情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.07.30 17:00|カテゴリ:政治経済コメント(17)

【譲歩】TPP交渉、小麦の関税が事実上削減へ!乳製品などで妥協も!TPP閣僚会合2日目で方針!EEFなどの団体が著作権分野に懸念


20150730072142opiu4.jpg
20150730072045oapdi1.jpg
20150730072059uyyu2.jpg
7月29日からTPP(環太平洋経済連携協定)の閣僚会合が開催されていますが、日本やアメリカなどの各国が今も交渉を続けています。2日目の今日はニュージランドと日本側がバターの輸入枠を増やす方針で合意し、小麦なども輸入量を増やすとしました。
日本は国内の産業や市場を守るために関税を設定していますが、今回はその多くでアメリカやオーストラリア、ニュージランドなどに譲歩すると発表しています。

一方で、法律を専門に活動を行っている非営利組織である電子フロンティア財団(EEF)は、TPPの著作権分野に懸念を表明しました。TPPでは著作権の保護期間を約70年と定め、原作者とは関係のない第三者も著作権侵害(非親告罪化)で提訴することが可能となります。
EEFはこのようなTPPの取り決めがコンテンツの範囲を縮小することになると指摘しました。


☆小麦の関税、事実上削減へ=日本、米豪などと調整―大筋合意目標を共有・TPP交渉
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150730-00000010-jij-pol

引用:
時事通信 7月30日(木)2時31分配信
 【ラハイナ(米ハワイ州)時事】環太平洋連携協定(TPP)交渉の米国やオーストラリアなどとの協議で、日本が輸入小麦について事実上の関税削減に踏み切る方針であることが分かった。
 複数の交渉筋によると、政府が製粉会社などに小麦を売り渡す際に輸入価格に上乗せする輸入差益を圧縮する方向で調整に入った。
:引用終了

☆TPP閣僚会合2日目 大筋合意目指し協議続く
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150730/k10010171511000.html

引用: 
ハワイで開かれているTPP=環太平洋パートナーシップ協定の閣僚会合は30日、2日目を迎えました。甘利経済再生担当大臣はマレーシアなどと2国間の閣僚級協議を行い、難航してきた国有企業と民間企業の公平な競争条件の分野などで、交渉全体の大筋合意に向けて歩み寄りを求めたものとみられます。
:引用終了

☆電子フロンティア財団(EEF) TPPへの懸念
URL https://www.eff.org/deeplinks/2015/07/tpp-undermines-user-control-and-thats-disastrous-accessibility

20150730071729apsdipo.jpg








今のところ日本側がアメリカから勝ち取ったと言えるのは和牛の輸出拡大くらいです。輸出の規模や金額では小麦よりも遥かに小さく、気休め程度だと言えます。

既に日本はTPP交渉で敗北が決定しているような状態で、後は「如何にそのダメージを減らすのか?」という感じです。一番良いのは日本がTPPから脱退することですが、それはアメリカなどの国々が許さないと思います。

関連過去記事

☆【ヤバイ】安倍政権がTPP交渉でアメリカの要求を丸呑み!医療や著作権、米輸入、関税、ISDS条項で譲歩へ!28日に最終決着
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7375.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
これを機に、ゴキブリさえ寄り付かないマーガリン文化を捨てて、みんなバターに切り替えるべきだ!!
[ 2015/07/30 17:05 ] [ 編集 ]
ならば国民がTPP脱退を訴えていくしかないだろうよ
[ 2015/07/30 17:46 ] [ 編集 ]
いいことだ。小麦、乳製品の放射能汚染は凄まじいと聞く。いいね!汚染作物は食いたくねーんだよ。モンサント以外の農業関係の企業はどんどん加わってくれ。
[ 2015/07/30 17:57 ] [ 編集 ]
TPPは、日本の財産権をアメリカに無条件で、売り渡す売国奴=政策である。
[ 2015/07/30 17:59 ] [ 編集 ]
随分弱気だな。

首相 北朝鮮への制裁強化に慎重な考え

安倍総理大臣は、参議院の特別委員会で、北朝鮮による拉致問題について、「『やっとつかんだ糸口は離してはならない』という観点から、
北朝鮮側に誠実な対応を促していく」と述べ、北朝鮮に対する制裁の強化には慎重な考えを示しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150730/k10010172081000.html
[ 2015/07/30 18:45 ] [ 編集 ]
一番良いのは日本がTPPから脱退することですが、それはアメリカなどの国々が許さないと思います。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



管理人、何訳分からんこと書いとんの。
これマジ見解?

それなら笑うぞ。

売国自民党がここに来て辞めるわけねーだろ。
(裏では既に決まっていて、全て茶番)


楽観論はいらない。

もっと鋭い考察お願いします。
[ 2015/07/30 18:58 ] [ 編集 ]
ネトウヨさん、TPPに反対だったはずだよね?
どうすんだよこれ
[ 2015/07/30 19:14 ] [ 編集 ]
環太平洋汚染の賠償だから

負けて当然



[ 2015/07/30 19:31 ] [ 編集 ]
TPPを扱ったまとめサイトがなさすぎて怖い
どれだけ・・・
[ 2015/07/30 19:36 ] [ 編集 ]
>いいことだ。小麦、乳製品の放射能汚染は凄まじいと聞く。いいね!汚染作物は食いたくねーんだよ。モンサント以外の農業関係の企業はどんどん加わってくれ。

↑またこの人は同じことを懲りずにまあ…そんな都合よくモンさん親びんを除いて~、なんてできるわけないのに
[ 2015/07/30 19:47 ] [ 編集 ]
>もっと鋭い考察お願いします。

TPPは加入国すべての同意がないと抜けられない。だから
アメリカ以外の参加国をすべて説得してアメリカにNOを突き付けるしかないな
この時こそ安倍が海外にばらまいた50兆をチラつかせて駆け引きの道具にすべきだろう
そしてそれをやるのは自民党以外のなにかだ。まずは自民を引き摺り下ろすのが先決
[ 2015/07/30 19:51 ] [ 編集 ]
TPPの危険性を分かりやすく解説した中野剛志氏は全力でディスられ中
[ 2015/07/30 19:55 ] [ 編集 ]
>↑「NOを突き付ける」「自民党以外のなにか」

TPP参加表明したのは民主党野田政権下だったしな。
もう「なにか」という選択肢しかないのか。

政権交代に夢見るのも限界だな。
[ 2015/07/30 21:04 ] [ 編集 ]
日本国に損害を与えた政府、官僚、議員に賠償請求をできないの?
日本国民の税金が原資の給料返還させるとかね。

学者、弁護士さん、政府と闘ってるふりだけでなく、実質的なことを、手遅れになるまえに、、
[ 2015/07/30 21:39 ] [ 編集 ]
我が国がTPP協定交渉に参加します。

安倍総理は、平成25年3月15日、TPP協定交渉への参加を表明しました。

<総理の発言>
本日、TPP/環太平洋パートナーシップ協定に向けた交渉に参加する決断をいたしました。その旨、交渉参加国に通知をいたします。
国論を二分するこの問題について、私自身、数多くの様々な御意見を承ってまいりました。そうした御意見を十分に吟味した上で、本日の決断に至りました。なぜ私が参加するという判断をしたのか、そのことを国民の皆様に御説明をいたします。…
[ 2015/07/30 21:40 ] [ 編集 ]
安倍擁護工作員 TPP反対もただのポーズ 
反対なんかしてない。裏で<著作権保護>にだけ異常に反発 > 安倍擁護工作員
>> ネトウヨさん、TPPに反対だったはずだよね?

X)ネトウヨ = そんなものは実在しない。まやかし造語。

○)自民党ネットサポーター = ニコニコ麻生ちゃんねる工作員
[ 2015/07/31 05:24 ] [ 編集 ]
★ヒロ wrote
>> もっと鋭い考察お願いします。
お説もごもっとも。残念ながらここも匿名掲示板のかたち、
まじめな「考察」には向きません。
また編集も諸々追求していくと不都合な部分があるのだと思います。
ここも見ながら? 他のSNS 系やtwitter で議論されるのが吉 かも。

*サイトアクセスする時は java クッキー off デフォルト!で
*気をつけてね。
[ 2015/07/31 08:25 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム