情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.01.31 10:00|カテゴリ:ニュースコメント(7)

【イスラム国事件】外務省がトルコの日本人記者達に自粛要請!イスラム国が情報を把握か?「不測の事態に巻き込まれる可能性が高く、非常に危険」


20150130184150dsofui.jpg
1月30日に外務省がトルコで取材活動を行っている日本のメディアや記者達に対して、注意を呼び掛けました。外務省はトルコ等で取材中の記者に「不測の事態に巻き込まれる可能性が高く、非常に危険」と呼び掛け、事実上の取材自粛を要請しています。
外務省によると、日本人記者ラファトルコ南部に集結しているとの情報をイスラム国が入手している可能性があるとのことです。また、インターネット上に日本人記者達の顔写真も出回っているようで、新たな人質にならないように警鐘を鳴らしています。



先日にフジテレビの記者の方がトルコで交通事故に巻き込まれてしまいましたが、イスラム国に狙われるリスクを考えると、安易に踏み入るのはかなり危ないです。ただ、情報はとても重要なので、政府側で警備隊を雇って安全な施設を準備するなどした方が良いと私は思います。

そうすれば、政府も記者達の動きをある程度把握することが出来ますし、有事の対応も楽です。欧米では記者達の自粛を要請するよりも、貴重な情報を持って来てくれる記者の保護を優先しています。日本も自粛させるより、そのように考えるべきです。



☆外務省、トルコ南部での「取材自粛」を要請 「イスラム国」が「日本人記者集結」情報を把握か
URL http://www.sankei.com/politics/news/150130/plt1501300023-n1.html

引用: 
外務省は30日、シリア国境に近いトルコ南部で取材活動している報道各社の記者らに対し「不測の事態に巻き込まれる可能性が高く、非常に危険」として、滞在を控えるよう求める注意喚起を出した。事実上の取材自粛要請といえる。

 同省によると、日本人記者らがトルコ南部に集結しているとの情報をイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の関係者が把握し、拘束や危害を及ぼすおそれがあるとしている。インターネット上に、日本人記者個人を特定できる顔写真も出回っている。
:引用終了



以下、ネットの反応

















☆女死刑囚引き渡し “トルコ国境”のどこなのか?(15/01/29)


関連過去記事

☆【速報】ヨルダン政府、パイロット生存確認できず!生存を確認後に死刑囚は釈放へ!ヨルダン王宮前では異例の抗議デモ!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5362.html
関連記事


ブログパーツ
今日は動きがあるかな。
[ 2015/01/31 10:04 ] [ 編集 ]
イスラム国メンバーなんて何処にでも居るんじゃ?事実上の情報統制、ほとんど鎖国だな。
[ 2015/01/31 12:19 ] [ 編集 ]
日本人は行かなくていいよ。巻き込まれるのがわかっているから。
日本人のジャーナリストが今行っても内部に踏み込めるわけでもないし、今よりも情報が得られるわけでもないし。
それよりも現地の安全に動ける人に状況を教えてもらえるように特別契約した方がいい。
[ 2015/01/31 12:36 ] [ 編集 ]
時代はUAV。戦闘が起きたらカメラで空撮。着陸してテレビ電話で現地住民にインタビューw
[ 2015/01/31 20:24 ] [ 編集 ]
なんかこの状況を情報統制に利用してるような気がするね。
トルコの親日って、何か色々ありそうな気がしてきたよ。
だってイスラム国はトルコ経由でアメリカから援助を受けてるのだろう?
蛇の道は蛇さ。
今回の取引の舞台がトルコ国境に移った事も鑑みると
何か報道されては不都合な何かがあるんだろう。
後藤さんが帰ってきた後に発覚してもらっては困る何かが。
[ 2015/01/31 23:49 ] [ 編集 ]
「危ないから、これからずっ~と、日本のジャーナリストは海外に行くことないよ! 現地の様子はちゃ~んと政府が伝えます!」キリッ!

でも、ジャーナリストさんたちは、日本国内でこそ、気をつけた方がいいよ~。ちょっと地雷を踏むと、練炭自殺させられるよ~。

…こわいね~。
[ 2015/01/31 23:59 ] [ 編集 ]
ジャーナリストはロボットをつかって情報収集できるようになったらいいね
[ 2015/02/01 03:35 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク