情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.09.22 21:00|カテゴリ:政治経済コメント(15)

池上彰氏が朝日バッシングに走るメディアを批判!他紙での掲載拒否も告白!池上氏「そんなに朝日のことを批判できるのかなあ」


20140922143616asodi.jpg
しばらく前に朝日新聞がコラムを拒否したことで話題になった池上彰氏ですが、最近の朝日バッシングの流れに対して疑問を投げ掛けている事が分かりました。池上彰氏は週刊文春9月25日号の「朝日新聞だけが悪いのか」という記事中で、「私は、かつて、ある新聞社の社内報(記事審査報)に連載コラムをもっていました。このコラムの中で、その新聞社の報道姿勢に注文(批判に近いもの)をつけた途端、担当者が私に会いに来て、『外部筆者に連載をお願いするシステムを止めることにしました』と通告されました」と、他のメディアでも都合の悪いコラム掲載を拒否されていた事を暴露。


また、暴露に続ける形で、「その新聞社の記者たちは『石を投げる』ことはできないと思うのですが」と朝日バッシングの流れについて違和感を感じていることを語りました。「石を投げる」と言うのは、聖書の一節である「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」という文章を使った物です。

他の新聞社でも同じ様なコラム掲載拒否をしていたということは、何処の大手マスコミも同じだと言えます。今まで同じ事を散々やっていたのに、朝日新聞だけに対して集中砲火を加えるのは明らかに異常です。それならば、誤報やコラム拒否をやっていた他の読売新聞や産経新聞等も同じ様にバッシングするべきだと私は思います。池上彰氏が言っているように、彼らが朝日新聞に石を投げているのはおかしいです。


☆池上彰が朝日叩きに走る新聞、週刊誌を批判! 他紙での掲載拒否も告白!
URL http://lite-ra.com/2014/09/post-482.html

引用:
「私は、かつて、ある新聞社の社内報(記事審査報)に連載コラムをもっていました。このコラムの中で、その新聞社の報道姿勢に注文(批判に近いもの)をつけた途端、担当者が私に会いに来て、『外部筆者に連載をお願いするシステムを止めることにしました』と通告されました」
「後で新聞社内から、『経営トップが池上の原稿を読んで激怒した』という情報が漏れてきました」

 ようするに、朝日新聞と同様の掲載拒否が別の新聞社でも起こっていたことを暴露したのだ。池上氏は「新聞業界全体の恥になると考え」この一件を封印してきたが、「歴史を知らない若い記者たちが、朝日新聞を批判する記事を書いているのを見て」敢えて過去の体験を明かすことにしたという。そして、冒頭で引用した聖書の一節を再び使ってこう指摘している。
「その新聞社の記者たちは『石を投げる』ことはできないと思うのですが」
:引用終了

☆週刊文春にて池上彰の連載コラム「朝日新聞だけが悪いのか」掲載!
URL http://www.akiraikegami.com/news/140919/

引用:
●週刊文春 9月25日号
池上彰のそこからですか!?「朝日新聞だけが悪いのか」

週刊文春にて連載中のコラム「池上彰のそこからですか!?」。
件の朝日新聞の騒動について、渦中の人になってしまった池上さんが「罪なき者、石を投げよ」と題して、
果たして朝日新聞だけの問題なのか?と提起をしています。

雑誌ですが、機会があればぜひご一読を。
※9月18日発売、定価400円(税込)
:引用終了

☆池上彰が選ぶ 日本の運命を決めたニュース - 14.07.28 (1/2)


関連過去記事

☆【マスコミ支配】自民党と安倍首相が朝日新聞に注文!安倍晋三「(慰安婦誤報を)世界に向かって取り消していくことが求められている」
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3837.html


最新版 (図解)池上彰の 経済のニュースが面白いほどわかる本 (中経の文庫)
関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
日本の音楽業界について(NHK改革含む)
こんにちは。失礼します。
記事違いかもしれませんが、
ここに貼らせて下さい。
日本の音楽業界(NHK改革含む)について
別のネット放送で語ってます。
僭越ながらここに添付させて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=_ouUrqhi52w&list=UU5uDVXCTLx1RUgWItSTb57A

[ 2014/09/22 21:06 ] [ 編集 ]
池上彰ちゃん。ダブルスタンダードはいけましぇんよw

朝日バッシングの火付け役の池上ちゃんがw
[ 2014/09/22 21:10 ] [ 編集 ]
どこの新聞社だろう?
経営トップが…読売とかかな?
[ 2014/09/22 21:23 ] [ 編集 ]
その、ある新聞社の名前を出せよ
名前を出すと仕事(金)が貰えなくなるからマズイのかな
[ 2014/09/22 21:24 ] [ 編集 ]
この問題が起こる前は、池上さんは公平な人かと思っていたけど、朝日新聞への注文の付け方が上から目線でがっかりした!
でも今回の記事は、その通りだと思う。
[ 2014/09/22 21:40 ] [ 編集 ]
GJ池上
俯瞰的に見れば他社のメディアも同じ穴の狢
逆を言えば他社メディアは自ら足枷をはめた事になる

国民を欺いたら今度のターゲットはオマエラだぞ
[ 2014/09/22 21:42 ] [ 編集 ]
逆に言えば他社新聞紙の朝日攻撃は国民にとって有益なのかもな
お互いが監視役としてやってくれればイイヨ
なかなか自己批判しなかったからな・・・あの朝日も
ほんとマスコミ不信が大きくなるばかり
[ 2014/09/22 21:45 ] [ 編集 ]
産経が朝日を執拗に攻撃するのは元社長鹿内の慰安婦関与をもみ消すためだった!

「女の耐久度」チェックも、産経新聞の総帥が語っていた軍の慰安所作り
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1410146236/-100

ヤバ過ぎる3K
[ 2014/09/22 21:46 ] [ 編集 ]
読売新聞が「週刊現代」の広告掲載を拒否!
池上彰が朝日叩きに走る新聞、週刊誌を批判! 他紙での掲載拒否も告白!
http://lite-ra.com/2014/09/post-482.html


「『そんなに朝日のことを批判できるのかなあ』と思った『週刊現代』の関係者もいるのではないでしょうか。
かつて『週刊現代』の新聞広告が、新聞社から長期にわたって掲載を拒否されたことがあったからです。
(略)この時期、『週刊現代』は、その新聞社の経営トップに関する記事を立て続けに掲載していました。
まさかそれで広告掲載拒否になったなどということは、ありえないと思うのですが」

 実はこの件については、本サイトも全く同じことを指摘していた。池上氏は新聞社名を伏せているが、

この新聞社とは【読売新聞】のことだ。「週刊現代」(講談社)が読売の【渡辺恒雄会長】への「批判」や

【読売巨人軍】の「不祥事」を報道していたところ、【ナベツネ会長】のツルの一声で「週刊現代」の【広告掲載拒否】が決まったのである。
(転載終わり)

謝罪せずに朝日新聞を責める読売新聞の方が、遥かに悪質だ。
[ 2014/09/22 22:00 ] [ 編集 ]
ついに出ました読売新聞と渡辺恒雄(笑)
[ 2014/09/22 22:07 ] [ 編集 ]
朝日バッシングはもはやいじめとしか思えない。大人が子供に、いじめはダメだよって言えない気がする。読売や産経もイラク戦争に賛成してたが、その検証はしたのか?まさか悪を倒すのに理由は要らないとか、戦隊ヒーローのような理屈でやってないってことはないよな?
[ 2014/09/23 02:40 ] [ 編集 ]
日本の戦隊ヒーローは理屈抜きで悪人退治などしてない。
いまや子供向け番組だって勧善懲悪は謳ってないよ。
価値観が違う者同士、お互いの信念を貫く為、愛する者を守る為に、
という構図で戦ってます。
そういう意味じゃ時代劇の方がよっぽど理屈抜きで悪人を斬ってるわい。
[ 2014/09/23 04:35 ] [ 編集 ]
池上さん、あなたの言うとおり、読売新聞、産経も朝日新聞を批判できる立場じゃない。なぜならば、読売新聞、産経は、自民党と癒着し擁護する新聞になっている。
[ 2014/09/23 08:15 ] [ 編集 ]
新聞は検証性を発揮せねば意味をなさない
[ 2014/09/25 05:32 ] [ 編集 ]
日本政府は市民への殺人実験の停止を。ここ4000日以上休むことなく兵器による侵入をうけています。マスメディアの報道がなく残酷な人体実験にまったくの歯止めがありません。おおくの児童や無実の人が犠牲になっています。
[ 2014/09/27 05:18 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク