情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2015.12.31 18:00|カテゴリ:ニュースコメント(11)

【戦争】ロシア軍のシリア空爆で約2300人が死亡!3割が民間人!イスラム国(IS)の戦闘員は655人に!


20151231095342uouu12.jpg

☆ロシア空爆で2300人死亡=シリア
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-00000106-jij-m_est

引用:
 監視団によると、死者のうち過激派組織「イスラム国」(IS)の戦闘員は655人。ISと敵対する国際テロ組織アルカイダ系ヌスラ戦線や、米国などが支援する反体制派の戦闘員も924人が殺害された。一方、民間人792人も空爆で命を落とし、うち180人が子供だった。 
:引用終了



↓ロシアのシリア空爆
20151231095147uyhiyy4.jpg
20151231095221uyiy5.jpg
20151231095227uyuiy6.jpg
20151231095231uyy7.jpg
20151231095240iuou8.jpg
20151231095248iuou8.jpg
20151231095257ou9.jpg
20151231095307iuou9.jpg
20151231095312uou9.jpg
20151231095318yiuyi3.jpg
20151231095326uyiy9.jpg
20151231095414ou12.jpg
201512310951279iuou.jpg

以下、ネットの反応




















クラスター爆弾とかも大量投下していたロシア軍の空爆で、意外と犠牲者の数が少ないですね。ロシア軍の空爆は大型の戦略爆撃機を使った絨毯爆撃に近い方式になっており、使っている爆弾も精度が低い無誘導タイプの物が多くありました。

ロシア側は軍事施設だけを標的にしていると強調していますが、ロシア軍が公表している空爆データだけを見ても、ISの首都ラッカを含めて、市街地の一部が空爆対象に入っています。
これで誤爆を防ぐのは無理というもので、投下した爆弾の中には風で流れて隣国に落ちた物もあるほどです。

まあ、どんなに気を使っても、民間人が居る限りは犠牲者を減らすのは無理があります。特にイスラム国は民間人を盾にするなど、平気で外道な行為をやっている武装組織です。これからも戦争が続く限りは大なり小なりの犠牲者が出続けることになるでしょう。





関連過去記事

☆【戦争】ロシアがフランスと共同軍事作戦!イスラム国に大規模な空爆!プーチン大統領「フランスは同盟国」
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8787.html
関連記事
情報速報ドットコムのツイキャスもよろしくお願いします! http://twitcasting.tv/kennkou1/show/
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
これ、例の「シリア人権監視団」情報だろ?
[ 2015/12/31 18:05 ] [ 編集 ]
欧米の戦争プロパガンダに騙されるな!米軍はイラクからイスラム国幹部を秘密に逃がしてますね!
[ 2015/12/31 18:26 ] [ 編集 ]
BBCだから。信用出来ない。イスラム国を支援している
[ 2015/12/31 18:47 ] [ 編集 ]
日本は、アメリカ・ロシアという大国の横暴に右往左往させられている

 北朝鮮に豊富にあるウラン鉱石の精練はロシアが行っている。

これは北朝鮮の核ミサイル開発に、ロシアが関与している事実を示唆している。

ロシアには、北朝鮮の核ミサイル開発を非難する資格がない。


 米国金融界の中枢=ゴールドマン・サックスは、日本の郵便貯金の資金運用を「担い」、その資金で中国の原子力発電所の建設を進めている。

この原子力発電所から出るプルトニウムは、中国の核ミサイルに姿を変え、日本をターゲットとして、その照準を日本に向けている。

アメリカ金融界が、日本をターゲットとした中国の核ミサイル武装を「推進」し、それをアメリカ政府は放置し続けている。

ホワイトハウスには、南シナ海、東シナ海での中国の軍事的強硬路線を非難する資格は無い。

中国の軍事力強化に「貢献」してきたのは、現在も昔も、アメリカである。

イスラム国のテロ問題で、ロシアはシリアのアサド政権を支持し、アメリカは反アサド派を支援し、アメリカとロシアは対立を続けてきた。

昨今、アメリカはロシアの姿勢に理解を示し「共同路線」を歩み始めた。

それは、ロシアによる北朝鮮の核ミサイル開発支援をアメリカが非難しない事と引き換えに、アメリカによる中国の核ミサイル開発支援をロシアが非難しない「条件交渉」が成立した事を意味している。

北朝鮮と中国の核ミサイルのターゲットとなっている日本は、アメリカ・ロシアという大国の横暴に右往左往させられている。
[ 2015/12/31 19:32 ] [ 編集 ]
> BBCだから。信用出来ない。イスラム国を支援している
> 12/31 18:47 By:国民 URL

報道の自由度ランキング2015年

イギリス 34位

ロシア152位 ←!!!
ロシア152位 ←!!!
ロシア152位 ←!!!

イギリスBBCでは、政治介入を防ぐための手立てが多重的に講じられている。
フォークランド紛争の際に、サッチャー政権からイギリス軍を「我が軍」と呼ぶように求められても
それをはねつけ、
あくまで「イギリス軍」と呼び続けた。”

http://matome.naver.jp/odai/2142375914055467301
[ 2015/12/31 20:34 ] [ 編集 ]
速報性に重きを置いてるようだから、
掘り下げるタイプは趣旨が違ってるかもしれないが
有志連合の空爆による民間人死者の話題をピックアップしたのを機会に、
アメリカ陣営がだしてきた民間人死者のニュースもとりあげるといいと思う。

時と所が違ってくるんだけど、
アメリカのドローンによる爆撃で起こってきた民間人誤爆は悲惨だ。
この前の国境なき医師団の医療施設を「高い精度で爆撃」したニュースの、
その後のフォロー記事とかも貴重になると思う。

さらにいえばイラク戦争での民間人死者は、
民間人を識別せずに攻撃したとしか思えない数字になってる。
ウィキリークスあたりで流出した民間人を戦闘ヘリから攻撃してる映像とかも狂気。
アメリカのベテラン(帰還兵)のモラル傷害PTSDと自殺率や社会復帰失敗がなぜ起こってるのかも、
安保法案後の日本にとって重要なトピックにつながるはず。




[ 2015/12/31 21:49 ] [ 編集 ]
お互い様、アメリカ軍の無人攻撃機、殺害した9割が別人!軍の資料がネット上に~
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8418.html
巻き込まれて犠牲になる民間人にとってはこれも非道なテロ
血を流さずに無力化するなら国境封鎖して補給路断つとかは
現実的に困難なのか、都合悪いのか 
[ 2015/12/31 22:03 ] [ 編集 ]
ISISは、放置してると東に進んでロシアに侵入し第三次世界大戦になるらしいからですね
クルド族を妨害しISISの味方してる?というトルコも、先日ロシアの哨戒SU24を撃墜

あそこで一体なにが起きてる?

↓もよく調べなさってて資料勉強になりますお
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3955.html

ISISをダシに使って各国がお互いに右往左往し、民間人も多数死んでおりますが
一番哀しいのは、これで儲かるのは裏にいる武器業者と銀行家みたいですね…
[ 2015/12/31 22:35 ] [ 編集 ]
https://twitter.com/RusEmbassyJ
(在日ロシア連邦大使館)

シリアでの作戦について
ロシア国防省
[ 2015/12/31 22:48 ] [ 編集 ]
狂ってやがる
無辜の民が大量虐殺されているのに、当然みたいなコメントしている奴等は、本当に日本人か?
この欧米流殲滅作戦で、テロが無くなったか?
どんどん増えてんだろうが。
中東の事は中東に委ねるしか無い。
[ 2016/01/01 00:50 ] [ 編集 ]
無差別と言っても東京大空襲のころから実はピンポイントで爆弾落として居るわけで、本当に一般人ならISに人間の盾にされたか、或いは北朝鮮の延坪島砲撃事件被害者のように民間人と言っても基地内で(一家で)働いていた民間人かIS関係者という事も有り得る。
真相は両方の情報から得ないと分からない。特にシリア情勢はプロバガンダ情報が多いから。

ただ、ロシア軍にしろアメリカ軍にしろアルジェリアの人質事件にしろ、軍のミッション相手に「民間人の盾」は通用しない。こういうのが後々、南京大虐殺とか言われるんだろうな。
[ 2016/01/01 11:57 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム