情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.07.08 06:00|カテゴリ:政治経済コメント(3)

【平成の治安維持法】秘密保全法でデモ参加もアウトに!?ネットも全部規制可!自民党、参議院選挙後の秋に提出を目指す!


5263186043_0699728581.jpg
*旧ブログ記事を再掲載
マスコミはあまり大々的に報道していませんが、安倍首相は影でとんでも無い法案を成立させようとしています。それは「秘密保全法」と呼ばれる情報規制法案です。


☆秘密保全法 重大な漏洩には厳罰化を
URL http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130421/plc13042103060001-n1.htm

引用:
2013.4.21 03:06
 安倍晋三首相が予算委員会で、外交、安全保障情報の漏洩(ろうえい)を防ぐための「特定秘密保全法」を早期に制定する意向を示した。日本の安全と国益を守るために必要な法律だ。安倍政権の取り組みに期待したい。

 秘密保全法は、国家安全保障会議(日本版NSC)創設と並行して検討課題に浮上した。外務、防衛両省から「NSC側に秘密漏洩の罰則がなければ、安心して機密情報を提供できない」との意見が出された。当然の指摘だ。
:引用終了


「秘密保全法」とは、国の安全に関わる秘密の漏えいを防ぐための法案で、2010年に起きた尖閣諸島沖漁船衝突映像のインターネット流出事件がきっかけで検討されたとも言われています。この法案の柱は2本あり、ひとつは「国にとって重要な情報」を行政機関が「特別秘密」に指定すること、2つ目は「特別秘密」を漏らした人、それを知ろうとした人を厳しく処罰することです。

この法律最大の問題は定義の曖昧さであり、政府が嫌だと思うものならば何でも「特別秘密」に指定できるという点にあります。例えば、この法案が検討されるキッカケになったと言われている尖閣島の漁船衝突事故ですが、この時に流失した映像も本来は政府が国民に伝えなければいけない情報でした。

専門家の梓澤和幸氏は秘密保全法について、「原子力というのは秘密の対象になるため、大手マスコミが報道しない現場の状況を市民がツイッターで流したり、土壌や食べ物の数値を計測して公表する事も秘密保全法の対象になり逮捕される可能性がある」と述べているのです。



堤未果 x 梓澤和幸「秘密保全法について」2013.04.17 投稿者 crescent421


しかも、上記で紹介した報道記事に「秘密保全法は、国家安全保障会議(日本版NSC)創設と並行して検討課題に浮上した」と書かれていますが、日本版NSCというのは悪名高い米国のNSC(国家安全保障会議)を参考にして作られるとんでも無い法案となっています。
実際に米国では『デモ参加者は「公共の秩序を乱した罪」で逮捕』『取材した記者も処罰』『七万以上のブログが政府によって閉鎖』というようなことが発生しているのです!


☆いま、最も危険な法案とは?
URL http://blogs.yahoo.co.jp/bunbaba530/67754267.html

引用:
先週の週刊現代連載記事です。
昨夜のJーWAVE JAM THE WORLD でもインタビューコーナーで取り上げました。
この法律が通ったら、ブログやツイッターでの情報発信、取材の自由など様々な規制がかかるでしょう。
アメリカでも、大手マスコミが出さない情報を発信する独立ジャーナリストは真っ先にターゲットにされました。そして「原発情報」はまず間違いなく「軍事機密」のカテゴリーでしょう。

「アメリカ発<平成の治安維持法>がやってくる!」
ジャーナリスト 堤 未果

3月31日、安倍総理は今秋国会での「秘密保全法」提出を発表した。
日弁連などが警鐘を鳴らし続けるこの法案、一体どれだけの国民がその内容を知っているだろうか? 

01年の同時多発テロ。あの直後にアメリカ議会でスピード可決した「愛国者法」がもたらしたものを、今ほど検証すべき時はないだろう。 

あのとき、恐怖で思考停止状態の国民に向かって、ブッシュ元大統領はこう力説した。
「今後、この国の最優先事項は治安と国会機密漏えい防止だ。テロリスト予備軍を見つけ出すために、政府は責任を持って全米を隅々まで監視する」

かくして政府は大統領の言葉を忠実に実行し、国内で交わされる全通信に対し、当局による盗聴が開始された。それまで政府機関ごとに分散されていた国民の個人情報はまたたく間に一元化され、約5億6千万件のデーターベースを50の政府機関が共有。通信業者や金融機関は顧客情報や通信内容を、図書館や書店は貸し出し記録や顧客の購買歴を、医師達は患者のカルテを、政府の要請で提出することが義務づけられた。

デンバー在住の新聞記者サンドラ・フィッシュはこの動きをこう語る。
「米国世論は、それまで政府による個人情報一元化に反対でした。憲法上の言論の自由を侵害する、情報統制につながりかねないからです。でもあのときはテロリストから治安や国家機密を守るほうが優先された。愛国者法もほとんどの国民が知らぬ間に通過していました」

だが間もなくしてその“標的”は、一般市民になってゆく。

ペンシルバニア州ピッツバーグで開催されたG20首脳会議のデモに参加したマシュー・ロペスは、武器を持った大勢の警察によって、あっという間に包囲された経験を語る。
「彼らは明らかに僕達を待っていた。4千人の警察と、沿岸警備隊ら2千5百人が、事前に許可を取ったデモ参加者に催涙弾や音響手りゅう弾を使用し、200人を逮捕したのです」
理由は「公共の秩序を乱した罪」。
その後、ACLU(米国自由市民連合)により、警察のテロ容疑者リストに「反増税」「違憲政策反対」運動等に参加する学生たちをはじめ、30以上の市民団体名が載っていたことが暴露されている。

政府による「国家機密」の定義は、報道の自由にも大きく影響を与えた。
愛国者法の通過以降、米国内のジャーナリスト逮捕者数は過去最大となり、オバマ政権下では七万以上のブログが政府によって閉鎖されている。

為政者にとってファシズムは効率がいい。ジャーナリストの発言が制限され国民が委縮する中、政府は通常なら世論の反発を受ける規制緩和や企業寄り政策を、次々に進めていった。

ブッシュ政権下に時限立法として成立した「愛国者法」は、06年にオバマ大統領が恒久化。
その後も「機密」の解釈は、年々拡大を続けている。
:引用終了

☆【国家安全保障基本法】 いつか来た道を歩き出した安倍政権とマスコミ
URL http://tanakaryusaku.jp/2013/04/0007009

引用:
 安倍政権が参院選後の今年秋にも提出を目指す「国家安全保障基本法案」。集団的自衛権の行使を可能にし、表現の自由を制限する秘密保全法をとり込んだ恐ろしい法律だ。

 選挙結果しだいでは、戦前の軍国主義国家への逆戻りに道を開くことになる。「国家安全保障基本法案」に反対する集会がきょう国会内で開かれた。(主催:Stop! 秘密保全法 共同行動)

 戦争遂行を指導する米国のNSC(国家安全保障会議)の日本版とも言える「国家安全保障会議」を、法律面で具体化しようというのが「国家安全保障基本法」だ。

 同基本法は第10条に基づいて「集団自衛事態法」を、第11条に基づいて「国際平和協力法」を制定する。念の入ったことに、武器輸出三原則をなし崩しにする第12条まで設けている。

 日米が共同で軍事行動すれば、「米軍の情報=自衛隊の情報」「自衛隊の情報=米軍の情報」となる。日米防衛政策見直し協議で合意された情報共有、情報の一体化を保障するため「秘密保全法」が出てくる。秘密保全は「国家安全保障基本法」第3条の3で規定される。

 日米の軍事当局者に都合の悪い情報をスッパ抜いたジャーナリストや内部告発した公務員は、この法律で処罰されることになるという訳だ。

 戦争遂行に欠かせないのが自衛隊の権能強化である。第8条の3は自衛隊が治安維持出動を超え公共の秩序維持活動にあたれるようにしている。自衛隊情報保全部隊による国民監視も可能となる。

 実際、2007年には自衛隊情報保全隊が仙台市で市民運動を監視していたことが明るみに出、仙台地裁の判決は国に賠償を命じた(2012年3月)。
:引用終了


表向きには「北朝鮮対策」などということになるでしょうが、実際にこの法律で監視管理されるのは国民になります。このままでは日本も米国のようにデモすら厳しいような国になってしまうことでしょう。それを防ぐためにも、私達日本国民はこれを何としても止めなければいけません。今ならば、まだデモや抗議運動は自由に出来ますので、遠慮なんてせずにドンドンして、周囲に危険性を知らせてあげましょう。


☆みなさんの同盟国アメリカは大変なことになってます 目覚めて日本


TPP亡国論 (集英社新書)


TPPが日本を壊す (扶桑社新書)


経済大国なのになぜ貧しいのか?


アメリカに潰された政治家たち


戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)


官邸、内閣府にいたからこそ書ける いま、日本にある危機と希望 (ワニプラス)


わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相!
関連記事



ブログパーツ
自民党が提出する日本人殺害法案
これでもネトウヨといった自称愛国者の方々は「民主党や社民党の外国人参政権よりマシ」もしくは「ミンスよりマシ」と呪文を唱え続けるのかな?

どうせ自公与党が参院でも過半数取るだろうな、国民は肉屋を支持する豚しかいないし


国民が沢山自公政府に殺されて初めて国民自身が民主化戦争に動き出すかな、それか自民党親衛隊ネトウヨが国民に洗脳を続けるか
[ 2013/07/08 06:24 ] [ 編集 ]
秘密保全法の成立をやめましょう
秘密保全法が成立する
[ 2013/08/08 22:57 ] [ 編集 ]
秘密保全法を成立さ せるのを やめま しょう
[ 2013/08/08 23:16 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク