情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.12.26 19:00|カテゴリ:政治経済コメント(20)

【知ってた】小泉進次郎「アベノミクスは時間稼ぎに過ぎない。構造的な課題がある」


s_screenshot26-12-2014 160805lkjh
自民党の小泉進次郎議員がアベノミクスについて、「時間稼ぎに過ぎません」と指摘していたことが分かりました。小泉進次郎氏は雑誌PRESIDENTのインタビューで、 「アベノミクスは時間稼ぎに過ぎません。取り組まなければならない構造的な課題がある。アベノミクスはゴールではない」と述べ、アベノミクスだけでは日本を変える事が出来ないと指摘。
小泉進次郎氏は今月に行われた衆議院総選挙に関しても、「今の時期に選挙をやるのはどうかと思う」と批判していました。


安倍首相は自民党内で一番の政敵として小泉進次郎氏の事を警戒しているようです。確かに彼は世論の流れを読む力がすごく、それ合わせて皆が納得することが出来るような言葉を上手く使っています。私も総選挙の時に彼の演説を見てみましたが、非常に分かりやすくハッキリと言っていることに好感を持ちました。

自民党や安倍政権を一方的に持ちあげるのではなく、党に対する批判も交えており、ルックスの良さも合わさって幅広い方から支持を獲得しています。

私はTPPや道州制に断固反対なので、これらの政策を推し進めている小泉進次郎氏は応援していませんが、それでも彼に人気があるのは納得です。まだ、30代なので総理になることは無いでしょうが、10~20年後には日本の上に立っているかもしれません・・・・。


☆白熱90分!小泉進次郎×瀧本哲史 -アベノミクスの死角、道州制、世襲批判……すべてに答えた!
URL http://president.jp/articles/-/12638?page=3

引用:
【小泉】このままで何とかなるという勘違いをしている人は多いですね。アベノミクスで株価は上がり、円高から円安となり、失業率は3.6%まで下がり、有効求人倍率はリーマンショック後の0.42倍から1.07倍まで上がりました。そうしたデータを見れば、間違いなく経済は回復しています。しかしアベノミクスは時間稼ぎに過ぎません。どの政党が政権をとっても、誰が総理になっても、取り組まなければならない構造的な課題がある。アベノミクスはゴールではない。

~省略~

【小泉】困難な課題と直面せざるをえない時代に、政治に求められることは論理だけではないと思います。「この人が言うならやってみよう」という無形の説得や納得感、信頼が必要になる。それらを取り戻し、育める政治家を増やさなくてはいけません。最終的には、その人が本気かどうか、全力で走り続けているかどうか。そこに尽きると思います。

僕は本物の仲間についてきてほしい。自分一人の力では何もできない。それが政治家ですから。
:引用終了

☆ZERO×選挙2014(12/14)1部 小泉進次郎×櫻井翔対談


☆小泉進次郎「当選して万歳する政治家はバカ」と先輩議員をブッタ切り


☆26.11.23 小泉進次郎さんと伊東良孝さん(釧路で)


☆「小泉進次郎大っ嫌い」  マツコデラックス
関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
ホントの事をハッキリ言うからでしょうね
[ 2014/12/26 19:19 ] [ 編集 ]
また怒って顔真っ赤にしちゃうかなwww
[ 2014/12/26 19:37 ] [ 編集 ]
安倍は論外としてもコイツも親父同様口先三寸だから信用出来ない。
と言うか自民党はいらない。米財官の傀儡政権ではいつまで経っても国民は不幸だ。
[ 2014/12/26 19:38 ] [ 編集 ]
安倍くんも辛痔瘻くんもCSISで売国教育を受けた数少ない裏社会のプリンスですぞ!そりゃ国民へ対してガス抜きコメントは必要だろうよ!
[ 2014/12/26 19:49 ] [ 編集 ]
父親のパフォーマンスがすごかったという話はよくきくけど・・・父親に似て、うまい?でも派遣や格差のもとをつくった人の子どもなんてちょっと信用できないな。
[ 2014/12/26 19:51 ] [ 編集 ]
オマエモナ
[ 2014/12/26 19:52 ] [ 編集 ]
まだ若いのだから 国民を裏切らない政治をめざしてほしい
ただ今の日本は 日本国民が みんな一緒に次のステージにステップアップできない
安倍政権の失策は 金持ち優遇の政策を始めにとりおこなったこと
円安誘導を行うなら 初めに中小企業を ある程度は守る政策も必要だった
そうなら円安倒産で苦しむ企業はこんなにでなかっただろうに
[ 2014/12/26 19:57 ] [ 編集 ]
ビールのCMみたいだ(・∀・)ノ

しかし安部晋三からすれば進次郎は痛し痒しの存在だろうね。ただ、幅広く支持層を取り込もうとする自民党の策略も否定できない。
俺みたいに曲がった人間は物事を素直に捉えない。特に今の自民党公明党政権は信じられない。
[ 2014/12/26 20:30 ] [ 編集 ]
売国自民党にいる時点でクズ
こんなのが人気なんだから終わってる
[ 2014/12/26 20:34 ] [ 編集 ]
必読
小泉進二郎と稲川会大幹部の蜜月関係

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201004/article_24.html

[ 2014/12/26 20:56 ] [ 編集 ]
間近で何度か見た事あるが、オヤジ譲りで背が低いんだ。

将来、首相にでもなったらさぞかし見劣りするだろうな。
[ 2014/12/26 21:08 ] [ 編集 ]
シンジローは女性票を集めますよね。父親の方もおばさんたちがキャアキャア言ってましたがそれ以上のルックスと鍛えた話術。
自民党の総理へのライン上に確実に乗っているでしょうから大胆なことも言っちゃう。

でもマツコDXが言ってることの方が信じられる。
[ 2014/12/26 21:10 ] [ 編集 ]
自民党分裂しそうだね。安倍派と小泉派。
[ 2014/12/26 21:15 ] [ 編集 ]
>「アベノミクスは時間稼ぎに過ぎません。

さりげなく肯定する言い方がは本当に上手いですね。アベノミクスは単なるお金の無駄遣いで時間稼ぎどころかブチ壊しているだけです。有効求人倍率の回復も、回復率は民主時代と大差がありません。民主時代に公債を乱発しながら作った数値の上に、これまた公債乱発で乗っかって「私のスコアが一番高い」と言っても何ら意味がない。

そもそも自民党という時点でダメだよ。郵政民営化で騙されて、派遣法で騙されて、原発でも騙されていたのが3・11ではっきりして、またアベノミクスで騙されて、それでもまだ自民か。「今度は大丈夫」とでも想っているのか?それではDV被害者の心理だ。もう哀れとしか言えない。せめて他の国民まで巻き込まないよう選挙に来ないでくれ。
[ 2014/12/26 21:40 ] [ 編集 ]
ジャパンハンドラーズの作った
「マイケルグリーン友の会」の
中心人物でもあったので、
『要注意人物』な気がします。

ただ、時流を読む力があるので、
「小泉親子で自民党割り」した後、
比較的まともな政策を打ち出す可能性は
ありそうです。

良くも悪くも今から大きく動く人物だと感じます。
[ 2014/12/27 02:12 ] [ 編集 ]
頼んでもないことをする安部自民党と国民の乖離が凄い。
年数と共に潰れいく自民党の看板になることはないね。
表に出ず、じっと我慢してるのが力のある者。タレントじゃーあるまいし。
早くから表にでるなら、集団的自衛の違憲性で安倍と喧嘩してみいい。
できるかい?
男親は油屋ブッシュの子分でみっともなかった。
グローバル資本のため嘘をつくまで日本国民を冒涜するんなら、
安倍も進次郎両方不必要。党内の微妙な差なんて関係ない。
一体どう手を打つんだ、打てるのか?2015年景気大失速。。
[ 2014/12/27 03:11 ] [ 編集 ]
ルックスと話術に騙されないでくれー
[ 2014/12/27 06:52 ] [ 編集 ]
ブレーンが父親と一緒なんだろうね。
空気を読むのはとてもうまいといつも感心はしている。
でも応援はしていない。
[ 2014/12/27 13:25 ] [ 編集 ]
マツコの動画見たw
色々政治に関心のある、または物事の裏を読もうとする人なら当然の感想をはっきり言うなぁw
小泉jr.はアメリカ押し(フリーメイソンだかイルミナティだかしんないけど)の秘蔵っ子なんだろうな。
父親と一緒で、傀儡として将来を固く守られ、約束された存在なんだなと。
[ 2014/12/27 17:29 ] [ 編集 ]
わだすはマツコが好きなので心配。
すぃんずろー君は爽やかな顔の裏で案外根に持ちそうだから。まあマツコはテレビ干されてもバーを一軒構えるくらいの貯金は出来たろうし、人気のあるうちに言いたいこと言っちゃえという男の(?)心意気を感じる。
[ 2014/12/28 00:15 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク