情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.09.07 20:46|カテゴリ:原発関連コメント(2)

トリチウムの除去を一切やろうとしない原子力村!原子研究機構「トリチウム除去の研究はしてない」検査機関「トリチウムは開封するだけで、部屋を汚染する」


fukusimagennpatuosennsui0907.jpg
読者の方から興味深い情報を頂いたのでご紹介します。この方は宮城県に住んでおり、東電や原子研究機構に電話などで除染やトリチウムについて聞いてみたところ、原子研究機構から「トリチウム除去の研究はしていない」という答えを頂いたとのことです。

「トリチウムの除去が出来ない」というような話はニュースなどでもヒッソリと報道されていましたが、「トリチウム除去の研究をしていない」という話は私も初めて聞きました。

また、検査機関が「濃度の高いトリチウムは開封後に部屋を汚染してしまうため断っている」という話も非常に興味深いです。トリチウムについて、東電や政府は「大した事無い」等と言っていますが、これが事実ならば、トリチウムにはセシウムやヨウ素を遥かに超える危険性があるということを示唆しています。

以下、読者から頂いたメール紹介。


---メール1---
さて、東京電力の汚染水流出についてですが。
経済産業省、東京電力に確認してのお話です。
新聞、テレビ放送漁業関係者の皆様に説明されているのはまったく違います。
実際は、汚染水の中のトリチウムは世界中で取れないようです。
経済産業省、東京電力は、全力で取り組んでいると話してますが、実はお手上げ状態です。
原子炉委員会の代表は、独立法人原子力研究機構の理事長です。

ところが、原子研究機構に問い合わせた所、まったくトリチウム除去の研究はしてないとのことでした。
結局、国も東京電力も原子委員会も同じ穴の狢です。
時が風化するのを待つている状態です。
昨日のニュースで汚染水を処理する東電は、汚染水を「ALPS(アルプス)」と呼ばれる装置で浄化(じょうか)した後、海に放出できないかを検討しています。

しかし、東京電力に問い合わせたところ、アルプスではトリチウムは除染出来ないとの回答でした。
報道でも改良ししたらトリチウム除去出来るとは言われていないと思います。騙されてはいけません。

私共は、一日も早く復興して頂きたいと思い、原子研究機構や経済産業省や東京電力に問い合わせ「是非ともトリチウムの除去試験をさせてほしい」と再三再四訪問したのですが汚染水の提供は出来ないとの回答です。
汚染水の提供が駄目なら東京電力が試験するべきだと思います。

本来でしたら藁にもすがる思いでありとあらゆる物を試験してトリチウムの除去を進めるべきだと思います。
実績が有るか無いかは別にして、とにかく実際に除去に使ってみるべきではないでしょうか。
東京電力も国も本気で考えているとは思われません。

今回の行動もオリンピック誘致だけのパフォーマンスです。
福島県の事を1番に考えて欲しいものです。
是非とも力を合わせて頑張りましょう。

要請があれば東京で活動している(株)アクアウエストの西口が現地に行きセシウム除去、汚染水のトリチウムの実験を直ぐに致しします。試験をした結果除去出来ればこれにこしたことはないです。
一日も早く復興出来る事を祈っています。
------
---メール2--ー
返信、メール有難うございます。ブログでの紹介は、自由にお使いください。
山本議員はそれで良いと思われますか?
山本太郎は知名度、マスコミを動かす力が有ると思います。
何よりも1番強いのは、住民を動かすことです。
その先頭に立つべきです。
パフォーマンスと言われようが土壌のセシウム除去活動をして住民が元の場所で暮らせるようにしてあげませんか。
福島県だけではないです、御存知ですか?
東京都の公園はセシウムの測定をしてはいけないと通告が在っているのを。それだけに本当は深刻なんですが、報道されないでしょう。

トリチウムは報道されているより実際は内部被ばくします。
私が検査機関に問い合わせた所、濃度の高いトリチウムの検査は断るそうです。
何故なら、開封後直ぐに部屋の中の物が全て汚染されるそうです。
トリチウムは比重が水より軽いため拡散性が増すのです。
このままでは、福島県の土壌はセシウムの除染出来ないままになってしまいます。
汚染水も同じ除染出来ないままになってしまいます。
癌の人も多くなります。

読んで頂く事祈っています。
------


彼は除染をやろうとしていますが、この状況では除染なんてしても到底追いつかないでしょう。ただ、トリチウムなどの放射性物質を一気に取り除く技術ができれば、少なくとも汚染水問題は大幅に改善することが出来ます。

それなのに、東電や原子研究機構はトリチウム除去のための研究すらしていないようなのです。除去装置や技術が無いことは分かりますが、それに関する研究すらもしていないって、原子力村のやる気のなさに呆れてしまいます。

事実、福島第一原発に設置されている多核種除去設備(ALPS)に関する資料を見てみると、大きな穴や切り傷が多数あり、文字通りの欠陥品状態です。
これではトリチウム以前に、セシウムなどもちゃんと除去できているのかも怪しく感じます。


☆多核種除去設備(ALPS)タンク下部PT指示確認箇所について
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2013/images/handouts_130702_02-j.pdf

fukusimatannku071.jpg
fukusimatannku072.jpg
fukusimatannku073.jpg
fukusimatannku074.jpg

☆放射性物質トリチウムの危険性は、ワーストNo.1!!(atom-tokyoさんのブログ) プルトニウムよりやっかい
URL http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/509.html

引用:
http://ameblo.jp/atom-tokyo/entry-10967754172.html

2011-07-28 21:18:50 テーマ:ブログ
皆様にはなじみのない放射性物質トリチウムが危険性が高く、破壊的であり、放射性物質のワーストNo.1であることをまずお伝えしておきます。

欧州放射線リスク委員会(ECRR)の科学委員長クリス・バズビー博士は、来日中の記者会見で、水の中には、日本では、測定自体していないトリチウムは、おそらく入っているとコメントした。

1960年代、アメリカやイギリスは、南太平洋で水爆実験を繰り返した。その水素爆弾は、核兵器の一種で、水素及び重水素や三重水素の核融合反応を利用した爆弾である。詳しくはアメリカやイギリスでは、極秘事項になっている。

トリチウムは別名、三重水素とも呼ばれ、水素爆弾の主原料でもある。

特徴は、水素の放射性同位体であり、水に溶けやすく、半減期は約12年。弱いβ線を出して崩壊する核種である。

放射性同位体の中でたも、危険性が高く、破壊的であり、放射性同位体のワーストNo.1である理由は、水素結合しているDNA等を直接被曝することから、かなり破壊的、破滅的と言える。

さらに放射性物質でありながら、水素が元素転換してヘリウムに置き換わる点も見逃せない。この一連の流れによって、さらに破壊力がますと考えられる。

ある意味プルトニウム以上に怖い核種と言える。

生物の基本構造であるDNA、RNA、蛋白質、酵素を構成する巨大分子は、水素結合に依存しており、水素結合は、酵素を橋渡し支え、DNAの螺旋構造を一つにまとめあげている。

水素結合を構成する水素の放射性同位体トリチウムが、β崩壊して、ヘリウムに元素転換する。つまり放射性崩壊過程で、別の原子に変化してしまうのである。

トリチウム原子が不活性で、化学結合を担えないヘリウム原子への突然の崩壊し全く別の原子になることで、巨大分子の機能や通常のプロセスに対して、壊滅的な影響を与える可能性あるのである。
:引用終了


セシウム、ストロンチウム、トリチウムの3核種を完全に除去することが出来ないのならば、汚染水を海に放出するべきではないです。東電や原子力委員会は「汚染水を放出するのも仕方ない」とか言い出していますが、トリチウム除去の研究すらもサボっている状況でこんな事を言われても、誰も納得することは出来ません。

せめて、研究開発などの努力をしているのならばともかく、それすらもしないで「海に放出したい」とか、「甘えるのもいい加減にしろ」と言いたくなります。


☆汚染水漏れの裏側で 現役作業員が語る内情 トラブルが相次ぐ理由


武田邦彦が教える子どもの放射能汚染はこうして減らせる (SUKUPARA SELECTION)


3M社製 N95マスク 9010N95(1箱50枚入)


日本版SOEKS 01M ガイガーカウンター(放射線測定器)ファームウェア最新2.0L-JP


GMP基準認可 ヨウ素250mg錠剤


EA800MJ-55 M[N100]マスク(防塵用/5枚)


3M スリーエム 8233 N100 防塵マスク 世界最高水準(99.9%以上の捕集効率)5枚 放射能物質対応 [並行輸入品]


福島原発事故の「犯罪」を裁く


福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書


子どもを放射能汚染から守りぬく方法

関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
トリチウムを除去できる唯一の方法は、ケッシュ財団の技術を使うことだろう。

http://www.onpa.tv/2013/05/13/789-3

世界でたった一つ、トリチウムを全て除去できる技術は既に政府は知っている。汚染水問題を収束することができるのは、ケッシュ財団から受け取った技術を公開することを除いてほかにない。
[ 2013/09/08 13:45 ] [ 編集 ]
さてどうしたらよいのですか?一番重要なのはそのことです。解決策を発信して下さい。
[ 2013/09/14 22:35 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク