情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.10.04 22:00|カテゴリ:健康問題全般コメント(13)

ポテトチップス等のスナック菓子に発がん性!化学物質のアクリルアミドに「遺伝毒性をもつ発がん物質」との評価!食品安全委が警鐘を鳴らす!


20141004161908asdoap.jpg
炭水化物を多く含む原材料を120度以上の高温で揚げたり、焼いたりすると発生する化学物質の「アクリルアミド」について、内閣府食品安全委員会が次世代にも影響が及ぶ「遺伝毒性をもつ発がん物質」との評価案を発表しました。アクリルアミドは10年ほど前から海外では発がん性が確認されており、日本よりも遥か前から注意が呼び掛けられていた物質です。
主にポテトチップスやフライドポテト、ビスケットなどに多く含まれている物質で、焦げると含有量が増える傾向が見られています。


つまり、真っ黒に焦げるほどに熱したパンやジャガイモ料理は物凄くアクリルアミドを含んでいるということです。アクリルアミドは揚げたり、焼いたりすると発生するため、煮込み料理などでは発生しないと言われています。そのため、カレーやシチューのような料理は大丈夫です。

アクリルアミドは家庭内の調理でも発生するため、欧州食品安全機関(EFSA)は「揚げ物は揚げ過ぎず、トーストは焦がさず軽いキツネ色に焼く」等と注意を呼び掛けています。皆さんも料理をするときは、アクリルアミドに気をつけるようにしてください。


☆<アクリルアミド>スナック含有物質に発がん性…食品安全委
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141004-00000007-mai-soci

引用:
ポテトチップスなどに含まれる、化学物質のアクリルアミドのリスクを評価している内閣府食品安全委員会は3日、次世代にも影響が及ぶ「遺伝毒性をもつ発がん物質」との評価案を示した。アクリルアミドに対する国内での評価は初めて。今後、メーカーでの低減策が求められそうだ。【小島正美】
:引用終了

☆食品安全委員会 加工食品中のアクリルアミドについて
URL http://www.fsc.go.jp/sonota/acrylamide-food170620.pdf

20141004161520oisdoifo.jpg

☆農林水産省
URL http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/acryl_amide/a_kiso/syokuhin.html

引用:
食品にどのくらい含まれているのか
食品中に含まれているアクリルアミドの濃度は、食品の製造方法や原材料の成分によって影響を受けます。そのため、食品の種類によって含まれているアクリルアミド濃度は異なりますし、同じ種類の食品でも製造者によって製品に含まれるアクリルアミド濃度が異なります。さらには、同じ製造者の同じ製品でも、製造日によって含まれているアクリルアミド濃度が異なることもあります。
20141004161413osdifosdi.jpg
:引用終了

☆簡単!電子レンジで作る揚げないポテトチップスを作ってみた!not fried Potato chips


☆本当においしいポテトチップスの作り方

関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
そう言えば、昔聞いたことあります。野菜をたくさん摂ると吸収されにくいようですよ。25年前栄養学校へ通ってた頃の話ですが。
[ 2014/10/04 23:04 ] [ 編集 ]
日本人、特に若者は、添加物の怖さ危険性を知らないままでいますね。非常に危ないね。添加物が原因で病気の引き金になっていることを知るべきです。
[ 2014/10/04 23:14 ] [ 編集 ]
「食べ過ぎは注意です!」レベルですよね?

発ガン性!!なんて書かれると一袋食べるのも怖くなっちゃいます(T^T)

きよつけます。。。。
[ 2014/10/04 23:23 ] [ 編集 ]
基本的になるべく食べないことです。今の日本に安全な食品は少ないでしょう。できれば一日一食、無理なら朝食なしの少食二食にすべきです。
放射能同様少しでも害毒の摂取身体蓄積から身を守るべきです。
とくに外食は避けましょう。スーパーコンビニでの食品購入もやめましょう。スナック菓子とかファストフードなんて言語道断です。
それで食べるものどうするの?か疑問に思ったら真剣に考えましょう。でないと命が危ないとおもいます。安易に「買えばいい(食べて応援など論外)」という発想はもはや危険と考えるべきです。パラダイムシフトのときだからです。
[ 2014/10/05 00:40 ] [ 編集 ]
添加物を甘く見るな
●調味料(アミノ酸)●調味料(アミノ酸等)←この違い分かりますか?

アミノ酸は、グルタミン酸Naなど一種類の化学調味料の使用で、アミノ酸等になると、種類の違う化学調味料を複数使用していると、聞きました。

パッケージの裏を見ると殆どの加工食品に使用されてますね。
添加物との複合作用や、人間の細胞や免疫系の影響は、必ずあると思います。
[ 2014/10/05 07:40 ] [ 編集 ]
アミノ酸ですね
たまにポテチを食べますがカ○○ーのは数年前まで化学調味料は使ってなくて昆布パウダーだったと思う。
[ 2014/10/05 07:46 ] [ 編集 ]
ガン細胞
エドガー ケイシーは、キツネ色の、西洋豚カツ、牛カツなどの、揚げ物は、ガン細胞を、発生させると、述べています。
魚の、焦げも、ガン細胞を発生させると、述べています。

しかし、神は、日本人に、武器を与えました。大根おろしです。毒を、中和してください。心配なく好きなだけ、食べてください。

ドイツ人には、酢漬けの、カブとキャベツを与えました。

大根おろし、キャベツジュースで、毒を中和してください。
[ 2014/10/05 09:31 ] [ 編集 ]
余計で危険な化学物質は使用しないでほしいですね。
食べ物もそうですし、医薬品や生活用品についても。

最近はこんな情報もありました↓
『ライオン・サンスターの歯磨き粉、M&Msのチョコに要注意 ナノ粒子「酸化チタン」に発がんリスク』
http://www.mynewsjapan.com/reports/2047

歯磨き粉はフッ素使用のものが多いし、その上、酸化チタンなるものまで…。製品選びにも一苦労です。
[ 2014/10/05 12:19 ] [ 編集 ]
こういうのも人口削減計画の一貫かと思われるが最近は経済・環境悪化で人口減少し過ぎたせいかむしろこういう健康への注意喚起情報やテレビや新聞でも健康番組や健康広告がかなり増えてきているようで今度は人口減少に歯止めを掛けようと必死になっている様子が見て取れる。
[ 2014/10/05 13:36 ] [ 編集 ]
歯磨き粉は使わないでも大丈夫らしい。通ってた歯医者は「歯磨き粉を使わないならフッ素洗口でも構わない」と言っていた。つまり歯磨きに研磨剤は必須ではないということだった。
[ 2014/10/05 13:39 ] [ 編集 ]
「2A(人に対しておそらく発がん性がある)に分類されています。しかしながら人における発がんについては、現時点で確認されていません。 」
「合理的に達成しうる限り低くするべき」
「従来から摂取されていたと考えられます」
「食べるのをやめることを指導しているわけではありません。(中略)バランスのとれた食事をすることを勧めている」

上は2002年に厚労省がHPで述べていたことです。放射能と瓜二つでした。
http://www.mhlw.go.jp/topics/2002/11/tp1101-1.html

揚げたり焼いたりをやめて100度で煮れば殆ど発生しないことが分かっているのに煮物にするよう薦めないのは非科学的です。


ところで、上述のHPには大間違いがあります。
それは、
「紙力増強剤、合成樹脂、合成繊維、排水中等の沈殿物凝集剤、土壌改良剤、接着剤、塗料、土壌安定剤らの原料として用いられています。」
のくだりです。
アクリルアミドではなくて、ポリアクリルアミドの間違いです。アクリルアミドを重合処理したものが、ポリアクリルアミドであり、両者は違うものです。同じ間違いが昨日公表された毎日のHPにも出ています。化学に疎い人が多いようです。

参考;食品安全委員会
「アクリルアミドは、日本では劇物※に指定されています。国内での主な用途は、産業界においては次のような用途で使用されるポリアクリルアミドの原料などに利用されています。
・紙力増強剤(紙の強度を高め破れにくくします)
・繊維加工(繊維の性質を改良したり、シワを出来にくくしたりします)
・沈殿物凝集剤(排水中等の粒子を凝集し沈殿させます)
・土壌改良剤(土の粒子を小さなかたまりに形成(団粒化)し、水の浸透性や保水性、空気の通過性を改良します)
・接着剤(ガラス繊維等の接着剤の原料に利用します)
・塗料(アクリル系塗料の原料に利用します)
なお、多数のアクリルアミドが重合してできるポリアクリルアミドは毒性が低いことが知られています。」
www.fsc.go.jp/sonota/acrylamide-food170620.pdf

さいごに;
ポリアクリルアミドはアクリルアミドを重合処理して作りますので、重合しなかったアクリルアミドが残留している可能性があります。
[ 2014/10/05 14:49 ] [ 編集 ]
がんの増加の原因は
いろいろ考えると、遺伝子組み換えとか、リスクの高い食品添加物の乱用ではないでしょうか?
それを認可しているのも変だよね。

じわじわと毎日、365日少しずつ取り続けていると、長い期間、細胞内が科学的に変化するでしょう。
いくら免疫力がある人間でも毎日摂取では壊れてしまう。

大豆やコーン、菜種の油は遺伝子組み換えでもラベルの表示義務はありませんから皆さん注意してね!!!
[ 2014/10/05 17:25 ] [ 編集 ]
オリーブオイルはGMOじゃないと思って買ってるんだが、それでいいのかな?
[ 2014/10/06 00:01 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク