情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.06.29 00:33|カテゴリ:政治経済コメント(10)

【速報】欧州中央銀行(ECB)、緊急のギリシャ支援継続を決定!数日分の支援!同時に「決定を見直す準備がある」と表明!


s_screenshot29-06-2015 002642oiu


☆ギリシャ資金供給を継続=金融崩壊を回避-欧州中銀
URL http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2015062800016

引用: 
 【フランクフルト時事】欧州中央銀行(ECB)は28日、緊急理事会を開催し、ギリシャの銀行に対する資金供給の継続を決定した。欧州連合(EU)などのギリシャ金融支援は月末で終了し、同国政府がデフォルト(債務不履行)に陥る懸念が濃厚になっているが、ECBの決定により、週明け時点でギリシャの金融システムが崩壊の危機にひんする事態は辛うじて回避される公算となった。
 ECBは声明で「金融の安定を維持するため、ギリシャ中銀と緊密に協力する」と表明。ただ、預金流出で資金需要が増大しているにもかかわらず、供給上限を現行水準に据え置いたほか、今後の展開次第では「決定を見直す準備がある」とも指摘し、供給を制限する可能性をにおわせた。(2015/06/28-23:09)
:引用終了

☆EUがギリシャ支援延長を拒否、デフォルト濃厚に


☆ギリシャ 国民投票実施を承認 EUは支援延長を拒否(15/06/28)



今回のギリシャ支援はあくまでも目先の数日間だけという感じで、7月5日に行われるギリシャの国民投票の行方次第では見直しもあり得るとなっています。
また、国民投票でEUからの離脱を選ばなかったとしても、ギリシャ側がドイツ等が求めている財政見直しに応じるかは不透明です。ギリシャの破綻を回避するためには、7月5日の国民投票とその後の会議で欧州各国と合意する必要があります。

これは非常にハードルが高く、2015年1月の総選挙でEU側の求める政策に国民が「NO」と答えていることから、7月5日の選挙の時点でギリシャは離脱という決断をすることになるかもしれません。今年の総選挙で反対派がギリシャで勝利した時点で、このような未来は確定していたと言えます。

*ギリシャでは銀行に国民が押し寄せて預金の引き出しが相次いでいます。この影響を緩和する政策もなく、投票でEU滞在が決まっても銀行の問題が噴出することになるかもしれません。

関連過去記事

☆デフォルト騒動のギリシャ、顧客の預金凍結も!資本規制の導入を検討!来月には数百億円相当のサムライ債(日本)の期限!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7000.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
そもそもギリシャ中央銀行が問題ではないのか?世界中の中央銀行システムをなくしてまともにすればいいんじゃねーの!
[ 2015/06/29 00:46 ] [ 編集 ]
もはや、出来レースとしか思えない。
デフォルト危機→ギリギリ回避 を繰り返して、何が狙いなんだろうね。

株価は乱高下すると、それによって利益が出るから、この騒動の陰で
大儲けしている連中がいるのかね。
[ 2015/06/29 01:04 ] [ 編集 ]
出来レースではないね。
こうやって折れてくるということはギリシャにかなりの理があるということ。
怠け者が野放図に身勝手にやっていることではなく、前例も哲学もそして国民的支持もあってやっていること。
民主主義と哲学発祥の国が世界最先端を走ろうとしているのかもしれない。
アイスランドのケース↓


主流メディアは報道しないが、既に、アイスランドで無血革命が進行している! 2012-04-14 13:44:09
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/6fa0fc682734232d9be55bde5ab42216

主流メディアが報道しないので、私たちはほとんど知りませんでしたが、アイスランドで、国民による無血革命が着々と進行しています。

アイスランドが2008年にデフォルトし、その際、借金を踏み倒したこと、そしてその後、わずか4年で、国債の格付けを投資適格まで引き上げるのに成功したことは、以前、お伝えしましたが。その他の詳細を、私も知りませんでした。ここまで進んでいたとはネ!

― 内閣総辞職
― 中央銀行国有化
― 経済に関する決定を、国民投票で
― 責任者たちを投獄
― 国民による憲法改正

何故、(奴らに支配された)主流メディアが報道しないかというと、もちろん、今、危ないギリシャやアイルランド、ポルトガル、スペインに、真似されると困るからですよね。でも、、、、、真似すると思いますよ。笑) 元々、国際金融ギャング団が、違法に、国家を罠にはめて、国の資産を乗っ取るために背負わせた借金なのですから。
[ 2015/06/29 01:14 ] [ 編集 ]
アイスランドの件
俺も一昨日ここにこの件書いたんだよな。
日本が抜け出せないようにTPPで縛ろうとしているよね。TPPって一度締結したら、未来永劫抜けられないんだってね(恐)ヤクザの世界よりヤバイよ!
それを進めようとしている安倍自民って、ヤッパ売国だと思うんだな。
西側(自由主義・資本主義)に居ると思っているのって、とっても危険だと思うんだがなァ、、。
奴らは日本を仲間だとは考えていないよね。だって白人(アーリア人)だもん。
ヒトラーだって三国同盟結ぶ時「使える猿」って言ったって話だよね。
アメリカの歴代の大統領だって、同盟国だなんて殆ど思ってないよね。筆頭はアイゼンハワーだけどね。
[ 2015/06/29 01:54 ] [ 編集 ]
アイスランドの件は2012年に脱原発運動が最大に盛り上がったころよく言われたんだよな。
俺は今は亡き愛川欽也さんのパックインジャーナルで環境問題活動家の田中優さんが出演した回で初めて知った。
火山大国のアイスランドでは地熱発電が採用されててその発電機がなんと日本のメーカー製作のものということで日本も地熱発電をやるべきという話の一環で国民投票でいろんな改革を進めていることも紹介された。
安倍はこの道しかないとうそぶいてるけど、道はいろいろあるということだよ。
福祉政策関係で北欧諸国のことはよく紹介されるけどアイスランドのことはパックインジャーナルのような放送や一部のネットでないと紹介されない。
この機会にまたみんな思い出すといい。
そう言えばアイスランドは軍隊を持たない国でしかも冷戦期にあった米軍基地を撤収させた国でもあったな。
規模が小さい国だから日本がそのままマネできるとは思えないが。
[ 2015/06/29 02:09 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> アイスランドの件は2012年に脱原発運動が最大に盛り上がったころよく言われたんだよな。
> 俺は今は亡き愛川欽也さんのパックインジャーナルで環境問題活動家の田中優さんが出演した回で初めて知った。
> 火山大国のアイスランドでは地熱発電が採用されててその発電機がなんと日本のメーカー製作のものということで日本も地熱発電をやるべきという話の一環で国民投票でいろんな改革を進めていることも紹介された。
> 安倍はこの道しかないとうそぶいてるけど、道はいろいろあるということだよ。
> 福祉政策関係で北欧諸国のことはよく紹介されるけどアイスランドのことはパックインジャーナルのような放送や一部のネットでないと紹介されない。
> この機会にまたみんな思い出すといい。
> そう言えばアイスランドは軍隊を持たない国でしかも冷戦期にあった米軍基地を撤収させた国でもあったな。
> 規模が小さい国だから日本がそのままマネできるとは思えないが。



軍隊は無いが、武力を持っていないわけではありません。実際にタラ戦争では沿岸警備隊がイギリス軍と戦い、警察や沿岸警備隊はかなりの重武装です。人口が30万人しか居ないから、軍隊を持つほどの余力が無いのも大きい。
[ 2015/06/29 02:15 ] [ 編集 ]
デフォルトしたほうがいいのにBBCとかも現地いって市民に不安を煽るような報道してるのが笑える。メディアがギリシャ国民に圧力をかけてる。もしデフォルトされてうまく行かれるとスペインとか続く可能性が出てきて困るんだろう。少し前になるけどロシアもデフォルトしてから回復が早かったらしい。
[ 2015/06/29 06:07 ] [ 編集 ]
自作自演デフォルトかな!?
[ 2015/06/29 08:26 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 自作自演デフォルトかな!?

何でもかんでも自作自演って、頭が悪いのかな?
[ 2015/06/29 08:34 ] [ 編集 ]
アイスランドに続いて中央銀行を拒絶し、通貨発行権をとりもどしたハンガリーにも注目しています。
こちらもかなり大掛かりな情報隠蔽が行われているようです。
[ 2015/06/29 08:54 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム