情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.09.29 21:00|カテゴリ:原発関連コメント(9)

地震学者が川内原発の審査を耐震偽造と指摘!審査時に揺れを過小評価?御嶽山噴火も予測出来ず!予知連会長「予知レベルはそんなもの」


20140929183416asdiadpo01.jpg
9月27日に噴火した御嶽山について、火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣(としつぐ)会長は現在の技術ではこれ以上の予知は不可能とする見解を発表しました。28日の記者会見で予知連の会長は「われわれの火山噴火予知に関するレベルというのはまだそんなもの」と述べ、火山噴火を明確に予測するのは不可能だと指摘。政府は川内原発再稼働の時に「火山噴火はある程度の予測が可能である」と発表していることから、これを全面否定するものであると言えます。

また、川内原発の震災に関しても、地震学者の石橋克彦名誉教授が「耐震偽造と同じ」と痛烈な批判をしました。石橋教授は「耐震設計の基準とする揺れを策定する手続きが規則で決められているのに、それを飛ばしているのです」と、審査の問題点をメディアに話しています。これが事実だとするのならば、川内原発では耐震の審査時に過小評価が行なわれた可能性が高く、石橋教授は審査は無効だと訴えました。

このように火山噴火は予知が難しいと同時に、川内原発の審査にも問題が沢山あるのです。これで桜島の近くにある川内原発を良く動かそうと思いますよね。「世界最高水準の基準値」とか安倍首相は言っていましたが、このままでは「世界最低水準の基準値」だと言えるでしょう。

原発を動かすのならば、溶けた炉心を受け止める「コアキャッチャー」や飛行機の直撃に耐えられる二重防護壁などを欧州みたいに完備させるべきです。これは最低条件ですが、今の日本ではそれすらも満足に達成している原発はありません。こんな状態で原発再稼働なんて、国民と日本を馬鹿にしています。


☆御嶽山噴火 「わわわれの予知レベルはそんなもの」予知連会長が難しさ語る
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140929-00000500-san-soci

引用:
 --11日には火山性地震が多発していたが、予知はできなかったのか

 藤井氏「もともと今回起こった水蒸気爆発を予知するのは非常に難しい。突発的に起こることが多く、11日の地震が前兆なのかという保証もない。それをもって予知に失敗したというかもしれないが、ある意味では仕方のない状態。われわれの火山噴火予知に関するレベルというのはまだそんなもの。ただ、もう少し情報の伝達に関しては、直接、登山客に対する働きかけがあってもよかったかもしれない」
:引用終了

☆地震学者が「川内原発の審査は『耐震偽装』ともいえる大問題」と警告
URL http://dot.asahi.com/wa/2014092600031.html

引用:
――九州電力の申請書は9月10日、規制委員会によって「新規制基準に適合する」と認められた。12日には政府が再稼働を進めることを明記した文書を、上田隆之・資源エネルギー庁長官が鹿児島県の伊藤祐一郎知事と同県薩摩川内市の岩切秀雄市長に手渡した。政府のお墨付きを得たことで、九電は再稼働に向けた準備を着々と進めていくことになる。だが、石橋氏は月刊誌「科学」9月号に、そもそもの審査がおかしいと批判する論文を発表した。どういうことなのか。

 一言でいうならば、耐震設計の基準とする揺れ=「基準地震動」を策定する手続きが規則で決められているのに、それを飛ばしているのです。これは基準地震動の過小評価につながり、法令違反とさえ言えます。
:引用終了

☆14ANN報道ステーション 特集 川内原発再稼働の安全審査...火山学者が批判


関連過去記事

☆気象庁、御嶽山の噴火を事前に予測できず!2週間前から火山性地震の増加を観測するも警戒レベルはそのまま!川内原発も危ない?
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3993.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
ミサイル攻撃にも耐えられなければ駄目だろう
[ 2014/09/29 19:02 ] [ 編集 ]
【緊急署名】
原発輸出を推進し、メーカーを免責する「原子力損害の補完的補償に関する条約(CSC)」に反対を
http://311.blog.jp/archives/13359321.html

メーカー免責の原発賠償条約 
臨時国会に承認案  

【東京新聞】2014年9月22日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014092202000223.html
[ 2014/09/29 21:45 ] [ 編集 ]
自民党の【はくち政治】【思考停止政治】【基地外政治】がつづく。
自民党総裁=総理へのインタビュー

「総理!御嶽山が噴火しました!」
「とにかく原発再稼働させるんだ」

「総理!桜島が噴火して川内が危険です!」
「とにかく原発再稼働させるんだ」

「総理!フクシマの汚染で太平洋諸国から巨額の賠償請求が!」
「とにかく原発再稼働させるんだ」

「総理!富士山が噴火して東京が危険です!」
「とにかく原発再稼働させるんだ」

「総理!南海トラフ地震で浜岡が爆発しました!首都圏2400万人避難です!」
「とにかく原発再稼働させるんだ」

「総理!隣国からミサイルがきて福井原発が爆発しました!関西圏1700万人避難です!」
「とにかく原発再稼働させるんだ」

「総理!太陽が西から昇っています!」
「とにかく原発再稼働させるんだ」

「総理!地球がなくなりました!」
「とにかく原発再稼働させるんだ」

「総理!宇宙がなくなりました!」
「とにかく原発再稼働させるんだ」

「総理!一番ヤバイです。宇宙が無くなりましたが、【自民党のはくち政治、基地外政治】は続いているみたいです!」
「良かった!とにかく原発再稼働させるんだ」
[ 2014/09/29 22:05 ] [ 編集 ]
最初に事業仕分けデマを広げたのは片山さつきだった ←真相判明で陳謝 予算削減は麻生政権時
【緊急拡散】
御嶽山を観測強化対象から外す方針にしたのは2008年12月=自民党麻生政権時

http://blog.livedoor.jp/ekesete1/archives/41060814.html

「御嶽山…の12火山は 「研究しにくいか
活動性が低い」(文科省)として見直しを検討するとした」

その報道を裏付けるように、火山部会・平成20年12月15日資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu6/002/siryo/attach/1286506.htm

…で「重点的に強化すべき
火山」に御嶽山が入ってない。つまり当時の自民火山」に御嶽山が入ってない。

つまり当時の自民党・【麻生政権】が強化対象に入れないことにしたわけです。
[ 2014/09/29 22:22 ] [ 編集 ]
ワロタ
[ 2014/09/29 22:23 ] [ 編集 ]
片山さつきさんてデマの拡散が仕事になりつつありますね…
とても残念な政治家です…
頭良いならネットのデマを見抜けるはずですが…それとも自民党批判をを民主党批判へスリ変える確信犯なのでしょうか!
[ 2014/09/29 22:42 ] [ 編集 ]
御嶽山の噴火により、海外でも日本原発の危険性が表面化していきますね。
リングオブファイアーでは原発使用できないという規制(世界共通)が必要。

UPDATE 1-Japan vows to push ahead with reactor restarts after volcanic eruption highlights risks
http://in.reuters.com/article/2014/09/29/japan-volcano-suga-idINL3N0RU2B320140929
[ 2014/09/30 01:58 ] [ 編集 ]
 宇宙的な太陽系の存在位置の関係で、太陽活動、地殻変動が活発化する現象と、人為的な地震噴火兵器nそれとを区別できるようになるべきで、それはできるはずですが、未だ、過去の統計的な活動記録レベルの研究しか許されていない現実があります。踏み出せば、職を追われる、命を狙われる、というのであれば、それに甘んじるのも仕方のないことかとは思いますが。
 日本、世界の警察、軍隊が正義の科学と連携して力をつけていくことが求められていますが、未だ、警察、軍隊は、アングラ金融武力勢力の奴隷政治家による国家運営に縛られて動きが不正にコントロールされてしまっています。
[ 2014/09/30 03:01 ] [ 編集 ]
鹿児島及び周辺県の民意を問え
鹿児島全県民と周辺県民投票を実施し、民意を問う必要があると思う。
政府と九州電力と誘致自治体だけで判断されるべき案件ではないはずだ。
福島第一の事例を見ればそんな事当たり前だろコノヤロー!。
[ 2014/09/30 14:57 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム