情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.09.28 15:00|カテゴリ:国内の災害情報コメント(8)

御嶽山噴火で自衛隊の耐熱装甲車が現地入り!ヘリコプターは救助活動中!依然として40人以上が安否不明、38人が重軽傷!火口からは今も噴煙が・・・!


20140928135600aosdi00.jpg
9月27日午前11時に噴火した御嶽山では、今も自衛隊や消防などによる必死の救助活動が続いています。長野県によると、今も山頂に登った45人の安否が不明で、38人が重軽傷になっているとのことです。自衛隊はヘリコプターを使い7人を救助し、熱に強い装甲車なども投入しました。

ただ、御嶽山からは28日も噴煙が吹き出ていることから、山頂付近で活動している救助隊も危険と隣り合わせ状態になっています。山頂付近で大量の遺体を発見したという報告も有るようですが、救助が遅くなればなるほど、犠牲者の数が増えることになるでしょう。

装甲車は前にも長崎県島原の雲仙普賢岳で火砕流が発生した時に派遣され、高温の中を普通に動き回っていました。今回の装甲車は前回と違うタイプですが、装甲車は火炎放射器の直撃にも耐えられるように出来ているので、ある程度の効果は期待することが出来ます。

個人的に今回の噴火で気になるのは、地震との関連性です。前回の2007年3月に発生した御嶽山の小規模噴火では、直後の2007年3月25日に石川県で震度6強(M6.9)の大地震が発生しました。地震と噴火が連動する例は世界的に見られ、マグニチュード9クラスの巨大地震が発生した場所では、数年以内に大規模な噴火が必ず起きているというデータもあります。そのため、誘発地震という観点からも当面は警戒が必要です。


↓山頂付近での救助活動
20140928135201sadi01.jpg
20140928135214aosid02.jpg
20140928135353asidosia4.jpg
20140928135406aosid05.jpg
20140928135423asodi07.jpg
20140928135228asodi03.jpg
20140928135439asdio07.jpg
20140928135551apsd08.jpg

☆御嶽山噴火2日目、安否不明45人に 懸命の救助活動
URL http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2309138.html

引用:
 御嶽山の噴火から2日目、長野県は連絡が取れずに安否が不明な人が45人に上ると明らかにしました。
 長野県によりますと、御嶽山に登っていたとみられる45人と連絡がつかない状態だということで、安否の確認作業を進めています。

 「(火山灰で)何も見えない状況ではぐれちゃって。まだ連絡とれていないので、すごく心配している」(おいが行方不明)

 このほか長野県側では、30人が重軽傷を負ったということですが、被害の全体像はまだわかっていません。
:引用終了

☆御嶽山噴火 自衛隊ヘリが登山者7人救助、7人とも意識あり
URL http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140928-00000535-fnn-soci

引用:
フジテレビ系(FNN) 9月28日(日)11時14分配信
噴火した御嶽山で28日午前、自衛隊のヘリコプターが、これまでに7人の登山者を救助した。7人とも、意識はあるという。
長野・王滝村と自衛隊によると、御嶽山の頂上付近の登山道で、周辺を捜索していた自衛隊のヘリコプターが、救助を求めている人を発見し、これまでに7人をつり上げて救助した。
:引用終了

☆「もう生きて帰れないと思った…」 空から軽トラック大の石 噴火時、頂上に約50人
URL http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140927/dst14092721090018-n1.htm

引用:
火山灰とともに、周囲に直径1メートルぐらいの大きさの石が飛んできたため、急いで岩陰に隠れた。まもなく、もう一度「ドカン」という音が鳴り、今度は軽トラック大の石が飛んでくるようになった。巨大な石は地面にぶつかって割れ、破片が四方八方に飛び散った。黒い雨が降り始め、雷のような音も鳴ったという。灰はひざ上まで積もった。「もうダメだ」。そう思った。
:引用終了

☆火口から煙、火山灰噴出続く?…国交省緊急調査
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140928-00050038-yom-soci

引用:
長野、岐阜両県境の御嶽山の噴火を受け、28日午前、現地の緊急調査を行った国土交通省は、噴火した火口が山頂南から西にかけて3か所確認されたと明らかにした。
 うち1か所の火口からは黒っぽい煙が上がっており、火山灰の噴出が続いているとみられるという。
:引用終了

☆眠れぬ夜、被災者気に掛け 御嶽山噴火から一夜明け


☆御嶽山噴火 38人重軽傷、依然43人が行方不明(14/09/28)


☆御嶽山噴火 今も白い噴煙が・・・地上からの捜索開始(14/09/28)


☆御嶽山噴火 現在の噴火口の様子、救助活動の進捗は(14/09/28)


☆御嶽山噴火 これまでに7人救助も、依然45人行方不明(14/09/28)















関連過去記事

☆【御嶽山噴火】山頂付近で250人以上が孤立状態に!山小屋は火山灰で埋まる!依然として噴火の勢いは強く!安倍首相は救助と安全確保指示へ!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3989.html


☆【ヤバイ】御嶽山が噴火、警戒レベル3に緊急引き上げ!登山客が噴火に巻き込まれる!怪我人も複数!気象庁が入山を規制へ!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3986.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
この装甲車を軍事仕様から災害救助仕様に改造すればもっと救助活動において活躍できるかもしれませんね。
[ 2014/09/28 17:18 ] [ 編集 ]
enari氏生存報告出てたね。良かった。
1分前に火口の写真ツイッターに上げた人。
[ 2014/09/28 18:50 ] [ 編集 ]
名古屋大学の環境学研究科附属の地震火山研究センター
から引っ張りだした火山性地震の図を見ました。

9月だけで140回にも及ぶ山頂の地震回数の累積の合計です。
HPのトップです。
http://www.seis.nagoya-u.ac.jp/

登山禁止を出すべきだったと思います。噴火を予想できたはず!
大きな人災となってしまいました。そう思います。
[ 2014/09/28 19:21 ] [ 編集 ]
↑■最新情報
*御嶽山が噴火(2014/09/27) をクリック。
次ぎに
★名大で決定した山頂付近の地震個数とMT図
をクリック。
地震位置図とグラフが見えます。


[ 2014/09/28 19:50 ] [ 編集 ]
米1
災害派遣なのに何故改造されてないと判断するのか
[ 2014/09/28 20:39 ] [ 編集 ]
※1
現在自衛隊が採用している96式装輪装甲車は要はタイヤなので、現場に入った場合熱でタイヤがバーストする可能性がある
この89式装甲戦闘車ならば、キャタピラなのでバーストの危険は無く、更に人を運搬する能力がある
更に言えば装甲車なので、余程のものでなければ細かな噴石くらい余裕で防げる

自衛隊には火山の現場に投入できる車両はこれしかない
そもそも軍事作戦で耐えうる性能とはほとんどの災害でも適用できる性能だよ?
[ 2014/09/29 00:21 ] [ 編集 ]
御嶽山噴火・江川vsJSF論争について
http://homepage2.nifty.com/daimyoshibo/ppri/egawavsjsf.html

それを「装甲車強い!装甲車でなくちゃダメ!」としか言えないJSFさんは、誤った軍事知識を一般にまき散らしているようにしか見えない。すでにJSFさんの発言をうのみにしたサイトもぼつぼつ現れているようだ(一例)(30. Sept. 2014)。
ここから来たけど、『誤った軍事知識を一般にまき散らしているようにしか見えない。』奴が、ドヤ顔してて、笑ってしまった。

装甲車は今回の噴火救難に有効か
無効である。装甲車両は高峻な山岳での運用を想定していないので、現場にたどり着けない。だそうですよ(苦笑)

ネトネトウヨウヨなら、こっちも読んどけばー。読めるだけの知能が、あればだけど・・・w。

御嶽山への自衛隊派遣、口を挟むとサヨク?
必要なのは事実に基づく冷静な議論
http://toyokeizai.net/articles/-/49744
[ 2014/10/06 06:28 ] [ 編集 ]
ネトウヨと言っとけばそれ以上考えなくていいから楽ですね
[ 2014/10/06 09:25 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム
スポンサードリンク