情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.09.05 13:30|カテゴリ:放射能測定情報コメント(22)

福島で今もセシウムが1090メガベクレル(km2)も降り注いでいる件!原子力規制委員会が最新のデータを公開!事故直後は茨城県で10万メガベクレルも・・・


20140904221517saodpaodpo.jpg
原子力規制委員会が2014年8月29日に公開した最新の「定時降下物のモニタリング」によると、今も福島県では一ヶ月間で1090MBq/km2(メガベクレル)もの放射性セシウムが降り注いでいる事が判明しました。放射性セシウムは福島県が全国で圧倒的に突出して多いですが、東京や神奈川などの関東圏でも広い範囲でセシウムを観測しています。一方で、西日本や北海道では放射能が検出限界値以下で、全体的にかなり線量が低いです。


参考に福島原発事故直後の過去データを覗いてみたところ、2011年3月20日~21日の間に茨城県(ひたちなか市)で10万6000メガベクレルもの放射性セシウムが降り注いでいたと記載されていました。これは僅か1日の降下量で、他にも神奈川県で7200メガベクレル、東京で3460メガベクレル、山形で6万2300メガベクレル等が観測されています。ちなみに、福島県と宮城県のデータは震災の影響で欠測していました。

これは大気圏内核実験時代の数百倍から数万倍の値で、日本の歴史上かつて無いほどの異常値です。というか、ここまで広範囲でこの濃度の放射性物質を検出したのは、人類史上初だと言えるかもしれません。一部の推進派は「大気圏内核実験と比べれば大丈夫」とか根拠の無い発言をしていますが、このような測定値を見れば、安全とは到底思えないです。小児甲状腺がんも増加傾向ですし、福島原発事故は本当に驚異的な汚染を引き起こしたと言えます。
*大気圏内核実験がピークだった1963年6月(1ヶ月間)は550Bq/m2。1日あたり18ベクレル。


☆原子力規制委員会 定時降下物のモニタリング
URL http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/list/195/list-1.html

20140904221049aisodiaoip010110.jpg
20140904221110sadioasdio01010.jpg

☆2011年3月 環境放射能水準調査結果(定時降下物)
URL http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/3000/2294/24/1303977_032119_1.pdf

20140904221208asdioasdia000.jpg

☆Q. 福島原発事故は1960年代の大気圏内核実験よりひどいのか?
URL http://genjitsu.jp/archives/432

引用:
 1950~1960年代には米ソを中心に大気圏内核実験が盛んに行われた。特に大気圏内核実験を禁止した部分的核実験禁止条約(大気圏内核実験の禁止)が1963年8月に調印されたため、その直前が最も激しかった。当時、世界中に核実験でまき散らされた放射性物質(死の灰)が降り注いでいた。東京の高円寺にあった気象研究所の観測によれば、セシウム137の降下量は、ピークだった1963年6月(1ヶ月間)で550Bq/m2、1963年(1年間)では1,924Bq/m2を記録した。

 ちなみにチェルノブイリ事故後の1986年5月には100Bq/m2程度で、翌月には30分の1未満に収まったので、いかに大気圏内核実験が世界的に見て深刻なものだったかも分かる。
DepoSrCs_SomeDataLack_BW_2008.jpg
:引用終了

☆IRSNが予測した福島原発の放射能汚染シュミレーション


関連過去記事

☆【必見】隠蔽か黙殺か~封印された汚染マップ~ アメリカが作成した放射能地図は日本政府に報告されていた!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1878.html


「放射能汚染地図」の今


放射能汚染から命を守る最強の知恵―玄米、天然味噌、天然塩で長崎の爆心地でも生き残った70名
関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
〉西日本や北海道では放射能が測定されておらず

放射線量、西もそれなりに高いでしょう?
測定されてないって、測られていないということですか?

/キロ平米と、/平米を比較されるのは、なんとなく騙されてるような。単位は揃えてもらいたいです。
[ 2014/09/05 13:42 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 〉西日本や北海道では放射能が測定されておらず
>
> 放射線量、西もそれなりに高いでしょう?
> 測定されてないって、測られていないということですか?
>
> /キロ平米と、/平米を比較されるのは、なんとなく騙されてるような。単位は揃えてもらいたいです。

検出限界値以下ということです。少なくとも東北や関東よりも圧倒的に低いです。
[ 2014/09/05 14:04 ] [ 編集 ]
〉大気圏内核実験時代の数百倍から数万倍

そんなになりますか?

2011年の量が、1963年の量の数百倍から数万倍ってことですか?
[ 2014/09/05 16:17 ] [ 編集 ]
話ずれるけど、福島原発がれき処理で先日、クレーンから燃料プールにボッチャンした日…。
ちょうどあの日から三日間位具合悪かった。近所の人も体調不良。同じ地区で救急車も来た。
風下じゃない筈なんだけど、偶然だろうか?
因みに直線距離で60キロ。
[ 2014/09/05 16:39 ] [ 編集 ]
こちら神奈川。水素爆発をして汚染されてから今日まで、ガイガーカウンターのスイッチは入れっぱなしです。(因みに機種はTERRA)通常0.1μSV前後ですが、0.3μSVに達すると警報音が鳴るように設定しています。事故以来月に2.3回のペースで警報音が鳴りましたが、最近は鳴りませんでした。しかし、この7月前くらいからまた、月に1.2回のペースで0.3μSV越えをするようになり、10秒ほどで下がっていきます。事故から3年以上も経過すると人間は怖い生き物です。皆何事も無かったかのように畑で野菜をつくり、産地より値段で買い物をしてむしゃむしゃ食べています。
[ 2014/09/05 16:44 ] [ 編集 ]
事故直後を振り返る。
今振り返ると、レベル7は伊達じゃないことがわかります。

(2011.3.12 双葉町) 4600μSv/hを記録していた!!「通常の10万倍」
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/21b67a44fcdf2384cfa3c4677496fce2

ヨウ素100万Bq/kgを超えていたフクシマ葉物野菜-311直後の放射能汚染実態
http://onodekita.sblo.jp/article/77087148.html
[ 2014/09/05 16:51 ] [ 編集 ]
2011を振り返る

千葉県柏市『311前より116倍高いウラン235(中性子線)検出』
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/f34e3815ae00f2b117475287795cc1fe

柏・松戸・流山あたりには、ガイガーカウンターでは測定できない甚大なリスクがある。
[ 2014/09/05 17:03 ] [ 編集 ]
動画のことですが、2011年3月15日朝8時に都内へ。。
と見てます。
動画は2011年3月22日までの予想ですが、
実際には21日に右回りの風、小雨で、遠いところでは静岡沿岸
と山梨に降っていますことを忘れないでください。

他の読者のみなさんに提案ですが、この記事は印刷し
保存をしておいたほうが良いでしょう。私は印刷・保存します。

まだ降っていて、都内でオリンピックなんてありえない!!
[ 2014/09/05 17:20 ] [ 編集 ]
(管理人さんへ2回のコメントすいません。)

画像や表は右端が切れて印刷されますので、
表などは「名前を付けて保存」をお勧めします。
[ 2014/09/05 17:28 ] [ 編集 ]
福島原発事故:1週間後にも放射性雲 東北、関東へ拡散
http://mainichi.jp/select/news/20140905k0000e040237000c.html
2014年09月05日 15時00分(最終更新 09月05日 19時28分)

3年遅れとかw

3/21 柏市を汚染した放射能プルームについて
http://ameblo.jp/kenken4433/entry-10906917871.html

mixiで横浜ネコ氏が、当時のまとめとか資料編集してる。
[ 2014/09/05 23:19 ] [ 編集 ]
>柏・松戸・流山あたりには、ガイガーカウンターでは測定できない甚大なリスクがある。

細かいようだが、ウランはマイカウィンドウのガイガーカウンターなら測定できる。
[ 2014/09/06 00:48 ] [ 編集 ]
雲母窓型だけど、扱いが難しいかと思います。どうですか?
[ 2014/09/06 04:16 ] [ 編集 ]
庭のみょうがを取ってたべようと思ったけれどガイガーで測ったら地面で0.15(長野県) お金を出して高知産のミョウガを買って食べるか 迷っている。
[ 2014/09/06 08:21 ] [ 編集 ]
震災直後のホットスポットで雲母窓のガイガーを使用したら、すぐに汚染されたらしく、調子悪くなった。
今なら正確に測れるものなのか、ガイガーの性能に詳しい方いませんか?
[ 2014/09/06 08:35 ] [ 編集 ]
セシウム1ベクレル検出=セシウム原子14億個そこにあるという事だったと思います。

つまりセシウムが環境から消えるまで14億本の放射線を放出するんですね・・・

14億回地球生命(動物、人間など)に対して攻撃してくる、という事でしょう。

福島の野菜も福島県のHPを見ると20ベクレル以下と書かれているだけで、20ベクレルなのか1ベクレルなのかは分かりません。

米軍も、秘密結社員も、新興宗教信者も、体内被曝には気を付けてください。
(キノコ、玄米が特に高いです)
[ 2014/09/06 16:27 ] [ 編集 ]
★ 【今も】【★毎日80億ベクレル】
【驚愕】 【今も】福島原発は【★毎日80億ベクレル】の放射性物質を海に放出していることが判明!東電が会見で認める!【★年間放出量は約3兆(2兆9000億)ベクレル】に!!!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3628.html
[ 2014/09/07 06:02 ] [ 編集 ]
>★
コピペ厨 うるさい
[ 2014/09/07 06:40 ] [ 編集 ]
>福島の野菜も福島県のHPを見ると20ベクレル以下と書かれている>だけで、20ベクレルなのか1ベクレルなのかは分かりません。

他の自治体は、(検出限界値未満は表示されませんが)
食品キログラムあたり何ベクレルか具体的な数字を表示しています。
(20ベクレル以下のようにアバウトではない)

現在も福島県では一ヶ月間で1090MBq/km2(メガベクレル)もの放射性セシウムが降り注いでいるのであれば、全て野菜はハウス栽培にするとか

それ以前に移住出来る人(特に若者と子供)は、福島を脱出した方が良いと思います。
[ 2014/09/07 16:31 ] [ 編集 ]
これでオリンピックやろうとか、無茶しすぎだろ
[ 2014/09/07 18:21 ] [ 編集 ]
福島県にて。
先日、福島県に行き、気になる話を聞きました。
津波でPTSDというのなら理解できるのですが、
内陸部で聞いた話です。
どうも子供の不登校が増えているらしい。
それが地震・原発事故・放射能汚染・将来の病気等を怖がってのことなのか、
理由はまったくわかりません。
直接的ではなくても、将来の病気への不安や
福島県への差別等を怖がって心が荒み、
他の子へのイジメに走ってしまうとか?
あくまでほんの少々の聞いた話と勝手な推測だけです。
ただリタイアされた教師が、そういう不登校児を預かる
施設を設置し活動しているとも聞きました。
私らの頃は不良で学校に行かず溜まり場に・・・というのを除けば、
引き籠るようなのは学年に一人いるかいないかでしたから。
今はパソコンやゲームで引き籠りは多いと言われれば、それまでですが。
テレビ・新聞等の報道では聞いたことがなかったので気になっています。
[ 2014/09/08 03:22 ] [ 編集 ]
不登校は被災地以外でも多いと思います。被災状況含め、子どもの考えや心境に対応が追いつかない事態がそうさせているでしょう。また学校も個別に対応が追いつかない事態があります。
[ 2014/09/08 03:38 ] [ 編集 ]
情報は正確に
>>1986年5月には100Bq/m2程度で

これはどう見ても恣意的な誤魔化しだろ。
Atomicaの記録では1986年の一番高い月で3.5mCi/km2、
ベクレルに換算すると約1919MBq/km2。

もっと高かったのは大気核実験の影響で1963年の52mCi/km2で
ベクレル換算で24050MBq/km2。(測定は東京都高円寺)

AtomicaはCi(キュリー)単位でもデータ取ってるので要注意。

長期に渡った大気圏核実験での総量を考えると
いくつになるか分からないが、ベクレルという微小単位を
正確に理解してないと、本当なら今の55歳以上の人は
既に相当の人数が死に絶えてる話になるけどね。
日本の寿命は延びる一方なのはどう説明するよ?(苦笑)

それと、「聞いた話」なんてソースが無い情報は
ほぼ100%デマ扱いだから安直なウソは止めた方が良いよね。
[ 2015/06/15 23:27 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク