情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.07.07 17:53|カテゴリ:政治経済コメント(4)

【朗報】山本太郎氏、 東京選挙区で当選圏内に!東京の五議席目に「山本太郎」の名前が!


yamototarou0101010.jpg
不正選挙でも無い限り、これは期待ができるかもしれません。最新の世論調査が発表されましたが、これによると山本太郎氏が東京の選挙区で当選圏内に入っているとのことです。山本氏と言えば、「脱原発」を主張して芸能界を干された方で、今では反原発運動や反TPP運動などをしています。
私も前に名古屋で行われたデモの時に彼を見たことがありますが、真剣に頑張っている方で、どんな状況でも突き進んでいくような覚悟を感じました。

1人では政局を変えることはできませんが、国会議員には「議員特権」という調査権限があるため、当選した後にはこれをフルに使用して、原発問題などの隠された情報を暴露してほしいと思います。
皆さんも、参議院選挙は最後まで諦めずに頑張りましょう!


☆河野太郎認証済みアカウント‏@konotarogomame
URL https://twitter.com/konotarogomame/status/353027472763269120

引用:
世論調査の数字を見ていたら、東京の五議席目に山本太郎がくいこんでいる!
yamotomototarou.jpg
:引用終了

☆参院選、東京&大阪は地殻変動で予断許さず 山本太郎氏は圏内に!
URL http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130707/plt1307070736001-n1.htm

引用:
 東京と大阪の二大都市で、参院選(21日投開票)の地殻変動が起きている。自民党優勢は変わらないが、最終議席などをめぐって意外な展開となっており、「反原発」を掲げる俳優の山本太郎氏や、共産党が「当選圏内」に食い込んでいるのだ。安倍晋三首相の政権運営にも影響を与えかねない最新情勢について、政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が迫った。

 「都市部が激動している。特に、東京と大阪では顕著だ。数字を見る限り、結果がどうなるか最後まで分からない」

 こう話すのは、自民党選対幹部だ。数字とは、自民党が定期的に実施してきた情勢調査のこと。3、4、5月と全国規模で実施した後、6月には重点区だけ行ったが、以下のような変化が見られるという。

 「まず、東京と大阪で共産党が躍進している。さらに、ワンテーマにこだわった候補が急激に伸びている」(同)

 私(鈴木)が入手した、公示直前の最新調査を見ると、その傾向は明らかだ。

 まず、東京選挙区。改選数5だが、自民党の丸川珠代、武見敬三両氏が1、2位を走り、公明党代表の山口那津男氏が猛追。そして、4位に共産党の吉良佳子氏、5番目に無所属ながら「原発反対」を掲げる山本氏が飛び込んでいた。

 公示直前に女性候補を電話1本で公認から外した非情な民主党や、石原慎太郎共同代表が地元の日本維新の会、渡辺喜美代表のみんなの党などは、次点の位置で横一線という結果だった。
:引用終了


☆山本太郎2013参院選第一声


原発のウソ (扶桑社新書)


レベル7――福島原発事故、隠された真実


ひとり舞台 脱原発-闘う役者の真実-


池上彰の選挙と政治がゼロからわかる本 (河出文庫)

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
何だろうね。
彼に投票したいと思えないんだ。
[ 2013/07/07 21:37 ] [ 編集 ]
山本太郎さんは脱被曝も掲げています。
子供を持つ母として応援します。
今この国の危機を口に出せる人が必要です。
[ 2013/07/08 02:19 ] [ 編集 ]
山本太郎に大賛成!こういう人を国会に入れるべきですね。
[ 2013/07/08 10:41 ] [ 編集 ]
山本太郎を国会へ
「株高=景気回復」と宣伝する安倍政権。勤労者の所得が減少している景気回復はまやかし。実体経済の回復を原発の再稼働で、ともくろむ。人の命より経済、の考えをぶち壊すには山本太郎を国会へ送り、国民を目覚めさすことの大きな意義がある。
http://blog.livedoor.jp/kisaragi2012/
http://blog.livedoor.jp/kisaragi2012/archives/9655684.html
[ 2013/07/14 15:41 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム