情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.08.02 10:08|カテゴリ:政治経済コメント(21)

麻生副首相のナチス発言、音声公開!観客は麻生発言で爆笑&拍手!やはり、麻生氏はしっかりと「あの手口学んだらどうか?」と述べている!


asouhatugennkao.jpg
大手マスコミはあまり大々的に報道していませんが、麻生副首相のナチス発言は全世界を駆け巡っており、相当な騒ぎになっています。例えば、ドイツの週刊紙ツァイトは「日本の財務相がナチスを手本に」と報道していますし、先日に報道されたようにユダヤ系団体なども抗議をしました。
*追記:音声ファイルがドンドン消されているので、再度アップしました。また消される可能性が高いので、保存必須です。


↓イタリアの報道
☆Vicepremier giapponese:riformiamo costituzione su modello nazista
URL http://www.tmnews.it/web/sezioni/top10/vicepremier-giapponeseriformiamo-costituzione-su-modello-nazista-20130731_152959.shtml

asounatisuhouhuoduou.jpg

↓フランスの報道
☆Japon : Taro Aso, ministre et roi des dérapages
URL http://www.leparisien.fr/insolite/japon-taro-aso-ministre-et-roi-des-derapages-03-07-2013-2951389.php

asoufukusyusyouo01000000.jpg


ユーチューブにはこの発言の瞬間を撮影した音声が上がっています。実際にこの動画を見てみたところ、麻生氏の問題発言以上に周囲の歓声や笑い声の方が不気味でした。既に麻生首相は発言の撤回をしていますが、彼の発言にはかなりの熱が入っており、本当にナチスの再現をしようとしているようにしか思えません。


☆改憲でナチス引き合い 麻生氏「誤解招いた」


☆ナチス発言、苦しい弁明 麻生氏周辺「単なる言い違い
URL http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY201308010334.html

引用:
 麻生太郎副総理は「ナチス発言」について「悪(あ)しき例としてあげた」と説明し、撤回した。ただ、当初の発言との矛盾点も見える。そもそもなぜナチス・ドイツを引き合いに出したのか。麻生氏自身の言葉足らずもあり、疑問がぬぐえない弁明となった。

 ワイマール憲法下で誕生したヒトラー政権は、議会の機能不全に乗じて対抗勢力を弾圧し、全権委任法や授権法と呼ばれる法律を作った。この歴史的経緯について、麻生氏は7月29日のシンポジウムで「ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった」と語り、こう続けた。

 「あの手口に学んだらどうかね」
:引用終了


「あの手口に学んだらどうかね」
まるで映画に出てくるような悪人が言いそうなセリフですね(苦笑)。ちなみに、自民党が改憲案に追加した第九章の「緊急事態」が、ナチスの全権委任法と似ているのは果たして偶然なのでしょうか?


☆安倍自民党の「日本国憲法改正草案」の恐怖1 緊急事態条項=戒厳令の明記
URL http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/c5f5f11e6dd5b06b3d3c1f1b47321a6f

引用:
第九十八条
  内閣総理大臣は、我が国に対する外部からの武力攻撃、内乱等による社会秩序の混乱、地震等による大規模な自然災害その他の法律で定める緊急事態において、特に必要があると認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、緊急事態の宣言を発することができる。

(cf 明治憲法第14条 天皇ハ戒厳ヲ宣告ス

2 戒厳ノ要件及効力ハ法律ヲ以テ之ヲ定ム)

 さて、自民党憲法の「緊急事態」の定義は明治憲法と同じく法律に委任しており、いくらでも拡大可能なことをまず押さえなければなりません。この点、この改憲案を作った磯崎陽輔氏ホームページ「日本国憲法改正草案解説」(以下「解説」と表記)によれば、「内乱等」にはテロも含む(解説)としています。内乱は一国の体制がひっくり返るような規模を言いますが、テロは死者の出ない爆弾テロでもテロですから、これでは緊急事態の範囲が広すぎてめちゃくちゃです。
:引用終了

ヒトラーと第三帝国の真実 (Gakken Mook CARTAシリーズ)


ナチスの発明


ナチスの陰謀


経済大国なのになぜ貧しいのか?


アメリカに潰された政治家たち


戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)


官邸、内閣府にいたからこそ書ける いま、日本にある危機と希望 (ワニプラス)


わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相!

関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
ドイツ国民はヒトラーを選んだ…
日本国民は自民党を選んだ…

なんかエライ事になりそうな予感がしますね。


[ 2013/08/02 00:22 ] [ 編集 ]
撤回発言した時も、うすら笑いを浮かべてたように見えたのは私だけでしょうか‥
[ 2013/08/02 00:31 ] [ 編集 ]
ナチスの手口を真似て、憲法はいつの間にか変わっていた
ってことになるんだろうね
[ 2013/08/02 01:03 ] [ 編集 ]
いつも拝見させて頂いてます。

井口さんのブログを見てみて下さい。

どっちが真相なのでしょうか?

[ 2013/08/02 03:26 ] [ 編集 ]
漢字をマトモに書けない首相に、漢字をマトモに
読めない副首相。全く良いコンビです。

自衛隊を国防軍にし、憲法改正をナチスに学ぼう
とする。加えて軍法会議復活で、従わない者は死刑
も辞さない。

放射能汚染大国日本は一体何処に向かうのでしょうか。
[ 2013/08/02 05:34 ] [ 編集 ]
わたしはドイツ在住ですが...
こういうドイツ在住の変な人もいます。
http://toruberlin.exblog.jp/20574454/
きっと典型的B層が世界中にいますよ。
特に商社関連とか外務省関連とかマスゴミとお友達関連とか...。
[ 2013/08/02 07:26 ] [ 編集 ]
>>井口さんのブログを見てみて下さい。
どっちが真相なのでしょうか?

私も見ましたよー
発言内容を捻じ曲げたマスコミの捏造だとか。
本当はどっちなのか知りたいですね。
[ 2013/08/02 08:31 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> >>井口さんのブログを見てみて下さい。
> どっちが真相なのでしょうか?
>
> 私も見ましたよー
> 発言内容を捻じ曲げたマスコミの捏造だとか。
> 本当はどっちなのか知りたいですね。
誰ですかそれ?
[ 2013/08/02 09:51 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> いつも拝見させて頂いてます。
>
> 井口さんのブログを見てみて下さい。
>
> どっちが真相なのでしょうか?
井口って、誰ですか?

少なくとも、麻生副首相は規制委員会などに初代の頃から名前を連ねており、秘密保全法、日本版NSC、児童ポルノ改正案、ナチスの全権委任とそっくりな自民党の改憲案などを推進しています。これだけでもどちらが正しいのかは普通は分かるかと思います。

更に彼はNWOの柱であるTPPにも賛成していますし、誰がどう考えても本気で日本をナチスみたいにしているのです。あと、麻生副首相の音声は何故か消されたので、新たに記事に入れました。まずはこれを見るべきです。
[ 2013/08/02 09:55 ] [ 編集 ]
>>井口さんのブログを見てみて下さい。
どっちが真相なのでしょうか?

読んでみました。時に、麻生氏のこの発言の際の音声ファイルが電光石火的な手際で消されていっていますが、そうなるとこの井口氏の論拠も確認できなくなりますよね。井口氏並びに同様の意見の人々も当然音声ファイルの削除に怒りの声をあげなきゃおかしいわな。
どちらが「真相」か、そういったアクションで判断できるはず。
注視していこうと思います。
[ 2013/08/02 09:58 ] [ 編集 ]
その”パリジャン”紙の記事は麻生のこれまでの過激発言をまとめたものだ。
ナチスの手本発言に触れた記事はこちら
タイトル”日本:副首相、ナチス発言を撤回する”
http://www.leparisien.fr/flash-actualite-monde/japon-le-vice-premier-ministre-retire-ses-propos-sur-les-nazis-01-08-2013-3023289.php
しかしこちらの記事にも、発言自体の詳細は述べられていない。
つまり、こういうことだ、
”麻生は元々問題発言をする人物で、日本がおかしいわけではない、事を大きくしたくない”
これがパリジャン紙のスタンスである。
[ 2013/08/02 11:23 ] [ 編集 ]
通りがかりです。井口さんのブログを見ましたが、マスコミの捏造どころか、ご自身の文章読解力、日本語力の方が問われそうな内容でした。時々、参考になる記事も書かれているのに、残念。


参院選が終わってから、世の中の風向きが変わって、失言をしたり、失言を不用意に擁護したりして、馬脚を現す人たちが増えている感じ。よく見ましょう!
[ 2013/08/02 12:23 ] [ 編集 ]
自民党もひどいけどこういう問題発言を擁護してマスコミの捏造!とか
言っちゃう自民党支持者もひどいね
TPPの公約違反もそうだったけどこれはもう宗教だよ
[ 2013/08/02 12:36 ] [ 編集 ]
[ 2013/08/02 13:17 ] [ 編集 ]
最近の発言からして政治家の方々は随分、余裕があるような感じに見えますが、原発問題を最優先課題とすると政権交代時に何度も発言されてきたのが、今やナチス発言ですか…。何を最優先されてるのか全く言動不一致ですね。嘘つきTPPも問題ですが、今のところ、嘘つきでもなく、問題にもなってない政治課題達成がどれだけ約束通り為されているのかどうか…やはり良く分からない アベ のみ クス(笑)でしょうかね。
[ 2013/08/02 13:29 ] [ 編集 ]
この発言よりもっと前の話を聞いてないとそりゃナチに学べということになるんだとおもうけど、前から聞けば、そりゃあかんでしょという意味になるわけだな。

[ 2013/08/02 15:28 ] [ 編集 ]
なんとかして麻生親ナチス発言をひっくり返したい人達が様々なサイト、コメント欄に跳梁しているが、やはりかなり苦しい、アクロバティックな論理構成になってしまっているな。気の毒になってしまうほどだ。
仮にこの人達が導きたい解釈に則ると、つまり「麻生副総理はナチス的な憲法無効化はけしからん、との意で発言したのだ」と解釈すると、この、バリバリ右翼が主催し協賛した(メンツを見よ。一目瞭然。)「都内の講演」において麻生氏が「なし崩しの、憲法無効化はまかり成らん」と発言することの意味はどうなるだろうか。「何という剛胆!敵陣に乗り込み、姑息な思惑を叱りとばすとは!刮目せよ、この大政治家を!民主主義の真の外護者。麻生、ヤツはベストだ!」っつーことになるわな。拍手したり笑ったりしている奴らがいたのは解せないが、馬鹿なのかあるいは嘲笑の意味と解釈しようか?だが、それは無いな。アクロバティックな論理でこのシークエンスを一時的にごまかしても、今後の非民主的な諸法の成立過程において麻生氏がどう振る舞うかを遠望すれば、現在アクロバティックな論理を饒舌にまくし立てている諸氏、ますます難易度の高い姿勢で論理を紡がなくてはならなくなってくるのは自明の理なので、酢でも飲んで体柔らかくしておくように、とお勧めするしかない。
もう一つ付言すると、必死で日本人言いくるめても、もう外国で燃え盛っている火は消せないだろうな。何人かの賢い人たちが言っているように、麻生氏の失点は現政権の寿命よりも日本全体の国益を損なう形で顕れることになるだろう。むしろ不自然に麻生氏の政治生命が消え残ったときほど日本にとって苛烈な状況になると思われる。
[ 2013/08/02 21:39 ] [ 編集 ]
漫画好きな麻生氏はそこまでアクロバット論理は好きじゃないと思いますが、シンプルな答えでよろしいように思いますが…。

日本国憲法を改憲するかしないか、改憲するならどう改憲していくかと…。


ナチス発言は個人レベルの独り言で良かったようにも思います。相変わらず口が滑ってしまったんでしょうかね。
[ 2013/08/03 03:14 ] [ 編集 ]
聞いてみたけど「あの手口」靖国参拝を騒いで大問題に仕立て上げたマスコミへの皮肉じゃん
憲法改正については冷静な状態で行おうと言ってるしこれをナチスの肯定と捉える人は国語の成績酷かっただろとしか思えないわ
[ 2013/08/04 10:43 ] [ 編集 ]
なんかナチス賛美って報道事態、意味がわからない。「改正したから平和ってわけでも、護憲で平和ってわけでもない。憲法改正はしっかりとした議論の上でおこなわれるべき。」←前文。良い改正じゃないと意味ないからね~。ナチスは国民議論がほとんどないまま勢いで改正していった。この発言無視されてるけど、どこがナチス賛美なの?意味がわからない。さすがマスコミだね。マスコミの報道のねじれっぷりは継続中のようです
[ 2013/08/06 20:39 ] [ 編集 ]
反日狂の朝鮮人多すぎww
70年も前のことを反省しろとか言ってくる奴らを軽蔑する
[ 2013/10/03 22:42 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク