情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.05.30 10:00|カテゴリ:ニュースコメント(45)

南シナ海の人工島に中国軍の火砲!アメリカの偵察機が初確認!ベトナム領の島が射程圏内に!中国はアメリカの偵察に抗議


20150530052325spodf5.jpg
中国軍が南シナ海の人工島の一つに移動式の火砲を持ち込んでいることがアメリカの偵察飛行で判明しました。中国は人工島の軍事使用を否定していることから、中国の主張が嘘であることを証明したことになります。

アメリカ軍は先月頃から偵察飛行の回数を増やしており、中国政府はアメリカの行為に強く抗議しました。配置されている火砲はベトナムが実効支配している島が射程に入ることから、今後も火砲を巡って各国間のやり取りが激化する可能性が高いです。


20150530051841sdfp@o1.jpg
20150530052027apdo3.jpg
20150530052014aspd@o2.jpg
20150530052033asp@o4.jpg
20150530052146sdpfo@.jpg
20150530052332sdpf@p6.jpg
20150530052347sdf@[p6
20150530052353sdp@of7.jpg

☆中国、南シナ海の人工島に火砲 米軍偵察機が確認 ベトナム実効支配の近隣島が射程に
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150530-00000502-san-cn

引用: 
産経新聞 5月30日(土)1時11分配信
 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は28日、米政府当局者の話として、中国が南シナ海で造成している人工島の一つで、移動式の火砲2台が確認されたと報じた。米軍の偵察機により約1カ月前に確認され、ベトナムが実効支配する近隣の島が射程に入る。しかし、直近の偵察では火砲は移動されたか、意図的に隠されたとしている。中国は人工島の軍事使用を否定してきたが、主張に偽りがあることを証明している。(ワシントン 青木伸行)
:引用終了

☆US Says China Had Artillery Vehicles on Artificial Island in South China Sea


☆“南シナ海問題”巡り 中国がアメリカまた批判(15/05/30)


☆南シナ海の岩礁に灯台建設 中国「船舶安全のため」(15/05/27)


☆中国国防白書、南シナ海めぐり「海上軍事衝突」に言及


☆米国防長官が南シナ海偵察の継続を表明



ロシアも中国も中東も、何処も色々とキナ臭くなってきましたね。第二次世界大戦も第一次世界大戦もそうですが、突然に大きな戦争が始まったわけではありません。

徐々に小さなイザコザや衝突が増えて、戦線が一つ一つ増えて行くうちに、世界大戦となってしまいました。流石に戦力からして今直ぐには起きませんが、この対立が4~5年後に大きな戦争の引き金となる可能性は十分に考えられます。今後も世界情勢の動きには注意が必要で、日本も本気で将来を考えて動かないと不味いです。

関連過去記事

☆【戦争】アメリカが主張撤回しなければ戦争も!中国国営紙が南シナ海問題で警告!米国も中国を懸念
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6612.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
やはり中国は世界のトラブルメーカー。
[ 2015/05/30 10:09 ] [ 編集 ]
中国としては当然そうするだろう、そのための島なんだから。
本気で止めようと思ったら戦争しかないが、それが出来る国が存在するかどうかだね。
[ 2015/05/30 10:45 ] [ 編集 ]
またアメ公のでっち上げじゃねーの?

中国が安全だとは云わんが。
[ 2015/05/30 10:49 ] [ 編集 ]
まあアメリカも他国のこと どうこう言える立場じゃねーよな
[ 2015/05/30 10:53 ] [ 編集 ]
そう遠からず南シナ海では武力衝突になるでしょうね。南シナ海では日本は絶対座視しない事は間違いないでしょう。安倍政権がシーレーンの確保云々を強く主張しているのは、ここの問題が極めて大きい。必ず介入するのは間違いない。
[ 2015/05/30 11:26 ] [ 編集 ]
流石!
アメリカ
戦争大好き大国!

失礼アメリカさん
人○し大好き大国!!
でした、すみませんm(__)m
[ 2015/05/30 11:32 ] [ 編集 ]
触らぬ神にたたりなしだ。憲法9条改正して戦争屋アメリカの誘いに日本は絶対に乗ってはいけない。アメリカはあてにならないし、裏切る国だ。決して騙されてはいけない。安倍は、分かってない。国民が団結して改正を戦争を阻止しなければ。アメリカ国民だって戦争反対なはず。世界中の国民だってそうだ。やりたがるのはお金儲けしたい各国の悪トップらだけ。悪に立ち向かって戦争反対を叫ぼう!!
[ 2015/05/30 11:36 ] [ 編集 ]
>そう遠からず南シナ海では武力衝突になるでしょうね。南シナ海では日本は絶対座視しない事は間違いないでしょう。安倍政権がシーレーンの確保云々を強く主張しているのは、ここの問題が極めて大きい。必ず介入するのは間違いない。

で、介入したとしたら、その後はどうなると思っています?
[ 2015/05/30 11:44 ] [ 編集 ]
日本はどんどんオタク文化を発信して
萌え萌えパワーでアメリカを、世界を骨抜きにしちゃえば良いんだよ
[ 2015/05/30 12:03 ] [ 編集 ]
毛沢東は大躍進政策で自国民の餓死者を最大5000万人も出しました。
続く文化大革命ではインテリ層を数千万人(これは評価が分かれすぎて実数は不明)処分し、「階級の敵」として、切り刻んで食べました。
強国となるために猛進するときの中国は 日本人の常識では理解できない貪欲さです。
文化大革命は1976もしくは1977まで続いた歴史的には「ちょっと前」の話です。

中国は経済が危ないから(日米よりは遥かに強いです)とか、江沢民派が失脚したからとか、鼻息の荒い軍部には関係のない話です。

こう言うと「ジミサポが中国ガーと喚いている」とか言われるのですが、違います。
時代的にたいして昔ではないので、中国人のメンタリティが根本的に変わったとも言い切れません。
知らない方は「文化大革命」で検索。
「アメリカと一緒に戦えば中国はチョロい」というのが、ちょい右なサイトの主流ですが、「軍事力は秘密」が常識ですし、「アメリカは途中で抜ける予定」なので、安易な煽りはほんとに勘弁してほしいです。
[ 2015/05/30 12:11 ] [ 編集 ]
このための集団的自衛権と右傾化だろうし、米国の為日本人が戦争に送られて死ぬのかもしれない。
どこかで本土が攻め込まれ、日本列島は消滅するのでは‥

FUCK ABE!!!
[ 2015/05/30 12:18 ] [ 編集 ]
軍事力は秘密なので?U.S.Aは途中で抜けるってバリバリ軍事機密が素人にまで漏れてるやんか。
[ 2015/05/30 12:22 ] [ 編集 ]
米国の国家戦略に詳しい皆様ばかりのコメントで、米国国務省や国防総省の戦略を断言する政府関係者らしい皆様は守秘義務違反にならないのですか?
[ 2015/05/30 12:29 ] [ 編集 ]
軍事大国・中国を信頼する阿呆が数人いるな
米国は信じられない、裏切る--中国しか信じられないだって、アホか?
中国は日本1国で対処しても、軍事力では日本の相手ではない。
それに米国が後ろに居れば、手も足も出ない。
これは、中国も熟知している事だが、国内世論の手前--戦争も辞さずなんて
意気がってはいるけど、相当な恐怖感を抱いているのは周知の事。
阿呆たちへ。
これが抑止力なんだよ、憲法9条は40年前に骨抜きにして、日本は世界有数の
軍事力をもった。
卑下する必要はないんだよ。
 WW2では航空戦が主体であったが、現在は高性能レーダーとミサイルで戦う
時代だ。
 日本のレーダーは、米国と併せて中国の7軍区の基地を丸ハダカに出来る。
そして、敵基地にミサイル発射の兆候があると察知したら、直ちにミサイルでの
先制攻撃(戦闘機・潜水艦・駆逐艦いずれからでも射程に問題はない)をする事は
個別自衛権の範囲である事が、民主政権の時から明確になっている。
 だから、日本はやたらに防衛力を強化しなくても、中国程度の国なら、自力で
守れるんだよ!
 馬鹿みたいに憲法9条だ、戦争反対と寝言を言っても、武力攻撃は受けてたつ
しかないのであって、座して死を待つわけには行かないんだ、分かったか?
あなた達の頭じゃ分かるはずもないか、しかしあなた達に関係なく我が国は防衛
される。心配するな。
[ 2015/05/30 12:47 ] [ 編集 ]
中国は周辺国やアメリカから非難されても、問題の島々に進出した方が得だ、と判断しているから具体的に進出しているのは確かだわな。
[ 2015/05/30 12:49 ] [ 編集 ]
>中国は日本1国で対処しても、軍事力では日本の相手ではない。
>それに米国が後ろに居れば、手も足も出ない。

そう?、中国は関係なく手も足も出しているんじゃないの?
[ 2015/05/30 12:55 ] [ 編集 ]
今、日本の政治は安倍の上司が作成した「第三次アーミテージ・ナイレポート」通りに粛々と進行しています。
海上自衛隊幹部学校のHPでも公開されています。
これと、ナイの「対日超党派報告書」などが出回っています。
こちらはハーバード大学のサイトからだそうですが、現在では削除されています。
[ 2015/05/30 12:58 ] [ 編集 ]
学術論文の大学や海自のHPなんて意味ないので、防衛省自衛隊統合公式情報と、米国なら中央統合軍作戦本部の話を書いていただけませんか。お願いします
[ 2015/05/30 13:18 ] [ 編集 ]
アメリカとつながってる中国さん、日本の憲法改正、集団的自衛権成立のためにわざと挑発してくださりありがとうございます。
[ 2015/05/30 13:24 ] [ 編集 ]
確かに介入した場合、通称破壊や本土へのミサイル攻撃等は捨てきれないでしょう。しかしそれ以上に介入しない事で生じる危機の方が大きいと、自民党や自衛隊は考えているのですよ。南シナ海で終わらせておかないと、日本をはじめとした太平洋諸国には屈服の未来しかないでしょう。
[ 2015/05/30 13:27 ] [ 編集 ]
↑そんな気もする。アメリカと中国は裏で軍練習してるみたいだ。日本に誘い水出して戦争を呼びかけてる節も見え隠れ。日本は決して両国に騙されてはいけない!アメリカと中国は繋がっている可能性も高し。
[ 2015/05/30 13:30 ] [ 編集 ]
メリケンはアジアの緊張を煽るだけ煽る
そして武器を売り込んで大儲けする

北朝鮮にも中国にも手出しはしないが危ない危ないと連呼して
武器を売る

こんな茶番に安倍の馬鹿は付き合ってる
[ 2015/05/30 13:35 ] [ 編集 ]
自民党のトップや、元幕僚長の田母神閣下やまともな答弁もできない中谷氏を見ていると、まんまと米中の策略にのせられている気しかしない。
有事の戦略会議資料も漢字にルビふるんでしょうね。
[ 2015/05/30 13:46 ] [ 編集 ]
米国の国家戦略に詳しく更に中国共産党政治部にまでコネある人間が多数いるんだ
[ 2015/05/30 14:05 ] [ 編集 ]
ウクライナは被曝で健康な人が少なく、25才から60才の男女に兵役義務があり、訓練後に紛争地へ送り出されるとのこと。
首都圏ではそろそろ被曝症状が出てきて電車が急病人で止まることが増えてきたそうです。
でも、尖閣で揉めたらアメリカと一緒に自衛隊が中国軍を叩きのめし、めでたし、めでたし、全てが完全解決。
だから一般人には関係ないんですよね。
[ 2015/05/30 14:28 ] [ 編集 ]
もともとは海賊対策で各国共同で警備行動や共同演習してたはずなんですがね。
[ 2015/05/30 14:36 ] [ 編集 ]
中国よ、あまり侵略や実行支配するなよ。アメリカの思う壺だぞ。
[ 2015/05/30 14:37 ] [ 編集 ]
知ってる?沖縄の選挙や国会議員の選挙や米軍基地関連の法案が審議されてるタイミングで大抵中国が領海侵犯することになってるんだよねー。米軍基地が存在したり日本が軍国化すると困るのは中国だよねー。
なんで自分たちに不利になることをするのかなー?
米軍基地絡みは特にだけどアメリカから日本の領海侵犯するように言われてたりするのかなー?
[ 2015/05/30 14:50 ] [ 編集 ]
属国日本は米国様の盾になります
 宗主国米国様は、属国日本の自衛隊を傭兵として世界中に配備可能になりますので、もう痛くも痒くもありませんね。『おぉ~中国がなんぼのもんじゃ~かかってこいやっ!』 ってね。自衛隊はカプセル怪獣ウインダム(古っ)のように、資金がない米軍の身代わりとなって中国に突撃するのでした・・
 中国だけじゃあありませんよ。ISとの戦闘にも投入されます。オレンジ色の囚人服を着せられて、首をはねられる自衛隊員が出るでしょう。
 安倍晋三は 世界を俯瞰する外交ではなく、世界を俯瞰する自衛隊 を持ちたかったのです。
 
[ 2015/05/30 15:02 ] [ 編集 ]
領海侵犯の意味も知らん羞屋頑張れよ
[ 2015/05/30 15:38 ] [ 編集 ]
ロシアの軍事専門家がアメリカが「日本を使う」相手は、アメリカの主要な敵対国、つまり中国・ロシア、場合によっては北朝鮮・東南アジアも、と言及しています。(スプートニク2015.5.28)

「日本人が、自分をむざむざ犠牲にしないだけの賢さを示してくれることを信じたい。しかし米国は自分の目的に外国を利用することにかけては手練れである。もし、中国またはロシアとぶつかれば、日本は間違いなく甚大な被害を蒙る。そして米国自身は直接的な軍事衝突から遠いところに残るのだろう。」

ミリオタの精神的米国依存度が高過ぎ。
[ 2015/05/30 15:47 ] [ 編集 ]
日本、巻き込まれなければ良いが・・・
戦争はダメだ
 
[ 2015/05/30 16:17 ] [ 編集 ]
中国、ひそかに米に「助け舟」 隠密の仲介工作 (日経新聞)
編集委員 秋田浩之
2015/5/29

南シナ海の岩礁埋め立てをめぐり、米国と火花を散らす中国。ところが、オバマ政権の対外戦略にひそかな「助け舟」を出し、貸しをつくるという、したたかさもうかがえる。

多くのウイグル族がすむ中国新疆ウイグル自治区。その最大都市であるウルムチで今月20~21日、ある秘密会議が開かれた。

出席者は、アフガニスタン政府と反政府武装勢力、タリバンの有力者ら。アフガン和平を促すため、中国政府が両者を仲介する会議を主催したのだ。米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)が25日、独自情報として伝えた。

これだけではない。ロイター通信によると、5月3日、カタールでアフガン政府とタリバンの代表団との直接対話が開かれた。この席にも、米国と並び、中国政府関係者の姿があったという。

従来なら想像もできなかった光景だ。中国はアフガン和平にはほとんど、関与しようとしなかったからだ。いたずらに和平交渉にかかわり、イスラム原理主義勢力の反発を買えば、国境を接する新疆ウイグル自治区にテロが飛び火しかねないからだ。

■オバマ氏の訪中が転機

この姿勢に大きな変化がみられたのが、昨年秋だという。アフガンにかかわる国際機関関係者は明かす。

「中国は従来、アフガンへの投資には関心があっても、和平や復興には興味を示さなかった。ところが、オバマ大統領が訪中した昨年11月ごろから、中国のアフガンへの対応が目に見えて変わった。米政権の働きかけを受け、和平に積極的にかかわるようになった」

米国に「貸し」をつくる狙いが透けてみえる。オバマ政権は、アフガニスタンから米軍の大半を、2016年末までに撤収させると公約している。任期が残り2年をきり、この実現に焦っている。

いまアフガン和平に協力すれば、オバマ政権は評価し、南シナ海や人権問題などで中国に圧力をかけづらくなる――。中国指導部はこう読んでいるのだろう。

米中関係筋によると、オバマ氏の昨年11月の訪中時に、中国はアフガン問題で協力する用意があると伝達。ホワイトハウスも、中国のそうした姿勢を評価したという。

中国を動かすもうひとつの理由は、米軍が本当に撤収したら、アフガンがさらに混乱しかねないとの懸念だ。米軍が足抜けした後、同国に「力の空白」が生じれば、再び内戦が激化し、テロ組織の温床になりかねない。

そうなれば、中国にも重大なテロの脅威が及んでしまう。アフガンがさらに混乱に陥るのを防ぐため、今のうちから米国と協力し、和平に取り組もうというわけだ。

日本や東南アジア諸国にとって気がかりなのは、アフガン問題をめぐる米中連携が、南シナ海問題などにどう影響するのかだ。

南シナ海での埋め立てをやめない中国に対し、オバマ政権は今のところ、強硬な姿勢に傾いている。だが、中国側は「米政権は本気で中国と対立するつもりはない」と、米側の足元をみているかもしれない。

以下略
[ 2015/05/30 17:25 ] [ 編集 ]
ディエゴガルシア島の住民を島から追い出して海軍CIA基地を作ったのは誰でしたか?米国さん!自分達は良くて他の国は駄目なんか?
[ 2015/05/30 17:37 ] [ 編集 ]
ちなみにディエゴガルシア島にはCIA直営刑務所があるそうですが (米国務省ウィルカーソン元首席補佐官談)
その運営予算は日本からの思いやり予算とのこと。
上はみんな仲良し。
[ 2015/05/30 19:12 ] [ 編集 ]
↑ディエゴガルシア?どこかで聞いたな…、と思ったら最近行方不明になった飛行機がディエゴガルシアに誘導されたという陰謀論を聞いた気がするな。
[ 2015/05/30 20:16 ] [ 編集 ]
ディエゴガルシアは英国領で、アメリカのために島民の追い出しを担当したのはイギリス。
単なる基地使用ではなくて、ナイショの利用目的があると知ってのことかな。
元々兄弟みたいな国だし。
[ 2015/05/30 20:25 ] [ 編集 ]
タイミングがよすぎる気が。
[ 2015/05/30 21:17 ] [ 編集 ]
戦争戦争と煽り立てる連中がいるけど、中国は米国に手を出せません。
・中国は米国と比べて、空軍では20年、海軍では30年の技術的格差があります。
開戦後数時間、戦闘開始から30分以内で中国空海軍は壊滅します。
・中国は大量の米国債を保有してます。
米国と開戦したら、この国債が紙屑になり中国の経済は破綻します。
・中国の共産党幹部や軍の将官は、溜め込んだ賄賂を海外の口座に保管していて、その殆どが米国にあります。
米国は既にその口座を特定していて、ヒラリー女史が訪中の際にその事を公言しています。
中国が米国と開戦したらその口座は凍結、中国の偉いさん方は海外に脱出した際の資金を失います。

以上の理由から米中開戦はありません。
ただし、中国もはいそうですかと引く訳にもいかないので、どうやって自国民を納得させるか考えているところでしょう。
[ 2015/05/30 22:59 ] [ 編集 ]
米国は中国の経済破綻を狙ってるんでしょう。

中国は6月に多数の企業が決算を迎え、デフォルト連鎖が予想されてます。
それを防ぐため、早急に資金が必要。
おそらく、そのためのAIIBだったのでしょう。
本来なら金を出してもらう筈だったアメリカと日本がこうも強硬姿勢取って来るとは思ってなかったんしょう。
「戦争も辞さない」なんて北朝鮮みたいなコメント出す始末。
このまま大きな北朝鮮になるのではないですかね?あの国はw
[ 2015/05/30 23:40 ] [ 編集 ]
米海軍は周到な準備をして最も効果的な時期を選んで中国が南シナ海の岩礁を埋め立てて作った人工島の12カイリ以内で米海軍艇の航行や航空機の飛行を行うことは間違いない。偶発戦争を避けるため、中国に事前に通告して実施するだろう。その時にはフィリピンの航空基地に米軍機が飛来し沖縄の嘉手納飛行場にもF22戦闘機が待機する。グアムにもF22戦闘機や弾道ミサイル防衛システムが展開する。さらに米空母機動艦隊が周辺に展開し圧倒的な軍事力を南シナ海に集結して中国に見せる。今回のカーター国防長官の歴訪(シンガポール、ベトナム、インド)は、そのための準備(打ち合わせ)と考えるべきなのだ。中国にこのメッセージが伝わるかどうか。再度いうが、中国と偶発戦争を防止するため、あらかじめアメリカは中国に南シナ海での大規模演習を事前通告する。(日本軍事情報センター 神浦元彰氏)
[ 2015/05/31 00:26 ] [ 編集 ]
なんかアメリカや自民党がどうこうというコメントばかりで、現実に脅威となっている中国に触れるコメントがほとんどないのね
実際、自国領であったことが一度もない南沙諸島を軍事力を背景にして占拠し、武装までしてるのは中国だろうに
[ 2015/05/31 13:13 ] [ 編集 ]
>13:13

このブログの目的が「安倍政権を叩いて民主政権を奪還しよう‼︎」なので、スポンサー様でありクライアント様でもある中国さんは悪く書けませんw
[ 2015/05/31 17:35 ] [ 編集 ]
安倍総理は選挙公約であった尖閣諸島の公務員常駐を中止しましたし、同じく公約であった竹島の日の式典を政府主催で行うのも反古にしました。
竹島問題を正式に提訴も嘘でした。
海保が領海侵犯者を何度逮捕しても即釈放 ・・・
日本の領土を守りたい人たちが叩くのは当然のように思えます。
[ 2015/05/31 18:14 ] [ 編集 ]
中米が喧嘩してるのは演出のような気もする
実際ケリー国務長官は中国の国営企業を「民間偽装」させて世界中で商売させる手伝いしてるし。
中国共産党を作ったのはアメリカという事実は消せない
7000万人の共産党と言うアメリカ傀儡の「国家」が、漢民族の14億人の地域住民を奴隷労働させてアメリカのグローバル金融資産家達とくんで大もうけ。南シナ海の基地建設とか
イギリスやフランスがやっても世界中の批判浴び、爆破される筈なのに、中国共産党と米国内のグローバル企業が組んで演出してる東アジアの「危機」だから誰も止めないし、アジアの国以外どの国も見ぬふり。いつものように「アジアの危機 中東の危機」を無理矢理演出して
在庫処分したいアメリカの軍産複合体と中共の
組んだ演出では?安倍さんは当然招致してるがアメリカのいいなりになるしかない(地位協定は、敗戦国
ドイツ、イタリアは書き直したのに日米ではまだ日本はアメリカの言いなりになるという協定のまま)
世界中がグローバル企業の大もうけの為の壮大な茶番に載せられてる気がする、ISISもそう。アジアや中東の危機もそう。地球温暖化も嘘だった。米中は裏でガッツリ金で繋がってるが表ではツンデレしたりして世界をめくらましする演技を様々にしてるカンジ。いざとなれば(てか既に)共産党幹部の家族は海外に逃げてるし
奴隷労働されて20時間近く毎日働かされた14億人の月給2万円の中国人達だけ放置されて終焉、次のターゲットは南米、そこが飽和したらアフリカ。今も奴隷制度は続いてるんだよ。現代型は経済奴隷化だよな。
[ 2015/09/30 08:11 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム