情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.01.31 13:27|カテゴリ:政治経済コメント(5)

【朗報】民主党政権時にデマ記事を書いた週刊文春、訴えられて敗訴へ!小川元法相の疑惑報道で165万円賠償命令


20150130223255sdfsf.jpg
民主党政権時代に法相を担当していた小川敏夫参院議員が週刊文春の記事に対して「名誉を傷つけられた」として裁判を起こしていた問題で、裁判所側は記事の内容を「根拠が無い」と認め、1月29日に165万円の支払いを命じました。
これは週刊文春の2012年2月16日号が『大臣失格 小川法相7300万円弁護士報酬「違法請求疑惑」!』と報じた記事を巡る裁判で、裁判所側は記事の内容について「内容に合理的な根拠がなく、報道の自由で正当化できるものではない」と指摘しています。

他にも週刊新潮が同議員に対して事実無根の記事を作成したとして裁判を行い、小川元法相の言い分が認められました。週刊新潮側は東京高裁で小川元法相との和解が成立しています。


☆小川元法相の疑惑報道「根拠なく、正当化できず」 東京地裁が文春に165万円賠償命令
URL http://www.sankei.com/affairs/news/150129/afr1501290028-n1.html

引用:
 元法相の小川敏夫参院議員が週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、文芸春秋に1100万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の判決で東京地裁は29日、165万円の支払いを命じた。

 問題になったのは週刊文春の2012年2月16日号。小川氏が弁護士として破産手続きに関わった際、うその弁護士報酬債権を届け出て配当金をだまし取ろうとした疑いがあると報じた。

 本多知成裁判長は「内容に合理的な根拠がなく、報道の自由で正当化できるものではない」と指摘した。
:引用終了

☆週刊文春 2012年2月16日号
URL http://shukan.bunshun.jp/articles/-/979

20150130223107sdfsdf.jpg

☆参議院議員 小川敏夫様からの応援メッセージ
関連記事
情報速報ドットコムのツイキャスもよろしくお願いします! http://twitcasting.tv/kennkou1/show/
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
文春も新潮も自民の大物は叩かないよな。
まあ全体的に週刊誌は右翼の機関紙みたいになってるが。
[ 2015/01/31 16:41 ] [ 編集 ]
菅直人は在日 ←デマでした。岡山県に、江戸時代から続く先祖代々の菅家の墓がある
『週刊新潮』
(2010年6月17日号)26頁
「菅直人の研究」

「菅家のある親戚は、“菅家は直人さんのところが本家なんですが、元は【豪族】だった家柄。

「江戸時代」は【庄屋】だったそうです。

「岡山大学」の先生たちが、本家にあった【古文書】を【歴史研究】のために持って行ったほどの由緒のある家。

昔から裕福でしたし、直人さんの祖父は「名医」で、その弟は弁護士。だから、総理大臣が出ても驚きませんでした。それほど、本家の方は皆、優秀でしたから”と述べている。

集落には1400年代から続く【菅家】の【古い墓】が今も残っている」という。
(転載以上)

お墓の写真がネットに出てる(^O^)
[ 2015/01/31 19:04 ] [ 編集 ]
安倍政権になる前までは普通にどの政権もマスメディアはこぞって批判してましたよ。自民党の大物もぼこぼこに。田中角栄も金丸信の時も凄かった。

今は一部安倍サポーターが、「マスコミは安倍政権を批判ばかりして偏向している」と騒いでますが真逆。ほとんど批判などされていない異常事態だというのに。
[ 2015/02/01 00:24 ] [ 編集 ]
そもそも罰金ってなんであるんだろう。
間違えたから、他人を傷つけたから。
謝るだけじゃすまない。お金を出せと。
お金に支配され続ける人類。
それをそろそろ終わりにしたいです。
[ 2015/02/01 10:33 ] [ 編集 ]
文春は自身の紙面にデカデカと御詫び文を載せたのかな?
[ 2017/01/01 00:04 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム