情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.11.29 17:00|カテゴリ:原発関連コメント(9)

福島第一原発3号機に新型無人ロボット、最新の内部映像が判明!格納容器のふた付近を撮影!最大線量は約1220mSv/h


20151129080951uiouou.jpg

☆福島第一原発に投入、新型ロボット撮影の映像公開
URL http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2646133.html

引用: 
 26日、福島第一原発3号機の内部を調査するために投入された新型のロボット。東京電力は調査が成功したと発表し、ロボットが撮影した映像を公開しました。

 ロボットは予定通り、原子炉建屋1階にある「機器ハッチ」と呼ばれる格納容器のふた付きの開口部の前に到達し、スマホを使ってハッチ周辺の状態を撮影しました。
:引用終了

☆東電資料 小型調査装置(ロボット)を用いた3号機原子炉格納容器(PCV)機器ハッチ調査結果
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2015/images/handouts_151127_08-j.pdf

20151129080627aspodao.jpg
20151129080639aspdo@2.jpg
20151129080647aspdop@3.jpg
20151129080654aspdo@4.jpg
20151129080704aspod4.jpg
20151129080758iuiouiou5.jpg
20151129080810yiuyyi6.jpg

☆現地写真 小型調査装置(ロボット)を用いた3号機原子炉格納容器(PCV)機器ハッチ調査
URL http://photo.tepco.co.jp/date/2015/201511-j/151127-01j.html

20151129080904ppipoipi.jpg
20151129080958iiuo4.jpg
20151129081048iuuou.jpg


随分とショボイロボットですね(^_^;)。何とか撮影が成功できたのは良かったですが、事故から4年半が経過してやっと撮影の段階というのは遅すぎだと思います。
まあ、事故直後は原発用のロボットが無かったので、開発から導入までを4年で達成したと考えると速いのかもしれませんが・・・。

課題は山積み状態で、溶けた核燃料の位置特定や放射能の封じ込めなどを数年以内にやらないといけません。1000ミリシーベルト以上の超高線量エリアで作業をどうやってやるのか?という問題もあり、これから先も困難な問題に直面することになるでしょう。

東電は2020年頃までに3号機の燃料プールから核燃料を回収するとしていますが、これも怪しいと私は見ています。いずれにせよ、福島第一原発の問題は数十年単位で続くことになりそうです。



関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
遮水壁効果無かったのバレちゃったから、いつもの仕事してますアピールだろ。
[ 2015/11/29 17:55 ] [ 編集 ]
これでも、文殊問題よりはマシと信じています。時間が日本に味方してくれて、上手く解決できますように(>人<;)
[ 2015/11/29 18:02 ] [ 編集 ]
福島原発事故から4年半。原発から20キロ圏内の「死の街」。外国人写真家の撮った浪江町、双葉町、富岡町。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/0b72edba05746e166bdf278d8b51338d
[ 2015/11/29 18:41 ] [ 編集 ]
不気味。。
ホワイトボードの前に遺体が2体あるようにみえるのは気のせいだよなぁ。。
このホワイトボードがのこってるの爆発前にあったと思えないなぁ。。
[ 2015/11/29 18:46 ] [ 編集 ]
いや、凍土壁はちゃんとこおらせてるときは結構効果あると思う。
ただし週1でまとめて排水するのが余計に悪くなってる感じ。
[ 2015/11/29 18:54 ] [ 編集 ]
タミヤのラジコンにカメラ付けたらあかんの?
[ 2015/11/29 21:44 ] [ 編集 ]

福島県ホームページ

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16025c/genan10.html



しれっと書いてあるが、1、2、3号機械ともに溶融…メルトダウンてなってる。


地下へメルトスルー中の核燃料トータル約300トンだって深刻な問題です。


チェルノブイリでは何十万人が命と引き換えに何とか阻止できた核燃料はは、福島では回収不可能のまま。


日本はやがて終わる。
[ 2015/11/29 23:23 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした、
被爆治療を定期的な放射線被爆量での人体定期的検査して下さい。
以前に、原発被災者と為り、限界被爆量に嘆きます。
放射線は後々に人体に蓄積される事が或る為ですので、決死の調査会お疲れ様でした。
皮膚炎や吐き気、過度の脱毛症など、被爆量で発ガン性も高く為ります、一度の福島原発で臨界点被爆量での現地へ出向い方々の再被災地へは出掛け無い事ですので、放射線被爆量の人体蓄積に
御注意を、
[ 2016/02/09 12:12 ] [ 編集 ]
臨界点被爆量
被爆量にも拠りますが、 高熱放射線火傷での即死と、白血病での延命治療の必要性が或る為、
体内蓄積では将来的に発ガン性被爆や白血病での死亡に御注意を、 日本はまだ、プルサーマルですので、被爆量も低いですが後々に人体に蓄積され被爆火傷に拠る皮膚炎症を起こし死亡する事が在りますので、長時間の被爆者
被災地へ出掛けた方々は定期的な放射線被爆検査を受け入れて下さい。
延命治療をする為にも、
[ 2016/02/09 12:34 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
アクセス数
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク