情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.12.13 06:00|カテゴリ:ニュースコメント(16)

日印首脳会談で原発輸出に合意!原子力協定を締結へ!防衛装備品移転協定と情報保護協定にも署名!


20151212225615oiipioop.jpg


☆日印首脳会談“新幹線方式”採用などで合意
URL http://www.news24.jp/articles/2015/12/12/04317215.html

20151212225625iuioui2.jpg
20151212225630uyiyu3.jpg
20151212225639iiuiou.jpg
20151212225648iuoui5.jpg
20151212225657uuyy5.jpg

☆原子力協定で原則合意=新幹線導入も一致―日印首脳
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151212-00000069-jij-pol

引用: 
 【ニューデリー時事】安倍晋三首相は12日、インドのモディ首相とニューデリーで会談し、日本からインドへの原発輸出を可能にする原子力協定締結について「原則合意」に達した。
 インド西部の高速鉄道計画への日本の新幹線方式導入でも一致した。
 また、日印両政府は、防衛装備品移転協定と情報保護協定に署名した。 
:引用終了



以下、ネットの反応




















日印首脳会談で原子力協定の締結がほぼ確実になりました。これで日本はインドに原発を輸出するための土台が完成することになります。
ただ、原発事故が起きた時のリスクなどを考えると、非常に危険な協定だと言えるでしょう。

インドの首相は安倍首相を尊敬しているようで、政策もアベノミクス等と似た部分が多く見られます。本人も「安倍を尊敬している」と言っていますし、良くも悪くもこれで日本とインドの関係は深くなりそうです。
*軍事演習や防衛技術の共有で合意したのも重要

関連過去記事

☆【またかい】安倍首相がインドで「1兆5000億円規模の投融資」を表明!新幹線や防衛装備品関連でも合意!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-9115.html
関連記事


情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
インドは、これまでパキスタンと3回戦争をしている。インドは1974年に核実験を行ったが、1998年にも行なっている。パキスタンも対抗して数日後に核実験を行なった。中国大陸から核技術支援を受けるパキスタンに対抗して、インドも日本から原発を手に入れ、核兵器製造工場にする積りだろう。
[ 2015/12/13 06:31 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> インドは、これまでパキスタンと3回戦争をしている。インドは1974年に核実験を行ったが、1998年にも行なっている。パキスタンも対抗して数日後に核実験を行なった。中国大陸から核技術支援を受けるパキスタンに対抗して、インドも日本から原発を手に入れ、核兵器製造工場にする積りだろう。


既に数百発の核兵器をインドは公式で保有していると発表していますよ。
[ 2015/12/13 07:01 ] [ 編集 ]
原子力協定で日本に死の灰を持ち帰る約束でもしているのではないですか?

売国奴ならではの企みとして、日本を世界の核のゴミのゴミ捨て場にしようと安倍一味は考えているような気がしてならない。
[ 2015/12/13 07:35 ] [ 編集 ]
日本を世界中の核のゴミ捨て場にしたいって細野剛志が言ってたような気がする。
[ 2015/12/13 08:00 ] [ 編集 ]
安部尊敬?= 悪魔崇拝

安部よ 印で原発事故起きたらゴミは安部官邸へ
[ 2015/12/13 08:33 ] [ 編集 ]
核は地球にいらない。
これ以上やると地球という生命体からの浄化活動がもっと激しくなりそう。
[ 2015/12/13 09:01 ] [ 編集 ]
事故補償は日本か?

その情報が欲しい。ソースは公式なものでないと
ネトサポが騒ぐ。
[ 2015/12/13 09:20 ] [ 編集 ]
放射能の影響は、【遅発性】のため5年目から本格化。
【原因】福島事故は、チェルノブイリを越える「レベル7以上の」世界最悪の事故に。
首都圏~東北に★チェルノブイリの4倍、広島原爆の4032倍、の放射性セシウムが降り注ぐ。
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/c61332351d06c44c1b52d1821d9c062a


【結果1】放射能の影響は、【遅発性】のため5年目から本格化。
【結果2】放射能の影響は、よく言われている癌・奇形でなく、数的には、殆どの人が【「心不全(大人のチェルノブイリハート)」「感染症(チェルノブイリエイズ)」「脳障害(チェルノブイリ認知症)」「成人病(糖尿病等)」】で死ぬ。


【結果3】それでも、既に被爆から【4年間で100万人】死亡。

★チェルノブイリ周辺諸国と全く同じことが始まっている。日本の総人口は原発事故直後から急減しだし4年連続で歯止めがかからない!
《1》2010年までは『毎年増減2万人程度の静止人口』だった。
《2》2011年から『毎年30万~20万人もの急減』が続き、4年で100万人!
http://blog-imgs-51.fc2.com/j/y/o/jyouhouwosagasu/soumusyoujinnkoutoukei120901010.jpg

【結果4】今後【30年間で5000万人】死亡が予想される。

http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11380553912.html

【結果5】それでも、直ぐに分かる甲状腺ガンは、猛烈に増大!

★(基礎知識)(1)甲状腺ガンは大人の病気で「子供の甲状腺ガン」は自然状態では事実上存在しない奇病のため、原発事故の人工被爆の【国際的に認められた完全な証拠】!!
(2)理論的には100万人に1名しか出現しないはず。
(3)福島は30万人調査して本来は0.3人しか出現しないはずなのに、すでに患者が百数十人でている。
【大変だ!】なんと!福島県は1000人近い子供が甲状腺癌を発病すると予測している!(共同通信2015年06月23日)

[ 2015/12/13 10:12 ] [ 編集 ]
死の商人の面目躍如
[ 2015/12/13 10:46 ] [ 編集 ]
日本なんてどうなったっていいと甘利が言ってたような気がする。
[ 2015/12/13 11:23 ] [ 編集 ]
東芝みたいな主力の売りがこけて、会社粉飾する羽目になってんだろ

あれの流れだわな
[ 2015/12/13 11:59 ] [ 編集 ]
>日本は今、原発を廃止すべきだ。インドに売ってる場合じゃない。あんたが死んだ方が日本のためになる。

>頭は大丈夫か安倍晋三? これだけ放射能をまき散らして、原発を輸出? キチガイかよ安倍晋三

同感…。

「全電源喪失は起こらない」と答弁していた当時の安倍総理大臣
http://matome.naver.jp/odai/2139169016828098101
[ 2015/12/13 16:24 ] [ 編集 ]
日本の原発を廃止することと、海外に売ることがイコールに繋がってるのが理解できん。
ウチの土地柄では危ないから廃止するけど、オタクの土地柄なら安全に運用できるでしょうから売ります、
みたいな姿勢でも良いんじゃないのか。
[ 2015/12/13 16:32 ] [ 編集 ]
インド高速鉄道計画受注の真相!実は1兆4600億円の円借付きだった!
http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/f1f82afc113346580e02013145359ad0

受注じゃなく、ほぼ寄付(泣)
円借款 →払えなくなったら、そのまま債権放棄。
[ 2015/12/13 16:38 ] [ 編集 ]
>受注じゃなく、ほぼ寄付(泣)



誰への寄付かと言えば、安倍の腰巾着として海外同行する大企業へです。

国民に利益はほとんど回って来ませんが、国民の財産が横流れされているのです。

海外のインフラでは日本人の雇用はほとんど生まれませんが、大企業は現地下請けにやらせて上米をはねるだけでヌクヌク。

安倍一味は黒い企業献金でガッポリという図式。

[ 2015/12/13 17:52 ] [ 編集 ]
 
現在のインドの黒さが分かる。
こういうのは親日家とも言えない。
 
[ 2015/12/13 20:35 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク