情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します!
2014.09.06 22:00|カテゴリ:政治経済コメント(8)

安倍改造内閣の支持率が急上昇したトリックは質問文?過去に「福田内閣を支持しますか」を「改造後の福田内閣を支持しますか」に変更も!


20140906140123sidoaid.jpg
第二次安倍改造内閣の支持率が60%に急上昇しましたが、その裏には意図的な質問文があるという指摘があります。これは前々からマスコミ関係者が述べていたことで、一部のメディアを除いて大手のマスコミも世論調査の質問文を公開していません。
政治学者の菅原琢(すがわら・たく)氏によると、福田内閣が改造した2008年8月に日経新聞も世論調査でかなり恣意的な質問文を使って世論を誘導していたとのことです。福田元首相が内閣を改造する前は「あなたは福田内閣を支持しますか」という質問文だったのに、内閣改造後は「あなたは改造後の福田内閣を支持しますか」と変更されていました。


今回の安倍改造内閣でも同じ様な手法が使われたと見られ、大手マスコミの中で唯一支持率が横ばいだった毎日新聞は質問文を変えていなかった可能性が高いです。でも、確かに「安倍内閣を支持しますか?」と「改造後の安倍内閣を支持しますか?」では、ちょっと意味が違いますよね。人によっては、改造という行為に対する調査だと勘違いするかもしれません。

これで「支持率が10%以上もアップした」と報道している大手マスコミの連中は、質の悪い詐欺行為と同じ事をしていると言えます。やはり、大手マスコミの世論調査というのは、参考にならないということです。まだ、質問文などを見れるヤフーなどの調査の方がマシだと私は思います。


☆安倍改造内閣の支持率の傾向が読売・日経と毎日で違う理由 菅原琢(政治学者)
URL http://thepage.jp/detail/20140905-00000018-wordleaf

引用:
継続的調査で質問文を変えない意義も、過去の例を確認すれば明確である。福田内閣が改造した2008年8月の日経新聞の世論調査結果を、その前後と比較してみよう。なおこのデータは日経リサーチのページ(※7)で確認することができる。

2008年6月定例 「あなたは福田内閣を支持しますか、しませんか。」 支持する 26%
2008年8月改造直後「あなたは改造後の福田内閣を支持しますか、しませんか。」 支持する 38%
2008年8月定例 「あなたは福田内閣を支持しますか、しませんか。」 支持する29%

 このように、質問文の改造で一時的に支持率が上昇しても、次回調査でまた低下してしまうことになる。
:引用終了

☆第2次安倍改造内閣本格始動 副大臣と政務官人事も決定(14/09/05)


☆【安倍改造内閣】右翼化がより濃厚な「女性5人入閣」(金子勝)


関連過去記事

☆【ホラー】安倍改造内閣の支持率が急上昇!50%前後から60%前後に!読売新聞や日経新聞、テレビ東京の調査で!毎日新聞は横ばい!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3727.html
関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
当然ながら民主党政権下でもこれは行われてきたことなので慣行的なものだと考えられますね。
[ 2014/09/06 22:22 ] [ 編集 ]
大手テレビ局は、在日電通に支配されている。自民党とグルで、安倍政権様の都合が悪いニュースは、報道規制する。そして、読売新聞、産経、日経、NHK、日テレ、フジテレビは、安倍政権を擁護したり庇う。(-_-#)簡単です。癒着してますからね。(-_-#)
[ 2014/09/06 22:53 ] [ 編集 ]
日経の方まとめてみました

小泉政権 44%→61% 45%→65% 42%→44% 49%→56%

安倍第一次政権 あなたは改造後の安倍内閣を支持しますか、しませんか。 28%→41%

菅政権 21%→26%

野田政権 22%→24%

安倍第二次政権  44%→52%



という結果に。すべて上がっていますね。そしてなぜか福田政権と安倍第一次政権の時「のみ」改造後の~のくだりに変わっています。


他(安倍第二次政権含め)はあなたは改造後の●●内閣や●●党執行部の新しい顔ぶれを評価しますか、しませんか。系統の質問です。

記事に書かれている福田政権と、安倍第一次政権のみなぜ変わっているのか・・・不思議です。


もし確認の漏れがあったりしたらすみません。見た限りでは内閣支持率の場所が改造後の~のくだりに変わっているのはその2政権のみです。
[ 2014/09/06 23:21 ] [ 編集 ]
すみません、小泉政権の最初の内閣改造の時も割りと違いましたが、内閣支持率とは別の項目にありましたので除外しました。
[ 2014/09/06 23:26 ] [ 編集 ]
[安倍晋三と統一教会] - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2139364684158010301

http://george743.blog39.fc2.com/blog-entry-1828.html

今どき、安倍を支持しているのは、カルトだけ。
[ 2014/09/06 23:52 ] [ 編集 ]
山本太郎参院議員の全国街宣キャラバンが始まりました。スタートは北海道札幌市からです。
その模様は、次の公式ツイキャス(ネット生中継)で見られます。

http://twitcasting.tv/yamamototaro0

9月7日(日)みんな地球の子どもじゃんpresents ライブ&トークイベント
詳細は、http://kokucheese.com/event/index/207369/
トークライブ:16:00~19:00
出演:山本太郎、DELI、おしどりマコ&ケン、柚木ミサト、横川圭希、佐々木明、
今野徹、大土雅宏、木村一雄(敬称略)
場所:札幌市中央区南5西6アクティブワン

9月8日(月)
【札幌】山本太郎街宣
 街頭アピール:12:00~13:00 大通公園西3丁目西側
 広瀬隆講演会:18:30~20:30 かでる2・7(資料代500円)
 主催:DO未来ネット札幌 090-6260-7443

9月9日(火)
【旭川】山本太郎街宣
 街頭アピール:17:00~18:00 買物公園アッシュ前
 広瀬隆講演会:18:30~20:30 勤労福祉会館大会議室(資料代500円)
 主催:DO未来ネット旭川 090-6690-1300

9月10日(水)
【函館】山本太郎街宣
 広瀬隆講演会:18:30~20:30 亀田福祉センター(資料代500円)
 主催:バイバイ大間原発はこだてウォーク 090-5590-4117

※広瀬隆講演会のレジュメはこちらからDLして下さい。(敬称略)
http://hibi-zakkan.net/archives/40009151.html
[ 2014/09/07 00:35 ] [ 編集 ]
CIA朝鮮内閣とCIA朝鮮メディアの茶番劇

あほらしい

[ 2014/09/07 07:07 ] [ 編集 ]
福島県警捜査2課の2人相次ぎ自殺
http://www.asahi.com/articles/ASG5131QQG51UGTB001.html



福島県警捜査2課の男性警視(52)と男性警部(51)が
4月下旬に相次いで自殺していたことが1日、県警への取材でわかった。
2人は上司と部下で、県警は自殺の理由と関連について調べている。



 県警幹部によると、課長補佐の警部は4月28日朝、
福島市の県警山下庁舎内で首をつって死亡していた。
遺書があり、仕事上の悩みも書かれていた。
なりすまし詐欺事件などを担当していた。
「事件化するのが難しい」と家族に悩みを漏らしていたという。



 同課指導官の警視は29日から行方不明になり、
30日午前に山形県内に止めた乗用車の中で首をつって死亡していた。
遺書が見つかり、亡くなった警部に寄り添えなかった、
との趣旨が記されていたという。


車の中で自殺

美しすぎる国ニダ

[ 2014/09/07 07:23 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク