情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.08.29 23:25|カテゴリ:原発関連コメント(8)

【事故】福島第一原発3号機の燃料貯蔵プールに機器落下!機材の重さは約400キロ!放射線量の変化などは観測されず!


20140829220135sadasdosiodi.jpg
8月29日12時45分頃、東電が福島第一原発3号機の使用済燃料プールに誤って機材を落としていた事が判明しました。東電の発表によると、落とした機材の重さは約400キログラムで、燃料交換機の操作卓を落としたとのことです。幸いにも機材は燃料ラック上部に設置した燃料防護用の養生材と瓦礫の間に落下したようで、今のところは放射線量の上昇などの異常は発生していません。

昨年にも同じ様な事を東電はしていたと思いますが、機材を燃料プールに落とすのは定例行事になりそうですね・・・。色々と奇跡的な偶然が重なって燃料プールの核燃料だけは吹き飛ばずに残っているのですが、今後も似たような事故が連発すると本当に危ない状況になってしまいます。作業員の練度も下がっているようですし、いい加減に国が全面的に入らないと危険です。


☆燃料貯蔵プールに機器落下 福島第1原発3号機
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140829-00000570-san-soci

引用: 
産経新聞 8月29日(金)18時49分配信
 東京電力は29日、福島第1原発3号機の燃料貯蔵プールのがれき撤去中、爆発で損傷した機器を誤ってプール内に落下させたと発表した。周辺の放射線量に変化はなく、東電はプール内の燃料566体にも大きな損傷は確認されていないとしている。
:引用終了

☆福島第一原子力発電所3号機使用済燃料プール内瓦礫撤去作業中の燃料交換機操作卓の落下について(続報)
URL http://www.tepco.co.jp/cc/press/2014/1241158_5851.html

引用:
 本日(8月29日)お知らせしております、3号機使用済燃料プール内瓦礫撤去作業中の燃料交換機操作卓の落下についての続報です。

 プール内に落下した燃料交換機の操作卓は、燃料交換機撤去にあたり燃料ラック上部に設置した燃料防護用の養生材(鉄板高さ30㎝程度)と、瓦礫の間に落下していることを確認しました。
 なお、瓦礫の下部に燃料が2体あることから、明日、水中カメラにて燃料ラックおよび燃料に損傷等がないことを確認する予定です。
:引用終了

☆福島第一3号機使用済燃料プール内の状況


汚染水との闘い ――福島第一原発・危機の深層 (ちくま新書)
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
拡散予測では、これから関東地方に風が流れてきます。
[ 2014/08/29 23:33 ] [ 編集 ]
なぜ頑なに東電だけにやらせているのだろう?
[ 2014/08/29 23:54 ] [ 編集 ]
>なぜ頑なに東電だけにやらせているのだろう?

国がやったら、さらに酷いよ。
全部隠蔽。
挙げ句に、特定秘密。
サイコパス「国民のあんじぇんを守るためです。キリッ」
と言って、全隠蔽。
「権力の安泰のため」

[ 2014/08/30 00:10 ] [ 編集 ]
東電と国とどこが違うの?
[ 2014/08/30 00:58 ] [ 編集 ]
現場、放射性微粒子について、動態被害、事細かく実務で知ってるのが東電。
机上の空論で馬鹿な事言ってるのが国。

3号噴き飛んでるから今更なんだろ。
ここが一番木っ端微塵なんだから。
[ 2014/08/30 01:18 ] [ 編集 ]
ミス多い、慎重にやって欲しい。
[ 2014/08/30 08:21 ] [ 編集 ]
> 東電と国とどこが違うの?

国に原発を扱う部署もノウハウもない。
国は、出来ない。
国がやるというなら、関電に任せるくらい。
関西電力は東電より酷い。
もんじゅ事故(関電)では、作業員四人が死亡。
高市早苗は、「原発事故で死んだ人はいない」と大嘘。
コイツを閣僚にしてはならない。

[欧米にバレてはいけない。安倍内閣・自民党幹部とネオナチ団体との
http://matome.naver.jp/odai/2136878460795536101
[ 2014/08/30 09:09 ] [ 編集 ]
「幸いにも」とか「奇跡的にも」ってこと、その危うさに国民はもっと騒がなきゃいけないんじゃないかな?
[ 2014/08/30 15:19 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム