情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.05.17 06:00|カテゴリ:原発関連コメント(12)

福島第一原発2号機から基準の2400倍の放射性物質!ストロンチウム等を1リットル当たり7万3000ベクレル!放水路上流で採取


20150516212824sdfsdf.jpg
東京電力は5月15日に福島第一原発2号機の放水路上流で13日に採取した水から、非常に高い濃度の放射性物質を検出したと発表しました。
東京電力によると、検出されたのはストロンチウム90などを含むベータ線で、一リットルあたり73000ベクレルの高濃度が検出されたとのことです。これは基準の2400倍に匹敵する超高線量で、4月6日に検出された1100ベクレルの約70倍となります。

放水路では過去にも1万ベクレルを超える高線量を何度か検出しており、しばらく前には海への放出も問題視されていました。他にも2号機建屋付近にある地下水観測用の井戸から一リットルあたり58万ベクレルのベータ線が検出されています。



☆基準の2400倍の放射性物質検出 福島第1原発2号機 
URL http://www.sankei.com/life/news/150515/lif1505150021-n1.html

引用:
東京電力は15日、福島第1原発2号機の放水路上流で13日に採取した水から、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり7万3千ベクレル(法定基準30ベクレル)の高濃度で検出されたと発表した。

 港湾付近の海水の濃度には変動がなく、外部への影響はないとしている。

 東電によると、今回検出された放射性物質の濃度は、同地点で4月6日に検出された濃度(1リットルあたり1100ベクレル)の約70倍。現在、同じ地点で再び採取した水を調べるなどして原因の特定を急いでいる。
:引用終了

☆福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(1/3)護岸地下水
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/2tb-east_15051501-j.pdf

20150516212157asdas1.jpg
20150516212227sdfdsf.jpg
20150516212359ap@sd.jpg

☆福島第一原子力発電所構内2号機放水路サンプリング結果
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/drain_2u_15051501-j.pdf

20150516212318sdpf.jpg

☆汚染水漏れの裏側で 現役作業員が語る内情 トラブルが相次ぐ理由


☆原発沖 1.5kmで独自調査 汚染水の影響 どこまで海に


☆台湾が日本産食品の輸入規制を強化、日本政府は「反発」



事故から4年が経過しましたが、福島第一原発の線量は下がらないですね。やはり、大本の溶けた核燃料をどうにかしない限りは、このまま線量は高い水準が続くということなのでしょう。
溶けた核燃料の場所さえわからない状態では、どうにか出来るとも思えませんが・・・(苦笑)。

関連過去記事

☆福島第一原発1号機で建屋カバーの解体工事が開始!15日は飛散防止剤等を注入!約1年で解体終了の見通し
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6497.html
関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
今の福一の状況が一目でわかる図
http://i.imgur.com/x8NymY8.jpg
[ 2015/05/17 06:39 ] [ 編集 ]
ストロンチウム90の海洋汚染で、海産物のストロンチウム検査は省略できない事態である。

なのに一切検査を積極的に、しようとしない。

理由は簡単である。

ストロンチウム汚染が尋常ならない状態だからだろう。

[ 2015/05/17 09:00 ] [ 編集 ]
以前は好きだった魚の缶詰、すっかり食べなくなったなぁ…骨まで食べるから。サバ缶ブーム仕掛けの意図は何なんでしょうね。
[ 2015/05/17 09:18 ] [ 編集 ]
オイオイ、ヾ(・・;)

放水路上流で、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり7万3千ベクレル(法定基準30ベクレル)の高濃度で検出されてやで、
外部への影響はないとする根拠は何やねん?
[ 2015/05/17 09:35 ] [ 編集 ]
原発安全費2.3兆円増 13年新基準後、揺らぐ経済性
公式に出てきた数字ですら、
原発の経済性が成り立たなくなってきてますね。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015051790070152.html
(東京新聞 2015年5月17日 07時01分)
福島第一原発事故後に施行された原発の新しい規制基準で必要になった追加の安全対策費が大手電力九社で少なくとも総額二兆三千七百億円を上回る見通しであることが本紙の調べで分かった。経済産業省が二〇一三年秋に公表した調査結果は約一兆六千五百億円で、一年半の間に四割、金額にして七千億円増加していた。各社によると、まだ試算すらできていない原発もあり、費用はさらに膨らみそうだ。

 安全対策費の一部は既に原発維持に必要な経費として電気料金に上乗せされ、企業や家庭が負担。対策費の増加は原発の発電コストを押し上げる要因になり、経済性を理由に再稼働を目指す政府や電力業界の主張が揺らぐことにもなる。
[ 2015/05/17 09:50 ] [ 編集 ]
これでも食べて応援ですか?國民を惑わす報道を何度も何度もする事によって、國民の脳内麻痺を政府は目論んでいるのか?
[ 2015/05/17 11:23 ] [ 編集 ]
韓国でまた原発事故が発生したね。

月城原発で燃料棒を落としたらしい。

越境被曝とか心配だなあ。
[ 2015/05/17 18:08 ] [ 編集 ]
千葉県松戸市の小児甲状腺がん検査で異常無し(A1)は4人に1人以下
松戸市で「甲状腺に異常」が見つかった子供たちの比率がやたらに高く、
それを『松戸市が隠ぺい工作?』した疑いが出ています。

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/596cd2c76cb2a3508b44852398871716

(逝きし世の面影 より)
甲状腺の状態などから判断して小児甲状腺がんの可能性が窮めて高いと思われる『C判定』が1人。
松戸市が検査した子供達147人の判定結果では、『異常なし』の『A1判定』が35人なので、健康な子供の割合はたったの24%弱だった。
甲状腺に何らかの異常が見つかった『A2判定』の子供達は109人で74%の圧倒的多数。

http://www.city.matsudo.chiba.jp/chuumoku/houshasen/taisaku_taiou/kenko/koujousenn.html

(松戸市の甲状腺超音波検査判定結果 ※知人が出典を教えてくれました。)
[ 2015/05/17 21:54 ] [ 編集 ]
風評被害と言ってた方が
大嘘つきの人殺しに成りそうな気配
[ 2015/05/18 20:08 ] [ 編集 ]
昨日今日とストロンチウムが飛んできてる気がするんですけど?
[ 2015/05/18 20:14 ] [ 編集 ]
そもそも燃料貯蔵量22トンも有る原発が
あれだけ盛大に吹っ飛んで影響が無い方がおかしいだろ
原爆の燃料1発5キロと比較したら実に4400倍漏れた可能性なんだぜ
半分だとしても2200倍だろ

広島・長崎の原爆は1県で燃料5キロ
福島の原発は1県で燃料22000キロで半分でも11000キロ
どう考えても原爆より酷い筈なのになんで安全って思うの?
たった5キロの燃料で後遺症に苦しむ人が沢山いたのに
22000キロの燃料で何も起こらない筈が無い
原爆と比較すれば危険性は理解できるだろ

安全って言う人は原爆とは違うって主張なんだろうが
どこが違うのか具体的に説明してくれ
物質の毒性で癌になったり麻痺したりで身体機能不全になったり
中性子に細胞を破壊され回復力が低下したりするのは同じだと思うんだが

分かるように違いを説明してくれ頼む
[ 2015/05/19 02:39 ] [ 編集 ]
違うはずがない。
同じ、いや、それ以上だと思う。
原発推進派はもう空中分解しかない。
国民を惑わした奴らは裁判にかけるべきだ。
それくらい罪を償うべきである。
原発は絶対に稼働することは有り得ない。
[ 2015/05/19 19:02 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク