情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.08.06 20:00|カテゴリ:政治経済コメント(31)

広島原爆投下、アメリカ人の考え方に変化!若い年代の半数が「間違っていた」と回答!年寄りと意見が割れる!海外メディアも正当化に疑問


20150806192857sdpof.jpg
原爆投下から70周年ということで、アメリカの調査会社がアメリカ人の意識調査をしたところ、若い世代と年寄り世代の間で意見が割れている事が分かりました。

調査結果によると、広島と長崎に原爆を投下した判断を「正しかった」と回答した人は全体の45%で、18~29歳の若年層では45%が「間違っていた」と回答していたとのことです。
65歳以上の年配世代は65%が「正しかった」と回答していることから、若い世代を中心に原爆投下への批判の声が高まっていると見ることが出来ます。

第2次世界大戦から米ソ冷戦の時期にかけて、アメリカ政府は軍事や核を正当化する大量のプロパガンダ(宣伝・広告)をバラ撒いていました。この影響を受けた世代は核兵器の使用に反発の感情が少なく、それが原爆投下の肯定に繋がっている可能性が高いです。

また、若い世代はインターネット等で情報を見ることが出来るのも大きいと言えるでしょう。海外メディアからも広島原爆投下を正当化しているアメリカに批判の声が上がっていることから、この意見の差は更に拡大することになりそうです。


☆原爆投下に対するアメリカ人の見方に変化が
URL http://www.newsweekjapan.jp/stories/us/2015/08/post-3827.php

引用:
インターネットマーケティングリサーチ会社の「YouGov(ユーガブ)」が先月発表したアメリカ人の意識調査によると、広島と長崎に原爆を投下した判断を「正しかった」と回答した人は全体の45%で、「間違っていた」と回答した人の29%を依然として上回っていた。

 しかし調査結果を年齢別に見ると、18~29歳の若年層では、45%が「間違っていた」と回答し、「正しかった」と回答した41%を上回った。また30~44歳の中年層でも、36%が「間違っていた」と回答し、「正しかった」と回答した33%をわずかに上回った。

 それよりも上の年齢層では、やはり原爆投下を「正しかった」と考える人が多数を占め、45~65歳では約55%、65歳以上では65%が「正しかった」と回答した。

 今回の調査では、特に29歳以下の若年層で原爆投下に関する意識が大きく変化していることがわかった。これまでアメリカでは、原爆投下を肯定する意見が世論の大半を占め、世論調査機関ギャラップが戦後50年に実施した調査では59%が、戦後60年の調査では57%が原爆投下を支持していた。
:引用終了

☆原爆投下、正当化に疑問=英BBCの広島70年報道
URL http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015080600066

引用:
 【ロンドン時事】英BBC放送は5日、広島への原爆投下70年に際し、生存者の証言などを詳しく報じた。報道に当たった東京特派員は電子版の記事で、「戦争を終わらせるために必要だった」という米側の「消毒された物語」について、「恐るべき人的被害をほとんど顧みていない」と疑問を呈した。
:引用終了

以下、ネットの反応































関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
天皇とトルーマンの打ち合わせがあったから日本も悪い。
[ 2015/08/06 20:06 ] [ 編集 ]
あ!日本が安保やってくれるようリップサービスね、はいはい。
アイアムジャスティスの国はこれだから。
[ 2015/08/06 20:07 ] [ 編集 ]
沖縄に続いて広島でも「帰れ!」とヤジられる安倍晋三
http://www.youtube.com/watch?v=L8GLiW-62s8

「安倍は帰れ!」のヤジが聞こえる。
[ 2015/08/06 20:10 ] [ 編集 ]
安倍首相、広島平和式典のあいさつから「非核三原則」を初めて抹消
安倍晋三首相は6日、原爆投下から70年を迎えた広島市で開かれた平和記念式典に出席し、
あいさつで「非核三原則」に触れなかった。平和記念式典には1994年以降、歴代の首相
が出席してあいさつしているが、国是とされる「非核三原則」を盛り込まなかったのは初めて。
式典終了後、被爆者代表からの要望を聞く会では政府の基本的な考えとして「非核三原則を堅
持する」と述べた。

http://mainichi.jp/select/news/20150806k0000e010213000c.html
[ 2015/08/06 20:20 ] [ 編集 ]
んー

これあれか


世界に育った若い本物の親日の人たちを
安倍政権で避けられない何か起こさせ裏切らせる流れか
[ 2015/08/06 20:27 ] [ 編集 ]
>アメリカの所謂保守派は多分「最近の若い者は歴史を知らん。日本はヤバい国」と嘆くのだろうけど、日本政府もまたその見方に迎合する様な態度を取っているから
これだからな
やっぱ絶対何か起きるわ
[ 2015/08/06 20:29 ] [ 編集 ]
今日もう一度広島に原爆が落ちればよかったのに
[ 2015/08/06 20:29 ] [ 編集 ]
日本は唯一の被爆国だ。だから他のどの国よりも自衛のために核兵器を持つ権利があると思う。一方的な核攻撃を受けるという「過ちは二度と繰り返さない」ために。
[ 2015/08/06 20:36 ] [ 編集 ]
日本に落とした爆弾のプルトニウムを精製したワシントン州『ハンフォード』(アラスカを除き首都から最も遠い)は、いまだに放射能汚染と70年たっても終わらない除染が続いている現実を知ると、結局のところ核兵器は加害者も被害者も放射能に苦しむのだと思い知らされます。

(核戦争の参考のためにハンフォードでは故意に放射性物質が流されたそうです…)

もちろん中・露・英・仏も似たり寄ったりで、核保有への安易な憧憬には決して賛同出来ないと思いました。

インターネットで各国の若者が情報を共有して、原子力を後世に残すべきかどうか考えられるようになるといいと思います。
[ 2015/08/06 20:37 ] [ 編集 ]
アメリカの若い世代:原爆投下は間違っていた
日本の若い世代:安倍政治は許さない

前途有望な若者たちだな。
[ 2015/08/06 20:39 ] [ 編集 ]
そうだよ、日米分離して喜ぶのはどこか考えて欲しい。日本の周りが敵国ばかりだからしょうがない。
[ 2015/08/06 20:40 ] [ 編集 ]
毎年繰り返される、戦争の真相を全く語らない、終生記念日の儀式と、死者への哀悼行事の茶番劇

 1945年7月、第二次世界大戦における敗北を認めた日本は、正式に米国に対し降伏の意志を伝えていた。

米国は日本の敗戦の意志表示を「無視」し、「無理矢理」、45年8月に広島、長崎に核兵器を投下し、日本人の大量虐殺を行った。

米国の言う「戦争を早く終わらせるため原爆投下を行った」等、全くのウソ、デマである。

米国は、核兵器の「威力の実験」のため広島、長崎の市民を人体実験にかけ、虐殺した。

これは、米国の「プルデンシャル一般大衆爆撃」と呼ばれる作戦の一部であり、「兵士ではない一般市民を、どの位、大量虐殺すれば敵が戦意喪失するか」の統計を取るための、広島、長崎への原爆投下の後の社会心理調査を行うという人体実験であった。

7月に日本の降伏の意志を知っていた米国は、原爆投下後、降伏の意志を受理し、即座に、調査員を日本に派遣し統計を取るための準備を行い、調査員達を待機させた上で、広島、長崎に原爆投下を実行した。

「統計調査のため」、米軍は広島、長崎への原爆投下を行った。

この「統計調査」を担当したのは、米国大統領直属の「心理戦争局」と呼ばれる部署であり、局長はエイブリル・ハリマン=前ブッシュ大統領一族が経営するハリマン銀行の社長であった。

ハリマンの「心理戦争局」は、黒人、日本人等の黄色人種を「絶滅」させるため、エイズ、天然痘、コレラ等の生物兵器を研究してきたニューヨークのハリマン優生学研究所を部分的に再編成し、そのまま大統領直属機関としたものであった。

この優生学研究所では、「人種衛生」学と呼ばれる研究が進められていた。「衛生」の意味は、黒人、日本人=黄色人種を「バイ菌」と呼び、その「バイ菌」を絶滅させる事を「殺菌消毒」すると呼び、「衛生管理」すると呼んでいた。

広島、長崎に投下された原爆は、バイ菌である有色人種=日本人を皆殺しにするための「殺虫剤」であった。

この局長ハリマンの妻が、元クリントン大統領=2016年の大統領選挙に出馬するヒラリー・クリントンの夫の政治資金集め責任者であった。

このクリントン人脈が、2015年、オバマ政権の中枢を、「占めている」。

この優生学研究所の創立者の一人、ウィリアム・ドレイパーjrが米国の戦争省の最高指揮官の1人として、広島、長崎に投下された核兵器の製造、「投下」の指揮を執った。

ドレイパーは、第二次世界大戦後、日米の軍事産業を「まとめ」、「日米兵器工業会」を結成し、ここが日本の自衛隊の持つ膨大な兵器、警官の持つピストル、日本への原子力発電所建設等の、売り込みの「窓口」になる。

自衛隊という軍隊を持った日本が、中国、北朝鮮と戦争を行い、アジア人同士が大量虐殺し合い、原子力発電所が事故を起こし、原子力発電所から生み出されるプルトニウムによって日本が核武装し、日本、中国、北朝鮮の間で核ミサイル戦争が起こり、アジア人・日本人が大量に死ぬ事は、ドレイパーの優生学研究所にとっては「極めて望ましい殺菌消毒」である。

このウィリアム・ドレイパーjrが、日米安保条約の起草者であり、この安保条約を拡大し安倍首相は集団的自衛権の行使を実現させようとしている。

集団的自衛権の行使によって、日本が世界各地・アジア各地に自衛隊を送り込み、中国・北朝鮮と戦争を起こし、アジア人・日本人が大量に死ぬ事は、ドレイパーの優生学研究所にとっては「極めて望ましい殺菌消毒」である。
[ 2015/08/06 20:51 ] [ 編集 ]
あきらかに内部に朝鮮国の御曹司の総理がいるんだけど
[ 2015/08/06 20:59 ] [ 編集 ]
なぜ日本は、米国に原爆投下に対する謝罪を求めないのか?
1945年8月6日に広島、そして8月9日に長崎に、米軍が原爆を投下してから、今年で70年になる。

両市の市長は、米国に対し謝罪を求めているが、日本政府は、そうした謝罪の必要性はないと考えているようだ。

当時広島と長崎では、何十万もの人々が亡くなった。そしてその後も長い間、さらに何十万もの人々が、放射線障害に苦しみ亡くなっていった。
そうした犠牲者の大部分は、一般市民だった。この事は、人島と長崎への原爆投下が、戦争犯罪である事を意味している。

しかし米国は、日本国民に謝罪をしてこなかった。そして日本当局も、日本のマスコミも、そうした謝罪を求めていないようだ。

ロシア科学アカデミー極東研究所日本調査センターのワレーリイ・キスタノフ所長は「そもそも、原爆投下というテーマに対するアプローチが、とても奇妙だ」と考えている。
彼は、ラジオ・スプートニク記者の取材に対し、次のように述べたー

「このテーマに対する日本のマスコミのアプローチは、とても一面的だ。
なぜ米国が、ああした野蛮な戦争遂行手段に頼ったのだろうかという原因究明の試みは、事実上なされなかった。

反対に、日本のマスコミや政治家達は、あらゆる方法でこの事実を避けているが、その中には、たくさんの人々の命を奪った非人間的行為をしたのは誰かについて、単に口をつぐもうとの試みが見て取れる。

原爆投下については、それがどの国によって製造されたのかといった言及はなく、抽象的に述べられている。
つまり米国という名は、直接出てこないのだ。その理由は簡単だ、米国は現在、日本政府の主な軍事的政治的同盟国だからだ。

そればかりか日本は、米国の核兵器に苦しんだ経験を持ちながら、現在米国の所謂『核の傘』の下にある。
米国は、多くの日本人にとって、中国の脅威が増している中、日本の安全を保障してくれる唯一の国と受け止められている。

日本国内で中国の軍事的脅威というテーゼが誇張され、日米安全保障条約に期待が集まっている今、日本の政治家達は、原子爆弾投下に対する米国の責任という尖鋭的問題を避けて通るのだろう。」

米国政府の公式的な立場は、広島と長崎への原爆投下は、日本の無条件降伏を早め、日本本土が決戦場となる事で米国兵や日本の一般人の多くの命が失われないよう、ああした決断をしたというものだ。

しかし米国の歴史家、例えば日系米人学者であるハセガワ・ツヨシ氏は「日本が無条件降伏をしたのは原爆投下ではなく、ソ連の思いもかけない対日参戦だ」と考えている。

つまり、米国の専門家も、非人間的な広島・長崎への原爆投下が軍事的に必要不可欠なものでなかったことを認めているという事だ。

おまけに内部告発サイト「ウィキリークス」が暴露した資料によれば、2009年オバマ大統領は、広島を訪れ、日本国民に公式的に謝罪するつもりだった。

この件についてオバマ大統領は、電話で藪中三十二(やぶなか みとじ)外務事務次官〈当時〉と討議した。
それ以外に、当時のヒラリー国務長官の指示で米国は、日本に公式書簡を送り、その中で、原爆投下に対しオバマ大統領が謝罪する意向を伝えた。

しかし、それに対し薮中外務事務次官は「そうした行為は時期尚早だ」として米国側の謝罪の考えを断念させた。

薮中氏の意見によれば、広島の平和式典にオバマ大統領が出席し、米国人によるあの野蛮な行為を日本人に改めて思い出させることは、米国との軍事同盟に反対する勢力の手に切り札を与えてしまう恐れがある、との事だった。

現在安倍首相は、日本の安全の重要な保証国として米国との同盟の強化に期待をかけている。
それゆえ、米国が原爆投下について日本に公式に謝罪するという問題が、近い将来、提起される事はないだろうと思われる。

http://jp.sputniknews.com/japan/20150803/690527.html
[ 2015/08/06 21:19 ] [ 編集 ]
>1945年7月、第二次世界大戦における敗北を認めた日本は、正式に米国に対し降伏の意志を伝えていた。

正式に、とはどのような方法・ルートで?
[ 2015/08/06 21:23 ] [ 編集 ]
以前スミソニアン博物館で原爆展やろうとしたら、米国人の反発受けて中止になったことがあった。「戦争を早く終わらせたから正しいことだった」と言うんなら、その自分たちの正しい行いを誇りを持って直視したらいいだろ、と当時皮肉ったものだった。結局、忌まわしい以外の何ものでもなかったということだね。
このような若者が増えたのは、被爆地の人々が世界に伝えようと努力してきたことも大きいんだろうな。伝え続けることが大事だね。
[ 2015/08/06 21:37 ] [ 編集 ]
アメリカはアホだよ
極東の政治バランスは日本のおかげで調律できてたのに狡猾なシナ人のロビー活動と
黄禍論におびえたレイシストの暴走によってしなくてもいい太平洋戦争を戦い
その結果朝鮮戦&ベトナム戦争、米ソ冷戦の泥沼にはまって膨大な軍事費に悩まされるようになった
しかも軍事支出がゼロになった日本は驚異的な経済発展を遂げ、アメリカの自動車産業が
駆逐されるに至ったと・・・そしてこのタイミングで原爆投下に非難が起こり始めていると。
何一つ得をしてないんだよな
70年前のアメリカにもちっと理性があれば戦後の極東情勢は穏やかだし
アメリカもこんな極端な格差社会は訪れていなかっただろうよ
[ 2015/08/06 21:53 ] [ 編集 ]
アメリカの歴史は軍需企業にとっては最高の利益をもたらしてきたのだろう
そして…これからも
[ 2015/08/06 21:57 ] [ 編集 ]
アメリカは占領国日本だけじゃ無く、自国民にも洗脳教育をしてきた。

それがこの現実だろうか。今の若い世代が目覚めたのだ。それを認められない年寄り世代が安倍や共和党支持だからタチ悪い・・・・・・・。
[ 2015/08/06 22:42 ] [ 編集 ]
日本もアメリカも教科書に載るのはプロパガンダだらけ!戦後から続く洗脳教育を見直す時期に来てるんじゃないのか!
[ 2015/08/06 23:56 ] [ 編集 ]
例え、教科書を改正したり改ざんしたとしてもこれだけネット社会になってしまった以上、嘘の教育は時間と共にバレてしまう。嘘で教育出来ない時代になったのさ。
[ 2015/08/07 00:02 ] [ 編集 ]
日米を完全に分離させたり敵対させたいわけないだろう
日本を奴隷国家にしたくないだけ
どことも敵対せずに、ほどほどの関係を保てればそれが一番だろ
[ 2015/08/07 00:15 ] [ 編集 ]
朝鮮統一カルト信仰政治家。
CIAの傀儡。イルの傀儡。売国奴。
[ 2015/08/07 00:27 ] [ 編集 ]
>[ 2015/08/07 00:15 ] 名無し の方へ。

>どことも敵対せずに、ほどほどの関係を保てればそれが一番だろ

まったくそのとおり!!
[ 2015/08/07 00:46 ] [ 編集 ]
米の原爆投下に協力していた日本の天ちゃん。そのかわりに、自分の命の保証確約できたんよね。戦後の演技力も大したもんだったな。流石、血は朝鮮だ。
日本史は嘘だらけ。
[ 2015/08/07 01:46 ] [ 編集 ]
70年かけてやっと半々って、逆に人としての民度を疑う。
[ 2015/08/07 13:25 ] [ 編集 ]
ここのバカウヨは、昭和天皇が原爆認める発言したことはスルーか。
[ 2015/08/09 11:48 ] [ 編集 ]
非戦闘員を虐殺した汚名、メリケンは永劫、背負っていけ
[ 2015/08/09 14:24 ] [ 編集 ]
非戦闘員を殺戮した汚名、メリケンは永劫、背負っていけ
[ 2015/08/09 14:24 ] [ 編集 ]
ななしのフライングタイガー
ルーズベルトの後ろ盾を得て、戦闘機100機とパイロット100名、200名の地上要員を米軍内から集める権利を取得、米軍内でパイロットを募集。隊員は高練度のパイロットだった。日米はいまだ中立関係であったが、実質、アメリカは日本軍への攻撃を開始していた。ルーズベルトは、戦争不参加を公約にしていたので、義勇兵に攻撃させていた。理由は、中国本土にアメリカの植民地を得たかったからだろう。
[ 2016/02/03 08:43 ] [ 編集 ]
ななし
バブル期の日本が米国債を売却するとアメリカを脅し、怒ったアメリカが八丈島を威嚇空爆、それに対して日本がリメンバー八丈島と言って、老人子供、妊婦もまるごとアトランタを焼き尽くす。広島、長崎はそんな感じのストーリーだ。共産国家であったソビエト連邦を国家として承認するなどの「善隣外交」を行ったルーズベルト。スターリンと仲が良く、もっとも怪しい大統領だ。ヤルタ会談後のが急死も疑問が多い。コミンテルンの暗躍がなければ、標準的なアメリカ人が、あそこまで差別主義者になり、権力や利権に固執することはなかっただろう。日本は中国から撤退するからアメリカの自由にしてでよければ、戦争にもならなかった。ソ連が満州や朝鮮を支配下にするために、あることないことデマを流したようだ。原爆投下、日本は被害者、救われたのは韓国。今頃は半島すべてロシアの一部だったはず。
[ 2018/11/13 11:37 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク