情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.02.28 06:00|カテゴリ:政治経済コメント(73)

【アカン】1月の消費支出5.1%減、10か月連続マイナスに!東日本大震災を超える連続減少!12月よりも悪化!「天候不順が原因」


20150227204456asdpof4.jpg
2月27日に総務省が1月の家計調査を発表しました。それによると、二人以上の世帯の消費支出は1世帯あたり28万9847円で、物価変動を除いた実質では前年同月比でマイナス5.1%になったとのことです。

前年同月比で下回ったのは10ヶ月連続で、減少率も2014年12月のマイナス3.4%から拡大しています。10ヶ月連続のマイナスは東日本大震災の9ヶ月連続を上回る値で、リーマン・ショック以来の落ち込み幅となりました。

日本経済新聞などは「加えて、日本海側を直撃した大雪など天候不順も消費を押し下げ、前月と比べた季節調整値も0.3%減少した」と報道しており、大雪などの天候不順が原因で景気が悪化したと指摘しています。総務省は「消費増税の影響は緩和されつつある」と述べ、消費支出の基調判断を23カ月連続で「このところ持ち直している」にしました。


☆家計調査(二人以上の世帯)平成27年(2015年)1月分速報 (平成27年2月27日公表)
URL http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/index.htm

20150227204208zop1.jpg
20150227204234asdipo02.jpg
20150227204323sdfoi3.jpg
20150227204340sopdifp04.jpg

☆実質消費支出、1月は前年比5.1%減 10カ月連続減 駆け込み反動で
URL http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL27HAK_X20C15A2000000/

引用:
 総務省が27日発表した1月の家計調査によると、2人以上の世帯の消費支出は1世帯当たり28万9847円で、物価変動の影響を除いた実質で前年同月に比べ5.1%減少した。前年同月を10カ月連続で下回り、減少率は昨年12月(3.4%減)から拡大。QUICKがまとめた市場予想(4.1%減)よりも減少率が大きかった。10カ月連続の減少は、米リーマン・ショック前後の2008年3月から09年4月までの14カ月連続以来。00年以降では3番目に長い落ち込みとなった。
:引用終了

☆実質消費支出は10カ月連続で減少、消費の戻り鈍く
URL http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0LV04B20150227

引用:
[東京 27日 ロイター] - 総務省が27日発表した1月の家計調査によると、全世帯(単身世帯除く2人以上の世帯)の消費支出は1世帯当たり28万9847円で、実質前年比で5.1%減となった。減少は10カ月連続。前月比でも0.3%減と5カ月ぶりに減少するなど、個人消費は戻りの鈍い状況が続いている。

実質消費支出は、事前の市場予想で前年比4.1%減(予測中央値)が見込まれていたが、結果はこれを下回った。
:引用終了

☆1月の世帯の消費支出 前年同月比で大幅マイナス(15/02/27)


☆家計消費支出 1世帯あたり1カ月平均で25万1,481円 3年ぶり減少(15/02/17)




大手メディアの「天候不順が原因」とか、ヤケクソ気味ですね(苦笑)。そんな事を言ったら、2014年1月~3月は大雪で山梨県が孤立したりと、今年以上に物凄い天候不順でした。それでも、2月を除いてプラス圏を維持していたわけで、どう考えても天候不順は無理がある言い訳だと言えるでしょう。
あまりにも国民を馬鹿にしていますし、総務省の連中もまじめにやっているとは感じられません。増税の影響は明確で、日本経済を立て直すためには、今直ぐにでも消費税減税を実行するべきです。


関連過去記事

☆【悲報】アベノミクス息切れ?2014年のGDPはほぼゼロ成長状態に!増税後に個人消費戻らず!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5592.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
辛いよー辛いよーもう日本嫌だよー
[ 2015/02/28 06:23 ] [ 編集 ]
これからの日本はどうなるのか?
物価はどんどんあがる 家賃も上がる
給料は上がらないので 消費は冷え込む
少しでも生活しやすい場所となると やはり大都市圏に若者は向かう
地方は疲弊する
地方創生などありえないわけだな
少なくとも100万都市圏の地域に住まないと生活できなくなる
[ 2015/02/28 07:20 ] [ 編集 ]
円安賃金低下物価高で一般庶民(連合組合員、公務員、土木作業員を省く)は青色吐息の生活をしている
[ 2015/02/28 07:28 ] [ 編集 ]
大方の予想通り。

はるこちゃんの釈明を待とう。
[ 2015/02/28 07:31 ] [ 編集 ]
はるこ氏の☆マジカル擁護~☆をもってしても、もうフォローは無理なレベル来ちゃった。
[ 2015/02/28 07:36 ] [ 編集 ]
給料は上がらずに負担だけが増え続けている人々も相当数いるもんな。
加えて貧困層も増加しているし、景気回復の実感なんてない人が8割以上を占めている現実。
以前は上が潤えば下も潤うとか言ってたけど…どうするんだろうねコレ。これでほんとに消費増税するのか。
[ 2015/02/28 07:45 ] [ 編集 ]
安倍がごく少数のすんごい金持ちだけがより極端に金儲けできるような政治を操られるがままにやってるからね。普通に真面目にやってたら貧困からは抜け出せない。自分より弱い人達から搾取し、アメリカ戦争屋に貢いで権力をもらう。そうすることを恥だと思わずにやって来れたのが岸から晋三まで続くこの一族。
[ 2015/02/28 07:50 ] [ 編集 ]
経済低迷は、はるこ氏、そして火山に汚染水漏れに原発推進の工作員らはいいわけできず。
[ 2015/02/28 08:08 ] [ 編集 ]
消費増税と円安誘導やったらこうなるに決まってるよねえ~
[ 2015/02/28 08:09 ] [ 編集 ]
ほんと ど素人が経済政策やってる。
[ 2015/02/28 08:32 ] [ 編集 ]
中国は米国債を売りやすいようにベルギーに移したらしい。
今、保有ランキング3位がベルギーなんだが、これに中国の「売りスタンバイ米国債」分が入っていると言われている。
みんな手堅いなあ・・(遠い目)
[ 2015/02/28 08:51 ] [ 編集 ]
景気が悪くなったら政権が持たないし、若しも景気が好くなったら、金利が上がって国債が大暴落して大損するわ、
国債の利払い金のために更に国債を出さなきゃならなくなって困るし、
もうニッチもサッチもいかない状態ですわ。
[ 2015/02/28 08:54 ] [ 編集 ]
結局安倍と黒田は株バブルを発生させただけだ。もうすぐそれも終わるだろう。
[ 2015/02/28 09:00 ] [ 編集 ]
FRBが9月くらいに利上げするかも的なことを言っているんで、あとしばらくは日本株に資金が入ってくる可能性が高い。
まだ上がるかな、くらいのところで手仕舞って現物にしておく。
株はイリュージョン相場、消費支出が実状。
[ 2015/02/28 09:32 ] [ 編集 ]
オリーブオイルも値上げ率が30%!?信じられないほどの値上げ!!何でもかんでも便乗値上げして、安倍政権なら血税を軍事費に回されそうです(泣)
[ 2015/02/28 09:38 ] [ 編集 ]
まず一つ、確報値をまちます。

そして商業販売の方もマイナスだったわけですが、去年の1月は何が起きていたかはわかりまさよね?
[ 2015/02/28 09:52 ] [ 編集 ]
1月経済統計の集中発表日
今日(2/27)は1月の経済指標の集中発表日です。消費者物価指数は前年同月比2.2%の上昇ですが、市場予想は小幅に下回りましたし、下落傾向に拍車がかかってきました。原油安の影響もありますが、前年同月比では10%もの円安の中での水準ですから、どこかに歪みが溜まっています。

鉱工業生産指数は前月比4.0と、市場予想を上回りました。一部のメディアはこれを好意的に報じていますが、前年同月比では2.6%の減少です。まだ駆け込み需要に対応していた時期からの回復は遠い。在庫は前月比0.6%減、在庫率も3.5%減で、低下傾向ですが、前年同月比でみるとまだ高い水準にあり、在庫調整はもう一段すすまないと厳しいのでしょう。さらに2月は前月比0.2%増ですが、3月は3.2%減であり、先行きに低下傾向である点も注意が必要となるのでしょう。

労働力調査では完全失業率ばかり注目されますが、1月は正規雇用31万人増、非正規雇用33万人増とすばらしい数字なのですが、首をかしげるのは産業別就業者の数字と、この数字がまったく合致していないことです。毎月ズレのある数字ですが、形態別の雇用者の増減とまったく合わない、ということはありません。産業別就業者数は17万人増で、形態別の64万人増との乖離は、実に50万人近くあります。就業者数の47万人増と、計らずも合っていますが、自営業者の21万人減を加えなければいけませんので、これほど数字に首をかしげる統計もない、といえるのでしょう。

有効求人倍率は1.14と横ばいですが、12月は求人数、求職者数ともにほぼ同じ割合で減る、という離れ業を達成し、有効求人倍率は大きく変動しませんでしたが、今月もほぼ同じ割合で増える、という業は健在です。しかも今年に入って、ほぼ一定で倍率は横ばい、しかも求人数の方が高い状況はつづくのに、名目でも賃金は上昇しておらず、人手不足であるはずなのに異例な事態となっています。さらに労働力調査の高い就業者数に比べ、こちらの就職率は34%で横ばい。数字の整合性がつきません。ハローワークと労働力調査とでは、別次元の話をしている感覚です。

家計調査をみると、消費支出は実質5.1%減、名目2.4%減。実収入が実質2.3%減、名目0.4%増です。しかし労働力調査をみても、正規、非正規ともほぼ同じ割合で増えているので、これまでのように非正規が増えたから、収入が減少したという説明は通用しません。しかもこの消費支出と、商業動態統計がまた整合性がつかない。小売業の販売額は前年同月比0.2%減と、前年を下回るのは7ヶ月ぶりです。家計は小売業だけで消費するわけではありませんが、家計調査と、商業動態統計もまた、別の国の話をしているようであり、統計にすっきり肯けません。

2014年通年では、名目の実収入も0.7%減なので、家計はより苦しくなっています。唯一よかった鉱工業生産も、実はリニアの竣工に備えて立ち上げがすすんでいる面があり、それにより押し上げられている、という側面もあるようです。どの調査が、日本の真実を正しく報じているか? それを見極めるためにも、横並びでみてみる必要もありますが、今はそれをしても不透明で、また説明もつきません。一体、この国で何が起こっているのか? 経済統計にまったく信がおけなくなったせいか、日本の経済指標などはまったく無視して、株式も為替も動きます。ふわふわとした中で、溜まっていく歪みがいつどこで弾けるのか? それだけは正しく読みとらなければいけませんが、今はそれすら困難な時代になっているのかもしれませんね。

http://blog.livedoor.jp/analyst_zaiya777/archives/52686254.html
2015年02月27日 在野のアナリスト
[ 2015/02/28 10:01 ] [ 編集 ]
ふ 安倍政権で確定値が速報値より良くなった試しはないけどね
[ 2015/02/28 10:12 ] [ 編集 ]
>まゆさん 軍事費なら「まだ」ましかと。少なくとも不正じゃないから。国会で取り沙汰されているように、自民党に献金した企業にばら蒔いているのが現状でしょう。「福祉を削って献金した企業へばら蒔く、なぜなら福祉受給者は献金してくれないからだ。税金は納めた時点で政治家のもの。お前らせっせと貢げよな」←これが自民党の本音でしょう。
[ 2015/02/28 10:19 ] [ 編集 ]
全国津々浦々までお届けします。
安倍晋三は、言葉匠に我々を騙し、衆議院選挙票を盗んだ!!

55歳 一般社員
[ 2015/02/28 10:29 ] [ 編集 ]
言い訳が天候不順ねえ・・・・思考回路が不順なんだろ
もう円安を止めて消費税をせめて戻せ、外人喜ばすより自国民を救うのが先だろ
[ 2015/02/28 10:30 ] [ 編集 ]
10:12さん
結構ありますよw
[ 2015/02/28 10:30 ] [ 編集 ]
はるこさん、在野のアナリストさんのところはコメント欄ありますよ。経済専門ブログにも意見しに行くならその勇気はちょっと見直すかもです。
[ 2015/02/28 10:33 ] [ 編集 ]
国民負担が過去最高になるとは
「実質賃金も下がり続けている」ことも踏まえると
庶民の負担が厳しさを増しているわけですね。

http://irorio.jp/nagasawamaki/20150227/209429/

(IRORIO(イロリオ) – 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議 より)
『 国民所得に占める「税と社会保障の負担率」が過去最高の43.4%に! 』

国民所得に占める「公的負担の割合」が、過去最高となった。
4年連続で、負担が過去最高を更新

財務省は26日、平成27年度の「国民負担率」を公表した。

国民負担率とは、家計の収入と国内企業のもうけの総額である「国民所得」から、税や社会保障などの「公的な負担」をどのくらい支払っているのかを示すもの。

平成27年度の国民負担率は昨年度から0.8%増加して43.4%となり、4年連続で過去最高を更新する見通しとなっている。
「消費税率の引き上げ」等が背景に

財務省は、国民負担率が増加する背景として、「消費税率の引き上げ」や「給与や企業収益の増加によって、税収が増えたこと」、「厚生年金の保険料引き上げ」、「医療・介護給付費の増加に伴って、保険料収入が増加したこと」を挙げている。

なお、国民負担に財政赤字を加えた潜在的国民負担率は、50.8%となる見通しだという。
[ 2015/02/28 10:38 ] [ 編集 ]
>はるこさん、在野のアナリストさんのところはコメント欄ありますよ。経済専門ブログにも意見しに行くならその勇気はちょっと見直すかもです。


まず無理だろな(笑)
[ 2015/02/28 10:51 ] [ 編集 ]
うん、無理無理。はるこは単なる安倍と自分を一体化して酔いしれる爺。
[ 2015/02/28 10:58 ] [ 編集 ]
コレ以外に関電は4月から10%程の大幅値上げだね。

ほんと国民をバカにしている。バカにされても、狭い世界に閉じ込められた奴隷サラリーマン化してしまった人は、おかしなことすら、何も感じない。

そらー通勤ラッシュの強要、服装の強要、休日出勤強要、残業の強要、こんな非常識なことが常識化してしまっている一部というか大半のサラリーマン社会だと、何されても何も感じないんでしょうねー。おかしいと感じても、右へならえの教育だからね。

人間として当たり前のことが出来ない、言えない日本のサラリーマン社会もやばいよな。


[ 2015/02/28 11:00 ] [ 編集 ]
はるこ氏は誤魔化しの達人です。はるこ氏の口車に乗せられないよう、ご用心ください。

        誤魔化しの事例
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

はるこ
「輸出ランキング(1979年以降のランキング)
平成24年  歴代7位
平成25年  歴代4位
こんなかんじになってます(((o(*゚▽゚*)o))) 」

反論
「1981年以来黒字だった貿易収支が今は赤字です。経常収支も黒字が大幅縮小しています。」

はるこ
「輸入が増えて、貿易赤字が出やすいです。輸出額が多くても。 」
「まぁ一人当たりの実質GDPは歴代最高ですから…今年も更新しますし。 」

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4064.html
[ 2015/02/28 11:22 ] [ 編集 ]
うん大丈夫。
はるこは『生活』してないからわからないんだ。生活してるもんにとっては今までになく生活は苦しくなってる。それは誰も否定できないリアルな実感。
安倍らの高笑いと後藤さんらを死に追いやっといて反省もせず野次なんてとばす異常性がますます絶望感を大きくしている。こんなやつらが政治やってる限り日本は救われない。


[ 2015/02/28 11:40 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/02/28 12:17 ] [ 編集 ]
11:40さん
いえあの…

私の生活をしていて、良くなっているという感覚すら否定するのは…
[ 2015/02/28 12:26 ] [ 編集 ]
↑じゃあはるこさんはこの刹那の勝ち組、ってことでいいよ。それでいいから、今のところの勝ち組が負け組大多数庶民の傷に塩を塗り込むから反発されるの。もうやめてね。
[ 2015/02/28 12:58 ] [ 編集 ]
>良くなっているという感覚

ん? 『カ・ン・カ・ク』

これまでみんなはデータだけでは無く、
肌で感じる景気感も含めコメントしてたと思うんだけど
それを聞き入れず、データだけ書き連ね
発表される景況感は参考にしないって言ってたよね?

あ、そっか自身のは別なのか(笑)
[ 2015/02/28 13:08 ] [ 編集 ]
まぁ、はるこさんにとっては生活が楽になったということなんでしょう。
本人がいうから否定は出来ないでしょうが。

そもそも論で言えば、円安に誘導されることにより
儲けている企業がありますから、全員が生活が苦しくなるという事はありえません。
というか、全員が苦しくなっていたら大変です。
ただ、比率で言えば明らかに苦しくなっている人が増えているということでしょう。

それに、円安で利益を得た層であっても
「消費税増税」と「円安による物価高」は「日本に住んでいるのであれば」
全員もれなくその影響を受けているのですから、結局のところ
手取りが増えても、余程収入が跳ね上がった以外の層(要は少し手取りが増えたとかその程度の層)の消費マインドは、同様に低下するはずです。
そういう意味で言えば、殆どが生活が苦しくなっていると言うのは、やや誇大かもしれませんが、決して間違っているとは言えない訳です。
その結果が、統計の数字として現れているわけですね。

前々から思っておりますが、はるこさんの書き込みには血が通っていない感じが往々にして感じられるのですね。
ただの煽動家とでも云いますか。

自分で統計の数字を貼って、これからは良くなるでしょうと言う割には
突っ込まれると経済に関しては素人なのでと言って逃げる。
素人と自称して免罪符にするならご自身の一方的な希望的観測など垂れ流さず、統計数字だけ貼っていればいいのです。
余計な一言を付けて、感情を逆なでするような書き込みをしているのを見ると、どうにもそう思えてしまうのですよね。
まぁこの書き込みも屁とも思わないでしょうから、もう個人的に止めにしますが。
[ 2015/02/28 13:10 ] [ 編集 ]
自分だったら、もし自分と全く違うキャラクターを作って好きに書き込んでいたら、反論されてもあまり辛くないだろうな。自分じゃないから。

皆さんもはるこ氏が架空のキャラクターだと感じているから真面目に反論するのも馬鹿馬鹿しいと感じつつも、「なにかを侵されているような気になるので」反論を書き込んでいると思う。

それはそれで必要なのかもしれないですね。

「なにかを侵されているような気になるので」
というところに人間味が出ると思うのだけれど、
はるこ氏のように安倍政権の評判を侵されているような気になるので、というのではちょっとこの場では現実生活との乖離を感じますね…

ちょっと抽象的意見ですが。
[ 2015/02/28 13:27 ] [ 編集 ]
ふつう予見できるでしょ。

円安誘導と消費税増税で購買力を押さえつけておいて消費が活発になるなんてのはお伽話の世界です。
[ 2015/02/28 14:46 ] [ 編集 ]
いつまで天候不順は続くんでしょうか?
[ 2015/02/28 14:52 ] [ 編集 ]
13:08さん
「実感」というコメントに対してですから。

感覚で言っている人に対しては、それは違うとは否定しません。

景況感などは自分が信じていないからといってほかのひともそうとは限らないでしょう。
[ 2015/02/28 16:21 ] [ 編集 ]
>景況感

日本で生活している人の『実感』だと思うが。

まぁ、いいや。

昨日は失業率/有効求人倍率/鉱工業生産/小売業販売額等の
経済指標も出たわけだから、遠慮なく書き込めば?

経済関係の記事は中々アップされないから、チャンスだよ(笑)
[ 2015/02/28 17:07 ] [ 編集 ]
17:07さん
経済記事がなかったので、政治の記事にですが昨日コメントしています。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5707.html?sp
[ 2015/02/28 17:14 ] [ 編集 ]
はるこのような自民党信者のせいで景気悪化
どう責任を取るんだ?
[ 2015/02/28 18:00 ] [ 編集 ]
ちょこぼさん
え?日本って投票した人が責任を取るような国家でしたっけ?
[ 2015/02/28 19:56 ] [ 編集 ]
当たり前だろ 景気悪化に加担したんだからな
開き直るな
[ 2015/02/28 20:03 ] [ 編集 ]
ちょこぼさん
当たり前ということは、過去の人たちもみんな責任を取ったし、法律か何かにも明記されているんですよね?w


そして私は具体的にはなにをすればいいんですか?ww
[ 2015/02/28 20:22 ] [ 編集 ]
ちょこぼさん
よく考えたら責任をとらせるって憲法違反では?自民党に投票した人には無効ですか?

4 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。
[ 2015/02/28 20:41 ] [ 編集 ]
はるこさんいいかげんにして。キモチワルイ。
[ 2015/02/28 20:44 ] [ 編集 ]
20:44さん
すみません。自重しますね。
[ 2015/02/28 20:46 ] [ 編集 ]
思いきって消費税0%にしたら内需拡大して景気良くなるかもね!
[ 2015/02/28 21:16 ] [ 編集 ]
21:16さん>
おっしゃるように「消費税を廃止」し、
所得税・法人税を消費税導入時の1989年の水準に戻せば、
再び日本の景気は健全な成長を続けるようになるのではないかと思います。

http://kamogawakosuke.info/2015/01/20/no-1099-%E6%A0%BC%E5%B7%AE%E5%BA%83%E3%81%92%E3%82%8B%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%94%BF%E6%A8%A9/#more-5315 

(耕介のブログより 『 格差広げる安倍政権 』)
昨年12月、イギリスのガーディアン紙では、経済協力開発機構(OECD)が経済成長の恩恵が社会にトリクルダウンしないことを指摘する報告書を発表し、各国政府に対して格差是正の政策に力を入れるよう呼び掛けたことを報じた。
この分析では、OECD加盟国における富裕層と貧困層の所得格差は過去30年間で最大となり、人口で上位10%の所得が、下位10%の9・5倍にも達しているというのである。

この所得格差の拡大は経済成長を阻害するため、経済を回復させるには格差に取り組み、社会を公平化することであると提言している。

OECDの報告書が否定している「トリクルダウン」とは、「富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が浸透する」という理論に基づいてサッチャーやレーガンがとった政策である。
アベノミクスもまた同様で、株高、円安、そして労働者を保護するさまざまな規制を緩和し、法人税も引き下げれば企業が潤ってさらにお金を使い、結果として日本経済が活性化するという考え方だ。

現実には、12月に厚生労働省が発表した勤労統計調査によると、10月の実質賃金は前年同月比2.8%減と16カ月連続で減少が続いている。
支給額が多少増えても、増税や円安による物価上昇で相殺されれば実質賃金は低下するしかなく、いくら株価が上がっても経済の70%を国内消費がけん引している日本で、経済が回復する見込みはない。
昨年の総選挙の結果から国民の支持を得ているとばかりに、今年もOECDが否定するこのトリクルダウン効果を狙って法人税引き下げをはじめとするアベノミクスを推進し、結果的に安倍政権はさらに格差を広げていくのであろう。

OECDの提言を実践していたに等しく、日本にはつい最近まで「1億総中流」と言われた時代があった。
政府が本当に格差是正に取り組もうと思うのであれば、政治家や主流メディアは言わないだろうが、まずはその時代の税制に戻すことであろう。
貧困層に最も負担の大きい消費税は撤廃し、個人所得税の累進税率を昭和のレベルまで上げ、法人税も同様に当時の税率に上げるのだ。
トリクルダウンや新自由主義というアメリカの手法を取り入れたのだから、アメリカ同様の格差社会になるのは当然のことである。
もし日本の指導者たちが本当に格差や貧困を問題だとしてそれを是正し、経済を長期的に成長させたいと思うのであれば、消費税の始まる前の1989年の税率に戻すだけでよい。
[ 2015/02/28 22:12 ] [ 編集 ]
ファーマー #t8sYJZcs | URL | 2015/02/28 22:12さん
4月からは実質賃金は増加する可能性が非常に高いわけですが、2015年は、経済が回復する見込みが大きいということでしょうか。
[ 2015/02/28 22:19 ] [ 編集 ]
このままいけば、名目賃金がわずか+0.1%で実質賃金プラス化するのです(((o(*゚▽゚*)o)))
[ 2015/02/28 23:02 ] [ 編集 ]
トリクルダウンが間違いだったことは
世界中ではっきりしてきたようです。
安倍政権は「格差縮小政策」を行っているように
見えないので、
去年の12月まで続いた『18か月連続実質賃金減少』という
『3%成長の約束』からかけ離れた結果が
いつになったら改善されるのでしょうか…。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00285768.html

2014年12月の「実質賃金」は、18カ月連続で減少し、年間の実質賃金は、過去2番目のマイナス幅となったことが、厚生労働省の調査でわかった。
厚労省によると、2014年12月の物価の上昇を加味した実質賃金は、前の年の同じ月に比べて、1.4%減り、18カ月連続で減少した。

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20141220/Buzzap_25208.html
(Exicite ニュースより)
OECD「トリクルダウンは起こらなかったし、所得格差は経済成長を損なう」
という衝撃の報告について

このペーパーの中で指摘されているのが、過去30年でOECDに加盟する諸国の大半でトリクルダウンは起こらず、富裕層と貧困層の格差が最大になったということ。
その中でも1%の超富裕層を始めとした最上位の富裕層の平均所得が特に増加していると同時に、下位10%では好況時の伸びが遥かにゆるやかな一方で不況時には落ち込み、相対的所得貧困が指摘されています。
[ 2015/02/28 23:17 ] [ 編集 ]
ファーマー #t8sYJZcs | URL | 2015/02/28 23:17さん
ですから実質賃金は4月から上昇しますよ!(絶対ではそりゃ無いですが)

テキトーな事を言っているわけじゃないです。確証はあります。
[ 2015/02/28 23:21 ] [ 編集 ]
ですから、安倍政権は近いうちに必ず「崩壊」しますよ!!
(時期は若干前後しますが)

テキトーな事を言っているわけじゃないです。確証はあります。
[ 2015/02/28 23:25 ] [ 編集 ]
ブロ主「☆名目GDP(USドル)の推移(2000~2014年)」 ←下URL画像参照

はるこ「また、ドルベースですか・・・(^_^;)
   円ベースGDPが5%減って、失業率が1%以上増えて、就業人口が100万人減って、
   給与総額が9兆円減って、賃金が200万円以下の割合が1.2%増えて、
   それでも「増える」ドルベースGDP(^_^;)」
     ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
  ★ここではドルベースで日本経済を計るべきではないと言っているが(続く)


反論者「2009年というと麻生さんの頃ですね。麻生さんはリーマンショックを制御しあぐねていた」

はるこ「その通りです。リーマン・ショックの影響は大きかったです。
   為替が上がればそれさえも覆し、ドルベースではプラス成長」
         ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
  ★自民に都合が良い時だけドルベースで考えるのが、はるこ

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4593.html
[ 2015/02/28 23:27 ] [ 編集 ]
ファーマー #t8sYJZcs | URL | 2015/02/28 23:25さん
去年からまもなくって言ってましたよねw早ければ春って言ってましたが・・・
[ 2015/02/28 23:34 ] [ 編集 ]
はるこさん

自重するとコメントしたのだから、自重してください。
本当に人の神経を逆なでする人ですね・・・
[ 2015/02/28 23:40 ] [ 編集 ]
平成3年の26兆円超だった所得税収が平成20年には16兆円を割ったという驚くべきグラフ。
http://shinyu-kai.net/3-3-2
所得減税が効いているようだ。富裕層ウハウハ、富は偏在。

昭和は最高税率が75% 住民税と合わせると93%
今は最高税率が40% 住民税と合わせると50%
http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/income/035.htm

消費税収が所得税収を凌駕
http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/011.htm
[ 2015/02/28 23:40 ] [ 編集 ]
原油安のメリットを、円安が相殺してしまっている。
日銀が景気の足を引っ張っている。
[ 2015/02/28 23:41 ] [ 編集 ]
名無し #- | URL | 2015/02/28 23:40さん
真面目なコメントに切り替えますね
[ 2015/02/28 23:46 ] [ 編集 ]
円安は?
↓円安は関係ないと思う。何故なら円安になる前、原油価格が連続して下がっていると新聞に書いてあるのに小売り価格だけ値上げの時期があり、石油もと売りの儲けがありありと解る。しかもガソリン税(揮発油税及び地方揮発油税)が、一リットルあたり\53.8
その内特例措置法(元の暫定税率)が\25.1なので本当はどうとでも出来る品目。円安は単なる言い訳。
[ 2015/02/28 23:56 ] [ 編集 ]
>何故なら円安になる前、原油価格が連続して下がっていると新聞に書いてあるのに小売り価格だけ値上げの時期があり

まぁ、C.O.Dで買ってる訳ではないので・・・
[ 2015/03/01 00:04 ] [ 編集 ]
消費税は、収入が低い人も大きい人も等しく掛けられる税になりますので
所得が少ない人ほど家計に負担が出てきます。

金持ちは実際に金を使わないから金持ちであるとも言われており
実際に、経済を支えているのは少数の金持ちではなく
一般の層の消費が経済を支えているのですよね。

お金持ちが実践する、お金が貯まる“お金の使い方”
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1406/10/news060.html

こういった低所得層の消費が抑えられるのであれば
経済が冷え込むのは自明の理であり
物が売れなくなれば、商売が成り立たなくなり
失業や倒産が増えるということになります。

そうなれば後は負のスパイラルに陥るだけで
景気回復など夢のまた夢という状況になります。
消費税8%がもたらした消費者マインドへの影響は甚大な訳です。
今のままでは、今後も統計数字や景況感は悪化するだけですね。
予測は必死に良くなっている(あるいはそう見える)統計で緩やかに回復基調にあるとか持ち直しているなどと、今後も嘯くでしょうが、実際の生活で感じる雰囲気はとてもそのような楽観的な見方を許す状況ではないと個人的には思います。
[ 2015/03/01 00:04 ] [ 編集 ]
今現在の状態を維持した場合に、去年の平均の名目賃金の上昇率の半分の0.4%上がった場合での実質賃金を計算しました。
4月+0.4%
5月+0.9%
6月+0.8%
7月+0.8%
8月+1.1%
9月+1.4%
10月+1.0%
11月+0.6%
12月+0.7%

完全に機械的に計算しただけなので当然前後します。計算間違いしてたらごめんなさい。
[ 2015/03/01 00:10 ] [ 編集 ]
取らぬ狸の皮算用に、一体どういう意味があるのですか?
[ 2015/03/01 00:39 ] [ 編集 ]
今から実質賃金の計算をすることに何か意味があるのですか?
この先何が起こるかもわからないのに。
[ 2015/03/01 00:41 ] [ 編集 ]
名無し #- | URL | 2015/03/01 00:39さん
まぁそれはそのとおりなんですがね。

なぜ私が実質賃金が上がる上がる言っているか、これが理由です。
[ 2015/03/01 00:42 ] [ 編集 ]
はるこさん>

経済スレに「経済に関するコメント」を
入れていただくのは一向に構いませんが、
「スレチ失礼します」と書きながら
全く無関係のスレに「それまでのやり取りの流れを壊す」
経済コメントを入れるのはやめていただけますか?

「スレチ失礼します」と『確信犯的に書けばマナー違反でなくなる』
というわけではないのですよ。

ところで、大企業の「タックスヘイブン禁止」をすれば、
各国ともに「景気も財政状況も一挙に回復」しそうなのですが、
どうしてもどの国も手付かずなのでしょうね?
http://bylines.news.yahoo.co.jp/inoueshin/20140707-00037153/

『 私たち庶民は大企業より多く納税している-
タックスヘイブンで税逃れの大企業へ更に法人税減税狙う安倍政権 』

安倍政権は、新成長戦略と骨太方針で法人税減税を打ち出していますが、
タックスヘイブンを活用することによって世界第2位となる規模の税逃れをしている日本の大企業からまともな税金をきちんと払ってもらうことの方を何よりも優先すべきだと思います。

東証に上場している上位50社のうち45社がタックスヘイブンを活用し、
ケイマン諸島だけの活用に限っても、日本の大企業は55兆円で、
アメリカに次いで世界第2位の規模です。


つづく、イギリス23兆円、フランス20兆円、ドイツ17兆円で、
後に続く各国を合わせた額に相当するぐらい
日本の大企業はタックスヘイブンを活用し税逃れをしているのです。
私たち庶民は、消費税増税はじめ各種税金から逃れようもないのに、
どうして大企業だけが平然と税逃れを行うことができるのでしょうか?
[ 2015/03/01 00:46 ] [ 編集 ]
ファーマー #t8sYJZcs | URL | 2015/03/01 00:46さん
すみませんでした。基本的には経済の記事に経済のコメントをするつもりなのですが。
[ 2015/03/01 00:51 ] [ 編集 ]
>取らぬ狸の皮算用に、一体どういう意味があるのですか?

それは詐欺だからですよ。
詐欺のやり方は「得ですよ!、儲かりますよ!」を餌にして釣り、人を騙すのです。
[ 2015/03/01 09:12 ] [ 編集 ]
別にはるこさんは頑張らなくていいです…参考にも反証にも全くならないので。
安倍政権の経済政策の良さをアピールするには時間的にまだ無理でしょう。
とらぬ狸の皮算用ではなく、大多数の庶民が経済が上向いた実感があった時に初めて成功と言えるのだから、
それがないうちにアピールしても無駄です。それはただのプロパガンダですよ

[ 2015/03/01 12:40 ] [ 編集 ]
安倍自民支持者が堂々と?かばえるものって、段々減ってきているよね…経済は上のほうしか儲かっていないしその儲けも国内循環しないし、国防面でもおやおや?ってなってきてるし国会での所業は散々だし。
憎むべきサヨクのほうがなんだか国を守りたいって言っているしね。
大変だよね
[ 2015/03/01 12:52 ] [ 編集 ]
アベノミクスは日本経済を破壊に追い込むことで

格差の拡大→社会の不安定化→怒りを外に向けさせる→戦争の流れに貢献しています。

国民のための政治なんかやらない。
限りある地球の資源を一握りの富裕層が支配し、生き延びていく戦略なのです。
大多数の一般の地球市民はもう要らないのです。
[ 2015/03/01 13:53 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム
スポンサードリンク