情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.07.08 11:00|カテゴリ:政治経済コメント(4)

【アベノミクスはアベノリスク】円安で貿易赤字過去最大!日銀異次元緩和はハイパーインフレを呼ぶ!アベノミクスだけで日本経済は復活できない!


6646814401_4d5838165c.jpg
マスコミでは「アベノミクスで株価が上がった」と騒いでいますが、これは実体の無い株価上昇のため、いずれは急激な転落に転じることになるでしょう。事実、アベノミクスで円安になった影響で貿易赤字が拡大しています。それも過去最大の貿易赤字なのです。


☆貿易赤字8兆1699億円、2年連続で過去最大
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130418-00000262-yom-bus_all

引用:
読売新聞 4月18日(木)8時59分配信
 財務省が18日発表した2012年度の貿易統計によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は8兆1699億円の赤字となった。

 年度の赤字額としては、現行の統計が始まった1979年度以降、最大となり、2年連続で最大を更新した。海外経済の減速で、欧州や中国向けの輸出が振るわなかったほか、原子力発電に代わる火力発電向け燃料の輸入が増え、赤字額が膨らんだ。

 年度ベースの貿易赤字は2年連続で、赤字額は11年度(4兆4221億円)の約1・8倍だった。暦年ベース(12年1~12月)の赤字額は6兆9411億円だったが、その後の円安の進展により燃料費の輸入額をさらに押し上げた。
:引用終了


安倍首相は「円安で稼ぐ!」などと述べていますが、逆に日本の富が海外に流失しています。今の世界では紛争や災害の影響で資源価格や食料価格の上昇が発生しており、少しでも円安になると簡単に価格が上昇してしまう状況です。このような状況でバンバン円を刷りまくって円安にしてしまったら、資源や食料価格が上昇してしまうことなんて誰でも簡単に想像することができます。

そもそも、「円安にして輸出で儲かる」と言っても、日本の大企業の大半は円高の時に工場の大半を海外に移転してしまっているのです。なので、円高だろうが円安だろうが関係無く、一定の利益を得ることが出来るような体制になっています。

安倍首相は日銀に大規模な円の増刷を決定させました。この影響で円安は2~3年続くと同時に、今までよりも早い速度で円安が進行する可能性があります。為替の取引などをしている方は良いかもしれませんが、日本全体で見れば、急激な円安は急激な物価上昇を引き起こすことに繋がります。
*私自身は適度な円増刷には賛成です。今回の増刷はやり過ぎな上に、国民に配るための具体案も無いので賛成できません。

ジョージ・ソロス氏の投資アドバイザーを務めたことがある藤巻健史氏も述べていますが、日銀の異次元緩和は円安と物価上昇を引き起こすだけではなく、国債の暴落で日銀が崩壊する可能性を秘めています。


☆日銀異次元緩和は「政府と心中宣言」、ソロス氏嘘つかない-藤巻氏(2)
URL http://www.bloomberg.co.jp/news/123-ML4FSV6KLVS801.html

引用:
藤巻氏は「日銀資産のうち、国債の割合がさらに増えて80%から90%が日本国債になる。国債本位制となり、国債の信頼が崩れたら紙幣の価値がなくなる。日銀は国と運命共同体になる」と述べた。インタビューは11日に行った。

日銀は3、4日に開いた金融政策決定会合で、消費者物価 上昇率2%という目標をできるだけ早期に実現するため、マネタリーベースを2年間で約2倍、日銀の国債保有額と平均残存期間を2年間で2倍以上に拡大することを決定した。長期国債の購入についてこれまでの月約4兆円から、毎月の国債発行額の7割に当たる7兆円強とする。

藤巻氏は、「私のモルガン銀行勤務時の日銀国債保有高は50%以下、マネタリーベースは約40兆円が常識だった。それを2年後に270兆円にするとしており、実務家としての私の感覚では、とんでもない数字だ。7倍にマネタリーベースを増やすことは、天と地がひっくり返るようなオペレーション」と説明した。

ハイパーインフレで地獄味わう

さらに、「白川方明前総裁が副作用が怖いからやらなかったことを、副作用を無視してとんでもないことをやるのは、ものすごい大きな賭け。この賭けは失敗してハイパーインフレが起きると思う。日銀は単なる紙幣印刷工場に変わった」と指摘した。

日銀の大胆緩和による将来のインフレ高進の懸念も強まっている。藤巻氏は、「安倍晋三首相と黒田総裁はハイパーインフレにゴーサインを出した。アベノミクスで、国債を買って市場に資金を供給、円が急落すれば、2%のインフレ目標を達成できるが、その後、制御できないだろう」と予想。「インフレからハイパーインフレになった時に、金利が急騰したら国債を買う人がいなくなり、資金を吸収する手段がない。預金封鎖と新券発行しか方法はなくなるだろう。ハイパーインフレになれば国の財政は持つかもしれないが、国民は地獄を味わうことになる。大変危険なことに一歩踏み出した」と解説した。

長期金利 の指標となる新発10年債物国債利回りは5日に過去最低の0.315%を記録した後、約2倍の水準となる0.62%まで跳ね上がった。藤巻氏は、「アベノミクスで、国債を買って市場に資金を供給し、円が急落すれば、2%のインフレ目標を達成できるが、その後、制御できないだろう」と予想する。

国債バブル

さらに「じゃぶじゃぶの資金が今は国債に行って、国債バブルになっている。薄くなった風船が破裂寸前なのを予知して、市場では早く逃げようと思い始めた人がいて、国債が大きく売られたのだろう。国債トレーダーの不安の象徴。あれだけ売りが出たのを見るとポートフォリオマネジャーも怖いと思うだろう」と分析した。

外国為替市場で円は11日、対ドルで1ドル=99円95銭まで円安が進行し、4年ぶりとなる100円の大台に接近した。藤巻氏は、ハイパーインフレ・財政破たんへの対応策として、ドルを中心とした外貨建て資産、円プット・ドルコールのオプション、日本国債のプットオプションなどを挙げた。

その上で、「財政破綻のヘッジとして、外貨建て資産を持っている。米国株、ドルのマネーマーケットファンドなどを保有している。為替では200円台までは行かないが、100円台で一番長いもので5年以内のオプションを持っている。ドル・コールオプション、日本国債のプットオプションを持っているのは、自己破産したくないから」と説明した。

ソロス氏の意見尊重すべき

ジョージ・ソロス氏は5日、CNBCとのインタビューで、日銀の政策が円の一斉売りをもたらすリスクを警告。「実際すでに起きていることだが、円が下落し始めれば、日本国民は円が下がり続ける可能性が高いと気付き、自分たちの資金を海外に移そうとするだろう。そうすれば、円は雪崩を打って下落する可能性がある」と語った。
:引用終了


それとも、安倍首相は最初から日銀を崩壊させて、国際金融機関に安値で売り渡そうとしていたということなのかもしれません。
安倍首相の行動を見ていると、どうにも日本人を締め付けるような方向に導こうとしているように感じます。首切り自由化法、機密保全法、インフル特措法、TPP条約、原発再稼働など、安倍自民党がこの数カ月でした行動を振り返ってみると、アベノミクスや北朝鮮問題の影に隠れて滅茶苦茶なことを次々にしていることが分かります。

安倍首相は親の代から朝鮮統一教会とも繋がっていますし、彼はマスコミや2ちゃんねるなどで取り上げられているほど「日本好きではない」ということだけは覚えておいたほうが良いでしょう。

いずれにせよ、ハイパーインフレと円暴落が発生したら日本円の価値は無くなってしまいますので、今のうちに金などの現物に少しずつ移動しておくことをオススメします。
金の価格はもう少し下落する余地がありますが、円暴落などが本格化すれば、一気に劇的な速度で値上がりを始めますので要注意です。


アベノミクスが引き金になる 日本国債 暴落のシナリオ


国家破産・これから世界で起きること、ただちに日本がすべきこと


なぜ、アメリカ経済は崩壊に向かうのか―信用バブルという怪物


グローバル経済に殺される韓国 打ち勝つ日本


大恐慌!


グローバル大恐慌時代の世界経済を読む


金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
今の株高は
アメリカ(正確にはその裏にいる外資)が仕組んだ、参院選が終わる迄のマネーゲームに他なりません。

ロスチャイルドやロックフェラーの思惑通りに事が進む事は如何ともし難いですが。
[ 2013/07/08 11:57 ] [ 編集 ]
重低音で駆動する巨大工場群
 三菱重工さんの冷凍機の磁気軸受の技術は温暖化防止に対する取り組みとして大変感銘しました。しかし、磁気軸受って耐荷重能が低いんだよね。風力発電なんかの重要なエネルギー変換源に使われるにはまだ難点がありそうだ。しかしそういった困難を解決しているのが、日立金属のSLD-MAGIC(S-MAGIC)という工具鋼だ。この材料は表面でオイルをトライボケミカル反応させて形成されたボールベアリング状のナノ結晶体で分子物理学的に摩擦係数を下げるという。これなら応用範囲が広そうだ。
[ 2013/09/28 21:13 ] [ 編集 ]
国家は自らの身体の一部である
 そういうことで、小学校の子供たちにもエコが大事だと教えて地球環境を何とかしないといけないとしてきましたが、ここだけの話、これは少々だまされています。しかし、メディア、教育者などがほえ続けるのは面子の性がある。ここで重要なのは英国発のデマも日本の国益なのですから、それを気付かないといけない。
 世界の人類の趨勢は、磐石な安全保障のある国民しか考えることが出来ず、自国の利益を優先するのが代の常である。かつて米国が圧倒的な繁栄の中で築いた、あるいは古代ローマにも見られる世界市民思想がグローバリゼーションとして国際金融資本家の懐だけに入っていく仕組みだったのは、リーマンと欧州騒動でわかったと思う。
 これらの勢力は、我こそは世界市民だという大きな顔をしてローカルに攻め入る戦法をとってきたが、もはや大義はネット上にしかない。webテクノロジーは様々な夢を実現してきたが、それは情報の範囲の世界だけで、現実は歩いていって、人の顔を見て、お話をするという身体感覚の世界の極一部が極めて突出した不快さえも覚える世界にしたのは、ビルゲイツではないだろう。とにかく英国人(最近は=ユダヤ人に映る)の日本世論コントロールはショボイ。
[ 2013/12/03 22:29 ] [ 編集 ]
スノーデンは語っている
 NSAのほうがひどいのでは?
[ 2015/04/23 20:23 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

円安リスクは続くのか?
2012年まで5年ほどかけて続いた円高も 今年からはアベノミクスも手伝って、 円安方向へ転換している。 70円台だったドル円も、 一時は100円超えもし、 今は97円前後で推移している状 ...
広告
今日の人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム