情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.01.29 22:00|カテゴリ:国内の災害情報コメント(4)

【厳冬列島】30日は東京、名古屋、大阪の三大都市圏で雪!関東は東京を含め、かなり積もる予報に・・・!


s_screenshot29-01-2015 132300oiuytr2222
29日夜から猛烈な寒波と積雪に注意してください。気象庁の予報によると、東日本と西日本を中心に広い範囲で大雪になる可能性が高いとのことです。九州でも場所によっては雪が降る見込みで、今年一番の冷え込みになると予想されています。
この寒波は2月上旬頃まで居座る見通しで、当面は全国的に寒い状態が継続することになりそうです。


積雪の量は関東の平野部でも10センチ近い値が想定されているため、大雪対策を今夜の内にしておくと良いでしょう。北米の方も記録的な寒波で大変な事になっていますが、世界中は何処も寒さが厳しくなっています。日本も例外ではなく、これからの寒さに備えておかなければいけません。


☆全国の天気予報
URL http://weather.yahoo.co.jp/weather/

s_screenshot29-01-2015 132241oiuytr1111

☆厳寒列島続く 関東のあす朝は雪
URL http://www.tenki.jp/forecaster/diary/kimutaka1003/2015/01/29/20411.html

引用:
きょうも全国的に寒中らしい寒さです。風はおさまりますが、空気は冷えたままです。九州から関東でも10度に届かない所が多いでしょう。北海道はきのうより上がりますが、それでも釧路や旭川では真冬日の予想です。マフラーや手袋だけでなく、温かいものもこまめに飲むなど、体を冷やさないようにしましょう。
:引用終了

☆今夜から30日にかけて 東・西日本で大雪のおそれ
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-00010001-wmap-soci

引用:
あす30日の昼までに予想される降雪量はいずれも多い所で、
  近畿の山地      10センチ
  近畿北部と南部の平地 2センチから3センチ
  山陽の山地      20から25センチ
     平地      15センチ
  四国の山間部     20センチ
     平野部     5センチ
  九州北部の山地    10センチから20センチ
 さらにあすには、東海や関東甲信でも広く雪や雨となる見込みだ。特に関東甲信では、平野部でも8センチから15センチの降雪を予想しており、大雪に注意が必要となる。
:引用終了

☆30日は関東の広い範囲で雪の降る予想 23区でも積雪の可能性(15/01/29)


関連過去記事

☆【注意】今年の積雪量は平年の2倍に!15日からは全国で荒れ模様となる恐れ!関東では雪が降る可能性も!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5147.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
10cmで大雪なの?(笑)
[ 2015/01/29 22:11 ] [ 編集 ]
こっちはチラチラ降る雪でさえも滅多にないから、5㎝積もっても大雪になるな。除雪車も出ないから道路がぐちゃぐちゃのままだ…
[ 2015/01/29 22:16 ] [ 編集 ]
めっちゃ寒いね(´Д`|||)
チョットの雪で超渋滞になっちゃう道使う人はガソリン満タンにしておいた方が良いよ;
去年の2月も関東東海辺りは雪で食料品積んだトラックも次の日の昼くらいまで動けなくて更に買い占めで
スーパーやコンビニに食料品が全然無かったよね
車移動する人達は冬の間は魚肉ソーセージとか水くらいは常備をオススメするょ
[ 2015/01/29 22:50 ] [ 編集 ]
都内の過去データみると大雪前にガンマ線量上がってるの何でだろう(?_?)
http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/mon_post.html
[ 2015/01/30 07:02 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム