情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.06.18 23:09|カテゴリ:健康問題全般コメント(6)

子宮頸がんワクチンで全身痙攣や運動機能喪失などの副作用!厚労省が製薬会社に「体の痛み」を記載するように指示!世界各地でワクチンの犠牲者が発生中!


Jabs for Uganda trip, British Airways Travel Clinic Piccadilly, London

先日に厚労省が子宮頸がんワクチンの接種呼びかけ中止を決定しましたが、この接種呼びかけ中止に続いて、今度は子宮頸がんワクチンを製造している製薬会社に対して、厚労省は注意事項に「長引く広範囲の体の痛み」を記載するように新たな指示を出しました。

この前の中止指示は一瞬で終わるかも?と私は見ていましたが、製薬会社にも明確な指示を出したということは、本格的に子宮頸がんワクチンの中止に向けて動き出していると見て間違いないでしょう。


☆子宮頸がんワクチン:製薬会社に厚労省「体の痛み記載を」
URL http://mainichi.jp/select/news/20130618k0000m040081000c.html 

引用:
毎日新聞 2013年06月17日 21時53分
 接種の勧奨を控えることになった子宮頸がんワクチンで、厚生労働省は製薬会社2社に対し、医師向けの添付文書の注意事項に「長引く広範囲の体の痛み」を記載するよう指示した。2社は16日に添付文書を改訂し、医療機関に通知を始めた。

 厚労省の指示は14日付。子宮頸がんワクチンには「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類ある。いずれの添付文書にも注意事項や副作用の欄に、失神や神経まひを起こすギランバレー症候群などは書かれていたが「体の広範囲が長期間痛む」症例の記載はなかった。

 同省は「重要な基本的注意」の欄に、発生原因は不明だが「注射部位に限局しない激しい痛み、しびれ、脱力などがあらわれ、長期間症状が持続する例が報告されている」と明記を指示。異常が認められた場合は、神経内科など専門医への受診を求める内容の記載を指示した。

 子宮頸がんワクチンは4月から定期接種になったが、接種後に体の痛みを訴える中高生が相次いでいることを受け、厚労省の専門家検討会が14日、積極的な接種の勧めを一時差し控えることを決めた。【桐野耕一】
:引用終了


厚労省が出した「子宮頸がんワクチン接種呼びかけ中止」は予想以上に世間の反響が大きかったようで、幼稚園などではお母さん達が「子宮頸がんワクチンって危ないの?」というようなうわさ話をしています。

当ブログでは子宮頸がんワクチン関係の記事はそんなに書いていないはずなのですが、先日辺りから「子宮頸がんワクチン」とか「副作用」で検索してくる方が明らかに激増。このブログのタイトルである「真実を探すブログ」というワードで検索をしている方が400程度なのに、「子宮頸がんワクチン」や「副作用」で当ブログに来ている方が2500超え。
ブログタイトルを少し超えるくらいならば過去にも何度かありましたが、ここまで数に差が付いたのは初めてです。私もあまりの多さにかなり驚いています。

↓当ブログに来訪している方の検索ワードランキング
sikyukeigann1wakauzuuu.jpg

つまり、それほど厚労省が動いたことのインパクトが強かったということです。良くも悪くも日本という国は役所に強い信頼があることを実感しますが、今回の件に関してはそれが良い方向に動いています。

新しい読者の方も多いので、改めて子宮頸がんワクチンの危険性について説明しましょう。
子宮頸がんワクチンというのは2009年10月に承認(劇薬指定)された薬品で、日本で予防接種をするかなり前から海外では子宮頸がんワクチンの接種が行われていました。

そのため、海外では早くから子宮頸がんワクチンの危険性や問題点が指摘されており、日本で予防接種が始まる頃にはちょっとした騒ぎになっていたのです。
アメリカのワクチン有害事象報告制度によると、子宮頸がんワクチンによる副反応被害者数は全世界で2万8千661人もいることが判明しています。


☆死亡例も…子宮頚がんワクチン“危険すぎる副反応”の実態
URL http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130313-00010009-jisin-soci

引用:
実は政府は今月、子宮頸がんワクチンを原則無料の「定期接種」として受けられる予防接種法改正案を閣議決定している。多くの自治体では今、3月末までの時限的措置として無料接種を実施しているが、法案が成立すれば、4月から恒久的に行われるのだ。

 現在、日本で承認されている子宮頸がんワクチンは、『ガーダシル』と『サーバリックス』のふたつ。アメリカのワクチン有害事象報告制度『VAERS』によると、『ガーダシル』『サーバリックス』の両ワクチンによる副反応被害者数は全世界で2万8千661人。死亡者数は130人にのぼっている。

「しかし、これは報告された件数だけ。実際にはこの10倍以上の被害者がいると予想されています。脳機能障害による意識低下で通知表のオールAだった少女の成績がガタ落ちしたり、月経のような出血、直腸からの出血も。なかには発熱、全身倦怠感などの症状が出だり、日本で難病に指定されているSLE(全身性エリテマトーデス)にかかり、寝たきりになった症例もあります」(佐藤院長)
:引用終了


実は厚労省もある程度の情報は事前に把握しており、子宮頸がんワクチン予防接種を推進している裏で、子宮頸がんワクチンの副作用に関する情報収集をしていました。厚労省が集めた子宮頸がんワクチンの副作用データは以下のPDFファイルです。


☆子宮頸がん予防ワクチン(サーバリックス)の副反応報告状況について
URL http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000020b41-att/2r98520000020b99.pdf
o0541018312456149324.jpg
o0519037512456149323.jpg
o0519036412456151971.jpg

☆子宮頸がんワクチン接種後に失神、567件報告
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120627-00001109-yom-s

引用:
子宮頸がんの予防ワクチン接種後、失神した例が、過去2年余りの間に国内で567件報告されていることが27日、厚生労働省のまとめで分かった。

 注射に伴う痛みや恐怖心が原因とみられる。同省は失神によってけがする場合もあるとして、接種後30分間はなるべく立ち上がらないなど注意を呼びかけている。

 子宮頸がん予防ワクチンの接種は、中1から高1の女子を対象に2009年12月から始まった。今年3月までに、推定284万人(計約686万回分)が接種し、「気が遠くなる」など症状がでたのが812件。うち約7割が失神だった。
:引用終了


厚労省が公表している子宮頸がんワクチンの副作用情報を見てみると、失神や痙攣、嘔吐、心肺停止など命に関わるような酷い副作用も多数報告されていることが分かります。子宮頸がんワクチン中止の方向に厚労省が動き出した事は評価できますが、かなり前から副作用があることを知っていたのに、今まで止めて来なかった問題は大きいと私は思います。

実際、かなり前から世界中で子宮頸がんワクチンに対する疑問の声が出ていましたし、被害者たちも多数見つかっていました。以下の動画は海外の子宮頸がんワクチン被害者を撮影した映像です。


☆子宮頸癌ガーダシルワクチンに発見された新しいバイオハザード

↓子宮頸がんワクチンを打つ前の女の子。
sikyukeigannwakutinn2.jpg
↓子宮頸がんワクチンを打った後。副作用で体が動かせない状態に・・・。
sikyuukeigannwakutinn1.jpg
↓副作用による記憶障害。
sikyuukeiganwakutinn0.jpg
↓注射後に麻痺やしびれなどを感じる人が多い。
sikyukeigannwakutin04.jpg


子宮頸がんワクチンを推進している人達は「副作用は極一部だけだから問題ない」と言っていますが、もしも、その一部になってしまったら人生も何もかも失ってしまうのです。わざわざ、病気を予防するためだけに、全身の自由を失うリスクを負ってまで子宮頸がんワクチンを注射する必要が本当にあるのでしょうか?

しかも、子宮頸がんワクチンでは子宮頸がんを完全に予防することは出来ない上に、子宮頸がんという病気も治すことが可能な病気なのです。

以下の動画は今年の3月38日に国会で行われた質疑です。この動画では生活の党のはたともこ議員が子宮頸がんワクチンの効果などについて厚労省に質問をしていますが、厚労省はハッキリと、子宮頸がんワクチンの効果が弱いことと子宮頸がんは治癒率100%近いと述べています。


☆2.13.3.28厚生労働委員会質疑



命に関わるような副作用があり、子宮頸がんを予防できないかもしれないワクチンが「子宮頸がんワクチン」なのです。マスコミや医療関係者は「はやく子宮頸がんワクチンを打たないと子宮頸がんで大変なことになる」と言っていますが、その言葉を信用しないでください。
急いでワクチンを打って、副作用になる方が大変なことになりますし、子宮頸がんは治せる病気です。ワクチンを打たないリスクよりも、ワクチンを打つリスクを考えましょう。


☆NWO製薬業界ワクチンの恐怖


金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)


薬をやめれば病気は治る (幻冬舎新書)


インフルエンザワクチンはいらない (双葉新書)


フレンドの遺言状―それでもあなたはワクチンを打ちますか?


新型インフルエンザワクチン・タミフルは危ない!!―病気より薬が怖い?


安部英医師「薬害エイズ」事件の真実

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
どうなんでしょうね。推進側の目標数の接種が完了された上での対応なのか?。それとも副作用を本当に真剣に受けとめた上での対応なのか?。

与えられたら自由に何も疑わずに結果的に翻弄される世の中なのか?。
[ 2013/06/19 01:16 ] [ 編集 ]
子宮頸がんワクチンサーバリックスは蛾の幼虫の細胞由来だそうです。
蛾の幼虫からできたワクチンなんてはじめてみたいなのでこわいですね(>_<。)ネットに書いてありました。
[ 2013/06/19 15:53 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 子宮頸がんワクチンサーバリックスは蛾の幼虫の細胞由来だそうです。
> 蛾の幼虫からできたワクチンなんてはじめてみたいなのでこわいですね(>_<。)ネットに書いてありました。

インフルエンザワクチンにも虫を使用している種類がありますよ。ワクチンはそんなものです。だから、私はワクチンが嫌いですね。
[ 2013/06/19 15:54 ] [ 編集 ]
一日も早く接種中止になりますように☆
14日の厚生労働省の会議で呼びかけ中止が決まってから、

TV各局で子宮頸がんワクチンの副作用について大々的に取り上げ

被害に遭った、親、子どもたちにインタビューをするなど

お母さん方にワクチンに対するドウシュウショウギを起こしてくれ

ました。 実は、3月25日に被害者の会が出来てから、わたしも

微力ながらTV局各局に子宮頸がんワクチンの副反応について

取り上げて欲しいとお願いの電話をしまくっておりました。

インタビューを受けていた高校生は立ったり歩いたりするのが

困難で痙攣もするため杖をついていました。 他局のインタビューの高校生は車いすの

女性と痙攣や震えが未だに止まらない女性が早く元通りに学校へ行き

たいです。と答えていました。 涙が止まらなかったです。

貴殿が仰る通りに、ワクチン接種中止に向けての大きな一歩として

良い方向へ向かっていて、心から嬉しく思っています。

しかし、本当に多くの女性が重篤な被害に遭ってしまい・・・

心臓がかきむしられる想いがします。 

女性も家族も、生き地獄が続いてしまうんですよね。

これ以上、未来を担う女性が被害に遭って欲しくないですし

苦しんで欲しくありません。

一日も早く、子宮頸がんワクチン接種中止になりますように

心から願っております。

[ 2013/06/20 00:06 ] [ 編集 ]
ワクチンのデメリットを大々的に報道されいるからには、この子宮頸癌ワクチンをキッカケにして近い将来ワクチン接種は無くなるのかな?。

ただし、ワクチンに代わる何かがお目見えするような気もします。
[ 2013/06/20 21:49 ] [ 編集 ]
医療犯罪に天誅を
このような人体実験は許せませんね。
リンク貼らせて下さい。被害者の声を響かせましょう。
[ 2013/08/25 10:34 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム