情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.11.26 06:00|カテゴリ:原発関連コメント(30)

【悲報】福島第一原発で完成した遮水壁、ほぼ効果無し!1ヶ月間の測定でも大きな変化は見られず!


20151125200618spdfopo.jpg

☆福島第一 海側遮水壁1カ月 外洋流出に効果見えず
URL http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201511/CK2015112202000132.html

引用: 
20151125194742aspdaosp.jpg
 東京電力福島第一原発で汚染した地下水が護岸から海に流出するのを防ぐための「海側遮水壁」が完成して間もなく1カ月になる。海水に含まれる放射性セシウムの濃度は、護岸付近は下がったものの、それ以外は完成前とほとんど変わらない状態が続いている。 (小倉貞俊)
:引用終了

☆東電HP 海側遮水壁
URL http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/seasidewall/index-j.html

20151125200626spdo2.jpg
20151125200641sdpofo@p3.jpg
20151125200649sdpof@4.jpg

以下、ネットの反応




















遮水壁に隙間が空いているのか、遮水壁のもっと奥深くで漏れているということなのでしょうね。最悪のケースとしては福島第一原発の土壌が水浸し状態で、海と一体化している感じになっているとも考えられます。

いずれにしても、遮水壁の効果は東電の予想以下でした。これから地下水の放出作業などを東電は本格化させるとしていますが、遮水壁の効果が微妙な時点で、地下水の放出も効果は弱まってしまいます。

東電の計画では福島第一原発の周囲を遮水壁で囲んだ上で、中に溜まっている水を排出するという感じになっています。そうすれば、汚染水を抜き取ることが出来て、福島第一原発の収束作業も一気に進むことになるはずでした。
東電が凍土壁や遮水壁に力を入れていたのも、後ろにこのような計画が控えていたからですが、最初の遮水壁で失敗していては、他の計画もなし崩し的にダメになりそうです。





関連記事


ブログパーツ
最後の切り札じゃなかったの?
これからどうするんだろう?
[ 2015/11/26 06:32 ] [ 編集 ]
やっぱりね~
[ 2015/11/26 07:35 ] [ 編集 ]
http://no-nukes.blog.jp/archives/8414467.html
こっちにも素晴らしい記事が
=> http://no-nukes.blog.jp/archives/8414467.html
原発のウソ
[ 2015/11/26 07:44 ] [ 編集 ]
建設業社?が儲けて終了ってオチかな…

俺たちの税金と値上げされた電気代はなんなのか( TДT)
[ 2015/11/26 07:47 ] [ 編集 ]
ニュージーランドの魚介類が福島由来の放射能で汚染されはじめたって報道を見かけましたよ。
ENE News(2015.11.16)では、フロリダの柑橘類の汚染も進行とのこと。

もちろん2011のファースト・インパクトもあるけれど、セシウム137とストロンチウム90「だけで」1日に約600億ベクレル太平洋に放出しているという気象庁の試算がありましたね(2013.9.22)
[ 2015/11/26 08:10 ] [ 編集 ]
ぷっ(笑)報だわw
[ 2015/11/26 08:19 ] [ 編集 ]
福島第一原発「遮水壁」 僅かに傾く
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151125/k10010319351000.html

遮水壁を東京電力が調べたところ、陸側の地下水の圧力によって、上下の長さが30メートルある壁の頂上部分が海側に最大20センチほど傾き、護岸の舗装には、ひび割れも発生しているということです。
[ 2015/11/26 08:31 ] [ 編集 ]
あの人たちが完璧にやる訳ないじゃん。
これも金儲けの道具の1つなのでしょう。
[ 2015/11/26 08:49 ] [ 編集 ]
建設業者は儲かりましたな
次の対策でまた儲かりますな
[ 2015/11/26 08:53 ] [ 編集 ]
金食い虫の大土壌崩壊の素人判断強行の大愚行。
土壌基礎、コンクリート建造物基礎が、やがて平行を失い波打つようになる。あっちが膨張こっちが縮小。その地下には所在不明の地下水流路…
どうやって、落下燃料を取り出せるのか?
とにかく土壌基礎崩壊は後の有効対策の可能性を極端に制限させる愚行だ。
冷やし続けても土壌基礎崩壊。一度冷やし続けたものを急に常温に戻したらもっと土壌基礎崩壊。
この土壌には土壌そのものの成分の経年変化は全く不明。どんな土壌に変わっていくのやら。冷却低温土壌の周囲自然環境への影響も現れよう。当然自然循環の障害の危険性など未対策だろうし。
何よりも、次の大地震に耐えられぬ地盤をわざわざ作り上げているのだ。そのときにどんな地割れが顔を出すのかわかりゃしない。世界注目の大事故対策というのに、なんという恥さらしか… 事故対策本部には馬鹿しかいないことがわかる。
[ 2015/11/26 08:55 ] [ 編集 ]
もんじゅといい、今回のこといい、原発は無駄金ばかり。
おまけに廃炉に莫大な金が掛かり、核のゴミの捨て場所もない。
事故が起これば、放射能で汚染され大変なことに。
普通に考えれば、脱原発なのに、この国のバカどもは……。
[ 2015/11/26 09:14 ] [ 編集 ]
原発利権
廃炉利権
オレオレ詐欺が無くならないように(騙される)
あの手このてと私利私欲私腹を肥やす
日本の寄付募金が世界でも少ない原因は社会貢献(還元、内部留保)、国民の奉仕者の欠如した経営者、政治家(公務員)が多いからなのかと思うと、安倍コントロール発言~これ迄の無責任、無計画さが改めて、、あ~増税でムダ箱作~
[ 2015/11/26 09:16 ] [ 編集 ]
こんな状況でもタブーとかを作って真意、真実を言い合えない環境じゃ解決はそもそもできない
[ 2015/11/26 09:20 ] [ 編集 ]
[ 2015/11/26 09:24 ] [ 編集 ]
最後まで囲い込んで開口部を設けていないなら、原発敷地側が水浸しになるわけで、そうではなくて、ちゃんとしっかり開口部を設けて放水しているということでしょう。

糞工事は設置工事を受注した施工側メリットだけでやられたものでしょうね。 

対効果など全く度外視された事故対策費の無駄遣いでしょうね。

税金の無駄遣いは、原発関連では、事故対策云々を問わずに、相変らずいたるところで蔓延しているのでしょう。
[ 2015/11/26 09:33 ] [ 編集 ]
【安倍のIOC演説】 ←すべて嘘
【安倍のIOC演説】

★安倍「汚染水による影響は福島第1原発の港湾内の0・3平方キロメートルの範囲内で完全にブロックされています」


後に外国人記者を連れて、福一を見学、0・3平方キロメートルを確認。「問題ない」と言い張る。
「ブロックされてない」と言った「東電」に【圧力】を掛ける。

★安倍「健康問題については、いままでも、現在も、将来もまったく問題ないということをお約束します」

安倍、福島県の子供の甲状腺ガンを国会で「原発事故と関係ない」と切り捨てる。

★★★安倍「さらに完全に問題ないものにするために、“抜本解決”に向けたプログラムを私が“責任”をもって決定し、すでに“着手”しています。“実行”していくことをはっきりお約束申し上げたい」


“抜本解決”なし!
「氷の遮壁」は抜本解決ではない。
“責任”を持って、【400億】の「血税」を東電に投入しただけ。

★「すでに“着手”しています」


当時全く着手していない。
「凍土壁」は凍らず、3ヶ月放置&隠蔽

民主党時代に「効果なし」と結論付けられた政策をゴリ押しして、
しかも、当時野党の自民党は、“税金の無駄遣い”と非難していた。
最悪の安倍政権。
[ 2015/11/26 09:42 ] [ 編集 ]
福島第一原発の場所は昔大芋澤と呼ばれ、阿武隈山系流域の水の吐出口の一つでした。
チンケな遮水壁で水が止まると考える方がバカなのです。
IRID(国際廃炉研究機構)への技術提案の中にあったイチエフ全体を囲う境界線上に空濠を掘って、イチエフへの水の侵入を止めなければならないのです。
ところが3号機(MOX燃料炉)のメルトダウン、メルトスルーにより地下に脱落した放射性デブリは、この自然の地下水による冷却によりかろうじて爆発を免れている。こんな情報を最近入手しました。
東電もこれがわかっていて地下水対策はポーズだけというのが実情のようです。
もはや打つ手はないのです。
これがアンダーコントロールの実態です。

IRIDへの提案の中に、汚染水の冷温蒸発というのもありました。
トリチウム水(T2O)も濃縮して無害な軽水(H2O)だけを大気中に放出するというものです。
東電、政府がなぜこれに手を付けないのか不思議です。
IRIDの理事長が小出裕章ら熊取6人衆を苛め抜いた山名元だから無理もないことか。

[ 2015/11/26 09:42 ] [ 編集 ]
安倍の太鼓持ち原発ごり押しの青山シゲハルの言い訳、責任転嫁に注目しましょうかね
[ 2015/11/26 10:48 ] [ 編集 ]
錬金術だね。
壊して新しく作るときに儲ける→また壊してから作って儲けるのと一緒。
壁作って儲かる→壁ダメだった(確信犯)←今ここ
じゃ新しい壁作って儲ける→また壁ダメだった(確信犯)
じゃ新しい壁作って儲ける→また壁ダメだった(確信犯)
じゃ新しい壁作って儲ける→また壁ダメだった(確信犯)
じゃ新しい壁作って儲ける→また壁ダメだった(確信犯)
じゃ新しい壁作って儲ける→また壁ダメだった(確信犯)
じゃ新しい壁作って儲ける→また壁ダメだった(確信犯)
ウハウハw

[ 2015/11/26 11:12 ] [ 編集 ]
初めてこちらのブログに御邪魔しました。

以前から疑問に感じていましたが、福島原発の地下を流れる、地下水ですが、人工的に壁を作って、汚染水の海洋への流出を防ぐことが出来たら、その水は、何処に流れていたのでしょうか?。
(東京電力は、何処に、どの方向に流れる事を期待していたのでしょうか)
かつて、”アンダーコントロール”といった人が居ましたが。

福島原発周辺ではなく、例えば北上し南相馬、あるいはいわき、さらに南下し茨城、東京とゆっくりと地下水脈を通って、目立たないところに流れてくれればと、期待していたのでしょうか。

lenny-tohno
[ 2015/11/26 11:18 ] [ 編集 ]
管理人さんとか批判するなら、先ずお前ら自慢の対策案を書いてみろ。
[ 2015/11/26 11:41 ] [ 編集 ]
11:22の方
自分のブログ始めりゃ良いじゃん
[ 2015/11/26 11:45 ] [ 編集 ]
あんなもん、出来ないとか言えば、環太平洋から非難される

よって英訳して、壁は無駄でした
やっぱり無理だから垂れ流します(テヘペロ

って、ばらまいてくると効果的
[ 2015/11/26 11:57 ] [ 編集 ]
プーチンさん、環境テロリストはこいつらです。
[ 2015/11/26 12:00 ] [ 編集 ]
気になる作業員の被爆ですが、大丈夫ですか?
作業員も最後は、労災適用で3000万位遺される事を覚悟してるんでしょうね?
自分も過酷な作業でしたが、放射能作業でなく良かったです。

[ 2015/11/26 13:14 ] [ 編集 ]
どりふのコント以下!
[ 2015/11/26 13:16 ] [ 編集 ]
安倍さん曰く、港湾内でアンダーコントロールしているから大丈夫なんじゃなかったけ。
で、港湾内に溜めた汚染水がどんどん濃度を上げて、5年もすれば近づくこともできないパラドクスの説明はなかったけど。
[ 2015/11/26 16:22 ] [ 編集 ]
いつまで国はこんな無駄な行為に税金を垂れ流し続けるんだか。福一はもうどうしようもない。
融解した核燃料はもう確実に地下水脈まで達しているだろう。海洋汚染はもはや停める事など不可能。
人間には、出来る事と出来ない事がある。放射性元素の崩壊は、不安定な原子が一定の確率でランダムで分裂していく現象なので、原子ごとに固有の速さがある。それを遅くしたり止めたりすることは出来ない。出来ることは放射能源から離れる事と崩壊しつくされて放射能が弱まるのを待つ事ぐらい。待つにしても安全になるには数千、数万年とかかるのだが。
いい加減もう福一は諦めたほうがいい。
[ 2015/11/26 17:32 ] [ 編集 ]
なす術がなくても全然効果がないのはまずいでしょ。もっと優秀な人材を集めた方がいいんじゃ?海外からでも。
[ 2015/11/27 03:20 ] [ 編集 ]
それでも東京オリンピックはやるんだろうな。(IOCが返上を求めても拒否するかも?!)
[ 2015/11/28 01:41 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク