情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.09.10 14:27|カテゴリ:原発関連コメント(5)

東電、2020年までの汚染水対策を確約出来ないと述べる!記者「汚染水は7年以内に解決可能か」東電「精一杯努力します」


toudennkaikenn09001010.jpg
9月6日に行われた記者会見で東電が「7年後までに汚染水問題を解決できる自信がない」という主旨の発言をしていたのでご紹介します。オリンピック誘致の時にこの発言を全世界に配信していれば、オリンピックが東京に決まることは無かったでしょう。

安倍首相の「福島第一原発の汚染水は完全にブロック」という発言も東電や記者が具体的な測定結果をあげて、完全に否定していますし、今の日本政府は東電も引いてしまうほど、根拠も無しに「福島原発を解決できる」と断言してしまっています。流石、福島原発の事故対策を怠り、東日本大震災後に「福島第一原発は災害に耐えられることを証明した」などと述べていた安倍首相です。


☆9/6 東電 2020までの汚染水対策を確約できず

以下、東電と記者のやり取りを抜粋。
記者
『日本政府としては7年後にオリンピックをやる場合、汚染水問題を解決できると述べています。東京電力として「7年後に汚染水問題を解決できる」と言えるのか?また、それを示すような工程表や見通しを持っているのでしょうか?』
東電
『実際に私共としては、中長期ロードマップに従って、この汚染水に対して対応していくというのが現状でございます。その中で国の「前面に立って」というご発言がありますので、そのようなご指導を頂いて改善していこうと思います』
記者
『ごめんなさい。これは重要な事で、政府は「これは完全に解決できる」と断言をしているわけで、当のやる重要な主体な東電は意欲としても良いですが、「7年後に解決できる」と断言できないのですか?』
東電
『私共としては、1日も早く、この汚染水問題に対して対応できるように努力しています』
記者
『東電としては1日も早くやるということでいいですが、政府は根拠なく「7年後に解決できる」と主張していることになりますが』
東電
『そこについては私も何とも申し上げられませんが、繰り返しになりますけど、国の指導を受けながら、精一杯取り組んでいこうと思っています』
記者
『東電のせいでオリンピック誘致が出来ないということになれば、風当たりも強くなるのですが、東電は何でそこに拘っているのですか?』
東電
『拘っているわけではございません。私共としては善処を上げて精一杯取り組んでいくという事でございます』
記者
『東電としては7年後に向けて明確に「解決できる」とは言えないという理解でよろしいですか?』
東電
『あの~。精一杯取り組んでいこうと思っています』

☆提言された原発事故予防対策を拒否し続けてきた
URL http://hibi-zakkan.net/archives/18210279.html

引用:
2006年12月13日 衆議院議員 吉井英勝
巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a165256.htm

2006年12月22日 内閣総理大臣 安倍晋三
巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b165256.htm
1-4
Q(吉井英勝):海外では二重のバックアップ電源を喪失した事故もあるが日本は大丈夫なのか
A(安倍晋三):海外とは原発の構造が違う。日本の原発で同様の事態が発生するとは考えられない

1-6
Q(吉井英勝):冷却系が完全に沈黙した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
A(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない

1-7
Q(吉井英勝):冷却に失敗し各燃料棒が焼損した場合の復旧シナリオは考えてあるのか
A(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない

2-1
Q(吉井英勝):原子炉が破壊し放射性物質が拡散した場合の被害予測や復旧シナリオは考えてあるのか
A(安倍晋三):そうならないよう万全の態勢を整えているので復旧シナリオは考えていない
:引用終了


原発の闇を暴く (集英社新書)


カウントダウン・メルトダウン(上): 1


暴走する原発  チェルノブイリから福島へ これから起こる本当のこと


第二のフクシマ、日本滅亡 (朝日新書)


福島原発の真実 最高幹部の独白


メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故 (講談社文庫)


福島原発で何が起こったか-政府事故調技術解説- (B&Tブックス)


東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと (幻冬舎新書)


自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集)


3M スリーエム 8233 N100 防塵マスク 世界最高水準(99.9%以上の捕集効率)5枚 放射能物質対応

関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
政府がやると断言しているからには、
きっと秘策があるんだよ。
「さらに完全に問題のないものにするために、抜本解決に向けたプログラムを、私が責任を持って決定しすでに着手をしております。」
って言っていたもんね。
もう安心だ。お手並み拝見だ。

大体、そうでもなければ断言しないし、
そうでもないのに断言するようでは、
「馬鹿総理」「嘘吐き」「無能」「役立たず」「税金泥棒」
「税金返せ馬鹿野郎」
と言われても仕方がないね。
[ 2013/09/10 15:41 ] [ 編集 ]
「馬鹿総理」「嘘吐き」「無能」「役立たず」「税金泥棒」「税金返せ馬鹿野郎」安倍晋三
何も今に始まった事ではないが、今夜のNHKの『ニュースウオッチ9』も実にひどかった。佐藤真海さん生出演とそれをからめたオリンピック関連のニュースを何と
延々約30分もやりやがった!!!

オリンピック関連を放送するなと言っているわけではない。これに約30分もかけている分、この話題や不正選挙に対する訴訟など、放送されない事が余りに多すぎる事に激しい憤りを感じる。

 昨日のテレビだったか、福島市内の女性が安倍晋三の言葉を信じていると言った趣旨のコメントを発していた。「お前は馬鹿か!!!」とこちらも、憤怒の炎がバーニングUPであった!!!

TPPの件といい、この件といい、嘘で塗り固めた発言が多発してるではないですか。安倍は「コントロールされている」と言ったが、共産党が言うように「制御不能」と言うのが現実ではないですか。

 いずれ、もっと安倍のぼろが出るであろう。我々は、この人間の屑のような男を、徹底的に糾弾すべきである!!!
[ 2013/09/10 21:45 ] [ 編集 ]
ドイツのフランクフルトアルゲマイネなどはこの恥知らずなあっけらかんとした嘘八百に軽蔑を投げつけてます。
[ 2013/09/11 01:11 ] [ 編集 ]
東北震災後に原発問題解決には20~30年以上かかると様々な研究者も公言されているのに10年もかからずに原発問題解決できるというのは人智を超えた宇宙人の力でも無ければ不可能かと思いますが、安倍さんはとっておきの隠し球があるから解決できるというのでしょうかね。

今はあと7年で原発問題解決のとてつもない技術進歩が達成できるという根拠がないので責められても仕方ないね。
[ 2013/09/11 15:04 ] [ 編集 ]
金属置換
山田教授

ウランから出る中性子は非常に大きなエネルギーを持っていますから、そのままでは近くのウランとうまく連鎖反応をする間もなく外に飛んでいきます。この中性子の速度を落とすために減速材として水を使います。水を構成する水素は、中性子の速度を減速させ、核分裂を促すのです。ですから水は冷却材と減速材というふたつの性格があります。一刻も早く、水による冷却はやめるべきです。

水と金属(鉛)との置換による汚染水終息対策が興味深いですよ!
http://blog.goo.ne.jp/minnkannjikosyuusokuiinnkai/e/fffd8c9484e8576b08fa3d3033474a95

いつも拝見しております。マスコミにない貴重な情報をありがとう。
[ 2013/09/12 10:44 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク