情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.05.23 17:00|カテゴリ:政治経済コメント(17)

【悲報】核拡散防止条約(NPT)再検討会議、最終文書採択できず決裂で閉幕!「中東非核化」で米やイスラエルなどが異議!


20150523144144sdfpo9.jpg
5月22日に国連本部で開催されていた核拡散防止条約(NPT)再検討会議が決裂した状態のままで閉幕となりました。重要議題だった中東の非核化を巡って各国の意見が対立し、最終日も調整ができず、そのまま閉幕する事態になっています。NPTで決裂したのは2005年以来で、戦後70周年目の節目に核拡散防止条約が大きく後退しました。

中東の非核化政策で大きく反対を表明したのはアメリカやイギリス、カナダの3カ国で、事実上の核保有国であるイスラエルを擁護。最後まで中東の非核化条約締結を主張していたアラブ側と意見が平行線状態となり、全会一致が原則の文書案は自動的に不採択となってしまいました。



20150523143901sdpf@o1.jpg
20150523143915sdpfo@2.jpg
20150523143926ps@df3.jpg
20150523143942asduio33.jpg
20150523144012adopi4.jpg
20150523144058sdfiop6.jpg
20150523144117sdfpo6.jpg
20150523144124asdop8.jpg
20150523144135sdofpi9.jpg

☆最終文書採択できず閉幕、NPT再検討会議が決裂 「中東非核化」で米など異議
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150523-00000519-san-n_ame

引用:
【ニューヨーク=黒沢潤】国連本部で開かれていた核拡散防止条約(NPT)再検討会議は最終日の22日、中東地域の「非核化」をめぐる各国間の対立を解消できず、最終文書案を採択できないまま閉幕した。5年に1度開催される会議が決裂したのは2005年以来。約190カ国が加盟するNPT体制の結束の弱さが露呈した。

 同日夕の全体会合では、米国、英国、カナダの3カ国代表が演説し、中東非核化問題に関する国際会議を来年3月までに開催するなどとした文書案の文言に異議を唱えた。文書採択は全会一致が原則で、文書案は自動的に不採択となった。
:引用終了

☆NPT再検討会議 合意文書が採択されないまま閉幕(15/05/23)


☆NPT会議は決裂 合意文書採択できず閉幕(15/05/23)


☆中国が反対し・・・「被爆地の訪問」NPT文書に復活せず(15/05/22)



戦後70周年目を合図に、戦後から戦前に切り替わった感じがします。これは集団的自衛権等で揉めている日本もそうですが、世界的にも好戦的な国や勢力が相次いでおり、今は次の大きな戦争の前に入っていると言えるでしょう。NPTがこの時期に決裂したのも意味深で、これからの世界情勢は本当に油断が出来ないです。

関連過去記事

☆【酷い】日本が各国指導者の「被爆地訪問」を提案するも中国反対で全文削除に!中国指導者は長崎・広島を訪問せず!「日本が被害者に」
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6477.html
関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
何処が悲報だよバカw
[ 2015/05/23 17:06 ] [ 編集 ]
イスラエルは死んでも自国の核を手放さないし、死んでもイランの核武装を認めないよな。
ある意味いちばんかわいそうな国だな。
[ 2015/05/23 17:37 ] [ 編集 ]
日本は核拡散防止に何も役立つことができない状態だ。

なぜなら、唯一の戦争による被爆国である日本が、糞安倍政権の存在によって、アメリカやイスラエルの尻馬に乗っていて、核廃絶を否定してしまっているからであり、世界平和貢献という観点から見て、日本は全くみじめな立場に置かれてしまった。

実に情けない限りと平和を希求する日本国民の多くは、ひしひしと感じている。

安倍政権は暗黒な世界作りに邁進している国法破り(憲法破壊)の国賊であると思う。
[ 2015/05/23 17:40 ] [ 編集 ]
イスラエル軍がイエメンへ核攻撃
日本では全然報道してないけど、イスラエル軍がイエメンに中性子爆弾による核攻撃を加えたという情報がある。動画と日本語訳と英語の元記事へのリンクも貼ってある。

http://wp.me/p43EEt-7B
[ 2015/05/23 17:54 ] [ 編集 ]
> 中東の非核化政策で大きく反対を表明‥

何が、反対を表明だ?‥3馬鹿虫けらども!?

そんなに郭持ちたきゃ、あの世で勝手にヤってくれヤ!野蛮理事国め!
[ 2015/05/23 17:55 ] [ 編集 ]
Re: イスラエル軍がイエメンへ核攻撃
> 日本では全然報道してないけど、イスラエル軍がイエメンに中性子爆弾による核攻撃を加えたという情報がある。動画と日本語訳と英語の元記事へのリンクも貼ってある。
>
> http://wp.me/p43EEt-7B

それはデマです。気化熱爆弾が何故か核攻撃に変えられています。
海外の元記事は高性能爆弾でした。
[ 2015/05/23 17:58 ] [ 編集 ]
中韓との摩擦を煽り、再び日本が孤立し、世界のひな形として壊滅し、世界も壊滅するように誘導されているのです。これに乗っからないようにお願いします。 第三次世界大戦なんて起こしたら、本当に終わりです。私たちは、病気の症状だけを見つめているガン患者のようなもので、原因を見つけなければならないのです。

原因は、預言と称する予言であり、計画を練る輩なのです。

ロック爺さん、ロス茶、そんなところを見つめていても仕方ないのです。 我々、日本の中にそれ(問題)があるわけです。
[ 2015/05/23 18:13 ] [ 編集 ]
↑日本が世界の雛型という大嘘
[ 2015/05/23 18:31 ] [ 編集 ]
おい、時間経ってるがアメリカの上院でTPA可決というのはまだ記事にしないのか?
[ 2015/05/23 18:33 ] [ 編集 ]
戦前の前兆と煽るような記事は避けるべき
戦争は誰も望まない。したきゃイスラムに勝手に行ってこい。
[ 2015/05/23 18:43 ] [ 編集 ]
カルタのま



真面目なコメントを削除したり何度も書き込み制限するヤマダヒサシ
[ 2015/05/23 18:48 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 戦前の前兆と煽るような記事は避けるべき
> 戦争は誰も望まない。したきゃイスラムに勝手に行ってこい。

世界情勢の分析ですから。
明らかに戦後ではなく、戦前の動きに入りました。
現実逃避しても何も変わりませんよ。
[ 2015/05/23 18:59 ] [ 編集 ]
> 05/23 17:40 By:名無し URL

その通りだ。
今、安倍HKの7時のニュースで、島サミットで安倍が、
「民主主義を守り…」
とか言ってたが。

「お前が言うな!」
と言いたい。
[ 2015/05/23 19:06 ] [ 編集 ]
民主主義が最高の政治制度だと盛んに宣伝し、実は自国の我欲のために他国に押し付けるのはアメリカぐらいです。

[ 2015/05/23 21:30 ] [ 編集 ]
日本は大丈夫です!
何があっても世界最強のネトウヨが日本を救ってくれますから!!
ネトウヨは日本の誇りです!爆
[ 2015/05/23 22:55 ] [ 編集 ]
Re: イスラエル軍がイエメンへ核攻撃: やはり中性子爆弾、「デマ」ではない
http://www.veteranstoday.com/2015/05/21/358343/
上記オリジナルの記事は元IAEA査察官で核物理学者のJeff Smithと元海兵隊員のGordon Duffという軍事技術専門家によるもので、彼らの分析ではこれは「中性子爆弾」で「今回はイエメンに対する2度目の核兵器使用」と結論づけている。その理由は以下:

1)仮に通常兵器としては史上最大の破壊力を持つとされるMOAB(Massive Ordnance Air Blast大規模爆風爆弾兵器)だとすれば、この映像にある程の爆発を起こすには4000ポンド(約1800kg) 級が必要だが、これは巨大すぎてF-15/F-16 といった爆撃機には搭載できない。
2)映像の白いpixel flashes(画素閃光)は核兵器の火の玉の衝撃からくる中性子線によるもの。

因みに彼らは「福島第一に投入されたロボットが壊れたのも非常に高度な放射線量による。高線量の放射線はCCDカメラの集積回路の負荷を超えるもので、チップを燃やしてしまうからだ」とご親切に解説してくれている。
[ 2015/05/24 01:07 ] [ 編集 ]
元記事を確認しました。
確かにデマではありません。
「このタイミングで」の投下は挑発的で意味が大きい。
[ 2015/05/24 09:25 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク