情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.08.27 18:40|カテゴリ:原発関連コメント(1)

福島原発の汚染水、新たにタンクの南側にも流出か!?南側の排水弁からも毎時16ミリシーベルト!


kijihyousi082700.jpg
新たに汚染水タンクが設置をしてある場所の南側からも、高線量の放射能を検出したとの情報が入って来ました。東電はこれから土壌を採取して、放射性物質を解析するため、現時点では「毎時16ミリシーベルトを観測した」ということ以外は不明です。

既にこの前に300トンの汚染水漏れが確認されたタンクとは別の2ヶ所からも汚染水漏れが判明していることから、更に汚染水が漏れているタンクが存在している可能性があります。汚染水タンク1基には広島原爆を超える量の放射性物質が含まれているため、これは非常に危険な事態であると言えるでしょう。


☆福島第一原発の汚染水、タンク群南側にも流出か
URL http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130826-OYT1T01088.htm

引用:
 東京電力は26日、福島第一原子力発電所のタンクから漏れた汚染水300トンについて、タンク群の北東側だけでなく、南側にも流出して周辺土壌を汚染した可能性があると発表した。
 タンク群を囲むせきの24か所に設けられている排水弁のうち、これまでは北東側の2か所から外部へ漏れ出したとみられていた。しかし、南側の排水弁でも最大で毎時16ミリ・シーベルトの高い放射線量が計測されたという。
(2013年8月26日21時23分 読売新聞)
:引用終了

☆H4タンクエリアにおける汚染水の漏えいについて
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2013/images/handouts_130827_04-j.pdf

toudennsiryou082701.jpg
toudennsiryou082704.jpg
osennsuitannkukiso0827012.jpg


未だに、汚染水タンクからどうやって汚染水が漏れたのかはよく分かっていません。東電が発表した資料を見てみると、汚染水タンクのコンクリート基礎部分にヒビ割れがあったりと、かなり脆い状態になっていることが分かります。

汚染水タンク自体も即席タイプの物なので、隙間から少しずつ漏れ、それが開いている弁やコンクリートのヒビ割れ部分から溢れ出てきたのでしょう。

東電は今頃になって、「丈夫な溶接式のタンクを使うようにする」とか言い出していますが、こんな状況になるまで動かなかったことに呆れてしまいます。

福島第一原発では汚染水以外にも数多くの問題がありますが、このままでは次の問題も危機的状況になるまでは放置状態になりそうですね。


☆放射能海洋汚染拡散シミュレーションマップ


GMP基準認可 ヨウ素250mg錠剤


エアカウンターS


ガイガーカウンター SOEKS-01M(2.0L-JP) NUK-079 ロシア製


食品の放射能汚染 完全対策マニュアル (別冊宝島) (別冊宝島 1807 スタディー)


レベル7 福島原発事故、隠された真実


福島原発でいま起きている本当のこと~元・現場技術者がすべてを語った!


死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
原子力基本法の改正
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/lite/archives/7287369.html

国民の預かり知らぬ間に改正されていたようです。
どこまでも汚い奴等だ。
[ 2013/08/27 19:00 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム