情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.10.31 21:00|カテゴリ:政治経済コメント(24)

安倍政権の最大の切り札は水素エネルギー転換宣言!12月上旬の再増税と同時に燃料電池車を販売へ!政府は補助金や燃料電池車の導入を決定済み!


20141031160429zixco.jpg
消費税増税や集団的自衛権等の政策で支持率が減少している安倍政権ですが、安倍首相にはまだ最強の切り札が残っていると言われています。それは、「水素エネルギー転換宣言」です。水素エネルギーを使った燃料電池車を今年12月にトヨタが発売しますが、既に政府は補助金の導入や全ての省庁で燃料電池車を導入する方針を決定しました。
そのため、ユーザーの負担額が市場販売額の700万円から200万円も減少しています。九州では福岡に初の商用水素ステーションが完成し、三菱重工業と千代田化工建設も海に浮かぶタイプの水素ステーションを開発しました。今の安倍政権は明らかに水素エネルギー推進に力を入れており、ある程度の準備が出来た段階で何らかの宣言をする可能性が高いです。


トヨタが初めて発売する燃料電池車(FCV)の発売日が、消費税10%を決める12月上旬と同じなのも偶然とは思えません。大手の自動車メーカーだけではなく、エネルギー関連の大企業も水素エネルギーの推進には積極的です。アメリカでは石油業界のドンであるロックフェラー家が石油関係からの撤退を表明しましたが、それも水素エネルギーと関係があると考えられます。

これに脱原発宣言も合わせてきた場合、安倍政権の支持率はどうなるでしょうか?脱原発と水素エネルギー導入を大々的に宣言されると、ほぼ間違いなく、政権の支持率は物凄い跳ね上がります。安倍政権を目の敵にしていた脱原発派も混乱状態に陥り、そのまま解散総選挙に突入すれば、野党は壊滅状態です。
安倍政権は水素エネルギーの推進を明確に打ち出していることから、脱原発宣言は無くとも、水素エネルギーの宣言は何処かで来ると私は予想しています。


↓水素エネルギー推進の動き
20141031155833sdfoisfip.jpg
20141031155908sdoif02.jpg
20141031155854aidosi01.jpg
20141031155950sdoifo04.jpg
20141031155927sdiouf03.jpg
20141031155959sdofi05.jpg
20141031160014sdfoi6.jpg
20141031160021sdoif07.jpg
20141031160043diuf08.jpg

☆トヨタ、燃料電池車12月発売 購入希望1000台に
URL http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ1503U_V11C14A0TJ2000/

引用:
トヨタ自動車は水素を動力源とする燃料電池車(FCV)を12月に発売する。発売時期を「2014年度内」としていたが、生産準備が整ったことから世界に先駆け市販する。年間生産台数は約700台の計画だが、購入希望台数が1千台近くにのぼっているもよう。トヨタは水素充填インフラの整備状況をにらみつつ増産を検討する。
:引用終了

☆いよいよ燃料電池車、発進!世界初トヨタ「ミライ」の全貌
URL http://diamond.jp/articles/-/60679

引用:
 11月18日、世界初となるトヨタ自動車の市販燃料電池車(FCV)「ミライ」が鳴り物入りでデビューする。

 FCVとは、燃料電池で(水素と酸素の化学反応によって)作り出す電気を使って、モーターを回して走る自動車のことをいう。走行時に水しか出さないため、“究極のエコカー”と呼ばれる。ガソリンスタンドで燃料を補給するように、FCVは水素ステーションで燃料となる水素を充填する。

 偶然なのかどうか。市販価格700万円(ユーザー負担額は500万円)、航続距離700キロメートル、初年販売台数700台と、「700」の数字が三つ並ぶ予定だ。年内にも、最初の1台が顧客の手元へ届くことになるだろう。
:引用終了

☆福岡県に九州初の商用水素ステーション 岩谷産業が兵庫県に続き2カ所目
URL http://www.kankyo-business.jp/news/009017.php

引用:
岩谷産業は、福岡県北九州市に九州初となる商用の水素ステーション「イワタニ水素ステーション 小倉」を完成させた。

同ステーションの供給方法は、同社の水素製造拠点である岩谷瓦斯 佐賀工場(佐賀市)から輸送した圧縮水素を利用し、燃料電池自動車(FCV)に供給する「オフサイト方式」、充てん方式は、蓄圧器とFCVなどの車載水素タンクとの圧力差で圧縮水素を充てんする「差圧充てん」を採用。ドイツ・リンデ社製の水素圧縮機を使用している。
:引用終了

☆水素を洋上で製造できる、世界初の浮体施設を開発
URL http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1410/27/news027.html

引用:
トヨタ自動車が年内にも燃料電池自動車の市販を開始するなど、水素を新たなエネルギー源として活用する動きが活発になってきた。最大の課題は水素を安く大量に製造・供給できる体制を構築することで、その点でも日本の企業が世界をリードしている。三菱重工業と千代田化工建設は洋上浮体施設の「H2/CO2-FPSO(Floating Production Storage & Offloading unit)」を共同で開発した(図1)。
:引用終了

☆世田谷と川崎が手をとりあう「水素革命」へ
URL http://www.asahi.com/and_w/life/SDI2014102886861.html

引用:
テーマは 「エネルギー革命最前線~“水素・燃料電池新時代”と“電力自由化”」。セミナーの呼びかけ文には、次のように書かれています。

<いよいよ燃料電池自動車(FCV)が年度内に市場投入されます。国のエネルギー政策の上でも水素・燃料電池の戦略的重要性がうたわれ期待は高まっていますが、一方で水素ステーション等の配置予定は限定されており、世田谷区内に設置予定がない等の課題も見えています。
 当研究会では、燃料電池自動車(FCV)の発売を先がけとして、家庭用燃料電池の将来像も視野に、再生可能エネルギーを使った水の電気分解で水素を取り出して燃料電池に充填する技術にも注目しています>
:引用終了

☆岩谷産業:水素販売は25年までに5倍も、燃料電池車追い風に
URL http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NCSNJY6KLVSB01.html

引用:
 10月3日(ブルームバーグ):産業用水素で国内首位の岩谷産業 の水素販売額は、燃料電池自動車(FCV)登場などで需要の急拡大が見込まれることから2025年までに現在の約5倍に拡大する可能性がある。
岩谷は現在、主に産業用として年間約150億円程度の水素を販売。上羽尚登副社長は9月30日、大阪市内の本社でのインタビューで、トヨタ自動車やホンダなどが近く市販に踏み切るFCVが国内である程度普及し、家庭用燃料電池など他の用途拡大も見込まれる25年には700億円から800億円程度に増える可能性もあるとみていると話した。
:引用終了

☆そこまで来ている 水素の未来 (4分Ver)


☆安倍総理「究極のエコカー」水素で走る燃料電池車に(14/07/18)


☆すべての省庁で「燃料電池車」導入へ 公用車として(14/07/25)


☆安倍首相が、トヨタFCV(燃料電池自動車)に試乗


☆安倍首相、規制改革で燃料電池車普及進むとアピール

関連記事


ブログパーツ
スキャンダルがさらに噴き出して
安倍政権が倒れなければ、
もともと「親ロ外交」を
目指していたので、
ロシアからの『パイプラインの接続』&脱原発は
あってもおかしくなさそうですね。

※国際的な動きからアメリカ軍産グループの影響力が
低下し続けているので、
安倍政権または「小沢政権」になったとき
管理人のおっしゃる政策への変更は
すごく現実味があると感じます。

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201410300001/

『 イスラエルの抗議をはねつけてスウェーデンの新政権は
 パレスチナ国家を承認、ネオコンの力が減退 』

(櫻井ジャーナル より)
 スウェーデンのマルゴット・バルストロム外相は10月30日、
同国政府はパレスチナを国家として承認する決定を下したとする声明を出した。
9月14日の総選挙で第1党になった社会民主労働党のステファン・ロベーン党首を
議会が首相に就任することを承認したのが10月2日。
その段階でロベーンはパレスチナを国家として承認する方針だと語っていたので、
予告通りということになるが、イスラエル政府は強く反発していた。
こうしたシオニストの圧力を退けたことになる。
[ 2014/10/31 21:17 ] [ 編集 ]
「ユーザーの負担額が市場販売額の700万円から200万円も減少」とは結局、500万円以上の車を買える人とメーカーに補助する訳だわな?

つまり、金持ちと大企業優遇だわな
[ 2014/10/31 21:21 ] [ 編集 ]
伊達めがねだろ?
石原の謝罪会見と同レベル、、、、、、
やることなすこと、、、、、
[ 2014/10/31 22:13 ] [ 編集 ]
猿芝居。脱原発なんてしないよジミソは。原子力の平和利用というのは隠れ蓑で核兵器開発ポテンシャルを放棄する訳ない。
[ 2014/10/31 22:35 ] [ 編集 ]
脱原発とセットならグラッときますね。集団的自衛権の行使とかTTPとか拉致問題とか財政健全化とか被災地の復興とか皇統問題とかやれてない事多過ぎだけど。政権取って2年も経つのに何一つやれてないけど。
[ 2014/10/31 22:54 ] [ 編集 ]
原子力の平和利用というのは隠れ蓑で
核兵器開発ポテンシャルを放棄する訳ない。>

既に「実戦配備済み」なら
簡単に原発は放棄しないかもしれませんね。

「日本は年2000発の核兵器を製造可能、
すでに装置生産の可能性も」

http://news.searchina.net/id/1519053

(News サーチナより)

◎ストックホルム国際平和研究所が6月に発表した報告書によれば、
世界に存在する核弾頭の数は減少傾向にあるが、人民網は20日、
「日本は年2000発の核弾頭を製造可能であり、
すでに核爆発装置を生産している可能性もある」と報じた。
(イメージ写真提供:123RF)

さらに記事は日本について「技術、原料、設備のいずれを見ても、
日本が核兵器を製造するうえで障害となるものはない」とし、
「日本はすでに秘密裏に2-5発の核爆発装置を製造していると
分析する専門家もいる」と報じた。

※以下のサイト情報は「検証不能」
なので、あくまで「可能性」くらいに
とどめておいた方がいいかもしれません。

http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/b5e4de9a8d9603d12aae26eb39a34132

「(新)日本の黒い霧 より」

私の情報筋は、日本は既に2000発の核弾頭を有しており、
ほぼ同数の大陸弾道弾も発射可能の状態であると伝えています。
数の正確さについては不明ですが、
一定量が即時使用な状態で配備されているのは間違いないでしょう。
その論拠は123便事件関連を含め、これまでの記事で述べてきた通りです。
ならばこそ、核兵器の性能維持のため、
新鮮なプルトニウムを生産する工場(原子力発電所)が
どうしても必要になるはずです。
[ 2014/10/31 22:58 ] [ 編集 ]
自民だけに
ジミに、核の利用を、再開するだろうよ。

( ̄▽ ̄)b太陽光サギの次は、なぁ~んだ?
[ 2014/11/01 00:19 ] [ 編集 ]
安倍晋三の最終目的は憲法改正発議
なかなか鋭い読みだ。

支持率拡大で解散総選挙、衆参三分の二をもう一度取り国民投票へと持ち込むのが最終目的だろう。

鹿児島川内原発再稼働と同時に佐賀県玄海原発一号機のの廃炉を決定。飴とムチをうまく使いこなしている。

大衆世論心理を巧みに誘導する手口は天下一品と言わざるをえない。背後にチーム世耕を始めとした

世論操作のプロが付いてるのは間違いない。彼らもこの数年、かなりの学習をしてきたのだろう。

B層狙いの手法を格段にレベルアップさせている。ここで試されるのは有権者の想像力。

一時的に気分が良くなる麻薬的な政策を打ち出して、一気に攻勢をかけてくるはずだ。

気が付けば彼らが目的とする、とても窮屈で不自由で不自然な『一部の人々にとって美し国』へとなっているかもしれない。

国家社会主義的な思想を持つ変な右翼団体『日本会議』の連中には要注意だ。
[ 2014/11/01 00:36 ] [ 編集 ]
水素を水の電気分解で作るから、やっぱり原発は必要です、とか言うと思う。

しかも、
       脱原発≠脱被曝
だ。

原発が無くなっても放射能は無くならない。除染廃棄物や福島の汚染された製品が全国拡散し続けるなら脱原発は空疎だ。
そもそも自民が信用できるかが問題だ。なにしろTPPは選挙直後に手に平返ししたんだから。
[ 2014/11/01 01:46 ] [ 編集 ]
燃料電池車はガソリン車以下?

ガソリン車 30%
燃料電池車 22%

EVじゃだめなんですか?
圧縮空気車じゃだめなんですか?http://wired.jp/2012/11/08/air-motorcycle/

↓計算
燃料電池の効率40%
火力発電所60%
モーター90%
0.4✕0.6✕0.9=0.216


車載サイズの固体高分子型とし排熱は利用しないとする。
http://www.mech.nias.ac.jp/biomass/murakami-book-7kou.htm
[ 2014/11/01 02:05 ] [ 編集 ]
原発の次は水素ですか。

水素はエネルギー密度が低いので、効率悪いです。

ガスから水素を作る場合は特に最悪、意味不明。

地に足を付けて考えて欲しいです。

[ 2014/11/01 02:13 ] [ 編集 ]
燃料電池を政府が宣伝しても、その恩恵は、今のところゼロに近いだろう。
燃料電池を宣伝しても、電気代は、安くはならない。
車も燃料電を利用したという程度だ。
触媒や耐用年数など、課題も多い。
さらに、車を買う若い世代は少ない。
ついでに言うが、政府が力を入れて上手く行ったことがない。バカノミックス、STAP細胞、増税と、なにをやってもダメ。
天は、見ているということだな。
安部は、現実を理解出来ず、自分の都合だけを考えるバカ総理だ。
[ 2014/11/01 02:21 ] [ 編集 ]
だから、ヘリウムにしてお(略
 
逃げてーーーーーっ!      ドカーーーーーーンッ!

ドカーーンッ! ドカーーンッ! ドカーーンッ!

[ 2014/11/01 02:57 ] [ 編集 ]
汚いな。自分が生き残るために その時々で 政策を出してみたり 急に変えてみたり・・・。国民のことなんて考えてるわけじゃないから 騙されないようにしないと。
[ 2014/11/01 08:00 ] [ 編集 ]
国が音頭を取って上手く行ったのは、既に他国にお手本が在った場合だけである。
[ 2014/11/01 09:09 ] [ 編集 ]
燃料電池自動車にしたところで
車の維持費が世界一高い日本で
売れるとは思わない。
車検、保険、税金等が高すぎるんだよ。
[ 2014/11/01 10:32 ] [ 編集 ]
そうか?貧乏で車を持ってない人間から絞った税金で、道路を作って、交通警察を雇って、PM2.5病※を健保で治したら、不公平になってしまうから、自動車税は仕方がないと思う。


ハーバード6都市研究によると、PM2.5が多いほど死亡率が増加しているということです。
[ 2014/11/01 11:20 ] [ 編集 ]
おや、ヤマダさんはご存じないようだ。
水素と原発は切っても切れない仲だということを。

まぁフクイチが水素爆発したところを見てもおわかりのように
原発というのは水素の発生源でもあるのです。

安倍がいいたいことは、つまり
「水素も作れるエコでクリーンなエネルギー、原子力です!」
[ 2014/11/01 11:46 ] [ 編集 ]
そうゆうこと だったんですね…。
車にしたって めちゃくちゃ高くなりますよ。
いくら 補助金が出たって 一般庶民には 手が届かないでしょうね。。。
ある一部の 何故か恵まれてる人の世界、
エコだの クリーンだの 聞こえは良いけど
まず 汚染問題、 瓦礫問題 目処がついてからの話だと思いますが。。。
[ 2014/11/01 16:55 ] [ 編集 ]
>まぁフクイチが水素爆発したところを見てもおわかりのように
原発というのは水素の発生源でもあるのです。

これは超バカ発言。蘭丸さん、しっかり汁
[ 2014/11/01 17:47 ] [ 編集 ]
http://www.toshiba.co.jp/nuclearenergy/jigyounaiyou/suisoseizou.htm

> 水素需要は燃料電池の普及に伴って拡大し、
> 近い将来、家庭にも深く浸透すると考えられます。
> 水素を製造するためには、熱や電気エネルギーが
> 必要となりますが、そのエネルギー源として
> 二酸化炭素を出さない原子力エネルギーを利用します。

ごめんね、超お馬鹿でごめんね。
[ 2014/11/01 20:13 ] [ 編集 ]
例えばだが?
水素を積んでる車両を、使って、自爆テロをやろうとする、バカが将来でてこないか?


爆発できたら、かなりの破壊力になりそうなんだが、気のせいか?
[ 2014/11/01 21:55 ] [ 編集 ]
ケッシュ・テクノロジー、太陽光炭素化炉など、除染も考えていかないとエネルギー転換だけではやはり片手落ちです。
[ 2014/11/02 11:29 ] [ 編集 ]
で、結局《第3の矢》は放たれたのか?
放たれたのなら、それは何?
[ 2014/11/02 14:38 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク