情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.11.30 15:00|カテゴリ:政治経済コメント(22)

【世論調査】遂に共同通信社でも内閣不支持が逆転!内閣支持率は43・6%、不支持率47・3%に!投票先は自民28%、民主10%!


new_screenshot30-11-2014 025137poiuy
先週に朝日新聞の世論調査で安倍内閣の支持と不支持が逆転しましたが、今度は共同通信社の世論調査でも内閣支持率が逆転しました。共同通信社が28日と29日に実施した世論調査によると、安倍内閣の支持率は43.6%で、不支持が47.3%に逆転したとのことです。比例代表の投票先は自民党が28%、民主党が10%となりました。望ましい選挙結果については、「与党と野党の勢力が伯仲する」が53%に増加しています。


各種世論調査を見ていると、安倍首相の衆議院解散宣言で愛想を尽かした方が多いみたいですね。大臣の不正資金疑惑等で違和感を感じていたところにあの衆議院解散ですから、愛想を尽かすのも当然だと言えます。
一方で、投票先では依然として自民党が28%と高いですが、これは「安倍首相はダメでも自民党には良い議員が居るはず」と考えている方が多いということなのでしょう。それに、民主党への不信感が未だに根強く残っている事も読み取ることが出来ます。

数字に差はありますが、自民党>民主党>他の野党という状況はネットを含めて他の場所でも同じです。やはり、民主党は政権時代の総括とちゃんと国民が納得する形での対応が必要だと私は思います。


☆内閣不支持が逆転、共同世論調査 比例自民28%、民主10%
URL http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014112901001545.html

引用:
共同通信社が28、29両日実施した衆院選に関する全国電話世論調査(第2回トレンド調査)によると、比例代表の投票先政党で自民党は28・0%と前回調査(19、20日)から2・7ポイント増加した。民主党は10・3%で0・9ポイント増にとどまった。内閣支持率は43・6%、不支持率47・3%で、不支持が支持を逆転した。

 望ましい選挙結果について「与党と野党の勢力が伯仲する」が53・0%と過半数で、前回に比べ微増した。
:引用終了

☆ニコニコアンケート基礎調査
URL https://enquete.nicovideo.jp/result/2

new_screenshot30-11-2014 025504poiuyt1

☆衆議院解散、6割が「評価せず」 内閣支持率は微減(14/11/24)


☆1/3 「ネット世論調査」リニューアル!ニコニコユーザーはこう考える! ~「基礎調査」の結果と衆院総選挙の公示直前情勢~
関連記事


ブログパーツ
安倍晋三「共同通信の調査は捏造です。名誉棄損です。これ意図的に回答を選ってるでしょ(((( ;゚д゚)))アワワワワ。」

自民ネトサポ「共同通信は反日朝鮮通信。日本から叩きだせーヽ(`Д´)ノ。」


一般有権者(日本人)「また安倍とネトウヨが現実逃避してる( *´艸`)クスッ♪。」
[ 2014/11/30 15:18 ] [ 編集 ]
アベノミクスがどうのこうのよりも、ハッキリと《カルト安倍を引き摺り降ろせ!》と表明すべし
[ 2014/11/30 15:21 ] [ 編集 ]
国民の目がますます選挙に向くように劇場型情報操作。
結果は不正操作でどうとでも。
追求の手を緩めなければ自民、引っ込みがつかない民主共倒れ。

共通の目標は秘密保護法から国民の目をそらすこと。大成功。
[ 2014/11/30 16:08 ] [ 編集 ]
だいたいアホの安倍の支持率が43%もある訳ねえだろ。前々から世論調査は実際の支持率と乖離してたけど、最近の実際の支持率との乖離は今までの比じゃない。

そしてその原因がイカレタ政権によるメディアへの圧力からきてるのは言うまでもない。
[ 2014/11/30 16:27 ] [ 編集 ]
民主党が政権時代を総括しても意味ないでしょ。自己批判をしたらそれこそ己は絶対反省しない卑劣な自民がつけこむだけ。何故なら国民は政策に失望したからでなく共産党を含む当時の野党のやらせなしの民主叩きやマスコミによる所謂「愛国」的報道で徹底的にネガキャンを展開し、それを鵜呑みにしたからですからね。日本人は政党や政治家をイメージだけで評価します。政策の内容や実現の有無はあまり問題にしない。野球は巨人、車はトヨタ、携帯はドコモとか固定観念半端ないです。日本で障がい者や在日などのマイノリティに対する差別が当たり前の行為と思われているのはそういう権威主義義的な頭の固さに由来するところも大です。まずは国民の多くが変われば政治が変わるということを認識するところからスタートですね。投票率がおしなべて低すぎる。結局国や社会の事をマジメに考え行動しないから国から愚弄され続けている因果応報。
[ 2014/11/30 16:37 ] [ 編集 ]
確かに日本人は野球は巨人、車はトヨタ、携帯はドコモ、この流れで行くと政治は自民を選ぶ、政権交代は無理、上に良く下に悪いやりたい放題の安倍で落ちるとこまで落ちないと日本人は目が覚めない、いっそもう一度安倍にとらせて大変な思いをしなければダメでしょう、消費税を30%にして年金は民間は減らして、民が何も出来なくなるのが宜しいかと、馬鹿を選んだ国民が一番悪い、岡崎も言ってた。
[ 2014/11/30 17:34 ] [ 編集 ]
真面目に考えなさい。
上記の名無しさんのコメントに同感です。

既成の政治家に、この辺でレツドカードを与えましょう。しかし、社会の事、暮らしの事を真面目に考えない国民だから、無理かもしれません。

社会を変えられるとしたら、大災害、大不況などが起きた時と思われます。人類の良心は、欲望で洗脳から目覚めません。あまり変わりばえはしませんが、ここで民主党にもう一度政権を取らせた方がよいでしょう。

そうすれば、日本発の世界核戦争、原発での放射能被害、地球環境の激変で人類の絶滅は遠のきます。
[ 2014/11/30 17:50 ] [ 編集 ]
知性を持つリアリストの政治家の登場を願うが…無理か
[ 2014/11/30 17:56 ] [ 編集 ]
今日本屋さんへ行ってきたが、相変わらず嫌韓嫌中本が並ぶ一方で、「アベノミクスの終焉」だの「集団的自衛権の問題点」だのと言う阿部批判本が目立つように並べてあった。どちらかというと保守的な趣味の本屋さんだが、何か政治の流れが変わるのかな?と感じました。是非変わって欲しいです。少なくとも常識のある政党に。
[ 2014/11/30 18:22 ] [ 編集 ]
安倍内閣で正社員減少しているデータ
http://www.stat.go.jp/data/roudou/longtime/zuhyou/lt51.xls

ホームから辿って行きたい方は、下記を参照してください。

ホーム > 統計データ > 労働力調査 > 調査結果目次(47都道府県全国結果) > 労働力調査 長期時系列データ
http://www.stat.go.jp/data/roudou/longtime/03roudou.htm#hyo_1
年齢階級,雇用形態別雇用者数(エクセル:443KB)←★これです
[ 2014/11/30 18:54 ] [ 編集 ]
低投票率工作だとか投票に行かせない工作とか、白票工作とか野党分散投票工作などが盛んに流されているね、
懲りない面々から(笑)
[ 2014/11/30 19:49 ] [ 編集 ]
人間は発展するな!前に進むな!
知性を持つリアリストの政治家の登場を願うが…無理か>無理でしょうね。悟りを得たキリスト、釈迦のような人物が出現しなければ!・・・・・

人間はしばらく何もするな。無になるまで・・・・・
[ 2014/11/30 21:03 ] [ 編集 ]
小学4年生じゃないです。選挙の結果が知りたくて、こんなサイトを作りました。見てほしいです!http://bit.ly/1xLKGoz
[ 2014/11/30 21:19 ] [ 編集 ]
無分別智
仏教では、対象と自分とを分けて対立させて知る知恵を「分別知」と呼び、対象と自分が一つになってそのまま全体を知るのを「無分別智」と言い、これを知恵の最高形態としている。してみると、「分別ある」大人が「無分別な」子供に劣るのは当然であり、大人は混迷を深めて堕落の方向に発展しただけである。

ですから泥沼に入った現在は子供、赤子に教わることが必須だと思う。これは決して冗談ではありません。
[ 2014/11/30 21:34 ] [ 編集 ]
ま、自民党圧勝はまちがいないですね。どんなネガキャン張ろうが、政権をまかせられる野党が皆無だからね。ま、次世代が自民党と連立組める位に大きく育つのを待つばかり
[ 2014/11/30 22:33 ] [ 編集 ]
「追い風でも向かい風でもない、怖い」 自民・谷垣氏
http://www.asahi.com/articles/ASGCZ55KQGCZUTFK004.html?iref=com_alist_6_02

 今までの選挙は、えらい追い風か、えらい向かい風の選挙だった。今回は、正直言うと、追い風でも、向かい風でもない。
ところが、こういう選挙は怖い。誰かが変な失言をして「何だ」ということになると、パタパタとやられちゃう。スキャンダルめいたものが起こると、また、パタパタと。
いま一番大事なことは自民党が、政治の安定を作る自覚を持たなければいけない。そっくり返るんじゃなくて脇を締めて、腰を落として、政策の勉強を一生懸命やって、錬磨する。
本当に国民が求めている政策を「なるほど自民党は一歩一歩進んでいっているな」と、そう皆さんに思って頂けるようなことができなければいけない。「言ってることとやっていることが違うじゃないか」と言われちゃ、駄目だ。(札幌市手稲区の街頭演説で)

ビクビクなんだな(笑)
[ 2014/11/30 22:47 ] [ 編集 ]
安倍は首相としてひどすぎる。知性に欠けるのは周りの者も世界の首脳も政治意識の高い国民も知るところだが、感情のコントロールもできないようでは一国の首相として危険だ。多くの人が安倍首相の問題点を指摘し続けてきたが、それが少しでも国民に浸透してきたのなら結構なことだ。今回の選挙も与党が勝ち、安倍政権が続くだろう。しかし、安倍首相がこの先も順調に政権運営できるとは思えない。行き詰まる可能性が大きいのではないか。アベノミクスは思惑どおりに進展していない。消費税引き上げは延期したが、再延期はしないと表明した。だが、引き上げ時点で消費税引き上げに耐えうる経済状況になっているか見通せない。経済が好転していなければ安倍首相は進退きわまることになる。安倍首相の最近のいらだちぶりを見ると、そこまで政権が持つかさえわからない。国民が首相のあるべき資質について学ぶには、異常ともいえる支持率を保持し続けた安倍首相の浅薄な実態を知ることだ。選挙後も続くと思われる安倍政権の問題点を指摘し続け、パフォーマンスと偏狭なイデオロギーという安倍首相の浅薄な実態が国民に明らかになるなかで退陣に追い込みたい。口先やパフォーマンスに簡単にはだまされない国民にしていくことが日本を健全な国にする。自民党も安倍のような者に振り回されず、本来の保守政党に立ち返ってもらいたい。保守は右翼イデオロギーではないはずだ。保守も漸進的な進歩を否定しないからリベラルと両立する。自民党は英語でリベラル・デモクラティック・パーティーではないか。
[ 2014/11/30 22:49 ] [ 編集 ]
不正がなくても組織とテレビで自民公明民主に投票する奴はいるだろう。
思考停止したまんまで体だけ動く奇異な生物が。
何聞いても答えられず、何言わせても理解できない口をきく、不思議な生物が世界に増えてるのは、教育の放棄が作り出した無関心のなれの果て、そんな奴らが投票するってのはただ有名人、、、、テレビが推す、ラジオが推す、皆が推すから入れちゃった
[ 2014/12/01 00:32 ] [ 編集 ]
>ま、次世代が自民党と連立組める位に大きく育つのを待つばかり

(笑)大きくなるまでに、寿命が尽きそうなのばっかりだろ。
この際、田母神のお友達『デビィ夫人』も入党させてやってくれ。

フェルデランス(毒蛇)ね、何か(秘密結社等)への憧れですか?
[ 2014/12/01 00:54 ] [ 編集 ]
行かない
[ 2014/12/01 01:41 ] [ 編集 ]
共産党は、2012年衆院選では、

小選挙区ゼロ。小選挙区ゼロ。

比例で8議席。

小選挙区ゼロなのに、全選挙区に候補を出して、野党票を割るよりも、

一人小選挙区は、共産票は死票(100%)になるので、候補を出さずに野党協力して、

そのぶん、比例に票を入れてもらえればいいのに。

前回、一人区で野党は、5000票から20000票で、自民党に負けてるけど、

これは、各地域の創価票の上乗せ分。

しかし、共産党の票が野党に入れば、野党は自民党に勝てた!

共闘して欲しい。
今でも、そう思う。

安倍を倒す為に。
[ 2014/12/01 09:05 ] [ 編集 ]
>行かない

ここまでやられて黙ってられるか。バーカw
[ 2014/12/01 17:51 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク