情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.08.13 10:22|カテゴリ:政治経済コメント(2)

【問題発言連発】原子力規制委「うちは汚染水流出の事を『マーライオン』と呼んでまして」石原環境相「中間貯蔵のために、福島自ら行動を」


Singapore

原子力規制委員会と石原環境相の問題発言が話題になっています。8月12日に原子力規制委員会の更田豊志委員は福島原発の汚染水流出について「(規制委内部では)マーライオンと呼んでいる」と発言し、8月11日に石原環境相は放射能汚染土を保管する中間貯蔵施設の建設について、「福島県をはじめ皆さんが、自ら行動するという認識をしっかりと持っていただくことが重要だ」と述べました。

原子力規制委員会の方は更田豊志委員が直ぐに謝罪をしたましたが、石原環境相の方は特に動きはありません。ただ、原子力規制委員会内部の方々が「マーライオン」とか言っているということは、更田豊志委員だけの問題ではなく、組織全体の問題であると言えるでしょう。

結局、汚染水漏れのことを「マーライオン」とか読んでいるような連中が上に立っているから、何時まで経っても福島原発からは放射能がダダ漏れ状態なのだと思います。石原環境相についても同じで、彼も今までの行動を本気で反省をしているのならば、責任を取って辞めるべきです。
それが一番日本にとっての国益になります。


☆汚染水流出で不適切発言 「マーライオン」と更田氏
URL http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013081201002210.html

引用:
原子力規制委員会の更田豊志委員は12日、東京電力福島第1原発の汚染水対策を検討する作業部会で、2年前の事故当初に発生した高濃度汚染水の海洋流出について「(規制委内部では)マーライオンと呼んでいる」と発言、後に不適切な発言だったと謝罪した。

 上半身がライオンで下半身が魚のマーライオンはシンガポールのシンボルとして有名で、海に向かって口から水を噴き出している。

 更田氏は事故直後の「非常に大きな漏えい」に関してマーライオンに例えた。2011年4月、2号機取水口付近にある作業用の穴(ピット)周辺で亀裂から汚染水が海に大量流出しており、この様子を指した発言とみられる。
:引用終了

☆中間貯蔵「福島自ら行動を」=石原環境相が発言、地元反発も
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130811-00000053-jij-soci

引用:
時事通信 8月11日(日)18時55分配信
 石原伸晃環境相は11日、福島市で開かれた東京電力福島第1原発事故後の復興策を話し合う会合のあいさつで、放射能汚染土を保管する中間貯蔵施設の建設について、「福島県をはじめ皆さんが、自ら行動するという認識をしっかりと持っていただくことが重要だ」と述べた。
 中間貯蔵施設は政府の責任で設置するとされている。環境相の発言は、福島県に責任を負わせるものと受け止めかねられず、地元の反発を招く可能性もある。
 会合には、政府側から環境相と根本匠復興相が、地元から佐藤雄平同県知事らが出席。佐藤知事は会合後、環境相発言について記者団に「(同施設建設は)直接的には国が対応すること。責任を持って、丁寧に説明をして進めてもらいたい」とくぎを刺した。建設候補地の一つである大熊町の渡辺利綱町長は、「早く建設したいというのは分かるが、位置付けとしては迷惑施設だ」として、政府に丁寧な対応を求めた。
:引用終了

☆福1汚染水を原子力規制庁ではマーライオン4:27 不適切とお詫び8/12更田



避難弱者: あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか?


死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日


プロメテウスの罠 明かされなかった福島原発事故の真実: 1 (プロメテウスの罠シリーズ)


ホットスポット ネットワークでつくる放射能汚染地図


武田邦彦が教える子どもの放射能汚染はこうして減らせる (SUKUPARA SELECTION)

関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
それだけ、汚染水漏れが酷い状態だと言うことを物語っている。
[ 2013/08/13 11:28 ] [ 編集 ]
地球上全ての生き物に対して舐めてるとしか思えませんね。 どれだけの犠牲が出てると思ってるんでしょうか。非常識にも程がある。情けなくて涙も出ません。
[ 2013/08/13 12:40 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク