情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.11.28 22:00|カテゴリ:噴火関連情報コメント(9)

阿蘇山の噴火、22年ぶりにマグマ噴火を観測!火孔も開く!噴煙の高さは1500メートルを超える!最大級の噴火では富士山の600倍に!


new_screenshot28-11-2014 184945oihihg
11月25日から断続的な噴火が続いている九州の阿蘇山ですが、27日にも高さ1500メートルの噴煙を伴う噴火を観測しました。一連の噴火ではマグマが地上に放出される様子も観測され、福岡管区気象台は22年ぶりの「マグマ噴火」と発表しています。前回のマグマ噴火は1989年から1995年まで継続しており、今回も長期化する可能性があるとのことです。

また、この噴火の影響で噴気孔が火孔に拡大する開口活動も捉えられ、更なる大きな噴火の発生が警戒されています。

気象庁は火口周囲への立ち入りを規制していますが、火口から数キロほど離れた場所には観光客が入れることから、阿蘇火山防災会議協議会長の佐藤義興阿蘇市長は噴石や火山灰、火山ガスへの注意を促す看板の設置を指示しました。

阿蘇山は日本最大級の活火山で、富士山の過去最大規模の噴火を1とした場合、阿蘇山は600に相当すると言われています。これは世界を見渡しても5本指に入るほどの規模で、地球上で最大規模の火山が阿蘇山なのです。
今のところは急激な山体膨張などが観測されていないため、フルパワーの噴火をする可能性は低いと予想されています。ただ、阿蘇山の潜在力は途方も無いので、今後も火山活動には厳重な警戒が必要です。


富士山のフルパワー(過去の最大規模噴火)を1とした場合の、各火山のフルパワー比較
富士山 1
北海道駒ヶ岳 3 有珠山 3
樽前山 4 浅間山 4
九重山 5 燧ヶ岳 7
ピナツボ 10
桜島 12
箱根山 14  ※横浜まで火砕流
摩周湖 19
大雪山 20
十和田湖 56 ※青森県の大半を焼き尽くす
霧島山 100
屈斜路湖 150
洞爺湖(有珠山の本体) 170
支笏湖(樽前山の本体) 225
姶良カルデラ(桜島の本体) 450
阿蘇山 600 ※火砕流が九州の4分の3を焼き尽くす
イエローストーン 2500

以下、噴火の映像
new_screenshot28-11-2014 185046oiuy2
new_screenshot28-11-2014 185104uyt3
new_screenshot28-11-2014 185139oiuy4

☆22年ぶりのマグマ噴火、火孔も開く 阿蘇中岳
URL http://kumanichi.com/news/local/main/20141128001.xhtml

引用:
マグマ噴火は1993年2月、火孔開口は92年12月以来。いずれも約22年ぶりとなる。スコリアはマグマが火口から飛散し急に冷えた黒い噴出物。マグマに含まれるガスが抜けるため多孔質で軽く、27日はこぶし大のものを確認した。

 阿蘇火山博物館の須藤靖明学術顧問によると、マグマがしぶきを上げるマグマ噴火の一つ「ストロンボリ式噴火」が小規模ながら発生し、噴気孔が火孔に拡大する開口活動も始まったとみられるという。

 噴煙は上空最高約1500メートルに達し、阿蘇地方などでは同日午後も降灰が続いた。熊本空港発着便は午後7時まで欠航した。
:引用終了

☆阿蘇で21年ぶりマグマ噴火、噴煙1500m
URL http://www.yomiuri.co.jp/national/20141127-OYT1T50101.html

引用:
福岡管区気象台は27日、熊本県の阿蘇中岳第1火口で再び小規模な噴火が起き、噴煙が一時高さ約1500メートルに達したと発表した。

 相次ぐ噴火について、同気象台はマグマが直接地上に放出されるマグマ噴火と確認。今後も噴火を繰り返すとみられ、火口から半径約1キロの範囲で大きな噴石の飛散への警戒を呼びかけている。
:引用終了

☆阿蘇中岳警戒情報
URL http://www.city.aso.kumamoto.jp/2014/11/28/%E9%98%BF%E8%98%87%E4%B8%AD%E5%B2%B3%E7%81%AB%E5%B1%B1%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

引用:
警戒レベル 噴火警戒レベル2(火口から概ね1キロ以内に噴石等飛散の恐れ)
更新日時 平成26年11月28日 午後3時00分
現 象 噴火継続
有色噴煙 火口上200m
流 向 北西
:引用終了

☆阿蘇中岳は「マグマ噴火」 火炎現象や山の膨張も


☆阿蘇山噴火 噴煙が影響し、熊本空港で欠航相次ぐ(14/11/28)


☆転載動画「富士山のフルパワーを1とした場合」のコピペに出てくる火山集
関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
火山灰に対する対策がない中で
「全電源喪失」 ⇒ 「メルトダウン」の恐れ…。

幸いなことに川内原発再稼働は少し延期された
そうですが、阿蘇山だけでも大噴火したら
『全国どの原発も火山灰でアウト』
なので、日本では全原発とも廃止しかないのですよね。

http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/8bf22c9e6abba133cadc841902f6361b

(川内原発、小規模な火山噴火でも
「全電源喪失リスク」予知不可能/
藤井敏嗣教授/九州全滅、日本消滅の危機 より)

■噴火予知ができるのはせいぜい数日

――九電や規制委の認識のどこに問題があるとお考えですか。

まず申し上げたいのは、現在の火山噴火予知のレベルでは、
数十年に及ぶ原発の運用期間での噴火予知は不可能だということだ。

そもそも、そうした長期間での噴火予知の手法自体が確立していない。
噴火を予知できるのは、『せいぜい数時間から数日』というのが現状だ。

2011年の霧島新燃岳の噴火のように、地震などの前兆がなかったため、
予知すらできないうちに噴火が起きることもしばしばある。

この8月3日に発生した口之永良部島の噴火でも、けが人もなかったものの、
前兆がほとんどないままに噴火と同時に火砕流が発生した。

◎藤井敏嗣・東京大学名誉教授

『 例えば…桜島が噴火すれば、
原子炉の冷却に必要な海水の
取水もできなくなる可能性がある、 』
と藤井氏は説く。

降下した軽石がびっしりと
海岸線を覆うことになると、
原子炉の冷却に必要な海水の取水が
できなくなる可能性がある。

海からの救援もできなくなる。

また、火山灰が付着して
送電線が切断することで、
外部電源の喪失も起こりうる。

大雨が降れば土石流も発生する。

そうした中で、
原発だけが安全を保ち続けられる
保証はないだろう。

審査書案からは、そこまで考えて
対策を考えているようには読み取れない。

※100年周期の火山噴火でも、
微細な火山灰が原発を襲い
送電線、電源、機械が
やられて【全電源喪失】

その火山灰に対する
安全な装置、システムはない!
[ 2014/11/28 22:21 ] [ 編集 ]
雲仙岳噴火の事例

九州土人
「ちょっと遊びに来ん?このごろはきれいかよ、うちの茶の間から見えるから」

九州常識人
「そろそろあぶないから、お母さんたちは逃げる用意をしときなさい」
「家族と東京に行くから、避難するときは長崎の家を使っていいよ」

遠距離まで避難しているところがミソ。
原発事故と余りにも似通っていて笑える。
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/funka.html
[ 2014/11/28 22:29 ] [ 編集 ]
火山がドンドン噴くようになると農作物に影響が。
噴火と飢饉
[ 2014/11/28 22:46 ] [ 編集 ]
ファーマー氏 ルールは守りませんか。
基本スタイルが長文の記事引用のようですが、記入欄の上にあるように長文コメント~云々については控えるようにしてください と書かれてますよね。
共用スペースなので、他人のことを考え引用する場合はリンクを貼り、要点に絞って記載するするものではないでしょうか。
長いとコメントの流れも一旦途切れますし。
それでも記載したところ全てが必見ということで、あえてという場合もあります、確かに。そのケースなら他の人でもあります。
ですが、例えば上記の記事引用は、阿蘇山関連の記事が出るたび再掲載してますね。確認したところ ここ数日で4回ですよ。
ほかの話題でも同じ内容をほぼそのまま何回も使ってるので、見るほうは 前に見たぞ 長いぞ で申し訳ないが記載内容にニュース性を感じれず、うんざり感ハンパないです。

2回目以降も関係なくとにかく長文となると、ファーマーというHNの印象付け 刻印が目的なのかと勘ぐってしまいますが、違いますよね。

ファーマー氏のお役立ち情報コーナーみたいな感じで、自分のサイトを立ち上げるのも一手かも知れません。簡単ですよ。
このコメントも長文になってしまいましたが、ルール守りましょう。
[ 2014/11/29 01:37 ] [ 編集 ]
>このコメントも長くなりましたが…w

ファーマーさんのコメントはいいじゃないかい。
[ 2014/11/29 02:39 ] [ 編集 ]
それぞれの記事に反応する形での コメント ならね。
[ 2014/11/29 07:33 ] [ 編集 ]
重要情報はむしろ強調する方が良いと思いますよ
全てのコメント欄を読んでいる人は少ないでしょうしね
拡散されては困ることがあるのですか?
と反対に勘ぐってしまいますよ
読見たくない人は読まなければ良いだけです
少しスクロールすれば済む話
ウンザリする気持ちと、初めてその情報に触れる事の重要性を天秤にかけると断然後者の方が高いですしね


[ 2014/11/29 09:59 ] [ 編集 ]
ちょっと話が変えられてる気が
ここはファーマー氏のブログではありません。
投稿記入欄の上部に長文コメントや~の注意書きがあります。書き込む場所は共用スペースなので他人に配慮をと、ブログ管理者が言ってるわけです。

重要情報と考えるのであれば  あえて引用を長くするのも理解できることは触れてますよね。 しかしブログ内容にマッチする重要情報というなら、記事が変わっても同一の内容というのはおかしいのでは?
火山情報ならコレっていう感じの再利用型投稿に、自分は感じました
エチケット面も考え2回目以降は特に注目してほしい(拡散したい部分)に要点を絞る、あるいは引用箇所をリンク先に託すのが自然だと思いますよ。

基本スタイルが長文というのが、やっぱり違和感あります。
それと重要かどうかは読み手が判断する部分でもあります。
[ 2014/11/29 12:25 ] [ 編集 ]
まぁそれも含めて管理人さんが判断する事なので、何も言われない限りいいのではないでしょうか
[ 2014/11/29 12:46 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク