情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.08.01 20:00|カテゴリ:健康問題全般コメント(11)

子宮頸がんワクチンの予防接種で10代女性に重篤な副作用!アメリカでは接種率が低下!西岡久寿樹教授「厚生労働省のミスが原因」


20140801182445asdsad.jpg
数々の副作用が報告されている子宮頸がんワクチンですが、京都市で初めて10代の女性から非常に重い副作用の報告があったと発表されました。この女性の症状は主に四肢の筋力低下などで、まともに動くことが出来ないと報道されています。このような動けなくなるほどの重大な副作用は全国各地で500件以上も報告されており、病院側が認定していないものも含めると数倍になる可能性があるとのことです。

東京医科大学の西岡久寿樹教授は子宮頸がんワクチンの副作用について、「期間で症状が出る即時型と、時間が経過してからの遅延型がある」と指摘し、接種してから一ヶ月後に発症した症例を副反応でないとしたのは「厚労省の判断ミス」と批判しました。また、他の医師や専門家らと一緒に診断基準の見直しの必要性を訴えています。

子宮頸がんワクチンの本拠地である欧米の方でも、副作用は社会問題となっている最中です。例えば、アメリカでは子宮頸がんワクチンの接種率が年々低下中で、2013年は女子57%、男子35%程度でした。米疾病対策センター(CDC)は「これまでと同じ接種率を報告しなければならず、失望している」と、苛立っているコメントを発表していますが、国民の不信感は減るどころか増えています。

子宮頸がんという病気は治療法が有ることから、「子宮頸がんワクチンの必要性は全く無い」という声も有るので、子宮頸がんワクチンで悩んでいる方は接種しないほうが良いです。もちろん、自己責任で接種するのは構いませんが、命に関わるレベルの副作用になる可能性を覚悟しなければいけません。厚生労働省も製薬会社の関係者が監査役になっているわけで、自分の身は自分で守らないと今はダメな時代です。


☆10代女性に重篤な副作用、子宮頸がん予防接種で 京都市が調査へ
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140730-00000518-san-soci

引用:
京都市で子宮頸がん予防ワクチンの接種を受けた市内の10代女性が副作用とみられる四肢の筋力低下などの重篤な症状で入院していることが29日、市への取材で分かった。市保健医療課によると同ワクチンによる重い副作用の報告は市内で初めて。市は被害救済のため、8月4日に市予防接種健康被害調査委員会を開き、健康被害を詳しく調査する方針。
 女性は昨年4月、5月、10月に市内の医療機関で同ワクチンを接種し、3回目の接種の約1週間後に筋力低下の症状が出たという。
:引用終了

☆子宮頸がんワクチン接種率、米国でも伸び悩み
URL http://kenko100.jp/articles/140730003071/

引用:
米疾病対策センター(CDC)が7月24日に発表した報告によると、2013年の11~12歳の接種率は女子57%、男子35%程度という。CDCの担当官は「これまでと同じ接種率を報告しなければならず、失望している」と、いら立ちを隠せない様子。米国では、禁煙や高血圧の治療、各種がん検診と同じ位置づけで子宮頸がんワクチンを重要との方針が示されており、CDCは対象年齢の子供たちに医師らが強く推奨するよう呼びかけている。
:引用終了

☆西岡氏「厚労省のミス」、子宮頸がんワクチン被害でシンポ
URL http://vpoint.jp/feature/cervical_cancer/23190.html

引用:
 重篤な副反応が社会問題となり、接種の勧奨が一時中止となっている子宮頸(けい)がんワクチン問題で、医師や弁護士らによるシンポジウム(主催・薬害オンブズパースン会議)が27日、東京都文京区の東京大学で行われた。この中で、東京医科大学の西岡久寿樹教授は副反応にはワクチン接種から短期間で症状が出る即時型と、時間が経過してからの遅延型があり、1カ月以降に発症した症例を副反応でないとしたのは「厚労省の判断ミス」と明言し、診断基準の見直しの必要性を訴えた。
:引用終了

☆2014/07/04 子宮頸がんワクチン接種勧奨反対を求めるリレートーク
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
毒ワクチンの被害が出ているのに、日本政府は止める気なし。
アメリカで売れない分も、日本でどんどん使わされる。
今回のように表向きに被害がでることもあるが、ヤツラの目論見は不妊。
日本人女性を不妊にするためにまだ売る気まんまんです。
なんとか阻止しましょう!
(そうでなくても、日本は子供が産みずらい国で、少子化してるのに)
[ 2014/08/01 20:15 ] [ 編集 ]
このワクチンの危険性はかなり前から言われていた。にも関わらず勧められたのは製薬会社の利益のためという説もありました。
 そして何種類もあるウイルスのうち特定のウイルスにしか効果がないこと、 また効果が持続するのは5~6年であること、を考えると検診に力を入れ早期発見を促したほうが良いように思います。ましてや一生に関わる副作用があるのですから。
 
[ 2014/08/01 20:32 ] [ 編集 ]
責任は無責任なマスコミと市民団体
 これを厚生省の責任とするのはおかしいんじゃないでしょうか?

 当時、厚生省では、有効性がわかっていない、とするポジションペーパーを出してましたし、安全性がわかっていないことも発表してました。
 そのため、安全性と有効性が確認されたものに限る、とされていた当時の予防接種法下での助成が不可能だったんです。

 それらの事実をマスコミは一切報道せずに世論をあおり、結局政治主導で法律を改正して無理やり予防接種化しました。
 
 厚生省は単に役所であって、政治で決められたことに従っただけです。

 あの時の報道はほんとに異常でした。製薬会社その他の圧力がかかって痛んだと思います。
 
[ 2014/08/01 20:34 ] [ 編集 ]
接種拒否
○○市から手紙が到着し、中身はワクチン接種の案内だった。
が、荒々と文言を読んだあと捨てました。
異常で狂っている。ここまで一次二次の被害が発生しているのに、こういう時こそ親がきちんと判断しなきゃダメだ。
ばか役人と人口削減を狙っている連中の思う壺に、どうか日本人を含めた地球人が、これ以上被害者が出ないことを切に願います。
遺伝子組換えと同じようにジワジワと浸食しますから。
[ 2014/08/01 20:51 ] [ 編集 ]
ワクチン接種によって重篤な副作用が出てしまった将来のある彼女たちに俺達の納めた税金を使って支援してくれるなら喜んで税気を払う。

利権政治家やただ飯喰らいの官僚のために税気を納めているつもりはない。
[ 2014/08/02 02:19 ] [ 編集 ]
これは男性も接種するもんなのか。
[ 2014/08/02 06:59 ] [ 編集 ]
仮に子宮頸がんが防げても他の性病は防げないから殆ど無意味。もともとワクチンなんて必要ない。たとえインフルに効いてもノロは?麻疹は?咳のエチケットもしないで予防接種とか狂ってる。
将来親になったら子供の予防接種は全力でお断りするわ(インフル予防もモチ)。
[ 2014/08/02 12:51 ] [ 編集 ]
医療も警察も同じ、全て同じ。まじめに人様の役に立とうと頑張っている人間に自らの命をもって償えよ。金儲けの事ばっかりアンテナはりやがって。クズが。
[ 2014/08/04 11:12 ] [ 編集 ]
WHOが子宮頸がん予防ワクチン投与法を変更
[ 2014/12/07 17:58 ] [ 編集 ]
医者は本当カスばっか
自分の体験談を踏まえて断言する
[ 2015/05/20 00:33 ] [ 編集 ]
責任は全ての大人にある。
子宮頸がんワクチンの被害者は子供達であり、加害者は全ての大人にある。
即中止して、被害者救済に全力を尽くすべきである。
これ以上接種するのは、犯罪行為と同じ!
[ 2015/05/20 07:18 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム