情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.06.22 22:01|カテゴリ:政治経済コメント(46)

安保法制と国会の日程が判明!7月上旬頃に衆院通過!国会会期は9月27日まで95日間延長!現行憲法下で過去最長に!


20150622201109wpero.jpg


☆国会の会期 9月27日まで95日間延長の方針
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150622/k10010123201000.html

引用: 
6月22日 13時10分
国会の会期 9月27日まで95日間延長の方針
自民党の谷垣幹事長は、党の役員会で、24日に会期末を迎える今の国会の会期について、後半国会の最大の焦点である安全保障関連法案を確実に成立させるため、9月27日まで95日間延長する方針を明らかにしました。
通常国会としては、過去最長の延長幅となります。
:引用終了

☆国会会期延長、9月27日含め最終調整


☆60日ルールって何? 「安保関連法案」成立狙い(15/06/22)



安保法制(安全保障関連法案)の衆議院可決は7月10日か7月17日だと見られています。取り敢えず、今月中の可決は年金問題などで先送りとなりましたが、問題はこれからだと言えるでしょう。

国会の会期も9月27日まで延期され、自民党は何が何でも安保法制だけは可決する方針を示しています。色々と汚い手段を使ってくる可能性も考えられますし、今後も安保法制を巡る動きには注意が必要です。

関連過去記事

☆国会会期を9月上旬まで大幅延長へ!自民党が方針を固める!安保法制の成立を目指して時間を多く確保!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6918.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
秋まで続くとは思いませんでしたね。反対派を消耗させる作戦とも取れる。こちらも力をためねば。
[ 2015/06/22 22:11 ] [ 編集 ]
安倍政権も過去最長になるよね
間に合わないもの

支援カルトの望みかなえるの
[ 2015/06/22 22:33 ] [ 編集 ]
ナチスのやり方で憲法違反の戦争法案を通してしまおうとする極右カルト「日本会議」の洗脳奴隷集団

その後押しをしているのはもちろんアメリカ・ナチス・シオニスト・グローバリスト

そしてナチスのやり方で戦争法案を通そうとしている極右カルト安倍自公政権を

作り出したのは実は日本国民ではなく常軌を逸したアメリカCIAによる不正選挙

戦争法案どころか現在日本を占拠しているのはアメリカCIA犯罪者集団である悲劇

アメリカCIA政党・自民党清和会売国議員がどんなに違法行為を働こうが検察も

警察も裁判所もアメリカCIAの手先であるため逮捕・起訴・有罪は免れる

アメリカCIA政党の売国議員自身がマスコミで堂々と発言しているのだから

この国は既に法治国家ではないことが明らかになったようなもの
[ 2015/06/22 22:40 ] [ 編集 ]
参考条文はこれなのでよく見といて。
大事なのは2項と4項。
自民294公明31で480の3分の2の320を超えてる。
憲法改正の場面以外でも2/3は生きてくるんだよね。
自民から10人くらい造反すれば法案を潰せるんだけどそうなったら参議院で強行採決か。

日本国憲法 第59条
1 法律案は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる。
2 衆議院で可決し、参議院でこれと異なつた議決をした法律案は、衆議院で出席議員の三分の二以上の多数で再び可決したときは、法律となる。
3 前項の規定は、法律の定めるところにより、衆議院が、両議院の協議会を開くことを求めることを妨げない。
4 参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて六十日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。
[ 2015/06/22 22:48 ] [ 編集 ]
どんなに会期を延ばそうと憲法違反である事実は変わりません。

平和憲法を自ら守らない政府は、

法治国家ではなく放置国家という証明になるだけですね。
[ 2015/06/22 22:50 ] [ 編集 ]
岸信介みたいに包囲したれ
[ 2015/06/22 22:52 ] [ 編集 ]
民主主義という欠陥体制
国民がアホなら戦争に進む、ヨーロッパを見てみぃ
人権先進国()・民主主義先進国()があの様だ、もうじき世界から民主主義が無くなり新たな社会体制が出来るだろう
民主主義は新たな火種を生む体制に過ぎなかった、ヨーロッパは行き過ぎた人権主義・人道主義で内戦の根源になっている

人類は殺し合いを続けるしか無い
[ 2015/06/22 22:58 ] [ 編集 ]
関心が薄れるのが怖いですね。
しかし与党側が何か失敗をやらかす可能性もあると考えられます。
[ 2015/06/22 22:59 ] [ 編集 ]
国会延長経費1日3億円だって。
支払いは税金からなんだってさ!(T∀T)
[ 2015/06/22 23:06 ] [ 編集 ]
公明党から攻めていく?
[ 2015/06/22 23:06 ] [ 編集 ]
9条の会もしばき隊も東京デモクラシークルーも共産党もその他の団体も憲法学者も一般人も関係なく集まれるデモが有っても良いよな
反対派が皆一箇所に集まれば相当な数になる
[ 2015/06/22 23:09 ] [ 編集 ]
速報、朝日新聞が、安倍内閣支持率39%国民が覚醒してしまいましたね。国民はバカじゃない。安倍内閣は、安保法制をいったん白紙にしないと、どんどん内閣支持率が下がりますよ。
[ 2015/06/22 23:11 ] [ 編集 ]
公明党(創価学会)て、戦争大賛成なんだ! 釈迦は人間の殺しあいが見たいと言う教えなの?
[ 2015/06/22 23:15 ] [ 編集 ]
公明党というより創価学会の奥様たちを攻めていくほうが。平和の党がゆらいでいてさすがに騒然となったらしいから。
[ 2015/06/22 23:17 ] [ 編集 ]
無理無理
創価信者が身近にいる奴ならわかると思うがどっぷり洗脳されてる奴なんか全然話にならないからな
創価学会は洗脳でガッチリです!
[ 2015/06/22 23:21 ] [ 編集 ]
政治家なんていなくなればいいのに。ホントに国の為にと思うならボランティアでやればいい。学校のPTAみたいにね。
[ 2015/06/22 23:23 ] [ 編集 ]
公明党(創価学会)の聖教新聞で、日本を守る為に戦争に行こうとでも洗脳してるの?
[ 2015/06/22 23:28 ] [ 編集 ]
“集団的自衛権”というのは、【戦争する事】なんです。
元レンジャー隊員「もう一度安倍総理には言いたいです。集団的自衛権という言葉を使わないで下さい。

http://kingo2.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

“集団的自衛権”というのは、【戦争する事】なんです。

幼い子どもであろうとお年寄りであろうと、殺すのが戦争です」

これで本当に自衛隊が戦地にいくようになれば、誰が手を挙げて自衛に入隊するんですか?

自衛隊員が集まらなかったら、次はどうするんですか?

徴兵制じゃないんですか?

(国民の)生命と財産は脅かされますよ!

テロで日本が、或は50数カ所の原子力発電所が狙われる可能性、格段に上がりますよ!
[ 2015/06/22 23:29 ] [ 編集 ]
延期でかかる額ハンパじゃないけど無理矢理延ばしたね、しかも9月とか異常な延長。

マジで増税した分無駄に使いまくってるだけだぞ、安倍は。
[ 2015/06/22 23:34 ] [ 編集 ]
戦争にとりつかれた男~安倍晋三
http://blog.goo.ne.jp/1usuyama-2touyako/e/8e48075f5dd10af108eb9d0e3017e377

安倍晋三の本音
(1)戦死者(英霊)を出してこそ真の軍隊(自衛隊)

(2)一流の軍隊(自衛隊)を持った一流の国づくりへ 

(3)安倍晋三とその側近や周辺が陥っている「皇国史観」という異様な迷信

(4)憲法九条は人類の希望ーこれを捨てて「普通の国」(欧米並みに戦争が出来る国)になってはいけない
[ 2015/06/22 23:38 ] [ 編集 ]
堂々と国民投票にかけろ
姑息な自民党
[ 2015/06/22 23:42 ] [ 編集 ]
朝日で安倍内閣支持率39%


朝日新聞社が20、21両日に行った全国世論調査(電話)によると、安倍内閣の支持率は39%で、前回(5月16、17日調査)の45%から下落した。
支持率の40%割れは昨年11月22、23日の調査と並んで、第2次安倍内閣発足以降最低だった。
安全保障関連法案への賛否は、「賛成」29%に対し、「反対」は53%と過半数を占めた。同法案が内閣支持率に影響したとみられる。

安倍内閣の不支持率は37%(前回32%)。今回、内閣支持率は女性での落ち込みが大きく、前回の42%から34%に減少。
不支持率も37%と前回の31%から増え、支持と不支持が逆転した。女性での逆転は昨年11月29、30日の調査以来だ。

集団的自衛権の行使容認を盛り込んだ安保関連法案については、憲法学者3人が衆院憲法審査会で「憲法違反だ」と指摘したが、こうした主張を「支持する」と答えた人は50%に達した。
他方、憲法に違反していないと反論する安倍政権の主張を「支持する」という人は17%にとどまった。
安倍晋三首相は法案について「丁寧に説明する」としているが、首相の国民への説明は「丁寧ではない」という人は69%。「丁寧だ」の12%を大きく上回った。
安保関連法案をいまの国会で成立させる必要があるか聞くと、「必要はない」が65%を占め、前回調査の60%から増えた。逆に、「必要がある」は17%だった(前回23%)。
法案に「賛成」という人でも、今国会成立の「必要がある」と答えた人が49%いる一方、「必要はない」は37%と、一定数を占めていた。
安倍政権と与党は通常国会の会期を9月27日まで延長して今国会での成立をめざすが、今国会成立に賛同する意見は少ない。

日本年金機構から年金加入者と受給者の個人情報が流出した問題についても聞いた。安倍政権の対応を「評価する」は9%、「評価しない」は64%。
「評価しない」という人でも31%が内閣を支持しており、この問題の支持率への影響は今のところ大きくはないとみられる。

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20150622004385_comm.jpg
http://www.asahi.com/articles/ASH6Q4W40H6QUZPS003.html
[ 2015/06/22 23:49 ] [ 編集 ]
安保法制より、一票の格差是正をしなければ次の選挙はできない。
[ 2015/06/23 00:06 ] [ 編集 ]
「色々と汚い手段を使ってくる可能性も考えられますし」って、管理人さん、鈍すぎですよ!

95日間のこれからの長丁場。この間、民主党は対案も出さずにひたすら反対、反対とやるつもりでしょうか?

この長丁場、対案のひとつも出せないようでは、さすがに国民に見限られるでしょう。しかし、対案を出そうとすれば民主党は分裂必至。憲法9条があるから大丈夫でも民主党は分裂必至。個別的自衛権で・・・でも民主党は分裂必至。未だに党内の意見がまとめられていません。

一方、維新は対案を出すことが決定していますから、こういう悩みはない。

これは、野党分断かつ民主党潰しの一手でもあります。対案を出せない民主党VS対案を出す維新で野党間の潰し合いがあるかもしれません。

いずれにせよ、明日以降、民主党がどう反応を示し、どう行動するのかが行く末を占うキーとなるでしょう。口先だけで何とかしようとするのなら・・・民主党完全終了のお知らせとなります。
[ 2015/06/23 00:06 ] [ 編集 ]
2015/06/22 23:28
創価はしらない

でも自民支援の宗教統一教会のwikiでも見てくれば色々と理解できるよ
[ 2015/06/23 00:20 ] [ 編集 ]
またうちの留守番電話になにやらアンケート質問が吹き込まれていた。
留守番電話はカットする機能はない自動音声アンケートのようです。

昼日中家にいる人だけにアンケートするなよ…自動音声なら夜でもできるのに変なの
[ 2015/06/23 00:22 ] [ 編集 ]
23:29さん
集団的自衛権を持ってる国はすべて徴兵制?

あ、日本以外全ての国が集団的自衛権を持ってるから
日本以外は全て徴兵制なのかねぇ?

集団的自衛権を行使できるようになると徴兵制になると言うような、ちょっと考えれば"嘘つけ"ってなる事を平気で書くのは止めましょう。
[ 2015/06/23 01:50 ] [ 編集 ]
安倍内閣は、勝手気ままの好き放題!非常識内閣だ!
[ 2015/06/23 06:57 ] [ 編集 ]
憲法改正は母である安倍洋子と祖父、岸信介の悲願達成の為。私情で動く政治家というのも呆れる、しかも首相という悲劇。
[ 2015/06/23 07:40 ] [ 編集 ]
水面下でどう動いてるかだな。

野党と国民は、アホを頂点とした烏合の衆とマスゴミ+米帝共とどう立ち合うか?
[ 2015/06/23 08:15 ] [ 編集 ]
70年談話は“私的見解”に 「安保」狂い生じた安倍首相の窮地
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/161019
2015年6月23日 日刊ゲンダイ

安倍首相がいよいよ追い詰められてきた。戦後70年談話を「閣議決定」しない方向で調整に入ったという。

日本政府の公式見解ではなく安倍首相“個人”の見解ということにすれば、過去の植民地支配への謝罪などを盛り込まなくて済む――ということらしい。

なんとも姑息な発想だが、こうした“奇策”が出てくるのは、安保法案の審議で、安倍首相の描いたスケジュールが大きく狂った焦りの裏返しだ。

「もともと70年談話は、必ず出さなくてはいけないものでも何でもなかった。しかし、安倍さんは戦後50年の村山談話の謝罪イメージを上書きして薄めたいことに加え、小泉元首相が60年談話を出していることへの対抗心もあって、70年談話に固執した。こんなことになるなら、出すなんて言わなきゃよかったんです」(自民党関係者)

安倍首相の当初の想定では、70年談話を出す「終戦の日」(8月15日)までに安保法案を成立させるはずだった。いわゆる「戦争法案」の審議中に謝罪ナシの談話を出せば、中韓の反発は必至で、そのハレーションが審議に影響するのは確実。そこで、安倍首相は橋下徹大阪市長を利用してでも維新を取り込んで、早期の安保法案成立を目指した。

しかし、安保法制の維新の対案は政府案と離れすぎていて、スンナリ修正というわけにはいかない。そのうえ、そもそも衆院審議はいまだ51時間にとどまり、今月中の衆院通過は物理的にもムリ。どうあがいても8月15日以前の成立は不可能となったのだ。

結局、会期延長は8月15日を越え、衆院での再可決の60日ルールを見込んだ9月下旬までの大幅延長となった。

政治評論家の野上忠興氏がこう言う。

「70年談話を『私的見解』にすることを検討していると知り、またか、と思いましたよ。

安倍さんはいつも威勢のいいことをブチ上げて、都合が悪くなると、裏口からコソコソ逃げるようなやり方をとる。

憲法改正の発議に衆参それぞれ3分の2以上の賛成を必要としている憲法96条の見直しも尻すぼみ。憲法改正そのものも解釈変更でごまかす。全員を返すと宣言した北朝鮮拉致問題も何も動いていません。

いずれにしても、『安保法制は違憲だ』と憲法学者3人が国会で断言したのをきっかけに、潮目が変わり、安倍首相の工程表はことごとく崩れた。順調に航路を進んできたつもりでしょうが、ここへ来て、急速に舵が重くなり、絡まり始めたように思います」

「違憲」の声の拡大で支持率が下落し、安倍首相はイライラが募っているという。

安保審議が9月まで長引けば、安倍首相のデタラメ答弁はますます強調され、支持率がさらにガタ落ちする可能性は高い。最近、国会の審議途中にトイレに立つ回数が増えているという。安倍首相は窮地に立たされた。
[ 2015/06/23 08:40 ] [ 編集 ]
>一方、維新は対案を出すことが決定していますから、こういう悩みはない。

対案を出して、“修正協議”に入り、
維新が賛成して、
可決
の可能性が高い。

“特定秘密保護法”と同じ。
みんなの渡辺自民党は、壊滅し、
維新は石原(次世代の清和会)と、橋下に割れた。

対案ではなく【廃案】にするのが当然。


>集団的自衛権を行使できるようになると徴兵制になると言うような、ちょっと考えれば"嘘つけ"ってなる事を平気で書くのは止めましょう。

集団的自衛権を行使すれば、
自衛隊志願者が減り、
戦 死すればさらに減る。

減った人員は、どこから補充する?
韓国のように【徴兵制】の出来上がり。

安倍晋三「韓国と兄弟のようになりたい」
ネトウヨ「ぐぬぬ」


安倍首相、06年に朴氏に親書

(第一次安倍政権)

 24日付の韓国紙、ソウル新聞(早版)は朴槿恵(パク・クンヘ)次期大統領が2006年、遊説中に暴漢に襲われて傷を負った際、

官房長官だった安倍晋三首相がひそかに親書を届けていたと報じた。

掲載した親書の写しの写真によると「暴力行為に対する深い悲しみと強い懸念」を表明した上で、朴氏の回復が早く、早期に政治活動を再開したことを受け、安心したと記している。
日韓関係にも触れ「最終的には兄弟や姉妹の関係のように築きあげることができることを望む」と締めくくっている。(ソウル支局)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2308J_T20C13A1FF1000/

[ 2015/06/23 08:47 ] [ 編集 ]
マスゴミに番組苦情で自民党寄りのコメンテーター出すな!と言ったら、ある番組では出なくなった。視聴者の声は結構効果あるから、反安倍さん達は、電話かメールしたらいい。
[ 2015/06/23 09:54 ] [ 編集 ]
明日6月24日が宗主国様に約束した日。

約束が果たせなかったら現政権中枢が宗主国様にどんな罰を受けるのか楽しみw

総理は前回は下痢で退陣だったが、今度は?w
[ 2015/06/23 12:35 ] [ 編集 ]
戦死すればさらに減る

減るから徴兵制

憲法で認められていると、おたくらが勝手に解釈している個別的自衛権による戦争による戦死によっても自衛隊に入る人が減るから、徴兵制になるんだよな?
じゃあ、集団的自衛権の有無は関係ないじゃん

まずは、個別的自衛権も放棄しないと、攻められたらすぐに白旗
或は国防は全てアメリカに守ってもらう
とりあえず、日米安保は合憲だと認められてるからよ

そうなると、自衛隊も要らんな
[ 2015/06/23 12:48 ] [ 編集 ]
12:48 アタマ悪すぎ。あんたは安倍シンゾーか
[ 2015/06/23 13:14 ] [ 編集 ]
70年無事でした
他人のケンカに入らなかったからね!

一方、仮に集団的自衛権を70年間で全て行使していたら何回戦争参加しないといけなかったのかな?
[ 2015/06/23 13:26 ] [ 編集 ]
とうのアメリカが徴兵制じゃないという事で終了
あと、戦後70年の間に戦争に参加して戦死者を出した国が、その死により人が集まらなくなって徴兵制になったという話を聞いた事があるのか?
[ 2015/06/23 13:48 ] [ 編集 ]
アメリカは経済徴兵制です。貧困層が誰でもなれる唯一の公務員が兵隊。

WWⅡの時の徴兵制とは違う徴兵制に日本もなるかもね

ところで、アメリカはもう予算を軍事にだけかけたくない、かけられない。
でも世界の警察だからね、面倒ごとはパシりにやらせよう。

ところが、
パシりが十分な軍備と兵士を持ってないだとう?!とお怒り

→→憲法が邪魔だとう?なら憲法変えてでも軍隊持てるようにしなはれ!

…ってのが根本じゃないの?

その為には中韓の脅威を煽りなはれ!
ネット対策に金を惜しむことなかれ!

じゃないの?

[ 2015/06/23 14:48 ] [ 編集 ]
書き忘れ捕捉

ところが、
パシりが十分な軍備と兵士を持ってないだとう?!とお怒り
→→憲法が邪魔だとう?なら憲法変えてでも軍隊持てるようにしなはれ!



ところが、
パシりが十分な軍備と兵士を持ってないだとう?!海外派兵は憲法上できないだとう?!
とお怒り

→→憲法邪魔なら変えてでも軍備増強して海外派兵できるようにしなはれ!
[ 2015/06/23 14:58 ] [ 編集 ]
徴兵制とか国会議員も含め頭の悪い議論をしている方が多いですね。誰でも理解できるようにひとつ問題を出して差し上げましょう。

【問題】

中国への対応として、あなたが最も合理的だと思う選択肢を選んでください。


選択肢1番 徹底抗戦 

この場合、日本という国を守ることができるかもしれませんが、多くの命が失われることになります。手足を縛った状態で核保有国であり軍事大国である中国と戦うことはできませんから、たとえ憲法違反になろうとも、国を守るためにありとあらゆる手段をとることになります。


選択肢2番 戦わずに降伏(戦争になる前に併合を申し込む) 

この場合、日本という国は確実に無くなりますが、誰の命も失われません。憲法9条を完全に遵守できる最も平和的な対応策といえます。憲法を守りたい、戦争はしたくないという民意にも完全に合致します。


選択肢3番 出来るところまで抵抗したうえで降伏

この場合、多くの命が失われる上に、国も失うことになります。個別的自衛権で憲法9条をにらみながら戦うということは、手足を縛った状態で核保有国と戦うということですから、無謀な戦いとなります。負け戦が確定的=降伏が確定的ですから、犠牲を払ったあげくに、何一つ手に入らない最も愚かな選択となります。


安倍政権が否定された今、日本国民が取りうる選択肢は2番しかありません。戦わずに降伏(戦争になる前に併合を申し込む)のですから、徴兵制など心配する必要はないのです。もっと合理的に考えましょう。
[ 2015/06/23 15:07 ] [ 編集 ]
15:07さんの説明ですが頭のよいかたが書いたはずなのに意味がサッパリわかりません。
頭のよいかたならお馬鹿にもわかる書き方ができるはずです。
ところであなたは1に誘導したいのでしょうか?
[ 2015/06/23 15:18 ] [ 編集 ]
>とうのアメリカが徴兵制じゃないという事で終了


アホか!!徴兵制だよバカ
[ 2015/06/23 21:28 ] [ 編集 ]
〉アメリカは徴兵制だよ馬鹿

失敬々確かに徴兵制だわ
志願徴兵制っうやつな
日本もそれと同じ

今話てるのは、韓国のような強制徴兵制の話をしてるんですのよん
[ 2015/06/23 22:22 ] [ 編集 ]
分けて考えているのはあなただけ

経済格差酷くなるからね
更に国内テロリスクを考えると分ける意味はないですよ
[ 2015/06/24 09:37 ] [ 編集 ]
9回裏で10点差で負けてるのに、ルール変更して30回までやる様なもんですか?
まあ、点差は開く一方でしょうが。
[ 2015/06/24 22:20 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム