情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.06.28 23:32|カテゴリ:地震予測コメント(6)

【地震予測】電子数、FM電波共に高い状態が続く!やや強い太陽風も到来!小笠原諸島から関東東部のラインで強い地震に注意


6月28日の早朝からやや強い太陽風の乱れが地球に到来しています。現時点では危険というレベルの強さではありませんが、後続にもう一回り規模の大きな太陽風も控えており、当面は油断ができない状況が続きそうです。


☆気象庁 地磁気観測所
URL http://www.kakioka-jma.go.jp/cgi-bin/plot/plotNN.pl?place=kak&lang=jp&datatype=provisional&datakind=m&sampling=1-min&hipasssec=150&year=2013&month=5&day=18&hour=0&min=0×pan=3

↓気象庁の観測している地磁気データ。6月28日の早朝から強い変動を観測しています。
1xujmfFDLp0628.png


また、この太陽風の刺激された影響なのか、日本上空の電子数やFM電波などで強い数値を現在進行形で観測中です。電子数データでは1週間ほど前から日本上空で高い状態が続いており、かなり大きな地震が日本近海で蠢いていることを示しているものであると推測されます。
特に関東東部沖から伊豆諸島、小笠原諸島の鳥島にかけての場所では、数値が非常に強いです。

以下、最新の各種データ紹介。


☆電波伝搬障害研究プロジェクト
URL http://wdc.nict.go.jp/IONO/

↓日本周囲の電子数が急上昇。
dennsisuu0628.jpg
↓先週から引き続き、東日本の広範囲で異常値を観測。
dennsisunn0628.jpg
↓日本各地の観測グラフ。妙に高い数値を定期的に観測中。日本全土が揺れるクラス?
latest_tec0628.png

☆行徳地震予知データ
URL http://earthq.system-canvas.com/index.html

↓千葉香取観測点。地震前兆を示す強いノイズを観測中です。
VERT0628.gif

☆気象庁海水温データ
URL http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/db/kaikyo/daily/sst_jp.html

↓海水温は高い状態のまま保っています。東北の温度変化が目立つ。
sstD_anm_20130627.gif


巨大地震の発生が着実に迫りつつあるのは間違いないと言えるでしょう。しかしながら、その地震が発生する時間と場所については断言が出来ない状態です。
上記で紹介したようにデータだけを見るならば、関東東部沖から小笠原諸島、伊豆諸島のラインが突出して高いのですが、近畿や東北の数値も低くはない状態が続いています。岐阜のラドン濃度も不安定になってきていますし、日本全体の地殻変動の状況がやや変化してきている可能性があります。

東日本大震災の時も本震が発生する1~2ヶ月ほど前から地殻の地滑り現象が観測されており、現在観測している数々の異変はこの地滑り現象と同じような現象を捉えている可能性が高く、私が警戒している本震の発生は秋から冬頃になるかもしれません。
とりあえず、今のうちに防災対策だけはしっかりとしておいてください。


◎地震予測情報
*発生日時:6月23日~7月3日
*発生場所:東日本太平洋側
*地震規模:マグニチュード6~7
【注意:予測なので実際に発生する地震は、予測よりも規模、場所などが上下する可能性があります。また、地震予測は試行錯誤しているの段階のため、100%当たるわけではありませんので注意してください。】
:地震予測情報更新2013年6月23日13時00分

●地震注意推奨です。
●地震注意→地震警戒 (地震の予測レベル) 
注意は地震発生確率が約70%くらいの時に使用しています。
警戒は地震発生確率が約90%以上の時に使用します。

*巨大地震について注意
当ブログで一番警戒しているのは関東東部沖から小笠原諸島、伊豆諸島間の超巨大地震発生です。この地震は各種データの長さとひずみの蓄積状況から、東日本大震災を超えるような規模になると予想されます。発生日時に関しては現在調査中ですが、各種データの変動状況と過去のデータから合わせ見て、半年後くらいの可能性が高いです。(東海大地震はまだ数年先と私は見ています)

☆巨大地震は必ず来る!![2003年9月21日]


防災対策関連記事

☆【防災】大地震が発生したときの対処法 実は机に隠れるのは間違い!?非常用バックに入れるべき物
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-149.html


☆【大地震対策】外出時に持っておきたい防災グッズ!予備充電器、現金、飲水、食べ物、ミニラジオなど
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-79.html


井村屋 えいようかん 5本


非常用緊急持ち出し 125点ファミリーセット 防災避難セット 充実安心セット ・ 非常用持ち出しセット ・ 非常持出し袋


軍手とタオルの圧縮セット


地震防災災害対策エマージェンシーライト レスキューライト停電手動充電可能ラジオライト 携帯電話&数量限定スマホ作動アダプタ&ケーブルサービス!防災グッズ


不二ラテックス 家具転倒防止用品 不動王 L型固定式 FFT-001


アイリスオーヤマ 家具転倒防止伸縮棒 SS KTB-23 ホワイト 35908


高賀の森水5年保存水 2L×6本


2013年4月25日追加製造決定 ( セール価格 お一人様10袋まで ) 非常食 もどし水入り きなこ餅 【保存期間3年】 どこでもすぐに美味しいきなこ餅がいただけます。お水+餅6枚+箸・皿+きなこ2袋


4コマですぐわかる みんなの防災ハンドブック


災害対策 地震 緊急 「防災活動出来ていますか?」 車脱出用ハンマー(雨天時にも使用可能な LED 赤色灯 ライト 搭載 ) second trad 車用緊急脱出ツール 2013使用 正規品


不二ラテックス 家具転倒防止用品 不動王 L型固定式 FFT-001

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
太陽風は前もあったが、地震来なかったし。
データ云々関係ないでしょう。来るよと言い続けて偶然来て、それをデータ通り来た!と言うのは信頼性ないね。
地震は今の技術では予測不可能です。
常日頃からの警戒と準備は行い、間違った予測での情報で右往左往しないでいただきたい。
[ 2013/06/29 06:07 ] [ 編集 ]
名前を変えての一人自作自演がコメント欄にふえてきたな
[ 2013/06/29 11:47 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 太陽風は前もあったが、地震来なかったし。
> データ云々関係ないでしょう。来るよと言い続けて偶然来て、それをデータ通り来た!と言うのは信頼性ないね。
> 地震は今の技術では予測不可能です。
> 常日頃からの警戒と準備は行い、間違った予測での情報で右往左往しないでいただきたい。

太陽風と地震の関係については世界中の様々な組織が認めている事実であり、昨日も太陽風由来の特徴である浅い地震がインドネシアなどで発生してました。東日本大震災やスマトラ沖地震は典型的な例です。
「太陽風は前もあったが、地震来なかったし。 」って、あなたは自分の近くで地震がなければ、地震は起きなかったと決めつけているのでしょうか?
それはあまりにも自己中心的な考えですね。

少なくとも、太陽風が地球に直撃した時、世界の何処かでマグニチュード5以上の地震がほぼ必ず観測されています。あまりにも数が多すぎるため、私は毎日取り上げているわけでないので、そんなに疑うのなら、太陽風が来た時にアメリカ地質調査所などを見ればよいでしょう。
地震予測は不可能ではなく、現在発展途上の分野なのだから、試行錯誤中なだけですが。そんなコメントをしているあなたはあまりにも頭が悪すぎます。
[ 2013/06/29 12:55 ] [ 編集 ]
ブログ主殿は、常々、地震発生の予測は100%当たりませんと言っていますよね。ですから、批判には当たらないと思います。
これから先は、伊豆小笠原海溝地震、東海、東南海、南海、日向沖、琉球海溝までの連動地震、九州から沖縄までの中央構造線の連動地震、首都直下地震、東北のアウターライズ地震、東北からクリル海溝までの連動地震、そして、全国各地に点在する活断層地震、富士山をはじめとする、火山の噴火に備えておくべきですね。
[ 2013/06/29 17:09 ] [ 編集 ]
これから先は、世界各国で、集中豪雨の多発、巨大台風の多発、巨大竜巻の多発、干ばつや熱波、異常な低温、そして、世界各国が気象兵器を乱用、その応酬で地球の気象は破滅的なものになるでしょうね。備えておくべきですね。
[ 2013/06/29 17:14 ] [ 編集 ]
これからの日本は、全国各地に点在する原発の再稼働、新規原発設置、地下原発、高速増殖炉の稼働と増設、高速増殖炉用の核処理施設の設置、核燃料サイクル施設の稼働と増設、巨大加速器、原子力の民間や研究機関の設置、核融合施設の増設で、事故が多発して、放射能災害が深刻化するでしょうね。備えておくべきですね。
[ 2013/06/29 17:19 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム
スポンサードリンク