません。

いくらググっても感染拡大のニュースばかり。

人口削減計画と世界中で細菌テロを起こし最終戦争へと導くのが目的でしょう。

断っておきますが、根拠はありません。ありませんが、私はそう考えます。
[ 2014/07/31 18:09 ] [ 編集 ]
エボラ出血熱感染パニックの犯人はCDC(補足)
【バイオテロ犯の最有力候補は株を保管する研究機関】

感染症は自然発生する場合を除き、細菌株、ウイルス株の保管機関が最も疑わしいと考えている。

人口削減計画をどの様に遂行するかについて考えれば、ワクチンがなく感染力と致死率の高いウイルス等を使用したバイオテロであり、それが可能な機関はCDCとそれと繋がりのある別機関や企業ぐらいしかない。
[ 2014/07/31 18:51 ] [ 編集 ]
子宮がんワクチンも人工削減計画のひとつ。
ペットの避妊薬を人間に使って不妊症にしてるの。
[ 2014/07/31 20:11 ] [ 編集 ]
エボラに似た病気ってもっとやばいだろ
[ 2014/08/01 14:00 ] [ 編集 ]
エボラやばい!

先日、飛行機で倒れて亡くなったパトリック・ソイヤー氏。
当然、同乗者等に感染させた疑いがあるが、そのまま旅行させたらしい。
世界中に蔓延するのもアッと言う間かも

Fellow passengers on his plane were given warnings about the disease’s symptoms, which can include bleeding from the nose and mouth, but were allowed to continue on their journeys.

ソース:
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/northamerica/usa/10998222/Ebola-outbreak-Victim-who-sparked-fears-of-global-epidemic-was-on-way-home-to-US.html
[ 2014/08/01 16:12 ] [ 編集 ]
エボラ出血熱ってどうやって感染するんですか?
飛沫感染?体液から?接触だけでも?
感染形態によっては飛行機に同乗しただけではそんなに大事ではないはずですが。
[ 2014/08/01 16:43 ] [ 編集 ]
エボラの感染、汗や血液などの体液の接触が主だが、飛沫感染もある。
また、最近では空気感染も疑われている。
インフルエンザに比べ、感染能力は落ちるものの、数個のウイルスだけで感染する。
例えば、保菌者が咳やくしゃみなどすれば、その周囲の同乗者がこの飛沫を口や鼻から吸い込んだりすれば感染する。
また、保菌者が使ったトイレで、まき散らかした菌に触れるとか、
保菌者に直接接触したキャビンアテンダントや、このキャビンアテンダントを介して他の同乗者に
菌が入るとか、とにかく、いろいろ考えられる。

[ 2014/08/01 17:21 ] [ 編集 ]
>飛行機に同乗しただけではそんなに大事ではないはず

両隣の乗客は濃厚接触者。
感染者が使ったコップやストローは殺人凶器。
くしゃみをすれば生物テロ状態(空気が乾いているので忽ちエアロゾル化、機内全室に拡散)。
トイレはホットゾーンに化けます。
次の便の乗客も危険。
[ 2014/08/02 13:13 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム
スポンサードリンク