情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.09.29 22:00|カテゴリ:政治・選挙コメント(25)

【朗報】生活の党の小沢一郎議員、共産党と協力する方針に!党首会談で「連合政府」構想に賛意!岡田代表も選挙協力に前向き!


20150929193209oipi.jpg

☆小沢一郎氏、共産党の「国民連合政府」構想に賛意 志位氏も「全面合意」を強調
URL http://www.sankei.com/politics/news/150928/plt1509280033-n1.html

引用:
 共産党の志位和夫委員長は28日、国会内で生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表と会談し、安全保障関連法廃止を目指す野党による連立政権「国民連合政府」構想の必要性で一致した。志位氏は社民党の吉田忠智党首とも会談し、両氏は前向きに協議を進めることを確認した。

 小沢氏は会談で、志位氏の提案について「理解を同じくする。目的達成のために選挙協力を行うことは従来の方針の大転換であり、決断を高く評価する」と述べた。志位氏は会談後の記者会見で「小沢氏と全面的な合意に達した。大変うれしい。心強い結果だ」と強調した。
:引用終了

☆民主党 岡田代表公式ブログ 【ブログ】共産党との協力
URL http://ameblo.jp/okada-katsuya/entry-12078348503.html

引用:
全国で、民主党だけではとても届かないが、野党が結束することで、場合によっては勝利できる、そういう選挙区はたくさんあります。

なるべく野党が協力してやっていくということが、次の参議院選挙では非常に重要だということを、改めて強調しておきたいと思います。

共産党との選挙協力、あるいは協力について、いろいろな賛否両論、ご意見をいただいています。

私が申し上げているのは、候補者を調整する、つまり、ある1人区では、民主党が候補者を出している、そこに共産党が出さない、あるいはその逆も場合によってはある。

そういう意味での、候補者の調整というのは、非常に意味のあることだと、そのことによって、自民党に届かなかった人が逆転できると、共産党に流れていた票が期待できる。そういったことは非常に重要だと思っています。

ただ、志位委員長がおっしゃっているように、政権をともにするということになると、これはハードルがかなり高いと言わざるを得ないと思います。
:引用終了






何故か、メディアが「岡田代表が共産党との協力に難色」と報じた影響で岡田代表に批判の声が出ていますが、岡田代表の公式ブログを読めば分かるように「連立政権は厳しい」と言っただけで、選挙協力に関しては前向きに検討しています。
どうにも、この野党連合の妨害をしている方が居るようで、意図的に破綻したとミスリードしている報道が多いです。

先日に行なわれた共産党と生活の党、社民党の党首会談はかなり良い感じで、基本的な方針で一致しました。後は民主党の保守派と維新の党だけで、これらの勢力も合意してくれれば、次の総選挙で勝つ可能性も浮上することになるでしょう。

関連過去記事

☆民主党の岡田代表、改めて共産党との選挙協力を示唆!岡田氏「野党が互いに協力しないと対抗できず」
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8163.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
民主党に選挙協力するようメールを
民主党政権の実績が凄すぎると話題に!天下り半減、高校無償化、雇用保険拡大、GDP成長
saigaijyouhou.com/blog-entry-4775.html

子ども手当を経て新児童手当を創設
妊婦健診の公費負担継続不妊治療の助成を拡充
妊娠・出産時に家計を助ける出産一時金の引き上げを継続

待機児童の解消を目指して保育所等拡充、定員増を実現
一人ひとりに目が届く教育の実現に向けて教育体制を充実
子どもたちの安全確保へ小中学校の耐震化を加速

高校実質無償化で中退者が減少
生活保護の母子加算を復活・継続
児童扶養手当を父子家庭にも拡大
診療報酬2回連続プラス改定十分な医療体制を整備

大学授業料減免・奨学金制度の充実で学生支援
1300万人の年金記録を回復
医療先進国並み医師数確保へ医師不足解消の取り組み強化

戸別所得補償制度の創設で農業を再生
新たな雇用につながる法人税の特別税額控除を創設
派遣労働者の雇用環境を改善。「日雇い派遣」の原則禁止

非正規労働者221万人に新たに雇用保険の適用拡大
パート、派遣など有期契約労働者の不安を取り除く法改正
障害者虐待の防止、早期発見へ国や国民の責務を定める

無年金・無収入をなくすため高齢者等雇用安定法を改正 
国家公務員の人件費約1割カットを実現
貸し渋り・貸しはがし対策等を実施

中小企業の資金繰り支援のため補正予算で継続的に対処
中小企業の法人税率引き下げ
2030年代原発ゼロに向け新エネ開発・省エネ推進
[ 2015/09/29 22:09 ] [ 編集 ]
小沢一郎すごいん?

一般人から見た印象は正直「何年か前まではすごかった人?」です。裏方で今でも影響力すごいんかしら‥

現役感は、、五年くらい眺めてますが感じられず。あの時、まんま総理のはずが(冤罪と思う)嵌められ。以降のリベンジ感なく。

ロッカー♪ と同じで「寄る年波」は避けられないのは当然、過去幻想をもう一度!みたいにマジで思ってるファンは、ワワワと感じてしもう。

ちなみに、「生活が第一」は今もごく真っ当と思いますし、太郎さん活躍させてるだけでも偉いっ!でいいじゃん。

[ 2015/09/29 22:43 ] [ 編集 ]
ヤマダと元自民の武藤は顔が似とるなー。
これ書いたら投稿規制かー。どうや
[ 2015/09/29 22:44 ] [ 編集 ]
涙がでるほど朗報だな。
別の意味でw
[ 2015/09/29 22:54 ] [ 編集 ]
これは嬉しい。
生活の党は範疇になかったけど、山本太郎が入ってからは俄然応援しているし、元々共産党支持しているので、両党が組むのは最高。
こっちでは生活の党の候補者が出ないんだけど出して欲しいわ。
[ 2015/09/29 22:55 ] [ 編集 ]
【新3本の矢】
★経済破壊
★雇用破壊
★財政破壊

このままだと
★★憲法破壊
★★社会保障破壊
★★民主主義破壊

6本の毒矢
[ 2015/09/29 22:56 ] [ 編集 ]
ここは力を合わせてがんばってほしいですね。
今までに無いことをするのだから、一苦労、二苦労あると思います。
けど、苦労して作り上げたものは簡単には壊れません。

野党のみなさんに期待しています。
[ 2015/09/29 23:25 ] [ 編集 ]
正直野党連合にはかつて与党の中枢にいた小沢氏の経験が必要なので共産党とのタッグは強力なものになりそう。
政権奪回した暁にはぜひ自分の手で作った小選挙区の廃止に努力して欲しい。それが落とし前というものです。
[ 2015/09/29 23:30 ] [ 編集 ]
長続きするかどうかは別として、一般政党と共産党が閣外協力や政策単位で連立を組んだ例も諸外国でありますし、いわんや選挙協力ぐらいはしないと、最低限の責任は果たせないよ
何も党を一緒にしろなんて無理を言ってるわけじゃないんだし、よろしく頼みますよ
[ 2015/09/29 23:32 ] [ 編集 ]
そうだね、今は少しずつでも連立に向けての歩みを進めて行って欲しい

また細かい政策等のすり合わせは、ある程度地固めした後でも出来る。

期待しているよ。


[ 2015/09/29 23:49 ] [ 編集 ]
自民党があまりにも無謀過ぎて、空いた口が塞がらない。安倍総理としては、消費税10%に上げるのを遅らせ、衆参ダブル選挙に持って行きたいみたいだが、前の民主党の時みたいに浮動票を取り込めれば十分なのだが?森元総理の大嫌いな浮動票をね。
[ 2015/09/29 23:57 ] [ 編集 ]
> ヤマダと元自民の武藤は顔が似とるなー。
これ書いたら投稿規制かー。どうや
[ 2015/09/29 22:44 ] あんじょりーな・じぇりーやで

え? どこにヤマダさんの顔が出てるの?
見てみたい。教えて、プリーズ!
[ 2015/09/30 00:04 ] [ 編集 ]
何としても野党協力で自公を倒すしかもう残された手はない
頑張れ!民主、共産、生活、社民、 維新は前から正直少し警戒 後民主の日本会議所属議員も・・
個人的には一番支持している枝野さんの発言を聞いてみたいですね
期待してます
[ 2015/09/30 00:56 ] [ 編集 ]
これまでの流れを見ていると、岡田は共産党との共闘に前向きだったのは確かで、多分岡田個人としてはかなり乗り気だったのだと思う。
維新との協議があってから、維新と民主の中に難色を示している者もいるので完全共闘は難しいが、出来る範囲での協力関係を築きたいって報道になったよね。
なので、維新から文句が出て、維新を重要視する民主党の内部から反対の声が上がり、今の状況になっているんだなって思ってる。
維新は大阪維新と分裂してしまい切羽詰まっているので、政策よりも党としての存続(議席をこれ以上減らしたくない)しか頭にないよね、きっと。
分裂してしまった時点で存続の意味はないと思うので、そんな無駄な事にエネルギーを注ぐよりも、解散して他の野党に合流すればいいのになと。
[ 2015/09/30 01:04 ] [ 編集 ]
歴史に「悪魔安部から国民を救うために、戦争を回避するために野党が協力」

どうか協力頼みます。今回は絶対、悪魔安部から国民を救ってほしい。

[ 2015/09/30 06:34 ] [ 編集 ]
民主党は終わりましたか?(((o(*゚▽゚*)o)))

隠れ自民の連中は他党と融合するしか生きれないのでは?
[ 2015/09/30 08:12 ] [ 編集 ]
野党が協力しあい団結力を強めて自民党を失脚させて欲しい。小沢さんがいれば心強いね。是非とも頑張って頂き政権交代を!!
[ 2015/09/30 09:16 ] [ 編集 ]
やる気あるなら選挙協力必要。
自民党議員を追いつめろ。

公明党の一部皆さんも歓迎

老人クラブ 次世代は途中で死ぬ人ばかりですので遠慮します。
[ 2015/09/30 09:39 ] [ 編集 ]
小沢さん 志位さん、頭柔らかい! 国民の声に反応してる◎  「うちの選挙区は入れたい候補がいないから選挙に行かない」って人が出ないようにしてほしい。 当選させるべき人、落選させるべき人を全国民に通知して~!!
[ 2015/09/30 09:49 ] [ 編集 ]
「朝鮮総連と日本共産党の関わりについて書かれた記事」?!
【特別読物】
「日本共産党史」から消された「朝鮮総連」結成秘話

ジャーナリスト 林 玲

【5月25日、朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)が、創立50周年を迎えた。北朝鮮を支持する在日団体として、何かと話題になることが多いが、かつての日本共産党との深い関わりを知る人は少ない。日本革命を共に目指した在日朝鮮人のコミュニストの多くが、総連結成に参加したのである。党史から抹殺された秘話をジャーナリスト林玲氏がレポートする。】

今では党史のどこにも書かれておらず、すっかり忘れ去られているが、実は日本共産党は戦前から戦後にかけて、在日朝鮮人と共に歩み、大いに助けられた。

共産党と在日朝鮮人の関係を辿ってみよう。・・・

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid289.html
[ 2015/09/30 10:24 ] [ 編集 ]
櫻井よしこがNHKで民主党が共産党と共闘するとか、岡田氏も前には集団的自衛権容認していたなどと発言した。それについて岡田氏が事実無根と噛みついている。
まったくこの櫻井よしこって女は平気で嘘をつく奴だよ。女の風上ににもおけねえ奴だ(笑)
惨荊新聞紙上で朝日新聞を批判していた時も、ウソ八百並べていた。
[ 2015/09/30 11:13 ] [ 編集 ]
野党が団結すれば、間違いなく来年の参院選挙は勝てますよ。でも、なりすまし野党だけは、連立してはならない。次世代、日本を元気、新党改革は、自民党の擁護政党なり。
[ 2015/09/30 11:21 ] [ 編集 ]
来年の参議院に勝つためには小沢と共産党はあまり表に出ない方がいい。
裏方で活動をした方がいい。
[ 2015/09/30 15:44 ] [ 編集 ]
小沢さん
終了のお知らせ(笑)
公安対象と手を組むとか、自民党で天辺取れなくてダダ下がりですな。
まあ、彼は国連軍に日本を参加させろと言ってたから、血を流す革命が党是の党とは気が合うのかもね。
[ 2015/09/30 18:59 ] [ 編集 ]
1859は今すぐにでもぶっ殺せ
共産党が公安対象というれっきとした誹謗中傷、事実無根のデマで共産党を貶めようという魂胆が見え見え

俺にとって気に入らない人間は死ねばいい
俺にとって気に入らない人間は殺しても構わない
[ 2015/09/30 21:02 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム