情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.11.28 22:00|カテゴリ:ニュースコメント(30)

ロシア機の撃墜事件、領空侵犯を2回もしていた事が判明!一度目にトルコが警告!二度目に再警告で攻撃へ


20151128185831opipopi.jpg

☆<露軍機>撃墜前、2回領空侵犯…トルコ計21回警告
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00000043-mai-int

引用: 
20151128185403ooo@o.jpg
 外交筋によると、ロシアの戦闘爆撃機2機は24日午前9時22分(日本時間午後4時22分)ごろ、トルコ南部の領空に侵入。旋回して同9時24分、再び領空内に2.52~2.13キロ入り込み、17秒間侵犯した。

 トルコ軍は1回目の領空侵犯時に11回、2回目に10回、計21回警告した後、これを無視して領空にとどまった1機をミサイルで撃墜した。この戦闘爆撃機は飛行を続け、シリア領内に墜落した。
:引用終了

以下、ネットの反応


















これが事実ならば、トルコの撃墜判断も仕方が無いですね。欧米だけではなく、アラビアやロシア、中国などの世界中のメディアの記事を読んでみましたが、国や状況によって意見や情報が大きく分かれていましたね。
ロシア系のメディアはロシア政府の発表だけを報道している感じで、欧米系はトルコやNATOの情報を重視。中東のメディアは両方共取り上げるという状態です。

今のところはお互いに情報戦を仕掛けている感じもあることから、ロシア系も欧米系も全て渡しは信用していません。トルコとシリアの国境も紛争の度に変化しているわけで、現時点では結論は出せないです。

とりあえず、ロシアは報復なんてする前に、事実関係をシッカリと調査したほうが良いと思います。報復の連鎖になると戦争まであっという間なので、まずはトルコと共同で調査団を作ったほうが現実的です。





関連過去記事

☆【戦争】ドイツがイスラム国攻撃に参加表明!数百年ぶりにフランスと共闘へ!ロシアも連携強化で合意!イギリスは軍事費増大!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8922.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
最近、ロシアへの風当たりが強い気がしますね。

日本の報道を見てるとそんな感じがします。

なんだかね。
[ 2015/11/28 22:26 ] [ 編集 ]
当該地域は歴史的にはシリア領なんだけれど、トルコは「シリア国内にあるトルコの飛び地」と主張。
周辺国のニュースを見ると「いやシリアでしょ」という扱い。
領土係争地なんで、各国の思惑で扱いが変わっている模様。
[ 2015/11/28 22:41 ] [ 編集 ]
トルコはなにがしたい?
フランス、ロシア、ドイツなど、西洋の主要国を敵にまわして、トルコは一体、どうしたのだろう?

あと、オバマは最後まで、のらりくらり。
立場を明確にすると、まずいのかな?

安部さんは、分かりやすいよね。
とにかく、武器を売りたいです!というだけ。
[ 2015/11/28 22:43 ] [ 編集 ]
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00000043-mai-int … #Yahooニュース
>再び領空内に2.52~2.13キロ入り込み、17秒間侵犯した。

トルコの発表した航路図でもあの部分はせいぜい幅2.5キロくらいしかない。
だから「2.52~2.13キロ入り込み」ではなく「2.52~2.13キロ通過した」が正しい。

ここを通過するのに17秒もかかる速度では多分失速するし(燃料搭載量と爆弾などの装備重量で失速速度は変わる)、そんな低速で飛ぶ理由も考え難い。

あそこを通過するのに17秒かかったのならミサイル命中地点はシリア領に出てから30秒後かな?
[ 2015/11/28 22:43 ] [ 編集 ]
昔からソ連中国朝鮮は事実を捻じ曲げるの得意ですから
[ 2015/11/28 22:44 ] [ 編集 ]
トルコにもソ連にも行った事ないのに、何にも言えないです。
[ 2015/11/28 23:15 ] [ 編集 ]
>イスラム国への爆撃が目的であってトルコの安全保障を脅かす目的でない事をロシアは事前に届出もし、トルコ側もそれを把握した上で撃墜した事が問題
 この辺がどうなっていたかの方が問題。
あの地点をロシアが攻撃するのをトルコが容認する、というのも変なのでね。
まぁ、どちらにしろトルコ大統領は息子が社長の会社が実権という話の石油利権用のIS側タンクローリーや石油貯蔵タンクなどの設備を潰されて頭きていたんだと思うよ。ユーチューブ見たけど、ロシアはドンドコ爆破してるんだね。アメリカは知っているのに何もしていない。この違いを考えなくちゃいけないよな(笑)
 そいでだ、この石油はヨーロッパだけでなく米国や日本にも流れ込んでいた、と考えるのが常識だろうね。この利幅大きそうだゾウ!!
[ 2015/11/29 00:03 ] [ 編集 ]
ほんとに判明したんですか?
[ 2015/11/29 01:15 ] [ 編集 ]
中東の問題はあまり日本のメディアは信用できない。

https://tanakanews.com/151125turkey.htm

この問題に関しても、個人的には田中 宇さんの解説の方が日本のメディアよりまだ信用できる。
[ 2015/11/29 01:25 ] [ 編集 ]
最近、支離滅裂なんちゃって博識軍ギョタクがわんさかわいてやがる。管理人さんにイチャモン付けるアンタの幼児性頭脳が怪しいんだろうが。
[ 2015/11/29 01:37 ] [ 編集 ]
・米軍がイスラム国が高性能兵器を隠し持っているとして探したら、出てきたのが米軍が供給した米軍の武器だった(笑)。イスラム国とは張りぼての虎で、実態はロシアパイロットの遺体のポケットを探る超貧乏人の傭兵部隊… 広告宣伝力の絶大なことよ…
・じぶん等が長年の不正な努力の末に手にした、世界平伏暴力ツールはいつまでも好き放題振り回していたいということなのだろう。
全世界を覆い尽くす新自由主義勢力の論理すり替え詭弁と強弁…国際的ニュースの偏向ぶりは目に余る。それだけ通貨発行権金の湧く泉独占・新自由主義側の既存の支配力は絶大だったということだ。

・戦争犯罪はばれていて正論は存在せず。偽装工作と論理すり替えと詭弁のみ。
超腐敗時代には超腐敗自体の巨大な腐敗機構を背後黒幕まで見通して認識しないと、簡単に人心は大漁の漁網の魚の如く、集団判断を持って行かれてしまうのだ。

日本人の領空侵犯議論が高まるのは賛成だ。
しかし、恒久平和戦争放棄国としての見解でだ。

だけど、問題は領空侵犯じゃねえだろう?
いつから、日本も領空侵犯即撃墜抹殺正当化の法認識の国になったんだ?
なぜマスコミは確定している法律見解をとばすのかわからない。

・二重基準(二枚舌。建前健全法の一枚裏側は超腐敗奴隷拘束法)
横田空域は設定時点から、不正な領空侵犯正当化論理だろ。
首都上空全域の無条件明け渡しが70年継続のほうを先に議論しろよ。
進駐軍は敗戦後日本本土上陸でただの一度も全員退去したことはないんだぜ。
無言の圧力だ。この重苦しさはないだろうよ。
対等の関係は一度も実現していない。
それは米国側の約束不履行による。
その責任も米国は取らないんだよ。
それで良いと日本の傀儡は、米国横暴承認勝手な身内合意決定論の連発でおしまい。
しかし、そのやっかいな日本の傀儡こそが明治維新の産物と割れた。
よくよく納得がいく分析法だ。
よくよく器用に働く醜悪な猿にも似た憎々しい日本国の傀儡権力。

・主権判断が米国傀儡勢力に覆されるばかりの情けない日本の戦後史
敗戦後はずっと米国の重度内政干渉状態が継続。その賛成派は常にワシントンで厚遇され東京地検特捜部にも逮捕者ゼロ。逆に米国の内政干渉抵抗派は、悉く根絶やしにされて、いまは山本太郎他の首の皮一枚で残るのみだ。

・はじまりは悪魔に正式な通貨発行権の白紙委任状を渡したこと。英国から欧州へ米国へ日本へ… 悪魔発行元の悪魔最高権威化の最強権力の金券金権。独立したきれいな金の法システムを作り上げよう。
この米国傀儡派の日本軍事大国化は米軍の二軍化・先兵化のことで賛成する奴らの気が知れない。
日本本渡全域から米軍基地を追い出してから、日本の独立を論じろよと言いたい。そしたら、最低限の他国干渉なしの独立した自国軍隊所有賛成という人間は実に多いのだ。勿論米国は日本独立は嫌っていていつまでの都合のよい傀儡誘導に素直に乗る奴隷国でいて欲しいのだ。ある試算によると戦後米国に奪われた日本国の資産はすべての国富の約半分であるという。駐留軍隊が日本国土に居座り続ける理由が日本国の防衛のためと素朴に納得する人間の気が知れない。この論理誘導の組み立ては圧倒的な懐の深さ持つ堅固な詭弁だ。時代の刷り込みと用意が調っての突然の強引な論理誘導の巻き込みを継続中なのだ。ネトウヨとはそういう流れに自主的に乗る真の黒幕知らずの反抗期少年次元の軽く乗せられる連中のこと。もちろんフレームは最先端広告会社の心理戦手法。たかが数万人程度の権力占有者達が恐怖幻影操作で巧みに大群衆を敗北させる技術。基本は〝真実歪曲・嘘の効用〟だ。

・欧米の戦争推進政策がまともにぶつかるもの
現在の知識人は実に世界の営みの行く末に公的責任を共有するものである。そして人としての法的責任を全うしようと努める。沢山の情報の中で正しい結合の公正な世界観の法的関係は既に見えているのだ。そして問題点だらけということだ。その問題の核心が、かなしいことに超腐敗化した権力の世界的な結合と不正利益共有目的の結託にあるということだ。イスラム国叩きの詭弁は悉くここ超腐敗化権力の結託から発している。原因は超腐敗権力のネット・ワーク。この壮大な暗黒犯罪分が地球から消えてなくなるとしたら、暗黒法の被害者が激減する環境に変わることは確かだ。権力の超腐敗が意味するものは、まずは最悪の危険だろう。
[ 2015/11/29 03:21 ] [ 編集 ]
で、
色々とISISと仲良くしてる様なお話もチョロチョロ出てきてるけど
全部含めてトルコは何がしたいん?っつー話である

[ 2015/11/29 03:45 ] [ 編集 ]
他人の褌担ぎでISISイスイス騒ぎも日本人のテロ被害の可能性とか心配してる雰囲気じゃないな。
[ 2015/11/29 07:20 ] [ 編集 ]
言う事が二転三転してますなぁ…
[ 2015/11/29 08:08 ] [ 編集 ]
もはや日本社会に「中立」など存在しない
誰も疑問視しない「17秒間に10回の警告」、一回の警告に1.7秒、コンマ一秒の休みなく。

「あの国は嫌いだ」と言って、それを理由に武力侵攻することは国際法上、明確に禁じられている。

主権を侵害して武力攻撃を行う欧米トルコ。シリア政府の正式な依頼を受けて戦闘しているロシア。

その欧米諸国は、トルコに「明白な脅威」を与えていない数秒間の領空侵害を行ったロシア兵士の殺害を支持している。教育の場でも同じ説明をしているのだろうか。

これとは「別」に、トルコのエルドアン首相の息子は石油会社を所有しており、その会社がシリアで盗掘された石油を買い付けていることが公に知られている。ロシア機撃墜の数日前、ISが国外へ向けて石油を運搬する車列をロシアが攻撃、壊滅させていることも既に報道されている。

この「IS産の格安石油」、日米欧が最大の顧客らしい。
[ 2015/11/29 08:58 ] [ 編集 ]
さすがカルトやね。見てきたみたいな話するの講釈よりヒドイ妄想。
[ 2015/11/29 09:09 ] [ 編集 ]
ロシアが本気でテロリストを潰しにかかったら、欧米各国が非難している。
テロとの戦いに非協力的ですね。
[ 2015/11/29 10:04 ] [ 編集 ]
だいたい我々が見ている情報はどこの誰だか知らないヤツが自分の都合のいいように流したものだ。

自分の目で確かめた訳じゃないから参考程度にする。
[ 2015/11/29 10:11 ] [ 編集 ]

そりゃ言ってる事と違って、ホントはテロを支援してんだから
[ 2015/11/29 10:12 ] [ 編集 ]
日本最大の領空侵犯国はロシア。そしてロシアはどの国にも平気でソレをやっている。アメリカ上空を飛んだのはまだ記憶に新しい方じゃないのか?

ロシアと言う国は正当性を主張するには胡散臭過ぎる国。あの国は中国やアメリカより世界のマフィア。
[ 2015/11/29 10:35 ] [ 編集 ]
ロシアは日本やアメリカの領空に近づくだけで侵犯はしてませんよ
[ 2015/11/29 10:47 ] [ 編集 ]
日本は米国のプロパガンダの暖波障害仔がカルト・陰謀論と
日本は米国のプロパガンダの暖波障害仔がカルト・陰謀論と悲鳴を上げるのが特徴。
おおくは小中生と判明した。判ったので納得。
[ 2015/11/29 11:43 ] [ 編集 ]
エルドアン氏、もうプーチンに降参か?
本日(2015-11-29)毎日新聞の朝刊に以下の2件の記事が出ていた。
(1)「露、トルコ批判強める。大統領娘婿、IS利権関与」の記事と
(2)「エルドアン氏後悔?、ロシア軍機撃墜、支持者前で演説」の記事。
(1)によれば、ロシアは「トルコはISの共犯者」、「略奪された石油を積んだ車列が昼夜シリアから国境を越えてトルコに入りまるで動く石油パイプラインだ」、「トルコ政府が知らないと言うのは信じがたい」と述べている。
エルドアン氏の娘婿のベラト・アルバイラク氏が24日にトルコのエネルギー相に任命されたと指摘。「真実かは知らないが(ISの)石油利権に関わっているとの一定の情報がある」と述べた。
(なお、(1)記事で後半の米国の主張である。米政府は、ISとシリアのアサド政権が裏で繋がっているの報道は米国による意図的な誤報と思われる為に省略・・・・)
(2)によれば、(上記の(1)を受けてか?)AP通信によると、トルコのエルドアン大統領は28日西部バルケシルで演説し、トルコ軍機が「領空侵犯」を理由にロシア軍機を撃墜した事件について、
「起きなければ良かった」と述べた。同通信はエルドアン氏が事件後初めて「後悔の念」を表明したと伝えている。エルドアン氏は地元の支持者を前に「この事件で我々は本当に悲しんでいる
と」と強調。・・・・同じ様な事が再び起きないよう望む」と述べた。・・・(中略)
エルドアン氏はまた、30日に開かれる国連気候変動枠組み条約21回締約国会議(COP21)でパリを
訪問するのに合わせ、ロシアのプーチン大統領と会談する事を希望すると改めて述べた。
との報道で、エルドアン氏が早くもプーチンに降参か(?)と思わせる内容です。
[ 2015/11/29 12:33 ] [ 編集 ]
17秒で10回の警告?
マジ?
[ 2015/11/29 14:28 ] [ 編集 ]
14:28
再現ドラマ作ってみて欲しいよね(笑)
[ 2015/11/29 15:59 ] [ 編集 ]
解説の劣化すすんでいるよ
山田さん 最近ガセネタが多いよ。誤報だと判明したら、訂正をいれるべきだ。
[ 2015/11/29 17:00 ] [ 編集 ]
トルコはロシアに参戦させたいんですねー。戦争やって儲けたい安倍はトルコが戦争を起こせば、
日本製の武器を売るんですよ。パリで商売かなぁ。
[ 2015/11/29 19:29 ] [ 編集 ]
エルドアン大統領は早くも『白旗を上げた』かもしれません。

息子が『ISISの幹部と仲良く会食』していたり、『ISISからの石油を同じく息子が密売』したりと、トルコが政権ごとISISとズブズブである証拠をロシアが握っているようですし…。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20151129-00000003-jnn-int

<露軍機撃墜>トルコ大統領、「後悔の念」表明
[ 2015/11/29 20:22 ] [ 編集 ]
エルドアン大統領はオバマにも欧州連合にも盟友イスラエルにも助けて貰えそうもないですね。
そのうち「トルコの春」が起きるかな。で、「日本の春」はいつよ。
[ 2015/11/29 22:54 ] [ 編集 ]
締まりつつあるトルコの「悲しきサルタン」の首縄
(2015年11月30日 マスコミに載らない海外記事)

Finian CUNNINGHAM
2015年11月29日
Strategic Culture Foundation
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-75f7.html
[ 2015/11/30 09:08 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム