情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.06.24 00:04|カテゴリ:政治経済コメント(6)

枯葉剤を沖縄に撒いたアメリカ軍!今も続く数々の悪影響!道を作るために枯葉剤で除草し、海に流れた液はサンゴ礁を壊滅させた!


Vietnam War

沖縄市のサッカー場から枯葉剤が入ったドラム缶が多数発見されました。このドラム缶には世界トップの化学品メーカーの「ダウ・ケミカル社」の社名が記載されており、ドラム缶の劣化具合などからアメリカ軍が放棄したものであると見て間違いないでしょう。

枯葉剤と言えば、1970年のベトナム戦争でアメリカ軍が森林地帯に隠れているゲリラを誘き出すために、ベトナムに大量散布したことで有名です。枯葉剤には強力な毒性があり、枯葉剤を体内に取り込むと癌や白血病などの重い病気に苦しむことになります。


☆枯れ葉剤用か 米製造大手名を確認 沖縄市のドラム缶
URL http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-208131-storytopic-1.html

引用:
img51bfaeb27db75.jpg
 【沖縄】沖縄市諸見里にある市サッカー場の工事現場からドラム缶十数本が見つかった問題で、ドラム缶に世界最大規模の総合化学品メーカーの「ダウ・ケミカル社」(THE DOW CHEMICAL COMPANY)の社名が記載されていることが17日までに分かった。同社は、ベトナム戦争当時に米軍が散布したダイオキシンを含む枯れ葉剤を供給した、枯れ葉剤製造最大手企業であることから、今回、見つかったドラム缶は、枯れ葉剤が県内で貯蔵されていたことを示すものである可能性が出てきた。

 サッカー場を管理する沖縄市教育委員会は17日、記者団に対し、独自にドラム缶の内容物や現場周辺の土壌を調査する考えを示した。この日の午前には、沖縄市議会の議員らが現場を視察したほか、沖縄防衛局の返還対策課の職員は同日午後、市教委を訪ねて現状や今後の対応について意見交換した。

 ドラム缶が見つかった地域は1987年8月に返還された米空軍嘉手納基地の一区画で、ドラム缶は米軍の遺棄物の可能性が高い。沖縄防衛局は、ドラム缶の使用の有無や返還前の用途について、米軍側に照会しているが、17日夜までに回答はない。

 ドラム缶に内容物は見当たらないが、石油系燃料の異臭を放っている。ベトナム戦争で使われた枯れ葉剤は、散布しやすくするため、液体のディーゼルなどの燃料と混ぜて使用されていた事実がある。
 17日現在、土中から引き上げたドラム缶はブルーシートで覆われ、工事現場の一角で保管。現場は立ち入りが禁止されている。
:引用終了


実はこの枯葉剤は既に沖縄周囲に散布されてしまっています。以下は沖縄にばら撒かれた枯葉剤について調べたドキュメントです。アメリカ軍は「道」を作るために邪魔な草を除去するために枯葉剤を散布したり、鉄製のドラム缶に詰めて、大量の枯葉剤を海沿いに並べたりしていました。

そのため、沖縄の一部では飲水が枯葉剤に汚染され、その水を飲んだ住民が次々と病気で亡くなったり、動植物の奇形などが相次いで発生したのです。アメリカ軍基地がある場所の海でサンゴ礁が壊滅状態になっていることについても、アメリカ軍が海沿いに化学兵器を保管していたことが原因であると言われており、沖縄では今も汚染が続いています。


☆私は沖縄で枯れ葉剤を撒いた(1)


☆私は沖縄で枯れ葉剤を撒いた(2)


doramukann01.jpg
doramukann2.jpg
doramukann3.jpg
doramukann4.jpg
doramukann5.jpg

doramukann8.jpg
doramukann9.jpg
doramukann911.jpg
doramukann912.jpg
doramukann0913.jpg

doramukann0914.jpg
doramukann0915.jpg
doramukann0916.jpg
doramukann0917.jpg
doramukann0918.jpg

doramukann0919.jpg
doramukann0920.jpg
doramukann0921.jpg
doramukann0922.jpg
doramukann0924.jpg

doramukann25.jpg
doramukann26.jpg
doramukann28.jpg
doramukann29.jpg
diramukann30.jpg
doramukann31.jpg
doramukann33.jpg
doramukann36.jpg
doramukann39.jpg
doramukann40.jpg


これがアメリカ軍による占領の現実なのです。「日米地位協定を改善さえすれば良い」と言っている方を見ますが、実際に沖縄の自然が破壊され、人々の健康が滅茶苦茶にされている以上、私はアメリカ軍との長期に渡る共存は無理だと思います。

オスプレイ問題とかばかりが今は注目されていますが、沖縄の本当の問題点はアメリカ軍による長期の汚染なのです。枯葉剤以外にも核物質漏洩事件などをアメリカ軍は過去に引き起こしていますし、彼らは今後もこのような汚染を何度も繰り返すことになるでしょう。
それを止めるためには、日本がアメリカ軍から自立をするだけの兵力と外交力を整えて、アメリカと対等な立場になる必要があります。


20110813在日米軍の核4_CIAは沖縄で核訓練中に被爆事故。沖縄返還

20110813在日米軍の核4_CIAは沖縄で核訓練中に被爆事故... 投稿者 bakaTepco5

あの日、ベトナムに枯葉剤がふった―戦争の傷あとを見つめつづけた真実の記録 (くもんのノンフィクション・愛のシリーズ)


真相 日本の枯葉剤 日米同盟が隠した化学兵器の正体


母は枯葉剤を浴びた―ダイオキシンの傷あと (岩波現代文庫)


わかりやすいベトナム戦争―超大国を揺るがせた15年戦争の全貌 (光人社NF文庫)


姿なき占領―アメリカの「対日洗脳工作」が完了する日


大東亜戦争の正体 それはアメリカの侵略戦争だった (祥伝社黄金文庫)


日本テレビとCIA 発掘された「正力ファイル」 (宝島SUGOI文庫)


わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相!


戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)


CIAと戦後日本 (平凡社新書)


CIA洗脳実験室~父は人体実験の犠牲になった~

関連記事



ブログパーツ
当該ドラム缶は、船で運んで海に棄てる事になるよね。
[ 2013/06/22 21:54 ] [ 編集 ]
学研の誇る日本最強雑誌『ムー』最新号付録の飛鳥昭雄マンガは必見
アメリカが現代版ナチスドイツだってことが猿でも分かりますわ

悪の帝国っぷりが簡単に理解できるんで、速攻で書店に走るべし

ここに集う人らには是非とも読んでいただきたいね
[ 2013/06/22 23:09 ] [ 編集 ]
自民党右翼に言わせると憲法はアメリカからおしつけられたんでしょ?
なら、アメリカ占領軍はいつまでも日本を占領して日本国民を苦しめてる
のに、どうして自民党政府は戦後何十年経っても自主独立、出ていけと
いえないの?そのうえで改憲ならまだわかるけど、まず改憲ありきで、
改憲だけに限って「独立国」なんて勇ましく騒ぐくせに。
正体はアメリカの手先じゃないの?
改憲の本当の狙いは、日本国民をアメリカの意向に沿った形で徴兵動員して
アメリカのいわば捨て石にしたいんじゃないの?
今の憲法は邪魔なわけだ。

[ 2013/06/23 00:42 ] [ 編集 ]
返答
アメリカ軍からの返答は
(詳細不明)でした。
こんなの返答では無いです。
移設も着々と進んでいて工事車両がたくさん基地に入っています。
県外移設と話し合っているはずなのに既に県内の
工事をしてるのではないのでしょうか…。
[ 2013/06/23 02:39 ] [ 編集 ]
力で負けたんだから従者になっても仕方ないのでは…。理屈が通る相手なら戦争してないはず。
[ 2013/06/24 00:55 ] [ 編集 ]
こういう可能性も
沖縄は食品の移入が多いようで、自ずとダブついた安いものが入るでしょうから、食べて応援状態と認識しています。いろいろな病気が九州より多くなると予想してます。

ホコリのかぶった枯れ葉剤を引っ張り出してきて、枯れ葉剤被爆のせい、とやるのでしょうか?
[ 2013/06/27 16:47 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク